読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

全文書き起こしサイト

地上波テレビの字幕を全文書き起こします

スポンサードリンク

実況書き起こし アルガルベカップ2017なでしこジャパン×アイスランド代表 2017.03.03

現在、気温は11度。
そして強い風が吹いています。
青空の広がるここ、ポルトガル南部アルガルベ。
新生なでしこジャパンの大事な一戦が始まろうとしています。
このゲーム、プレーヤーズ解説として、日本屈指のディフェンダー、岩清水梓選手。
解説、元なでしこジャパン、加藤與恵さん、そして、ピッチリポーター、日々野真理さんと共にお伝えしていきます。
アルガルベカップ2017、日本対アイスランド。
まもなく選手の入場です。
失敗することを恐れてはいけない。
負けることにおびえてはいけない。
もし後悔があるなら、それは、前を向こうとしなかったこと。
挑戦するのをためらい続けた90分間。
1対2、そのスコア以上の敗北感が、なでしこたちを襲った。
プレー以外のメンタル的なギャップというのも、まだまだ課題としてあったのかなっていうふうに思いました。
サッカーは奪い合うスポーツだ。
ボールを奪い、ゴールを奪い、そして勝利を奪う。
必要なのは、危険を伴う挑戦。
若き彼女たちは、初めて立った世界の舞台で、それを胸に深く刻み込んだ。
東京オリンピックまであと3年。
高倉麻子新監督率いる、新生なでしこジャパン。
第2戦の相手はアイスランドです。
きょうのゲーム、プレーヤーズ解説として、岩清水梓選手をお迎えしています。
さあ、岩清水さん、初戦敗れた日本ですが、スペイン戦、思うようなサッカーができなかったわけですけども、きょうの試合に期待すること、どういう点でしょうか?
まずは恐れずにチャレンジしてほしいなと思います。
それから、攻守にわたって、いろいろとトライしてほしいなと思います。
その中で、注目選手、期待したい選手は?
長谷川唯選手です。
どういう点でしょう?
初めて出たスペイン戦でアシストをしましたし、ベレーザでも攻守にわたって貢献してくれる選手なので、きょうもやってほしいなと思います。
長谷川唯、初戦は途中からの出場でしたが、きょうは先発、フル出場ということになっていきます。
さあ、一方、きょうの解説、加藤與恵さんです。
なでしこジャパン、初戦苦しみました。
きょうのゲーム、どういうところをポイントにしていけばいいでしょうか?
そうですね。
初戦のスペイン戦では、少しファーストディフェンダーの決定が遅くて、相手に少し自由にやらせてしまう時間帯が、非常に多かったんですね。
なんで、そのへんで守備の安定ですね、しっかりと連動しながら、ボールを奪う。
意図的にボールを奪うというところを徹底してやってもらいたいというふうに思います。
そのあたり、どう修正していくんでしょうか。
ではまず、両国の国歌です。
(国歌斉唱中)
ヨーロッパの新進気鋭、アイスランド女子代表です。
(国歌斉唱中)
アルガルベカップ2017。
グループBの第2戦。
日本対アイスランドの一戦です。
きょうはかなり強い風が吹いています。
このゲームにどう影響していくんでしょうか。
そしてきょうは、日本、初戦から先発7人を変えてきました。
ゴールキーパーは山下杏也加、そして最終ラインは右サイドバック、鮫島彩、センターバックがフル代表初出場の中村楓と熊谷紗希、左に北川ひかる、そしてボランチが宇津木瑠美と川村優理、そして右サイド、千葉園子、左に長谷川唯、2トップが横山久美、そして田中美南というきょうのスターティングラインナップです。
改めて岩清水さん、長谷川がフル代表では初の先発ということになりました。
途中から出るのと先発で出るの、やっぱり気持ちとしては違うんでしょうか?
そうですね、いろんなことにトライしてほしいですし、彼女のよさである運動量を存分に発揮してほしいなと思います。
加藤さん、本人も緊張はしていないということなんですが、やっぱり初戦で出たというところで、イメージがやっぱり、湧いているんでしょうかね。
そのとおりだと思いますね。
本当に少しの時間でも、しっかりとこのピッチに立てた、そういったことはね、本当にこの第2戦に向けて、非常にいい流れにつながってると思います。
そして映像捉えましたが、このチームを率いるのは、新体制、高倉麻子監督です。
さあ、日本対アイスランドの一戦。
まもなく前半のホイッスルです。
初戦を敗れている日本代表。
アイスランドを相手に、きょうは絶対勝利が必要なゲームです。
まずは日本ボール、右サイド。
前線、背番号8番がきょう先発出場の千葉園子です。
その後ろに右サイドバックで今大会出場しています鮫島彩。
まずは立ち上がりですよね。
初戦のスペイン戦では、なかなかこう、序盤に自分たちのよさを発揮できませんでしたので、最初にしっかりと自分たちの流れに持っていけるかどうか、このあたり非常に見どころになってくると思います。
最終ライン、センターバックはきょうは熊谷と中村楓というセンターバックです。
中盤ボランチが、今ボールを奪いました川村優理、そしてきょうは宇津木瑠美とのコンビ。
初戦、スペインペースでゲームが進んでしまったという中で、岩清水さん、この立ち上がり、自分たちのペースを作るにはどういうところが重要になっていくんでしょうか?
スペイン戦の修正がちょっと生きていて、前線からプレッシャーをかけようという勢いが今、感じられますので、宇津木選手、川村選手の所でたぶん、いいボールの奪い方、できるんじゃないかなという予感はしてます。
ここでボールがうまくカットできれば、攻撃に転じられると?
そうですね。
前回はこのように、高い位置までなかなか行けないシーンが多かったんですけど、きょうはわりと高い位置に、いろんな選手が関わっていますので、いいボールの奪い方をして、いいシュートまでの形を見たいなと思います。
日本ボールです。
左サイドバック、北川ひかる。
横山にボールが入りました。
日本ペースで序盤、ボールが回っていきます。
最終ライン。
川村選手、宇津木選手、ボール出し力がとても強いと思いますので、楽しみです。
両ボランチは164センチ長身でもあります。
白いユニホームのアイスランド。
右から左に攻めていくのが日本代表、なでしこジャパンです。
さあ、そのポイント、ボランチ、川村がボールを回していきます。
熊谷から北川ひかる。
これがフル代表2戦目です。
そして岩清水さんの注目選手、背番号17の長谷川唯です。
日テレ・ベレーザ。
その長谷川から縦にボールが入ります。
ボールを扱う技術は、ずばぬけてすごいので。
テクニック。
きょうも見たいですね。
さあ、そのテクニックを発揮していきます。
ドリブルで中に。
そしてもう1つ高倉監督が、スペイン戦の反省として、マイボールのあとのサポート、これを課題にしていました。
ボールを合わせていきます。
千葉園子。
セカンドボール、日本。
テクニック、横山、入っていく。
右足で振り抜いた。
もう一度日本。
このあたりの予測も非常にいいですよね。
宇津木です。
そして鮫島。
いったんボールを下げます。
サイドを変えようというボール。
熊谷からこれは北川に合いませんでした。
さあ、先ほどのプレーです。
横山がみずからシュートを打っていきました。
このプレーですね。
スペイン戦になかったところですね。
そうですね、横山選手らしいドリブルが、リーグ戦でもよく見ますし、すばらしいプレーだと思います。
横山、スペイン戦は途中出場、そして1ゴールを挙げています。
きょうは先発での起用。
ゲーム序盤は日本ペースです。
きょうの主審はセネガルのティウネさんです。
副審がヴィクトワールさん、モーリシャス、そしてマリのコネさん、そして第4の審判がレイベルトさん、そしてきょうのオフィシャルです。
加藤さん、序盤、かなりいいペースで進んでいるんじゃないでしょうか。
そのとおりだと思いますね。
本当にしっかりと高い位置からプレッシャーをかけて、やっぱりそういったところの守備のいいリズムというのが、攻撃にうまくつなげられてると思いますね。
ここはアイスランドボールです。
FIFAランキングは20位というアイスランド。
現在日本がFIFAランキングが7位。
ただこの、フレイル監督になって、非常に強化が進んでいます。
アイスランド。
2017年7月に行われますユーロ本大会にも出場を決めています。
これは気をつけたいですよ。
さあ、裏にボールが出ようというところ。
きょうはゴールキーパー、先発、きょうは山下杏也加です。
日テレ・ベレーザ。
岩清水さん、ふだん、この山下選手とは近い距離でやってると思うんですが、どういうゴールキーパーですか?
身体能力高いですし、左足のキックはとても飛ぶので、そういったビルドアップのところでも、…が楽しみです。
21歳、非常に若い選手です。
ただ一方2年連続ベストイレブン選出という山下です。
さあ、ここは長谷川唯、テクニックを見せていきます。
ボランチ、川村。
右サイド、ここに鮫島。
折り返せればチャンス。
ボールを回します。
ここに長谷川がいます。
こういったところは、彼女のよさの1つですよね。
先ほどまでは左サイドにいましたが、今は右。
そして千葉。
こぼして。
横山が受けます。
長身センターバック、アイスランドのディフェンスラインですが、小柄な横山、テクニックでシュートまでというシーンが、先ほどありました。
今、奪われたあとも、長谷川選手がすごい切り替えて、前線で守備をしていましたので、タッチラインに切れたという感じなので、こういったところですぐ切り替えて、ボールが奪えるというのはいいリズムだと思います。
ここですね。
アイスランドボールから、すぐに日本ボールになっていきます。
前でやっぱり、プレッシャーをかけてくれると、後ろは本当に、狙いやすいですし、限定しやすいので、こういったリズムをずっと作れるといいなと思います。
そういう意味では加藤さん、スペイン戦の反省は早速、生かされているという?
そのとおりだと思いますね。
やはりスペイン戦では、そういったところで少し相手にね、自由を与えてしまう、そういった時間帯、非常に長かったですので、そのあたりでしっかりときょうの試合に関しては、そのあたり、修正できてるなと感じます。
センターバックの中村楓から右サイド、鮫島。
そしてここは、前線へのボール、長谷川唯を狙っていきます。
こぼれています。
ただ、ここできょうはプレッシャーが早く入るのが、日本なでしこジャパンです。
渡辺さん、きょうの試合に向けて高倉監督は、対戦相手のアイスランドは、体も強いし、ぶつかり合うプレーをしてくる。
真っ正面から受けていったらやられてしまうので、いいサポート、そしていい距離感の中で崩していきたいという話をしていました。
きょうのゲームも、ピッチリポートは日々野真理さんです。
その長身、そして大型の選手が多くいるというアイスランド。
私も以前、ちょっと経験があるんですが、アイスランドと対戦した経験があるんですが、パワーの印象が今でも残ってますので、そういったところで負けない戦いというのもしてほしいなと思います。
今出ていますが、2015年のアルガルベカップ、順位決定戦で、日本はアイスランドと対戦しています。
岩清水さんもそのピッチにいたということですが。
そうですね。
ちょっと印象に残るプレーというより、やっぱりそういうパワーだったり、大きさというのが、とても覚えていますので、そういったところでは、勝っていきたいなと思ってます。
ですからよさを消すプレーというのが必要になってくるわけですね。
そうですね。
だから細かいパスだったり、長谷川選手でいえば、細かいタッチのドリブルっていうところで戦っていけばいいんじゃないかなと思います。
さあ、序盤、いいペースで進んでいます、日本。
きょうは第2戦です。
アイスランド戦。
きょうしっかり勝つことで、まだこの大会、優勝の可能性が十分残っています。
この大会、高倉監督もとにかく優勝したい、そう言って日本を旅立っていきました。
初戦こそ敗れましたが、きょうはその修正が見事にピッチ上で表現されています。
渡辺さん、ピッチサイド、風がかなり強いんですけれども、今、日本は風を受けながら攻撃するという方向になっています。
そして、天気が変わりやすくて、今、ちょっと雨が落ち始めました。
岩清水さん、この風ですが、これ、選手にとっては、どういう意識で戦うべきなんでしょうか。
日本の戦い方で、グラウンダーのパス、転がすパスを多く使えば、風というのは、そんなに気にならないのかなと思いますので、そういった浮き球よりも地上戦、下で転がして、こういったパスをつないで、攻撃できればいいんじゃないかなと思います。
今まさにそれができているという状況、短いパスをつないでいきます、なでしこジャパン。
逆にパワーのあるアイスランドは、ボールが飛んでいきますので、裏への対応もしっかりしていきたいなと思います。
そしてアイスランドですが、ご覧のようなフォーメーションになっています。
ユーロ予選を戦いましたが、8戦戦って、僅かに負けたのは1。
グループを1位で通過して、7月のユーロ、3大会連続で出場を決めています。
そういった意味では加藤さん、アイスランドも7月に向けては、かなり完成度を上げてきているということですね。
そうなんですよね。
やはりこの大会に向けても、しっかりと準備してきてますので、やっぱりそういったところで、相手のよさをしっかりと消す、本当に前線にスピードのある、体格の優れた選手がいるという部分があるので、やはりそういったところにいいボールを供給させない、やはり前線からのチェックというのが、非常に重要になってくると思います。
ここも日本ボールです。
宇津木、縦にボールが入ります、長谷川。
シュートを打っていきました。
おもしろい!
決まった!
日本先制!フル代表初先発、20歳の長谷川唯。
すばらしいシュートを打っていきました。
日本先制です。
やってくれましたね。

スポンサーリンク
  岩清水さんが注目していた長谷川選手、本当によさをすぐに出しましたね。
これ、チームでも見ますね、こういうふうに中盤の間で前を向いた瞬間に、ゴールを狙ってる選手なので、チームでも見る、思い切ったプレーが出ましたね。
貴重な先制ゴールは、長谷川にとっても代表初ゴールということになります。
かなり距離があったので、どうするのかなと思ったんですが、冷静にゴールの状況を見ていたわけですね。
そうですね。
よくああいうところをリーグ戦でも決めてますので。
うれしいですね。
加藤さん、とはいっても、まだ代表、これが2試合目という中で、自分の持ち味を出してくるというのは、頼もしい存在ですね。
本当に頼もしいですね。
今のところも本当に、相手のディフェンスの間でしっかりとパスを受けて、ワンタッチで前を向いてるんですよね。
なので、やはりゴールキーパーも、なかなかああいうところは対応しづらい、非常にすばらしいプレーだったと思います。
宇津木の縦のボール、ワンタッチで素早くシュートを打っていきました。
さあ、日本が先制しています。
まずはいい時間帯に得点を奪えましたので、ここからしっかりと畳み掛けることができるか、このあたりも非常に重要ですよね。
初戦敗れていますから、岩清水さん、1点でもとにかく多く取らなければいけないゲームでもあります。
そうですね、やっぱり追加点が大事だと思いますので、みんなでゴールに向かってほしいですね。
その追加点を目指します、日本。
先ほど、ゴールを決めた長谷川がディフェンスに回っています。
初戦のスペイン戦、相手との距離感というのを課題に挙げていました。
高倉監督。
その距離感。
今、宇津木選手からいい声が出てまして、寄せていいよっていう声がありますので、安心して、北川選手もアタックできたと思います。
やっぱりスペイン戦は、どこまで寄せるのか、どこまでアタックできるのかというところが中途半端になってしまったところがありましたね。
そうですね。
ボールの保持者にいい距離を与えてしまっていましたので、そういったボールを奪いに行くシーンというのをたくさん出してほしいなと思います。
ここはアイスランドボール。
ロングスローです。
このボール、気をつけたい。
セカンドボール。
アイスランド。
日本、弾き返します。
ここできょうは速い寄せがあるのがなでしこジャパンです。
しかし、長身選手のそろうアイスランド。
フォワードは170センチが2人という。
渡辺さん、ピッチサイドなんですが、雨が急に激しくなってきました。
きょうの朝方は、雨が降っていたようなんですが、このゲームの前には青空も見えるようになりました。
そんな中、前半、再び雨が降ってきています。
試合の途中で、雨だったり降ってしまうと、グラウンドのコンディションが変わりますので、ボールのエンドだったりというのをしっかり対応しないといけません。
初戦のスペイン戦は晴れてはいましたが、そのハーフタイムで水をまいたことによって、シュートのコースが変わったりということがあったようですね。
そうですね、芝生はやっぱりぬれますと、ボール走りますので、そういったところ、すぐに対応できるようにしてもらいたいですね。
強い風、そして今、強い雨が降ってきています。
ポルトガル・アルガルベ、ベラヴィスタスタジアムです。
キックオフが、現地時間の午後2時45分、まもなくこちらは、午後3時になろうとしています。
鮫島から、さあ、ボールが通ります。
田中美南、いいボールが上がった。
セカンドボール、日本。
左足!はじいている。
こぼれ球、折り返して!長谷川、2点目!きょうのゲーム、長谷川が、いかんなく、その持ち味を発揮しています。
きょう2ゴール。
このこぼれたボール、これを諦めなかった。
しっかりつなげて。
詰めてましたね。
ここですね、このあと。
横山、そして中央で長谷川唯です。
すばらしい存在感ですね。
しっかりゴール前に入ってましたので、こういったシュートにつながったと思います。
やっぱりこのポジショニングのよさというのも、長谷川のこの特徴なんでしょうか。
そうですね、何より運動量がありますので、ゴール前に顔出したり、ボールのつなぎに顔出したり、いろんな所にいる選手です。
実はこのメンバーを招集するにあたって、高倉監督なんですが、長谷川について、状況判断には非常に優れている。
前線でのチャンスメークが得意なんだが、得点力が課題というふうに言っていました。
監督のその課題を見事に克服しているわけですね。
そうですね。
もう1点、見たいです。
ハットトリックとなるとね、フル代表初の先発でのハットトリックの期待も高まります。
今、長谷川が。
長谷川選手個人もこの大会では結果、得点の数字でアピールしたいということを強く話していました。
まだ若い選手、20歳の選手です。
高倉監督の下では、アンダー17でワールドカップ優勝、そして、2016年のアンダー20ワールドカップ、ここでは3位と。
ともに高倉監督と国際経験を積んできました。
その中で、初のフル代表招集。
加藤さん、見事に存在感を出してますよね。
そうですよね。
やはりつなぎの部分でも、しっかりと自分の役割をしつつ、やはりゴール前でもしっかりとその役割を果たすという、本当にまだまだ若手ですけれども、非常にすばらしい働きだと思いますね。
初戦のスペイン戦は途中出場でしたが、守備の面では、うまくできたと、攻撃面での課題を挙げながらきょうの先発、見事、2ゴール。
期待に応えています。
ここはシュートが伸びてきます。
アイスランドのシュートです。
きょうはゴールキーパー、山下杏也加。
冷静にボールをキャッチしていきます。
ボールをクリアしても、風で戻されるシーンがありますので、そういった予測も大事になってくると思います。
強い風、そして先ほどから雨が降ってきています。
その中で冷静なプレーを続けています、日本。
得点マーク、熊谷紗希。
今大会から、なでしこジャパンのキャプテンに就任しています。
さあ、これも前線へ。
きょうはこのボランチでうまくボールカットができてきています。
右サイド、鮫島。
今、長谷川選手が2得点取りましたけど、たぶん、チームメートであります田中美南選手が、自分も取りたいなという思いが強いと思いますので。
なでしこリーグ2016年の得点王の田中美南。
2試合続けて先発起用という。
そこはたぶん、得点っていう形でアピールしたいところだと思います。
ここまで2点のリード、日本。
改めて加藤さん、この高倉監督の目指す日本のサッカーというのは、どういう戦い方なんでしょうか。
そうですね、本当にまずは、日本らしくしっかりとパスをつないでいく、そこがベースになってくると思うんですけれども、やはりそのためには、まずしっかりとした守備ですよね、それを全員が連動して、意図的にボールを奪う、やっぱりそういった守備のいいリズムが、攻撃にもいい流れをつなげていくと思うので、やっぱりそういったところ、きょうの試合ではしっかりと、そういったねらいどおりの守備というのができてますので、やはりこういった、今いい流れで日本ペースでできてるんじゃないかなと思いますね。
今もアイスランドボールではありましたが、落ち着いて日本がボールを奪えていると。
結果、ここから組み立てていくということですね。
そうですね。
さあここも、最終ライン、熊谷です。
あとはきょうの試合はボランチの川村選手と宇津木選手、この両選手が入っていますので、この2人の選手はしっかりと周りの選手にコーチングで伝えることができますよね。
やはりこういった選手が真ん中に入るだけで、やっぱり周りの選手がしっかりと指示を受けて、動き出せる、やっぱりそこはね、非常に大きな強みになってるのかなと思います。
さあ、日本、ここまで2点のリード。
これもボールを奪います。
川村、そして宇津木というボランチコンビ。
先ほど、アシストを決めた宇津木から、縦へボールが入ります。
これはボールが短くなります。
アイスランドボール。
気をつけたいのがカウンターです。
ただ、しっかりボールに寄せていきます。
ここは2人でボールを奪います。
すばらしいですね。
すばらしい連動ですね。
やっぱりこのあたりの切り替えというのが、長谷川選手のよさの一つでもありますね。
きょうは2ゴール、ただ、しっかり守備でも貢献しています。
前半20分が過ぎていますが、日本、2点のリード。
左サイドバック、北川ひかるです。
スペイン戦でフル代表デビュー。
きょうは、フル代表2戦目。
いいですよ。
いいボールは宇津木へのボール。
やはりボールをつなぎながら、ボランチの選手がしっかりと前線に飛び出していける、そういったところで、しっかりと後ろでためができていますので、やっぱりそういった、相手の背後を取るプレーというのも出てくると、非常に足元での、日本らしいパスもつながってくると思いますね。
そしてきょうはセンターバック、熊谷とコンビを組むのが、フル代表デビュー戦となっています、中村楓です。
この時間帯までは、しっかりとね、安定した守備というのを見せてくれていると思いますね。
熊谷から縦に。
さあ、長谷川がここもテクニックで前を向いていきます。
横山。
北川ひかる。
さあ、これはアイスランドボール。
ただ、連動した守備で。
日々野さん。
きょうピッチサイドから見ていますと、熊谷選手、宇津木選手が、かなりまめに周りの選手に声をかけているんですが、初戦の敗戦から宇津木選手は大きく変えることはできないけれども、個人がサッカー選手として今、できること、なんなのか、それを実行していかないと、メンタル的なこともしっかり伝えていきたいということを話していました。
センターバックの熊谷紗希。
リヨンでのプレー、そして宇津木がシアトルレイン。
ともに海外組という2人です。
ただ一方で、国内組も十分存在感を発揮しています。
その融合こそが高倉監督が目指すサッカーです。
今度は右サイド。
日本の選手の声が非常によく聞こえてきます。
指示を出し合いながら、連動していきます。
横山久美。
さあ、流れていった、鮫島。
さあ、このボールです。
セカンドボール。
日本の選手がボールに向かっていきます。
さあ、ただここはアイスランド。
アイスランドからすると、自分たちのサッカーが全くできていないという状況です。
ただ、岩清水さん、そのアイスランドの戦い方は、長いボールをぼんと蹴って、一発でチャンスを作ってくる可能性がありますね。
そうですね、なので、センターバックは常に準備をしておかないといけないですし、キーパーの山下選手含めて、リスクマネジメントというところを、ずっと声がけをしてほしいなと思います。
今はそれがしっかりとできていると?
そうですね、あと、前線で切り替えが速いですので、そういった狙いやすいっていう状況を作れてると思います。
攻守がかみ合っています。
きょうの日本。
2点のリード、その2ゴールを挙げている長谷川唯。
いいですよ。
さあフリーで、北川ひかるがボールを受けてクロス。
日本ボール。
田中美南。
タッチを割ります。
ゴール前で、3人目の動きとか見れたら、崩れるんじゃないかなって思うので、ちょっと見てみたいですけど。
そのあたりの連動。
このペナルティーエリアの中でどういう仕事ができるのかが勝敗を分けると、監督はおっしゃっていました。
さあ、長谷川、今度はこの位置、右にもいます。
非常に運動量があります。
長谷川唯。
しかもこの大型選手を相手に、堂々たるプレー。
テクニックで、そのペナルティーエリアの中に入っていきました。
ベレーザでもいろんな所で顔を出してくる選手なので、きょうも調子がよさそうですね。
このフル代表で自分のよさが出せるようになってくると、いよいよ、今度は定着へという目標になっていくわけですよね。
そうですね。
本人も狙っていると思います。
そしてご覧のように、初戦、敗れた日本ではありますが、このアイスランド戦、しっかり勝つことによって、まだまだ優勝の可能性があります。
アルガルベ、今大会で6回目の出場となります日本。
これまで過去最高は2位。
初優勝の可能性もあるきょうのゲーム、しっかりその可能性をつないでいます。
右サイド、鮫島。
宇津木がこの位置。
川村。
これは横山が倒されます。
日本ボール。
初戦、敗れていますから、とにかく1点でも多くゴールを奪いたい、きょうの日本です。
横山選手、狙いますかね。
そうですね。
初戦はスペインから1点を奪いました、横山。
アイスランドのゴールキーパーは178センチ。
グドビョーグです。
横山選手、リーグ戦でもフリーキックを決めたりしてるので。
この距離は射程内。
狙っていった。
ちょっと向かい風なので、失速しましたかね。
ただ、積極的に横山も狙っていきます。
長谷川が2ゴールですから、当然、先輩たちはもう刺激を受けているわけですね。
そうですね。
フォワード2人、横山選手、田中美南選手、得点が欲しいと思いますね。
ただ、この刺激を受けて、その2トップもゴールを奪えるようになりますと、いよいよチームのムードもよくなってきますね。
期待したいところです。
さあ、先ほどまで激しい雨が降っていましたが、ここでいったん、また雨がやんで、晴れ間がのぞくようになっています。
かなり目まぐるしく天気が変わっています。
加藤さん。
ロングスローの対応よくありますよね。
このあたりですよね。
相手が長身選手ということもありますので。
ユーロの予選でも、コーナーキックだったり、セットプレー、そしてこうしたスローインから、長身選手がヘディングで合わせるという、得点パターンを持っています、アイスランド。
さあ、ただこれは、日本ボールです。
横山、倒れます。
渡辺さん、横山選手は、1試合1得点とこの大会、公言しているんですけれども、やはり練習を見ていても、一番最初に練習に出てきて、ジョギングをして、練習に取り組む、そして一番最後まで残ってシュート練習、とにかく気合いを入れて、この大会に臨んでいます。
横山久美ですが、とにかく居残り練習で自分がシュート練習をするというのが日課になっていると。
ですから、それをこの大会でも続けているということではありますが、ただ、岩清水さん、こういう努力が、こういう結果に結び付きますよね。
そうですね。
得点力というところは、リーグでも、自分も対戦していて、嫌な選手なので、そういった努力をされると、こっちもまた、それを抑える練習をしなきゃいけないなと思います。
周りの選手も、やはりそういったところに刺激されて、自分もやはりそういったところを高めていこうというふうに、田中美南選手も思っているんじゃないですかね。
きょうの2トップですが、田中美南と横山久美。
なでしこリーグの得点ランキング1位、2位の選手です。
さあ、その2トップ、プレッシャーをかけていって、最終ラインでボールを奪います。
熊谷の対応。
北川、ボールがつながります、日本です。
長谷川。
いいですよ。
いいリズムでパスがつながります。
このあとですね。
マイボールのときのサポートというところですね。
やっぱり初戦のスペイン戦でも、少しそのサポートの質ですよね、選手の距離感であったり、サポートが少し遅れてしまってというところで相手に狙われてしまいましたので、やはり複数の選手が、いい角度で、いい距離感でうまくサポートしていくことで、より日本らしいサッカーというのが、つながっていくと思いますね。
初戦、敗れたスペイン戦の課題を、しっかりと克服しながらのきょうのゲームです。
ここまで2点のリード、日本。
その2ゴールの長谷川唯から縦に、宇津木瑠美。
クリアしたボール。
これをきょうはことごとく日本が拾っていきます。
中盤、川村優理。
右サイド。
きょうはこのボランチコンビが非常に効いています。
そして縦にボールが入っていきます。
このところが空くんですよね。
相手の中盤と、ディフェンスラインの間の所が空いてくるので、やはりここをうまく使いながらね、しっかりと攻撃を組み立てていってほしいなと思います。
これも速いプレッシャー、日本。
切り替え速くていいと思います。
高倉監督、前からしっかり守備をしていけという指示をしています。
それが見事に今、実行されているという状況です。
結果、日本ペースで、このゲーム終始、主導権を握っていきます。
ボールを持つ時間が長いので、いろんな攻撃のパターンだったり、いろんな形を作ってほしいなと思います。
そうですね、きょうのゲームも非常に両サイドをうまく使いながら。
そして開いた所を縦に、センターも狙っていけるという。
サイドを攻略したあとでは、大きい相手には、どうゴールを狙っていくのかという、単純にクロスを入れるだけでは跳ね返されてしまう、だったら3人目の動きだったり、地上戦で戦ってみたりと、いろんなこと、トライしてほしいなと思います。
ですから2点リード、ゲームとしてはうまくいってますが、その中で何が試せるのかというのも、重要になってくるわけですね。
せっかくいい相手が、こうやって対戦してますので、いろんな形を作ってほしいです。
ですから、このあとの追加点。
さあ、どうなっていくのか、日本。
長谷川。
さあ、ボールが入ります、横山久美。
非常に落ち着いています。
長谷川との連係。
長谷川唯。
テクニックがある。
中に合わせていった。
こぼれたボール、日本。
鮫島。
ちょっとアフター気味にも開いてきていますからね。
気をつけながらプレーしないといけないですね。
このボールが入ります、横山久美。
ペナルティーエリアで果敢にチャンスを作っていきます。
どこかでワンタッチね、ワンタッチのパスが入ってくるとおもしろいですよね。
なるほど、狭い距離で速いパス回しですね。
そうですね。
アイスランドは非常に体格のいい、大型の選手がそろっています。
そこをどうすり抜けていくか。
ここまで日本が2点のリード。
前半は残り15分を過ぎています。
初戦は敗れた日本。
ただ、ここからまき返して、初優勝、それをもぎ取るためには、きょうのゲーム、1点でも多くのゴールが必要です。
そしてその可能性が十分ある戦い方。
渡辺さん、先ほど宇津木選手が無理して真ん中に行こうとせずに、しっかりサイドも使ってやっていこうという声、周りに飛ばしていました。
加藤さん、今の意図というのは、やっぱり相手選手を揺さぶろうという指示なんでしょうか。
そうですね、少しサイドで相手を広げておいて、そうすることによって、中央が開いてくるので、やっぱり縦、縦だと相手も狙いやすい状況、作られてしまいますので、やはりそのあたりで、目先を変えるといいますか、少しピッチを広く使いながら攻撃しようという、そういった狙いだと思います。
アイスランドボールで、ボールが最終ラインから前線へつなごうというところ。
背後を突くボール。
さあ、抜けている。
アイスランドボールだ。
これを気をつけたい。
これはゴールキーパー、山下のキャッチです。
熊谷選手ですかね、うまくカバー入りましたね。
いいですね、この場面です。
しっかり寄せていきました。
大きな指示を出していきます。
きょうはボランチの宇津木瑠美。
宇津木選手もまだまだコンディション的には、万全ではないと思いますけど、やはり今できることをしっかりやる、そういったことを今、ピッチでしっかりと表現してくれていると思いますね。
ワールドカップ2015年大会では、主力メンバーとして、チームを準優勝に導きました。
ただ、去年16年の秋に、懸案だった右足を手術しています。
そういった意味でも、宇津木にとっても、徐々にペースを上げていきたい、そんな大会かもしれません。
さあ、再び晴れ間も広がっています、きょうのアルガルベです。
渡辺さん、高倉監督からは、もうちょっとテンポよく動かしていけという指示が飛びました。
なるほど。
非常に初戦からすれば、非常にテンポがいいゲームだと思うんですが、岩清水さん、監督の意図というのはどういうところでしょうか?
高い位置にボールを持ってったときに、ディフェンスラインの前で、前を向けるシーンはありますが、そのあと、ドリブルで運んだりとか、タッチ数がちょっと多いところがありますので、そこをワンタッチだったり、ツータッチ、テンポを上げて崩すと、もっと崩れるんじゃないかなと思います。
さあ、これは背後をつくボールです。
アイスランド。
ホイッスルが鳴っています。
少しずつですが、アイスランドも、この背後をつくボールが出るようになってきています。
ただこれはホイッスル。
高倉監督、テンポという意味では、スペイン戦敗れたあとでの練習では、ワンタッチでの練習をかなり繰り返したようですね。
ゴール前で、ワンタッチでつながれますと、やっぱ守ってる側は、守りづらいので。
なるほど。
そういったシーンは多く作りたいと思いますね。
そのワンタッチのパス、前線。
ここまで2点のリード。
きょう、フル代表初先発の長谷川唯の2ゴールで、日本がリードを広げています。
ただ、1点でも多く取りたい、きょうのアイスランド戦。
ここはアイスランドのカウンター。
熊谷が寄せていく。
前線からプレッシャーをかけたい日本です。

スポンサーリンク
  さあ、この前線でのプレッシャー、横山久美。
寄せていく宇津木。
ただ、ここでは奪えません。
アナ・ビョークが前線へ。
左サイド。
2点を奪ったあとの日本ですが、少しチャンスが減ってきている印象。
加藤さん、こうなったときに失点するのが、一番嫌なパターンですよね。
そうなんですよね。
ここを、やはり時間帯で、自分たちの時間帯もあれば、相手の時間帯のときもある、それをできるだけ自分たちの時間帯に持ってくる、やはりそういった工夫というのも必要になってくると思いますね。
岩清水さん、ペースが変わってるなと、もちろん選手も感じていることだと思うんですが。
この、今までよかった時間と変わってきたときに、守備陣としては何を気をつけるべきなんでしょうか。
やっぱりそういった時間に、相手の時間のときに失点をまずしないこと、守備の人間だったら、マークの確認だったり、やっぱりこういった前線への声がけ、それによって自分たちが狙えたりっていう状況を作れますので、自分たちの準備も大事ですが、前への声がけも大事だと思います。
そういう意味では、前半の残り時間も考えますと、しっかりこれは失点0で抑えたい。
日本ボールです。
あとはこの時間帯、少しシュートまでいけてないので、フォワードの選手は、少し遠めからでも、足を振ってみる。
そういったチャレンジもあってもいいかもしれませんね。
きょうは2ゴールの長谷川唯です。
そういう意味では2トップの2人が、シュートチャンスが作れればという感じですかね。
そうですね。
まだ2人で連係して崩す、そういった場面は見られませんので、少しお互いに、位置を確認。
さあ、これはいいボールが入った。
こぼれている。
日本、ボールを拾いたい。
久々に、日本がチャンスを作っていきました。
田中選手、ちょっと触りましたかね。
そうですね。
惜しかったです。
そうしたら加藤さん、ペースを変えるには、今のような攻撃を続けていくことが、リズムを取り戻すということですね。
今、高い位置で宇津木が狙いにいけてますので、長谷川のプレッシャーも効いてるのかなと思います。
やっぱりボランチのどちらかが、高い位置を取れるというのは、チャンスを作れるわけですね。
ああやって、高い位置で奪いに行くシーンが見られるほうがリズムとしてはいいと思いますので、こうですね。
ここは川村ですね。
川村選手、宇津木選手、ボール奪取力ありますので、それを引き出した守備ができればいいなと思います。
さあ、ここはアイスランド、ディフェンスの背後を狙うボールでしたが、最終ライン、落ち着いて、これはボールを奪い返します。
少しこれは。
このあたりの判断ですよね。
そうですね、ボールが奪われてしまいました。
アイスランドボール。
これは気をつけたい、体を張ります、日本。
日本ボール。
これをしっかりつなげたい。
アイスランドの選手がかなり高い位置を取っています。
ここでつながれると、チャンスを作られてしまいます。
もちろん相手のペースという時間はありますので、そういったときにみんなで声をかけてほしいですね。
その声を再三、宇津木を中心に日本の選手がかけています。
ここは川村がボールを奪いに行きました。
これもいいプレーだと思います。
ファウルにはなりましたけどね、こういったあたりの球際、負けないっていう、こういった気持ちの強さというのも、非常にいいんじゃないでしょうかね。
川村優理、きょうで節目の30キャップという日本代表。
さあ、これはボールが入る。
フラッグが上がっています。
オフサイド。
7番のサラ・ビョーク。
アイスランド女子MVPを3度受賞しているという非常に能力の高い選手です。
ドイツでプレーをしているサラ・ビョークです。
アイスランドを率いるのが、2013年の9月に就任したフレイル・アレクサンデション監督。
渡辺さん。
今、ちょうど熊谷選手も、長谷川選手といくつか話を交わしていたんですけれども、熊谷選手、新キャプテンになって、今までの宮間さん、澤さんのようにはできないけれども、自分らしいキャプテン像、プレーで引っ張っていくことを意識したい、そして目の前の相手に絶対負けないということをプレーでチームメートに伝えたいと話をしていました。
そういった意味では、キャプテンマークを今大会から巻いている、この熊谷ですが、岩清水さんはね、常にこの国際大会でコンビを組んでいた相手だと思いますが、どういう、改めて、選手でしょうか?
1対1の対じにとても強いですし、何より高さが頼もしいので、ハイボールの処理のところは、だいぶ熊谷選手に助けられたところも多いです。
さあ、これは日本、セットプレーから狙っていきましたが、これはゴールラインを割ります。
そしてキャプテンシーという意味では、本当にそうそうたる顔ぶれが、これまでキャプテンマークを巻いてきたわけですけれども、新世代としては、岩清水さんから見て、この熊谷キャプテンというのは、どういうところを期待したいですか?
新しいチームになって、経験ある選手ですし、後ろからの、こうやって、やっぱりチームにとってリズムになると思いますので、そういったところは、キャプテンシーをやってほしいなと思います。
プレーとしては特に変えるところはありません。
ただチームがまとまる、そんなキャプテンになっていければというふうに熊谷、言っていました。
さあ、ここはアイスランドが攻撃を仕掛けていきます。
このクロスを気をつけたい。
ユーロの予選では、再三、このプレーで得点を奪ってきました、アイスランドです。
ここもハイボール。
ゴールキーパー、山下が出ていきます。
2年連続、なでしこリーグベスト11の山下杏也加です。
冷静な判断です。
やはり、ハイボールはちょっとひやひやしますので、なるべくクロスを入れさせない守備っていうのも大事かと思います。
ですから、そこはプレッシャーをしっかりかけて、コースを消すと。
ボールへのプレッシャーのかけ方だったり、まずクロスを上げさせない守備から、何を考えるかという逆算。
これは裏を閉ざしていく、気をつけたい。
クロスが上がる。
チャンスを作っていきました、アイスランドです。
前半残り時間、あと僅かですが、日本ペースでゲームが進む中、アイスランドが攻撃を仕掛けてくる時間になってます。
やっぱりアイスランドも、自分たちの形、そのサイドからの攻撃というのは、持ってますから、やっぱり相手のよさを消すことですよね。
やっぱりボールの奪われ方であったり、相手が前から来ているのであれば、少し裏返すような、そういった戦い方もあってもいいのかなというふうに思いますね。
当然、岩清水さん、この時間帯での失点というのは、ゲームの流れを左右しますよね。
そうですね、やっぱり時計を見ながら、プレーを選びながらやってほしいなと思います。
前半も残り時間僅かです。
ここまで日本が2点のリード。
さあ、日本の攻撃です。
縦にボールが入る。
田中美南、左サイド。
北川ひかる。
その左に長谷川が開いています。
ただボールを奪われます。
こういったところですよね。
しっかりと北川選手、上がっていったところで、しっかりとクロスを上げて終わる、自分が上がっているので、やはり背後にリスクありますよね。
そうですね。
やっぱりそのあたりでの仕事の終わらせ方ですね、そのあたりも十分に気をつけてほしいなというふうに思います。
このリードを保ったまま、前半を終えたいなでしこジャパン。
アディショナルタイムは1分です。
追加タイムは1分。
ここまで2点リードの日本。
初戦を落としています。
1点でも多く得点を奪って勝ちたい、きょうのゲームです。
細かいパス。
いい奪い方ですね。
日本ボールを奪います。
このあとですよね。
さあ、これをつなげたい。
セカンドボール、日本。
田中。
距離はありましたが、狙っていきました。
長谷川が先制ゴールを奪ったような、そんな距離感でしたが、これはゴールキーパー。
まもなく前半もアディショナルタイムに入っていこうというところ。
追加タイムは1分です。
さあ、2点リードの日本です。
しっかり失点0で、この前半を終えたい。
そして、加藤さん、今大会は交代枠、6人交代可能という中で、後半、どういう戦いをしていくのかというところも、ポイントになると思いますが。
そうですね。
やっぱり、誰が入ってくるかによって、監督からのメッセージ、そういったものも変わってくると思いますので、やはりね、交代も含めて、含めて、後半に向けて、どういった戦いをしていくのかというところも期待したいですね。
そしてベンチに控える岩渕真奈。
まだ今大会、プレーする機会はありませんから、そのあたりも注目したいところです。
さあアイスランドが、残り時間僅かですが、最後の攻撃を仕掛けてきます。
これをしっかり抑えたい日本。
クロスを上げてきた。
山下、これを落ち着いてこれをさばきます。
ここで前半終了のホイッスルです。
アルガルベカップ、日本対アイスランド、前半終えて2対0。
長谷川の2ゴールで日本リードしています。
さあ、岩清水さん、非常にいいペースで前半を終えましたが、どういう印象でしょうか?
注目していた長谷川選手が、まず2ゴールという結果を出しましたので、うれしく思いますし、いい形で、高い位置でボールを奪うシーンがたくさん見れますので、そういう積極的なプレーがたくさん見れて、いいゲームなので、
ニュースをお伝えします。
東京都の石原元知事が会見で、豊洲市場移転の交渉に関わったと名指しした、練馬区の前川区長が反論しました。
かし担保の問題は、これは専門的すぎて、交渉の当事者に委ねるしかないじゃないですか。
浜渦君なり、交渉の担当者に任せるしかないじゃないですか。
石原氏は豊洲移転をあ決めた際、土地を買ったあとに土壌汚染が残っていた場合、東京ガスが責任を負う、かし担保情報が盛り込まれなかったことについて、報告を受けていないと繰り返しました。
また、交渉に関わっていたと名指しされた練馬区の前川区長が会見し、反論しました。
かし担保責任の放棄を決め、また大きな全体の費用負担のフレームを決めたわけですが、これは決められたのは、ここは根本的な石原さんの思い違いですが、私が辞めて6年後であります。
前川氏は、石原氏が自分の意思で押印したと指摘しました。
北朝鮮のキム・ジョンナム氏が殺害された事件で、マレーシア当局から釈放され、国外退去処分となった男性が、まもなく北朝鮮への経由地、北京に到着します。
国外退去処分となったリ・ジョンチョル氏は中国・北京行きの便に、ほかの乗客とは別の入り口から乗り込みました。
リ氏は、機内で北朝鮮大使館の職員に両側を挟まれる形で座り、まもなく経由地の北京に到着する予定で、その後、北朝鮮のピョンヤンに向かうと見られます。
一方、マレーシア警察は、長所を要請していた高麗航空の職員、キム・ウクイル容疑者の逮捕状を取り、
お伝えしています、日本対アイスランドの一戦。
前半を終えて2点日本がリードしています。
加藤さん、前半の日本の印象、どうでしょうか?
そうですね、本当にいい時間帯に得点も奪えて、日本らしい連動した守備も見られていますので、非常にいい流れできていると思います。
長谷川唯の2ゴール、すばらしいゴールです。
そして、岩清水さん、後半に向けて注目選手は誰でしょうか?
途中出場が予想されてます籾木選手、ゴールを欲しがっていると思いますので、頑張ってほしいと思います。
やはり岩清水さん、1点でも多く奪うことで優勝への可能性が
アルガルベカップ2017グループBの第2戦。
日本とアイスランドの一戦をお伝えしています。
ここまで長谷川唯の2ゴールで2点リードの日本。
さあ、後半に向けて今、千種たちがピッチに姿を見せています。
そして日本ですが、後半から中里優が入っています。
宇津木瑠美に代えて、中里投入ということですが、加藤さん、宇津木を下げたというのは、どういうことが考えられますかね。
恐らくコンディション的な部分が大きいのかなというふうには思いますけれども。
中里選手も本当にしっかりとボランチで、運動量をもってできる選手ですので、やはりきょうの試合でもそういったところを存分に発揮してもらいたいというふうに思います。
きょう、ボランチの2人が非常に前半いいプレーでしたから、ここをしっかり刺激を受けて、中里選手も頑張ってほしいと?
そうですね、いい流れをしっかりと引き継いで、自分のよさというのを発揮してもらいたいなというふうに思います。
一方、2点ビハインドのアイスランドですが、こちらも2人の選手を変えてきています。
さあ、雨が降ったり、晴れたりというめまぐるしく天候の変わる、きょうのアルガルベ。
後半のホイッスルです。
日本対アイスランド。
さあ、後半の戦いです。
2点をリードしている日本。
さあ、岩清水さん、まずリードしている状況での日本の立ち上がり、これ、重要なところはどういうところでしょうか?
試合が始まってまず、相手もギアを変えてきたりというのがありますので、しっかり相手のペースに対応できるように、いろんな準備をしてほしいです。
ここは長いボールを蹴ってきます、アイスランド。
あと風の方向も変わりますので、ボールの飛距離がだいぶ変わると思いますので、そこにも対応が必要ですね。
そういう意味では、前半の試合開始直後は非常にいいペースで日本がゲームを作っていきました。
この後半の立ち上がりも、そのペースを日本が握っていきたいところ。
ボールが入ります。
横山久美。
ご覧のように、前半の宇津木のポジションに、中里が入っています。
岩清水さん、日テレ・ベレーザの中里優ですが、このポジションでのプレー、どういうところを期待したいでしょうか。
ボールの奪取能力も高いですし、何より、ペナルティーエリアに入ってからの仕掛けは、思い切ったプレーが見られますので、ゴールに関係するプレーをしてほしいなと思います。
これが日本代表5試合目ということになりますが、初戦、スペイン戦は途中で交代ということがありましたが、初戦の印象は岩清水さん、どうでしたか?中里選手ですが。
ボールを奪いに頑張ってはいましたが、相手の立ち位置だったり、中盤の人数が多いってところで、なかなか対応が難しかったのかなとは思いましたね。
そういう意味では、自分自身の反省も踏まえての、きょうのゲームということになっていきます。
この場面ですが、アイスランドが攻撃を仕掛けてきました。
ここをうまく対応したのが、きょうフル代表デビュー戦の中村楓です。
ーここはいい準備してほしいですね
そうですね、コーナーキックです。
風も強くなってきています。
そしてユーロ予選では、このコーナーから得点を奪っています、アイスランド。
後半の立ち上がりです。
こぼれているボール。
アイスランドボール。
寄せていきました。
タッチを割ってスローインです。
ここでまたロングスローですよね。
そうですね。
やはりタッチに切っても、こういったところで、また長いボール入れられてしまいますので、しっかりと集中力を切らさずに対応するということが、大事になってきますね。
コーナーフラッグを見ても、かなり強い風が吹いています。
このロングスロー、要注意です、日本。
こぼれている。
これはホイッスルが鳴って、日本ボールです。
きょうの主審はセネガルのティウネさんです。
前半2ゴールの長谷川唯。
もう1点取れば、フル代表初先発にしてハットトリックという可能性も十分あります。
長谷川。
見たいですね。
そうですね。
そしてその長谷川に刺激を受けるようにきょうの2トップ、横山久美と田中美南。
岩清水さん、この2人ももちろん得点、狙ってると思います。
もちろんですね。
焦りにはつながらないでほしいですけれども、チームメートに影響を受けて、ゴールを狙っていってほしいなと思います。
きょうのゲームですが、1点でも多く奪うことで、優勝への可能性をつなげていきたい日本です。
さあ、前半を終えて、どんな指示を選手たちに出したんでしょうか、高倉麻子監督。
きょう勝ちますと、高倉体制になって初の勝利ということにもなります。
右サイド、千葉。
これはボールがつながりません。
こぼれたボールをみずから取りに行きました、千葉園子です。
ASハリマアルビオンの千葉園子。
クラブチームからは初のフル代表招集という期待も背負っています。
背番号8番千葉。
後半。
ここも高い位置でボールを奪います、日本です。
加藤さん、後半に入ってまたここでも早い時間で追加点欲しいですね。
そうなんですよね。
本当に次の1点がこの試合を大きく左右してくると思いますので、やはり次の一手をしっかりと日本が取って、さらに日本らしい時間帯というのを多く作ってもらいたいと思います。

スポンサーリンク
  大量得点を奪うことで、次はノルウェー戦が控えています。
きょう勝てば、高倉体制初の勝利ということにもなります、なでしこジャパン。
千葉がこれもボールをうまくカットします。
右サイド、鮫島。
そして、きょうデビュー戦の中村、熊谷というセンターバックコンビ。
ここからのビルドアップですよね。
サイド、変わって左。
いいリズムでパス交換しながら、しっかりと空いてる選手を逃さない、やはりそういったところが非常に重要になってくると思いますね。
キャプテンマーク、熊谷、縦にボールが入ります。
これはつながりません。
ただそのあとです。
相手のディフェンスラインと中盤のラインの間で受けれればいいんですけれども、そこに通すパスが、ちょっとまだ見えないのかなという印象です。
これも高い位置でプレッシャーをかけます。
渡辺さん。
敗戦でスタートしたこの大会なんですが、高倉監督は、きょうの試合に向けては、もう一段階上がっていかないと、見えるものも見えない、成長しないといけないと強く改めて感じていると話をしていまして、1つでもブロックを積み上げられるような、そんな試合にしたいということも話していました。
岩清水さんも、このアルガルベは何度となく出場してると思うんですが、やっぱりいろいろと試すということも重要ですが、勝つことの重要性というのは、改めて感じた大会だったと思うんですが。
そうですね、いろんなことを、トライだったりするのは大切なんですが、やっぱり勝っていかないと、日本の女子サッカーというのは、見てもらえるという回数が減ってしまいますので、結果を出すこと、けれども、いろんなことにチャレンジするっていう、まあ、難しい時期ではあると思いますが、勝ってほしいと思います。
ご覧いただいているアルガルベ、6回目の出場となりますが、2011年、3位になった年のあと、ワールドカップ世界一になっています。
そして2012年準優勝になったあと、そのあと、ロンドンオリンピックで銀メダルをとっている。
ですから、世界と戦ううえでは非常に重要な大会、アルガルベカップです。
ここでいろんなことをトライして、トライ&エラーですけど、ミスが起きて、じゃあ次、どうしようということを修正して次の大会に臨む、そしていい結果が出たり、出なかったりはありますが、ここでいろんなこと試すことが大事だと思います。
そういう、きょうの勝利がもたらすものは、非常に大きなものになります。
ここまで2点のリード。
ただ後半に入って、まだ決定的なチャンスは作れていません。
相手はヨーロッパユーロ3大会連続出場のアイスランド。
非常に大型の選手がそろっています。
ヨーロッパの新鋭、アイスランドです。
相手も2点ビハインドということで、ちょっと前線からのプレッシャーが前半よりは見受けられますので、日本もちょっと受けて立ってるところはあるかもしれないですね。
前半の終わりあたりからチャンス、ロングボールを使ってきたりとか、クロスを上げてきたり、ちょっと変わってきていますよね。
そうですね、アイスランドの時間、前半の最初のほうは、ずっと日本が持ってる時間がありましたが、アイスランドの時間も少しずつ多いですね。
そうですね、ですから本当に加藤さんもおっしゃいましたが、この3点目を早い時間に取りたいですね。
そうなんですよね。
渡辺さん、今、北川選手が倒れて、治療を受けています。
かなり痛そうですね。
足の甲、もしくは裏あたりを手でつかんでいます。
このプレーです。
このタックルが右足に入ったんでしょうか。
蹴られたか、自分の体重がちょっと乗っかっちゃったか。
かなり痛そうです。
スタッフからちょっとバッテンのサインが出ましたね。
ちょっと無理なようです。
高木選手が呼ばれています。
このプレーで北川ひかるが交代という情報が入ってきています。
急きょ、呼ばれたのが、アップはしていたでしょうが、突然の交代になりそうです。
19歳、スペイン戦でフル代表デビューを果たした北川ひかる。
ここで高木と交代という情報が入ってきています。
加藤さん、こういうけがでっていうのは、本当にもったいないというか、避けたいところでしたけれどもね。
そうですね。
本人としても非常に悔しさ残りますよね。
非常に若い、そして経験を積む場でもあったはずの北川のきょうの2試合目のプレーでしたが。
先ほどのタックルを受けて、どうやらピッチを退くという状況です。
ただこういった状況で、代わって入る選手もアクシデントに対応できる、急なね、こういったことにも対応できる能力というのをしっかりと見せてもらいたいと思います。
今、ピッチ上は1人少ない状況の日本です。
今、担架が要請されました。
相当ですね。
今大会で言いますと、練習中に有吉が負傷してしまいました。
そして菅澤も負傷ということで途中離脱。
もしこれで北川がプレーができないということになりますと、メンバー23人中3人を欠くということにもなってしまいます。
そんな中、きょうは2点リードの日本。
とにかく1点でも多く取って、チームに勢いをつけたい、そんなゲームになってきます。
さあ、ここで先ほど、負傷ということで北川に代わって、背番号15番高木ひかりが入ります。
担架が運ばれるという状況です。
まだ立ち上がれませんからね。
ちょっと心配ですね。
途中から入った高木です。
鮫島選手が左に行きましたかね。
本来のポジションということですかね。
そして、代わって入った高木。
高木選手が右ですね。
この15番です、高木ひかり。
静岡県三島市出身。
23歳。
初戦はセンターバックでのプレーでしたが、きょうは急きょでの登板となっています。
川村から、千葉。
ここもボールがつながりません。
途中出場の高木ひかりですが、右サイドバックにポジションを取っています。
そして先ほどまで右にいた鮫島が左へ。
センターバックは熊谷と中村というきょうの日本最終ラインです。
ちょっとメンバーが代わったり、相手の時間だったり、ちょっと落ち着かない時間ですので、みんなで声をかけ合って、じゃあ、どうしたら自分の時間になるのかってことを考えながら、やれればいいかなと思います。
さあ、そして負傷交代ということになりました、北川ですが、担架で運ばれていきます。
けがの状況がかなり気になるところです。
注意したい時間帯の日本です。
鮫島が触ってコーナーキック、アイスランドボールです。
ちょっとアイスランドの時間のコーナーキックなので、注意をしたいです。
このコーナーキックですが、かなりスピードのあるコーナーをこの背番号11番、グドニー、持っています。
アイスランドの選手に対して、主審のティウネさんが指示を出しました。
少し間が空いて、さあ、アイスランドのコーナーキック。
中央、こぼれている。
しっかりクリアしたい。
さあ、日本のベンチメンバー、今大会、6人まで交代が可能です。
後半に入って中里、そして負傷交代ということで、高木が入っています。
ですから、あとは日本、4人交代カードを持っていることになります。
ただ、後半に入ってこの時間帯、アイスランドの時間が続いています。
2点リードの日本。
ただ1点返されますと、ゲームの流れ、全く分からなくなります。
気をつけたい日本。
再びキッカーはグドニー。
先ほどと同じ場所。
こぼれている。
このあとですよね。
セカンドボール。
アイスランド。
放り込んできている。
気をつけたい。
こぼれています。
しっかり寄せたい、日本。
こぼれている。
危ない場面でしたが、ホイッスルが鳴りました。
外ですかね。
ハンド?これはアイスランドのボール。
ただポジションは、これはペナルティーの外を指していたように見えます。
主審のティウネさんです。
このプレーです。
ファンディースのシュート。
これに対して。
熊谷選手の。
手だという判断ですかね。
ただ熊谷のいたポジションは外ですね。
そうですね。
しかし危ない場面です。
アイスランドの時間が続いていきます。
さあ、守りたい日本。
少しでもキッカーにプレッシャーを与えたいですね。
山下杏也加が指示を出します。
そして、壁を作る日本。
後半15分。
アイスランドの時間帯。
この距離からのセットプレー。
フリーキックです。
さあ、しのぎたいなでしこジャパン。
低いボール、こぼれている。
さあ、寄せていきたい日本。
このボールをつなぎたい。
一度はっきりと切りたいですね。
そうですね。
セカンドボールがアイスランドになっています。
さあ、日本のボールになるか。
千葉から前線、長谷川。
右にポジションを取っています。
これをしっかりつなげたい。
うまく時間作りましたね。
右サイド、鮫島。
さあ、日本がボールをつなぎます。
流れをなんとかとぎらしたい。
危ない場面でしたがいったんしのいでいます。
日本です。
ただ、まだアイスランドが高い位置からプレッシャーをかけてきます。
この時間帯、なかなか日本の流れに変わってきません。
さあ、先ほどのシーンですが、千葉が体を張りました。
そのあともボールを寄せていきます。
加藤さん、ちょっとこの流れが、なかなか日本に流れてこない中で、どういう選手が、キーマンになってきますかね。
そうですね、少しスペイン戦と同様に、選手それぞれの運動量が落ちてきたような印象を受けますよね。
なので、やはりボール保持者に対して、もう少し複数の選手が関われる、もう少し早くいいポジションを取るというところを、しっかりと心がけてやってほしいというふうに思います。
そういった面では、体力ということでいきますと、交代カードも含めてということになっていくんですかね。
そうですね。
日本ベンチ、籾木選手が呼ばれました。
加藤さんがおっしゃったように、まさに高倉監督、切ってこようとしています。
ただここも、アイスランドが攻撃を仕掛けます。
さあ、なんとかこの流れを断ち切りたい、日本です。
2点のリード、ただ流れが相手に傾いています。
ボランチの川村。
これも、さあ、気をつけたい、日本です。

スポンサーリンク
  中里選手の前で、長谷川選手がボランチですかね。
そうですね。
位置で言いますと、背番号17番長谷川が中央にいます。
今、ちょっと代わってるだけかもしれないんですが。
うーん、これも中途半端なプレーにすると危ない。
ボールはタッチを割ります。
鮫島のプレーです。
さあ、ここで、まずはアイスランドがさらに交代カードを切ってきます。
背番号20番。
アイスランド。
ベルグリンド・ビョーグが入ります。
そして、交代するのが背番号9番マルグレート・ラーラです。
2枚替えですね。
2人代えてきましたね。
一気に、さあ、フレイル監督、アイスランド。
アイスランドも今、ペースがいいんでね。
そのペースをさらに引き寄せようと、2人の選手を変えてきました。
流れがなかなかつかめない日本。
なんとかシュートまでいきたい。
セカンドボール、長谷川。
左サイド、鮫島。
前線、横山久美。
この時間帯、なかなか最前線の横山、田中にボールが入りません。
これもアイスランドボール。
ここをつなぎたい。
渡辺さん。
千葉選手に替えて籾木選手の投入準備です。
なるほど。
千葉園子、ここで交代ということになります。
籾木投入です。
岩清水さんが交代カードとして注目していた背番号22番籾木結花が投入です。
日テレ・ベレーザ、さあ、改めて20歳の選手ですが、前の試合で僅かでしたけれども、フル代表デビューを果たしています。
このゲームの期待するところは?
相手との間でボールを引き出すのがうまいですので、そういったプレーが見れると、日本のペースに持ってけるかなと思います。
籾木、そして長谷川、そして負傷交代にはなりましたが、北川。
共にアンダー世代で高倉監督と世界を戦ってきた、その1人です。
非常に若い選手ですが、監督の期待も高い中、さあ、籾木がピッチに入ってきています。
そしてチームでもですが、長谷川選手と籾木選手、相性がとてもいいので、2人での関係で崩せたりとかは見てみたいですね。
ご覧のように、籾木ですが、背番号22番。
右サイドにポジションを取っています。
その籾木がボールを要求していましたが、ここはホイッスルが鳴ります。
最終ライン、センターバックが熊谷と中村、そして右に北川が負傷ということで入った高木、そして左に今、鮫島。
その鮫島からチャンスを作っていきました。
途中投入、岩清水さん注目の背番号22番籾木結花。
さあ、流れを変えたい日本です。
前半2点奪いましたが、まだ後半、ゴールを奪えていません。
やはり加藤さん、追加点が奪えないということは、結果、ペースを失っているということにつながっているんでしょうかね。
そうですね。
相手ゴール前に迫るシーンというのが極端に減りましたよね。
やはりそういった意味でも、なかなか日本らしいパスワーク、そういったね、リズムが作れていない、そういった時間帯、続いていますよね。
さらに岩清水さん、交代カードを2枚切ってきて、フレッシュな選手で戦っているアイスランドですね。
畳み掛けに来ている感はありますね。
こういう状況で、岩清水さんだったら一番、気をつけたいところはどういうところでしょうか?
やはり相手の時間がちょっと今長いですので、そういったところで、まず失点しなければ、2対0で今、勝ってますし、失点しないことをまずシンプルに考えたり、奪ったボールをそのあと、どうつないでいくかっていうのを、前と相談しながら、時間の作り方をもうちょっと相談しながらできたらいいのかなと思いますね。
そういう意味ではピッチ上での選手どうしの意見の交換というのも、重要になってくるんですね。
後ろだけの意見だけでなく、全体、やっぱり真ん中にいるボランチの意見だったり、感想っていうのを聞くのも大事、一つ大事かなと思います。
これもアイスランド。
かなり長いボールを後半、多用してくるようになっています。
その指示というと、前半は宇津木が再三にわたって、各選手に指示を出していましたが、現在は、代わって、中里が入っています。
ですからそのあたり、かなり多くの選手たちが、意識を持って指示を出さなければいけませんね。
そうですね、中里が今度、取り組むところっていったら、たぶん、周りに指示を出せるかどうかというか、自分が自信を持ってことばで表現してもいいと思うので、そういったところを宇津木選手から学ぶでもいいですし、そういったところに取り組んでほしいなというのは思いますね。
なるほど、きょうがこれでなでしこジャパン、5試合目ということではありますが、岩清水さんのアドバイス、まずそこは遠慮はいらないということですね。
そうですね、こういったボールへのアタックという部分ではいいものを持ってますので、仲間への指示っていうところ、自分が守りやすいように前に、前線に追ってもらうっていうのは、練習でピッチで言ってたりするんですけれども、そういったところ、これから取り組んでいけば、もっといいボランチだったり、もっとやれることが増えてくると思います。
そういった意味では、プレー以外の面でも、このなでしこに定着するために、今、中里にはそういった課題がピッチ上で求められています。
やはりこの中でも特に小さい選手ですので、うまく周りの選手を使って、相手とうまく駆け引きをしてボールを奪う、そういったね、狙いを持った守備というのが、彼女ができるようになれば、さらに一つこう、レベルアップした成長した姿というのを見せられると思いますので、やはりね、そういった声かけですよね。
周りの選手にしっかりと指示を出せる、そういったところはね、もっともっとチャレンジしてもらいたいと思いますね。
さあ、その中里です。
狙いを持てれば、大きさは大体関係ないので、そういったところを作れればいいですね。
そうですね。
148センチということですが。
さあ、その存在感を出せるか。
このボールを寄せていきたい。
渡辺さん。
日本ベンチ、今、岩渕選手、中島選手、2人が一度に呼ばれています。
なるほど。
さあ、今大会、まだ出場のない背番号11番岩渕真奈が準備をしているという情報が入ってきています。
バイエルンミュンヘンでプレーをする岩渕真奈。
今シーズンで言いますと、負傷離脱ということがありました。
そんな中、ことしに入ってこの大会で岩渕自身もペースをつかみたいところ。
若くしてなでしこジャパンに入りました岩渕。
今、ピッチに、ベンチの前で準備をする姿が捉えられました。
さあ。
つながればチャンスでしたが。
惜しかったですね。
そうですね。
左サイド。
鮫島が開いていましたが、セカンドボール。
もう一度中里。
川村とのボランチコンビ。
この位置に籾木です。
背番号22番。
もう一度、ボランチが縦にボールを入れる。
中里から。
空きますよ。
振り抜いている。
横山です。
体を張って、ホイッスル、ありません。
今うまく田中選手が動き出すことで、スペースを作る、そしてそのスペースへ横山選手がみずからドリブルで、いい位置で来ましたね。
さあ、もう一度横山。
そして、田中美南。
シュートを打っていった。
こぼれている!寄せている!これは惜しかった。
田中美南、そして横山久美の2トップでチャンスを作っていきました、日本です。
非常に惜しいシーンでしたね。
いやぁ、久々にチャンスを作っていきましたね。
ここを、この試合初めてかもしれませんよね。
この2人のパス交換から、しっかりと相手を崩してシュートまでいく。
やはりこういった場面をもっともっと増やしていってもらいたいと思います。
これを繰り返せば、またペースが日本に戻ってくるわけですね。
そうですね。
そして、真ん中に相手が集中してくれば、その分、サイドも空いてくる、そういった部分も狙いとして持てますので、やっぱりこういった攻撃というのをもっともっと積み重ねていってほしいと思います。
苦しい時間が続いていますが、一つ大きなチャンスを後半作った日本です。
やっぱ2トップの縦の関係が見れたのでとてもよかったと思います。
横山と田中。
共になでしこリーグの得点ランキング1位、2位という期待の2人です。
ただ、決めてほしいですね。
そうですね。
最後はね。
その3点目を奪いに行く日本です。
苦しい時間を乗り越えて、そして勝利をもぎ取ることが、再び世界の頂点を目指すためには求められていきます。
世界の強豪が集う、このアルガルベカップ。
初戦、スペインに敗れはしましたが、きょうのゲーム、しっかり、そして、1点でも多く奪うことで、初優勝の可能性が開いていきます。
そしてピッチリポート、日々野さんの情報では、岩渕が準備をしている情報が入っています。
岩渕選手のプレー、私も見るのが久しぶりなので、ちょっと楽しみです。
そうですね。
非常に能力の高い選手ですが、シーズンごとのけがに泣かされている、そんな岩渕でもあります。
さあ、ここで日本、2人の選手を投入します。
中島依美、背番号7番。
そして背番号11番は岩渕真奈。
まずは中島と横山が代わります。
そして岩渕ですが、田中美南と交代です。
最後に横山、田中で大きなチャンスを作りましたが、その2人が退きます。
高倉監督、2枚代え。
中島依美、そして岩渕真奈を投入しています。
籾木選手が中央に入って、中島選手が右に入りましたね。
なるほど。
さあ、かなり後半に入って、選手を代えてきました。
高倉監督です。
岩清水さん、また岩渕選手に期待したいところ、どういうところでしょうか?
個人で打開できる選手ですので、いい位置でボールをもらって、仕掛ける動きだったり、経験もありますので、仲間を生かすプレーもできると思いますので、そのへん、楽しみですね。
そして加藤さんも改めてこの岩渕への期待ですが。
やはり、こういった短い時間の中でも結果を出せる、ゴールを奪える選手の一人だと思いますので、彼女をしっかりと周りの選手たちが見ながらプレーをすること、やはりこれが重要になってくるのかなというふうに思いますね。
さあ、その岩渕が前線から、かなりプレッシャーをかけていきます。
途中投入の岩渕真奈。
ここからセカンドボールが日本になっています。
チャンスですよ。
左サイド、鮫島。
中央には籾木が待っています。
背番号22番。
代わって入った岩渕。
渡辺さん、4か月ぶりの実戦となった岩渕選手なんですが、とにかくこの試合楽しみにしていまして、これまでは周りに助けられてやってきたけれども、先輩たちがいない中、自分がチームの流れを変えられるような、そんな選手になっていかないといけないと話をしています。
気が付けば、岩渕も23歳という選手ですから、下の選手を従えてというなでしこジャパンのプレーヤーになります。
背番号11番。
今までは岩渕選手、一番下っていう位置でやってることが多かったと思うので、今、たぶん、彼女の心境も、ちょっと変わってるんじゃないかなと思います。
さあ、ここでアイスランド、再び選手を替えてきます。
背番号10番のダグニー投入です。
気をつけたい選手の1人。
ユーロ予選では7ゴール2アシストという、非常に存在感のあるこの背番号10番ダグニーです。
アメリカ・ポートランドソーンズでプレーをしています。
アイスランドも1点返せば、まだまだゲーム展開、分からないという状況ですから、加藤さん、逆に日本は本当に失点を気をつけたいですね。
そうなんですよね。
そして追加点を奪いたい。
ピッチ上には背番号11番岩渕真奈投入。
そして替わって入ったこちらも籾木結花。
長谷川から中央です。
こぼれている、岩渕だ。
テクニックがあります。
スイッチして、籾木、短いパス回し。
ボランチの位置、川村、左サイド。
ここに鮫島。
短いパス、再び鮫島。
鮫島選手の攻撃参加というのが、後半に入っては光ってますね。
そうですね。
前半は右サイドでしたが、北川が負傷交代ということで、現在左サイド。
本職のポジションです。
なんとかもう1点取りたい日本。
ここまで2対0。
3点目を奪うことで、このゲームを有利に進めることができます。
さあ、残り時間は15分。
日本の追加点。
中里。
右サイド、代わって入った中島。
中央。
岩渕、中島。
クロス。
シュート!少し合いませんでした、岩渕真奈です。
いや、今、一瞬コース空きましたけどね。
そうですね、いい位置にいました、岩渕真奈です。
この場面。
このあとですよね。
1回パスがつながったんですが。
すごいですね、今、中島選手、岩渕選手、2人で剥がしていきましたね。
ですからフレッシュな選手が存在感もね。
そうですね。
見せていますね。
こちらも後半から入っている中里。
少しペースが日本に流れてきていますかね。
そうですね、今だいぶ、日本がボールを持っている時間、高い位置でボールを持てる時間が多くなってますね。
ですから、加藤さん、ここで追加点ですね。
そうですね。
期待したいですね。
残り時間も少しずつ迫ってきています。
前半2点のリードを奪った日本。
ただ後半に入って、まだ得点はありません。
初戦を落としている日本。

スポンサーリンク
  このアイスランド相手に、大量得点が求められます。
右サイド、中島依美。
背番号7番。
川村へのボール、これは熊谷が左へさばきます。
縦に入る中里。
中央には2枚。
3枚目も入ってくる長谷川。
アイスランド、ゴール前の4バックは絶対に外に行かないですね。
なるほど。
ゴール前で結構守るので、なので、なかなかシュートシーンが作れないかもしれないですけど、サイドを攻略したりとか、ちょっと工夫が必要かもしれないですね。
ただ単に中央に寄ってもこじあけるのは難しいと。
4枚が大きい4枚。
並んでますので、なかなかちょっと目先を変えないといけないかもしれないですね。
サイドをうまく使っていくのが鍵です。
きょうは強い風が吹いているアルガルベ。
これはフラッグが上がっています。
日本ボールです。
前半、背番号17番長谷川唯の2ゴール。
ただそのあとの追加点がまだありません。
後半からかなり多くの選手が投入されています。
注目の1人、背番号22番の籾木結花20歳、日テレ・ベレーザ。
岩清水さん、注目選手の1人でしたが、ここまでの籾木選手の存在感、いかがでしょうか。
もっとゴール前でプレーできればいいんですけど、ちょっと今、遠いので、関われるボールを出して、もう一回ゴール前に行くとか、ゴール前でプレーすることがやはり相手の脅威になると思います。
そうですね。
いま少しね、組み立ての部分に関わる、やはりそういった時間帯が増えてるので、そのあとにしっかりとゴール前へ飛び出していく、その籾木選手の決定力ですよね。
やっぱりそういった部分も見たいですよね。
縦にボールが入ります。
渡辺さん、籾木選手、初戦は出場時間が短かったことをすごく悔しがっていまして、この試合では得点、とにかく狙っていきたいということを話していました。
初戦のスペイン戦、後半42分から投入ということで、これが籾木にとっては、フル代表デビュー。
そしてきょうのゲームが2戦目ということですが、得点の期待も高まります。
20歳の籾木結花。
同じ20歳の長谷川唯が2ゴールですから。
さあ、結果が求められます。
パスがつながるようになっています日本です。
岩渕、縦へ。
ここから一つ、サイドを使って相手を引き出す、そういった工夫が欲しいですよね。
今、籾木が流れていきましたが。
そこをね、おとりに使って、サイド、鮫島選手も走ってましたので、そこを一つ使ってもいいのかなという気はしますね。
中央にはアイスランドの高い壁が立ちはだかっています。
ここは長いボール、ゴールライン割ります。
川村優理。
ただ、岩清水さん、きょうの川村選手、非常に効いてますね。
そうですね。
やっぱり中盤でボールを奪われる回数多いですので、そういった状況をたぶん、作れる選手ですし、状況作って、潰しにいくパワーっていうのは、すごいもの持ってますので、それが光ってると思います。
縦にボールが入った。
チャンスだ!シュート、はじいている。
セカンドボール、岩渕。
あと、ああいうふうに川村選手は2列目からの飛び出しだったり、タイミングは、とてもいいので、こういったチャンスをしっかりほしいですね。
いい飛び出しがありました。
これもチャンスにしたい日本です。
あとはこのあたりのパスの精度ですよね。
パスの質といいますか、やはりトレーニングの中でも、しっかりとパススピードを上げていこうということに取り組んでいますので、相手のプレッシャーがある中でもしっかりとそういったところの精度を高めていってもらいたいと思います。
セカンドボール、日本です。
中島。
ボールキープ、前を向いた。
少し足元が取られてしまいました。
雨降ったあとなのでね。
そうですね、今は天気は晴れていますが、前半、かなり激しい雨が降っていました。
渡辺さん、積極的な姿勢を見せている川村選手なんですが、さほど代表歴が長いのではないけれども、このチームの中では、やっぱり自分が先輩たちのものを引き継いでいかないといけないということは、改めて感じているという話をしていました。
川村といいますと、層が厚い中で、なでしこジャパン、招集されるという機会が多かった。
ですから、定着というのが1つ目標でした。
そんな中、きょう、川村は存在感を示しながら、これで30キャップ、大きな節目を川村自身が迎えています。
高倉監督にも大きなアピールになっている、きょうのゲームです。
追加点の欲しい日本です。
フレッシュな選手が投入されています。
その選手がどう存在感を出していくか。
その中には背番号11番岩渕真奈、バイエルンミュンヘン。
久しぶりの実戦ということですが、これは気をつけたい。
奪われ方がね。
気をつけないと、やはりああいったところからカウンターというのを受けてしまいますからね。
ここはキャプテンマークの熊谷。
しっかり選手との距離を計っていきます。
やはり前半はこの位置まで、プレッシャー来ませんでしたけれども、やっぱりもう終盤になって、得点を奪いに行かなければいけないということで、少し高めの位置からプレッシャー来てますので、そういったところを選手たち、しっかりと感じながら、それだけ空いてる選手、出てきますので、やはりそこをどう見つけられるかですよね。
そういう大柄な選手を相手にということで考えますと、岩清水さん、当然次のノルウェー戦というのも、同様な戦い方になる可能性ありますからね。
そうですね。
こういった高いブロックを引かれたときに、ではどう点を取っていくのかというのを、じゃあ、今、ここでトライしていかないと、次のノルウェー戦、またトライができませんので、いろんなことを試してもらいたいなと思います。
とにかく、優勝を考えますと、きょうのこのアイスランド戦、そしてノルウェー戦、落とすわけにはいきません。
さあ、ここは日本、コーナー。
セットプレーで追加点を奪いたい。
どういうボール入れてきますかね。
相手は長身がそろっています。
高いボール。
こぼれて。
もう一度日本。
コーナーキックです。
日本の選手たちですが、中央で少しことばを交わしました。
どういう形を取っていくか。
少し手前だ。
セカンドボール。
中里、体を張ります。
負けないですね。
そうですね。
そして長谷川から。
パスをつなぎます。
サイドを変えたい。
ここに。
右サイド。
サイドを使ってというのが1つ、課題ですが。
岩渕へのボール、これはアイスランドボールに変わります。
ちょっと足元緩そうですね。
そうですね、ちょっと足元を取られる選手のシーンが増えてきましたね。
そうですね。
疲れもたまってきていますので。
なるほど。
たぶん、ちょっとやむをえないので、そういったところ、ディフェンスラインは、たぶんもっと注意しないといけないと思います。
きょうのゲーム、そのあとはすぐにノルウェー戦が月曜日、そしてこの順位決定戦が8日。
この順位決定戦を、一体どの位置で戦うのかというのが日本には大きなテーマになっていきます。
決勝戦なのか、3位決定戦なのか、それともそれ以下なのか。
そのためにも、きょうのアイスランド戦、まだまだ得点が必要になってきます。
後半40分を過ぎています。
残り時間5分を切っています。
追加点が欲しい日本。
まだ後半に入って得点はありません。
替わって入った選手がこのなでしこジャパンにアピールするという意味においても、結果を残したい。
つながればチャンスというところ、籾木結花。
背番号22番。
ただアイスランドも、後半に入ってかなり戦い方を変えてきています。
ただ、こうしたヨーロッパのチームを相手に、これから日本は、世界の舞台で戦わなければいけません。
もうちょっとゴール前に行きたいですね。
そうですね。
この行けない要因というのは、どういうところでしょうか?
どうですかね、味方どうしの距離感だったり、なかなかピッチじゃ見づらいんですが、相手と相手の間に立つとか、そこを、パスを通してついていくっていうのが相手が嫌がることだとは思うので、それをやってもらいたいなと思いますけれども。
そういうことができる選手がピッチ上にたくさんいるわけですよね。
なかなか、プレッシャーもありますので、ボールへのプレッシャーもありますので、中では気付かないことも多いんですけど。
その間をどう見つけていくか、そしてチャンスをつかんでいくか。
短いパスをつなぎます。
岩渕、岩渕。
シュートを打っていく。
ボールがこぼれている。
もう一度岩渕が飛び込んでいきました。
高い位置からプレッシャーをかける日本。
抑えに行っていいと思います。
籾木が寄せに行く。
ここで奪いたいですよね。
ここ、川村です。
2人がかり。
さあボールが、日本ボールになった。
長谷川です。
このあとです。
どう最終ラインを崩すか。
ちょっと岩渕選手が足を引きずってますよね。
このシーズンでいいますと、負傷で年末にチームを離れている岩渕真奈ですが、今大会は招集されました。
そして久々の実戦という岩渕ですが。
もし痛んでいるとすれば、非常に気になるところです。
ちょっと怖いですけど。
さあ、日本ボール。
中里。
なんとかもう1点取りたい日本です。
2対0、リードこそしていますが、後半に。
最後、もう1つギアアップをして、攻撃のシーン見たいですね。
当然ながら、その体力的にも苦しい時間だと思うんですが、岩清水さん、ここでどういうことがプレーとしては求められますか?
やっぱり、シュートシーンがちょっと少ないので、遠目から追い風なので、遠目から狙ってみてもいいですし、もうちょっとゴールへ迫るシーンを、チームとして作っていったほうがよさそうですね。
ただここはアイスランドが大きなボールを蹴ってきます。
タッチを割って、日本ボール。
さあ、後半も残り時間あと僅か。
ここまで2対0、日本。
きょう勝ちますと、高倉麻子新体制になって、初勝利というなでしこジャパンです。
ただ、この大会、考えますと、まだまだ得点の欲しい日本です。
この大会、勝ちに来ました。
そう大会前に話していた高倉麻子監督です。
世界の頂点を再び目指す、その初の新体制、国際大会、アルガルベカップ。
さあ、危ない場面。
ボールに寄せたい。
シュートを打っていった。
ここは落ち着いて山下がさばきます。
さあ、残り時間、あと僅かです。
なんとかもう一度、チャンスを作りたい日本です。
攻撃する回数、欲しいですが、後ろはやっぱり無失点で試合をしめるというのも大事だと思います。
ここまで失点0。
さあ、新体制初勝利へ。
目前です、日本。
そして次のノルウェー戦、さらには順位決定戦につなげる戦い。
手元の時間で45分を過ぎました。
アディショナルタイムは3分です。
うまくコントロールしながら最後ね、フィニッシュまでというところですよね。
後半からかなりの選手が投入されています。
少しでも結果、そして存在感を見せたい。
ハンドの判定でしょうか、中里。
アイスランドボールです。
アディショナルタイム3分。
求められるのは、失点0。
そして追加点。
とにかく目の前の戦い、さらには、次へつながる戦いが求められます日本です。
大きく前線へ。
岩渕。
次はノルウェー戦。
きょうのアイスランドと似たようなチームとの対戦が控えています。
その先に見据えるのは、順位決定戦。
さあ、まずは失点0。
ここはしっかりクリアしたい。
日本、大きく前線へ。
ロスタイム入ってますので、後ろの選手だったり、キーパー含めて、リスクのないプレーを選んでもいいと思います。
まずは失点0。
その中から残り時間、どうチャンスを作るか。
もうひとチャンスぐらい作りたいですね。
そして、後半から入った選手にチャンスを作ってもらいたいですね。
そうなんですね。
その後半投入の中里。
縦にボールが入ります。
籾木へ。
つながればチャンスというところ。
狙いとしてはよかったですよね。
日本ボールです。
ここは丁寧につなぎたい。
きょう、2ゴールの長谷川。
短いパスが、これは奪われます。
カウンター要注意です。
高い位置でボールを奪いたい。
うまい対応です、川村。
今、中村選手と川村選手、2人で奪ってたので、よかったと思います。
やっぱり連係しているというところですね。
さらには残り時間を考えてのプレー。
安全策も重要です。
落ち着いています。
きょう代表デビュー戦の中村楓。
右サイド、途中投入の高木ひかり。
ボールをつなぎます籾木。
さあ、なんとかもうワンチャンス作りたい日本です。
いい動きだしですよ。
さあ縦に、鮫島が動いています。
中には、3人、4人と日本選手、シュートを打っていった。
みずからシュートをチョイスしました。
鮫島です。
1タッチでクロス上げても、おもしろかったかもしれませんね。
中にね、かなり選手、枚数そろっていましたが。
ここで試合終了のホイッスルです。
日本、2対0。
アイスランドを下しました。
さあ、加藤さん。
まずは高倉新体制になっての初勝利ですが、どういうゲームでしたか?
そうですね。
本当に前半は思うような形で、しっかりと日本らしさというのが出せたと思います。
ただ、選手交代も含めて、後半に関しては、少し消化不良の部分も
長谷川選手にお越しいただきました。
勝利、おめでとうございます。
ありがとうございます。
初スタメンで初ゴール、そして2ゴール挙げました。
ご自身を振り返っていかがですか?
きょうは本当に強い気持ちを持って、これからもなでしこに選ばれるようにアピールする場だと思っていたので、その中で、結果が出てよかったです。
それぞれまずミドルシュートが決まりました。
このあたり、狙いはいかがでしょう?
積極的にシュートを2打っていこうと思っていたので、中盤の間で、いいところで受けれたので、思い切って振ったら入ったんで、よかったです。
2点目は横山選手とのコンビネーションから生まれました。
瑠美さんのシュートのこぼれに行っていたら、逆に、キーパーがはじいたんですけど、久美さんがしっかりこっちを見ていたので、当てるだけという感じでした。
ご自身にとっては、非常にいいスタートを切った形だと思いますが、次、またすぐ試合がありますが、どんなプレーをしてアピールしたいと思われますか?
前半はいい形で、結構ボールを受けれていたんですけど、後半はあまり前を向いてボールを受けるシーンが少なかったんで、前半も後半も同じようなプレーができるように、次、チャンスがあったら、ゴールも狙っていきたいと思います。
中2日で試合があります。
ひと言、お願いします。
本当に、今大会は中中1日だったり、中2日で、結構厳しい大会になるんですけれども、本当にチーム全員で、力合わせて、しっかり勝っていきたいと思います。
長谷川唯選手でした。
おめでとうございます。
ありがとうございます。
日本、アルガルベカップ初勝利、そして高倉新体制になって初勝利ということになりました。
2017/03/03(金) 23:30〜01:40
関西テレビ1
アルガルベカップ2017なでしこジャパン×アイスランド代表[字][デ]

新生なでしこJ第2戦世界一経験者と新戦力が開く再出発の扉。歓喜も屈辱も経験した日本屈指のDFが語る新生なでしこの未来予想図とは?もう一度あの場所へ

詳細情報
番組内容
 女子サッカーの強豪国がこぞって出場する「アルガルベカップ」。参加12カ国が4チームずつ3グループに分かれて総当たりで戦う。
 日本はスペイン、アイスランド、ノルウェーと同グループ。今夜は、グループステージ2戦となるアイスランド戦を生中継でお届けする。アルガルベカップ初制覇に向け、負けられない戦いに高倉JAPANが挑む!

(※2/20現在)
出演者
【実況】
渡辺和洋(フジテレビアナウンサー) 

【解説】
加藤與惠(サッカー元日本女子代表) 

【プレーヤーズゲスト】
岩清水梓 

【ピッチリポート】
日々野真理
スタッフ
【プロデューサー】
岸原秀治 

【ディレクター】
浅野翔太郎 

【制作】
フジテレビスポーツ部

セリフ書き起こし お母さん、娘をやめていいですか?(8)(最終回)「人形の家」 2017.03.03

(美月)ママ…。
やめていい?あなたの娘を…やめていいですか?
(顕子)だったら…殺して。
みっちゃんの手で…。

(呼び出し音)みっちゃんにいらないって言われるぐらいなら死んだ方がいい。
お願い…。
ママを殺して…。

(チャイム)
(浩司)松島くん!連絡ありがとう。
帰りが遅いから心配してたんだ。
(松島)中で人の気配はするんですが今日の引き渡しで鍵は全部渡してしまって。
ああ…。
おい!美月!顕子!いるのか?美月さん!いるんだろ!何してるの早く殺して!ママ…やめて!お願いみっちゃん!嫌!
(足音)みっちゃん…。
みっちゃん来て!嫌!ねえ来て!嫌!みっちゃん!何してる!おい…!顕子!来ないで!何があった?頼む!大丈夫?
(車のクラクション)
(顕子の泣き声)分かったよママ…。
みっちゃん…。
大丈夫か?おいしい。
何があった?パパ…私戻る。
戻る?ここに…戻る。
それでまたママと一緒に暮らす。
何を言ってる。
ママの事はパパが引き受けるって言ったろ。
お前は好きなようにすればいいんだ。
もういいの。
それでいい…。

ただ…眠かった
とりあえず業者にはなるべく早く応急処置してくれるよう頼みました。
ありがとう。
ゆうべは…世話になった。
いえ…。
お二人は大丈夫ですか?うん…。
美月は…家に戻るそうだ。
えっ…?何ですかそれ!やっと美月さんアパートも決めて1人暮らし始めようとしてたんですよ。
何で連れ戻すんですか?自分で戻りたいと…。
そう言うしかなかったんじゃないですか?無理にでも家からたたき出して下さいよ!起きたの?おはよう。
おはよう。
はいどうぞ。
いつもの小松菜とリンゴとオレンジ。
おいしい?おいしい。
(文恵)あ〜悔しい!ここまできて元のもくあみって。
人の家族に口出しするなんて似合わない事するもんじゃないわね。
(ため息)どうすればいいんだろう…。
いまさらなに言ってんのよ。
浩司さん覚悟を決めたって言ってたんじゃないの?ああ。
だから社長にも直訴したんだ。
結果辞める事になったがこれから本気で顕子と向き合っていこうと思ってた。
なのにあいつは…。
このティーセットもずいぶん長いわよねぇ。
みっちゃんが高校に入った時に一緒に選んだから…。
もう10年?ねえ!この際新しい家に合わせて買い直さない?ねえこれから買いに行かない?うんいいね。
出なくていいの?もしもし。
話がしたい。
今から会えないかな。
仕事は有給取った。
迎えに行く。
今日は無理です。
何で?母と新しい家の食器を買いに行くので。
それじゃ。
もしもし。
松島さんだった?何?急用?ううん。
そう。
じゃあ支度して出かけようか。
ねえなに着る?ああ…ふだんの洋服持ってっちゃったから。
ちょっと待ってて。
あああったあった。
これこれ。
ほら似合う。
でしょ?うん。
ほらああいうアクセサリーなんかもみっちゃんに似合うの絶対いっぱいあるよ。
そうかな?何かもし見たいお店あったら言ってね。
うん。
ねえねえあの…あの服とかすっごいみっちゃん似合いそう。
そうかな?うん!
これでいいんだ…
うわ〜!たくさんあるわねぇ。
ほんとだ。
ねえみっちゃんこれどう?すてきな柄じゃない?ねえみっちゃんどう思う?うんすてき。
あっでもほらこれもいいんじゃない?ねえ!うんいいね。
あっ…。
(文恵)浩司さんが来たわよ。
美月ちゃんの荷物を渡したけど。
文恵にも心配かけちゃったわねぇ。
ねえ顕子…。
今ね美月と一緒に新しい家のティーカップ買いに来てるの。
引っ越ししたらあなたを一番に呼んでおいしいお茶ごちそうするわね。
(文恵)よかったわねぇ。
美月ちゃんもとうとう白旗あげたって事よね。
母親と闘うのはいちばんしんどいもの。
何が言いたいの?あなたクビよ。
人形教室辞めてもらいたいの。
えっ?
(文恵)絶交よ。
昔も1回したでしょ。
さようなら。
何なの…。
よっ。
食器買うって言ったから。
いい勘してたろ。
あの…。
あら松島さん!ちょっと美月さんお借りしてもいいでしょうか?今日は買い物があるから…。
今日じゃなきゃダメ?ずいぶん強引ね。
松島さんらしくないわ。
すいません僕ほんとは強引なんです。
あっ…お母さんと僕の母が同じ名前っていうのウソです。
そう言えばお客さんの気を引けると思っただけです。
えっじゃああの…お母さんに捨てられて寂しかったっていう話は?はい。

スポンサーリンク
  同情を買おうとして話を作りました。
ほんとは父と離婚したあと母から何度も連絡があったんですけど僕が全部無視したんです。
いまさら母に会いたいなんて思ってません。
寂しいとも思ってません全然。
もう子供じゃないんで。
ちょっと…やめてよ。
一体どうしたの?あんな事言って。
これからどうするつもり?そんなにママと離れるのが怖いの?私がいないとほんとに死んじゃうかもしれない。
そんな親を放っておけないでしょう。
僕とはどうしたいの?えっ?もう会いたくないならはっきりそう言ってよ。
お母さんのそばにいるかぎり君は自分の気持ちなんか後回しにするんだよ。
お母さんを拒否したあなたの方が正しいの?ママを悲しませたくない私の方が間違ってるの?どっちが正しいかなんて分かんないよ。
ただ僕は母がいなくてもなんて事なかったし母だってきっと僕の事なんか忘れて楽しく男と暮らしてるよ。
そんなもんだよ。
それでいいんだよ。
私はそんなふうに思えない。
そんな簡単じゃない!じゃ確かめに行こう。
すいません。
はい。
ここのお店どこか分かりますか?ああここですか?ここはねこの先ですよ。
ありがとうございます。
ここ?…みたい。
すいません。
あっいらっしゃい。
あの〜こちらに湯川宏美さんいますか?どちら様?親戚の者です。
ああ今老人ホームに配達中やわ。
小一時間したら戻ると思うよ。
そうですか。
やっぱり出直した方がいいかな。
向こうもいまさら俺なんかに会いたくないかもしれないし。
(宏美)太一…よね?すっかり大人になって。
ああ…。
(宏美)驚いた…。
遠かったでしょう。
早瀬美月さん。
はじめまして。
太一がお世話になっています。
いえ…こちらこそ。
結婚するの?いや…そういう訳じゃない。
じゃあどうして急に…?ずっと会ってなかったから…。
俺の事分かんないかと思ってたけど…。
ごめん…一度もちゃんと返事しなくて。
ううん…あれでよかったのよ。
あんたに相手にされなくて当たり前だって…自分のやった事をね思い知った。
それで…こんなんじゃいけないって。
男の人の言うとおりになってばかりじゃいけないって。
今はねひとりなの。
ひとりだけど…なんとかねやってるの。
そう…。
だからもう会いに来なくていい。
あんたに甘えたくないから。
ありがとう太一。
元気でね。
俺…ほんとは怖かったのかもな。
ただいま。
お帰り!遅かったね。
あっねえねえねえみっちゃんちょっと見て見て!ほら!かわいいでしょう?何?ううん。
何でもない。
そう?先生!わぁ〜!おぉ〜!
(2人)わっ!
これが毒りんごなら私は死ぬのかな
ああおはよう。
早いわねみっちゃ…。
何してるの?うん…。
や〜ね皮もむかないで。
今スムージー作るから。
ママ。
うん?スムージーはいい。
えっ?どうして?あっ…小松菜が嫌だった?だったらレタスで…。
そうじゃなくて…もうスムージー飲みたくないの。
行かなきゃ。
えっ…行くってどこへ?学校。
どうして?だって自信なくしたって言ってたじゃない。
でも…私教師だから。
えっ…ねえ待って待って。
そんな焦ったらダメよ。
こういう事ね無理は禁物よ。
美月が決めたんだ。
頑張れよ。
うん。
行ってきます。
(浩司)うん。
みっちゃん。
顕子座ってくれ。
突然だが…インドネシアに行こうと思う。
えっ…何を言ってるの?実は俺より前に会社を辞めて向こうへ行った先輩に現地の工場を手伝わないかと誘われた。
最初は給料は高くないが俺の経験を生かせるらしい。
あなた自分がいくつか分かってるの?一緒に行ってくれないか?美月を放っていくの?新しい家はどうするの…?むちゃを言ってるのは分かってる。
でももう一度一からお前とやってみたいんだ。
頼む!無理よ…そんな…。

(生徒)おはようございます。
おはようございます。

(太田)我々で2年C組はカバーしています。
無理せず新学期からにしたらどうですか?いえ復帰させて下さい。
(太田)生徒の方もまだ動揺があるかもしれません。
気持ちだけじゃクラスはまとまりませんよ。
しばらくお休みしててごめんなさい。
あの…また今日からよろしくお願いします。
(沙耶)怖〜いお母様は元気ですか?
(理奈)怖くないよ。
優しいんだよ。
だって「美月を守るのは私の仕事です!」。
OK.Let’sgetstarted!
(礼美)私…決めたんだ。
弟と一緒におばあちゃんの家に行く。
転校するって事?学校はやめる。
一緒にいない方がお互い楽になるよ多分。

スポンサーリンク
  でもお母さんはそう言えない。
だから私が先に決めたの。
別れて暮らそうって。
そう…。
ごめんなさい…力になれなくて。
先生さもっと適当にやれば?母親の期待なんて私裏切った事しかないよ。
今何してると思う?えっ?何かすごい事?ううん。
一人でぶらぶら買い物してるだけ。
でもこういうの初めてかもしれない。
そっか。
何買っていいのか分かんないけど。
好きなものを買えよ。
好きなもの…?そう君が本当に好きなもの。

私が好きなものって…
ママの好きなものならすぐに分かるのに…

私が本当に好きなもの…
どうぞ。
(真紀)どこか不具合とか使い勝手の悪そうな所はないですか?ううん快適よ。
ダイニングテーブルもねさっき入ったの。
すてきでしょう。
この白の感じがいいのよね。
ええ。
でもちょっと落ち着かないものですね。
テーブルだけでイスがないって。
そうね。
早く娘と一緒にイス買いに行かないとね。
はぁ〜この家にはどんな感じが似合うかしら?何でもいいんじゃないんですか?家なんて所詮ただのハコですから。
大事なのは住む人の気持ちだと思います。
ただいま。
お帰り。
みっちゃん。
ママねパパと別れようと思う。
パパねインドネシア行くんだって。
そんな事勝手に決めてきてついてこいって言われたって…そんな事できる訳ないじゃないねぇ。
私の事だったら気にしなくていいよ。
それって…。
それってみっちゃんママについていった方がいいって言ってるの?ママは行かないわ。
だってママはみっちゃんと一緒に新しい家に引っ越して毎日おそろいのティーカップでお茶を飲むのが夢なんだもん。
分かった。
じゃあ一緒に引っ越そう。
でも…私はそのティーカップは使わない。
えっ?どうしたの?それ。
私ほんとはこういうのが好きなの。
ウソ〜!新しい家のカーテンとか照明もママと選んだのよりもっとシンプルな方が好き。
そんなはずない。
どうして分かるの?そりゃだってみっちゃんの事はママが全部分かってるからよ。
私がほんとはワンピースなんか着たくなかったのも?私ね破れたジーンズとかはいて汚れるのも気にしないでそこら辺に座ってアイスとか食べたかったの!なに言いだすの?ママのお人形もかわいいって喜んでたけどほんとは時々怖かったの。
そんな事聞きたくない!待ってママ!聞いて!ここ見て。
10円ハゲがあるの。
変な冗談言うのやめなさい。
ほんとだよ。
見て。
やめて!どうして見てくれないの?みっちゃんに…みっちゃんにハゲなんかある訳ない!私はママじゃない。
ママは私じゃない!私は臆病でずるくて…ママに嫌われたくないからママの顔色ばっかり気にして…ママの気に入る事だけしてうまくいかない事があったらママのせいにして自分をごまかして…。
自分の好きなものも分かんなくて平気で嫌いなスムージー飲んでワンビース着てにこにこ教壇に立ってでもそれでいいんだって…。
私ってこんなもんだからって…!もうやめて!痛い!ママね…。
ほんとはスムージーそんなに好きじゃないの。
これが滞在先だ。
何かあった時には連絡をくれ。
はい。
それから…。
(浩司)君がそうしたいと思ったらいつでも届けを出してもらっていい。
家は退職金で精算しておいた。
残った分とこれまでの預金は全部ここに入ってる。
父親としても夫としても失格だったな。
いえ…。
でも…俺はずっと君を必要としていた。
それだけは本当だ。
タクシー下に着いたみたいだけど待ってもらう?いや行くよ。
じゃあ。
間に合った!お気を付けて。
ありがとうございます。
いえ…。
何?他人行儀に。
ああいや…あの〜美月の事よろしく頼みます。
お任せ下さい。
ただし美月さんにフラれなければですけどね。
ああ…そうだな。
(笑い声)これだけ引き取ってくれない?あとのももらってくれる人探してる。
えっ?人形作るのもうやめるわ。
どうせクビになっちゃったしね。
分かった。
ありがとう。
私が何で怒ったか分かる?羨ましかったのかもしれない娘に夢中のあなたが。
絶交は厳しすぎるんじゃない?これからどうするつもりか聞いてあげようか?じゃあここでいい。
元気でね。
ママ!ああ…間に合った…。
来てくれたのか…。
向こうで…何か私が働ける事あるかしら?えっ?一度断っておいて虫がいいかもしれないけど…。
私あとから行ってもいい?本気か…?工場の掃除とか食事の世話でも雑用でいいの。
私も…一から始めてみたいの。
うん。
とにかく着いたら電話するよ。
待ってるから。
ありがとう。
いつ決めたの?さっき。
驚いた。
私も。
この家…売りに出そうと思うの。
えっ?だってみっちゃん一人で住む気ないでしょ。
もう戻ってこないつもりなの?う〜んそれは分からないけど…。
大事に大事に育ててきたのに離れた方が喜ばれる。
母親なんてばかばかしいものね。
もうや〜めた。
みっちゃんが娘をやめる前にママがママをやめるわ。
えっ…?ママ…ずるい。

(鐘の音)後藤さんが今日を最後に学校をやめる事になりました。
最後にひと言挨拶をお願いします。
何も言う事ないけどひと言だけ。
あんたたち全員大っ嫌いだった。
私たちも大っ嫌いだった。
そうそう。
大っ嫌い!嫌〜い。
先生はどっちも好きでしたよ。
(笑い声)私も!
行ってらっしゃい

元気で…顕子さん

(女の子)見てママ!
(母親)あ〜すごい!
(女の子)ママもやって!きれいだね〜。
いくよ。
あっ!2017/03/03(金) 22:00〜22:50
NHK総合1・神戸
ドラマ10 お母さん、娘をやめていいですか?(8)[終]「人形の家」[解][字]

顕子(斉藤由貴)は美月(波瑠)を部屋に閉じ込め自分の元に戻ってくるように説得する。そして「自分を殺して」とまで言う顕子を見て、美月はいったん家に帰ることにする。

詳細情報
番組内容
顕子(斉藤由貴)は美月(波瑠)を部屋に閉じ込め自分の元に戻ってくるように説得するが、美月は拒否する。しかし、それなら「自分を殺して」とまで言う顕子を見て、美月はいったん家に帰ることにする。浩司(寺脇康文)はそんな二人を見て、結局元に戻っただけかと落胆する。一方、松島(柳楽優弥)は美月と顕子の前に突然現れ、美月を強引に連れ出す。そして、二人は長年会っていなかった松島の母親に会いに行く。
出演者
【出演】波瑠,斉藤由貴,柳楽優弥,寺脇康文,麻生祐未,壇蜜,石井杏奈
原作・脚本
【作】井上由美子
音楽
【音楽】富貴晴美

字幕書き起こし 歴史秘話ヒストリア選「愛と悲しみの大奥物語」 2017.03.03

(鈴の音)上様おな〜り〜!江戸城大奥。
それは絢爛豪華な女の園。
そこにあふれていたのは女たちの夢と希望。
江戸時代徳川将軍家を支えるため1,000人を超える女中が働く女の園がありました。
「大奥」です。
月光院さんはよろしなぁ。
さぞお楽な事やろなぁ。
ねたみそねみに嫌がらせ。
裏では怖〜い女の戦いが繰り広げられていました。
お吟味のほどよろしくお願い申し上げます。
そんな大奥の世界に飛び込んだ一人の女性絵島。
持ち前の才覚で大奥トップへと上り詰めていった絵島に突如思いも寄らぬ悲劇が襲いかかります。
身に覚えのない…やがてそれは大奥を揺るがす一大事件に発展していきます。
絶体絶命の窮地に陥った絵島の運命は…。
今夜の「ヒストリア」は一人の女性が見た愛と悲しみに満ちた大奥のお話です。
始まりました「歴史秘話ヒストリア」。
大奥というのは江戸城にあった将軍様のプライベート空間。
そこで働く女中たちには一つの厳しいルールがありました。
「大奥で見聞きしたことは決して外へもらしてはならない」。
そのため今も秘密のベールに包まれている大奥。
今宵皆様が見聞きした事は決して話さぬように。
「歴史秘話ヒストリア」。
江戸城大奥では今まさに奥女中たちのオーディションが開かれています。
大奥は当時の女子にとって憧れの職場。
武士の娘から庶民の娘まで実にさまざまな女の子がツテを頼ってやって来ました。
試験ではまず書道や裁縫の腕前を提出物でチェック。
更に器量を見る面接が行われます。
そなたはどのような思いでこれを縫いましたか?上手に縫えますようにと。
皆様方のお眼鏡にかないますようにとその一心で縫いました。
分かりました。
下がって結構です。
将軍家に仕える女中ですから審査基準もハイレベル。
大奥勤めはとても狭き門でした。
さあ続いてやって来たのがこの物語の主人公です。
みよと申します。
お吟味のほどよろしくお願い申し上げます。
みよそなたはどのような思いでこれを縫いましたか?はい。
決して針が折れて布に残らぬよう絶えず気を引き締めて縫い上げました。
針が残らぬようにと。
美しゅう仕立てようとは思わぬのですか?美しく仕上げるのは当然の事。
その前に袖を通す御方がおケガなどなさらぬよう心配りする事こそ何より大事と思っております。
みよ。
後に「絵島」という名で大奥のトップに立つ事になる女性。
美人で頭も良く何より機転が利いたと言われています。
みよは見事大奥に採用となりました。
大奥とは江戸城本丸にあった将軍の正室や側室たちの住まいです。
幕府が政治を行う「表」。
将軍が生活する「中奥」。
そして将軍の家族のためのプライベートな空間として一番奥に作られたのが「大奥」です。
広さはおよそ2万m^2。

スポンサーリンク
  ここに身の回りの世話をする奥女中たち1,000人以上が住み込みで働いていました。
みよは貧しい御家人の娘でした。
大奥で目に映るもの全てが驚きだった事でしょう。
ここが御鈴廊下です。
上様が大奥におなりの時にこの鈴を鳴らして合図をするのです。
ここを上様がお通りに…。
「御鈴廊下」とは中奥と大奥をつなぐ将軍専用の通路の事。
(鈴の音)着飾った女性たちが手をついて将軍様をお出迎えする。
そんなイメージがありませんか?でもこれ実際はちょっと違ったようです。
最新の研究によれば御鈴廊下の幅は2.7m。
女性たちがずらりと並ぶには少し窮屈です。
廊下はあくまでも通行のためのもの。
お迎えの挨拶は大奥内の座敷に入ってからだったと考えられています。
さて次に案内されたのは「呉服之間」。
ここは「呉服之間」。
上様や御台様のお召し物をお仕立てしています。
御台様の…。
「御台様」とは…なんと1日に5回もお召し替えをされたそうです。
そのため着物代に年間15億円もかかったといいますからなんとも贅沢なお話です。
まあ見ないお顔の方。
おまつ様新入りですか?おみよです。
これは呉服之間のお竹とお梅。
みよと申します。
よろしくお願いします。
おみよさんは幸せ者ね。
幸せ?ええ!だって初日からおまつ様に面倒見て頂いているんだもの。
そうよ!ここで一番大事なのはおまつ様のようにいつもお美しくお優しい方に気に入って頂く事よ。
これこれ。
まったくしょうがないですね。
(笑い声)白玉のように美しいお肌!大奥では上司に気に入られる事が一番大事!というのも大奥は仕事によって細かくランク分けされたピラミッド型組織で上司に評価されて上に上がれば上がるほどお給料も待遇もぐんぐんアップしていく仕組みでした。
例えば先ほど出てきたお竹とお梅はというと…。
(梅)私たちはここ呉服之間。
年収はおよそ800万円!これは普通のお侍さんより上でした。
(竹)私たちの先輩おまつ様は大奥の道具を管理する「御次」。
このクラスになると年収は1,000万円を突破!
(梅)そしてそしてトップの「御年寄」になれば…年収は3,000万円!300坪のお屋敷までもらえちゃいます!やるからにはトップを目指したい。
大奥は女たちの出世競争の場でもありました。
さてみよはというと随分下のこちら「御使番」からのスタートです。
御使番とは言ってみれば大奥の受付窓口。
大奥に入ってくる品々をチェックしたり注文を取りに来た商人たちに応対したりするのが仕事です。
みよの仕事ぶりはすばらしく記録によれば…上司の覚えめでたく異例のスピードで出世していきました。
大奥に入って5年目。
みよに運命の出会いが訪れます。
・面を上げよ。
6代将軍家宣の側室…みよは出産を控えた月光院のお付きに大抜擢。
将軍家のお世継ぎを守り育てるという大奥で最も重要な仕事を任されます。
手を。
御方様!そのまま。
そなたの世話になるのは私だけではない。
この子もです。
(2人)あっ!動きました。
きっと「そなたに頼む」と言っているのにちがいありません。
えっ…。
みよと申します。
ふつつか者にございますが何とぞよろしくお願い申し上げます。
ふふふ…。
月光院はみよと同じく元は女中でした。
年齢も近く共に和歌を詠む事が大好きだったという2人。
絆はだんだんと深まっていきました。
しかしその一方で大奥での暮らしは言いようのない息苦しさに満ちたものでもありました。
みよ。
このところそなたが笑うた顔を見ておらぬ。
え?何か思うところがあるのではないのか?私に話してみよ。
私が引き立てられた事をねたみ恨む者がおります。
聞きました?あの方また偉くなるんですって。
ええ!?何であの御方ばっかり!一体どんな手を使ったんだか…。
ちょっと上に気に入られたからってあの態度。
少し思い知らせてあげないと…。
女の園大奥では嫉妬や嫌がらせは当たり前。
すそを踏んで転ばせるなんていうのはかわいい方で相手の根も葉もない悪いうわさを流したり食事に毒を盛ったりなんて事も。
「出世する事は他人を蹴落とす事」でもありました。
これまで一心に勤めてまいりましたがそれが誰かを押しのけてきたのだと思うともうどうしてよいか分からず…。
そうでしたか。
(月光院)ご覧なさい。
よい月です。
みよそなたは月になりなさい。
月にございますか?そうです。
月は人の思いにかかわらず全てを明るく照らしてくれます。
そなたもねたみやそねみにかまわず皆をそっと優しく照らす月になればよいのです。
あの月のように私が…。
フフフッ。
やっと笑うた。
あ…。
あの月とみよの顔を見ていたら一首浮かびました。
「秋風が吹いて雲が散ると空には月が美しく輝いている」。
みよには暗い雲を吹き飛ばしいつも明るい笑顔でいてほしい。
そんな願いを込めたのかもしれません。
月光院は無事出産。
世継ぎとなる男の子が生まれます。
みよは我が事のように喜びました。
上様月光院様におかれましては本日もご機嫌麗しゅう…。
やがてその子は僅か4歳で将軍の座に。
月光院は将軍の母として大奥の中で大きな力を持つようになります。
みよは絵島という名を新たに授けられ大奥トップの役職「御年寄」に引き立てられました。
(雷鳴)ところが…。

スポンサーリンク
  このままでよろしいのですか天英院様!上りゆく月光院たちを快く思わない者がいました。
なぜあのような成り上がりの者たちに大きな顔をされなくてはならないのですか!そやかてお世継ぎを産まはったんは月光院さんや。
子のないわらわは身の不運を嘆くしかないんや。
京の公家出身で将軍との間に産まれた2人の子は早くに亡くなっていました。
大奥の主たる御台所は天英院様ただお一人!これ以上月光院をつけあがらせてはなりませぬ!まあそう怒らんと。
お月さんいうんは満ちたら必ず欠けていくもんや。
今は待ちましょ。
よろしな?何だか怖〜い人が出てきましたねえ。
将軍の正室天英院。
京都の名門の公家に生まれた高貴な身分の御方です。
一方月光院はもともと武家に仕えていた女中で必ずしも高い身分の出とは言えません。
公家と武家では言葉も習慣も違います。
例えば…天英院がたっぷりおしろいを塗っていたのに対し…月光院はいつもあっさり薄化粧。
何から何まで正反対のお二人。
さてさて女の戦いの行方は?「歴史秘話ヒストリア」。
月光院さんはよろしなぁ。
ほんによろしいですなぁ。
(2人)フッフッフッ…。
恐れながらよろしいとは何を指しての仰せにございましょうか?皆様方はお化粧に手間もかけずゆうゆうと御城内を歩けるやなんてお羨ましい事やと申しておったのです。
私たちにはそのような立ち居振る舞い到底できませぬゆえさぞお楽な事やろなぁ?さあ参りましょう。
絵島。
また月に雲がかかっていますよ。
え…あっ…。
このころ大奥には月光院についてよからぬうわさが流れていました。
月光院様とあの間部様が何だか怪しいんですって。
え!?なんと月光院が将軍の側近とあろう事か恋愛関係にあるというのです。
月光院様もまだお若いですしねえ。
(絵島)おやめなさい!絵島様!そのような話全く根も葉もない事。
妙なうわさ話に踊らされてはなりません。
さあ早くお勤めに戻りなさい。
月光院をおとしめようとする者がいる。
絵島の胸中は穏やかではありませんでした。
(月光院)ふふふふふ。
お笑いになっている場合ではありません月光院様。
うわさ話が何より好きな奥の者たちです。
どんなにばかばかしいうわさでもたちまち広がり信じられましょう。
そうね。
うわさを流した者もまさにそれがねらいなのでしょう。
よいのですか?
(月光院)もう慣れました。
それに事を荒だてればそれこそ向こうの思うツボ。
それゆえ笑っておきましょう。
月光院様はまことお月様のような御方にございます。
そなたもな。
絵島は奥女中たち5名ほどを伴って将軍家の菩提寺増上寺に出かけました。
正室や側室の代わりに歴代将軍のお墓参りをする「代参」のためです。
境内の墓所でつつがなく参拝を済ませた一行。
帰り道にはちょっとしたお楽しみがありました。
ふだんお城の奥に住み込みで働く女中たちにとってこの芝居見物は貴重な息抜きの機会でした。
女中たちのお目当ては…当時大人気だったイケメン歌舞伎役者です。
きゃ〜待ってました!新五郎!芝居のあとには生島新五郎たち歌舞伎役者も加わって接待の宴が開かれました。
この度はわざわざのお運びまことにありがとうございました。
芝居の方はお楽しみ頂けましたでしょうか?ええとても。
それにみんなのあんなに楽しそうな顔が見られてまこと来てよかったと思うております。
…ってぇ事は芝居よりもお供の方々のお顔ばかりをご覧になってたってわけですかい?あっいやそうではありません!お芝居も見ておりましたよちゃんと…。
絵島様冗談でございます。
ご無礼を申し上げました。
もう…からかうものではありません。
さっご機嫌直しにお一つ。
楽しい時間はあっという間。
奥女中たちは久しぶりの外出を大いに満喫しました。
しかしこの時絵島はささいなミスを犯してしまいます。
宴の席につい長居してしまったのかあるいは帰り道で何かトラブルがあったのか江戸城の門限に僅かに遅れてしまったのです。
この遅刻が大奥最大のスキャンダルに発展するとはこの時の絵島には知る由もありませんでした。
(天英院)門限破りとな。
フフフフ…。
さようかぁ。
代参の日にお芝居見物をしてあげくの果てに門限破りとはなぁ。
まこと絵島がそれを?御代参に共に参った者平川門の門番いずれもはっきりとそう申しております。
お月さんが欠けてきはったみたいやなぁ。
芝居見物の3週間後事態は思わぬ展開を迎えます。
絵島は突如役人から呼び出しを受けたのです。
御代参の折遊興にふけり門限に遅れし事不届きに思し召し候う。
これによりお暇を下されお預けとするものなり。
申し渡されたのは門限破りを理由とした…追って取り調べが始まるまで謹慎を命じられました。
果たして絵島の運命やいかに。

スポンサーリンク
  ただの遅刻で大奥追放に。
なぜ事態はここまで大きくなったんでしょう。
一説には月光院と対立する天英院が関与していたとも言われます。
天英院としてはですね…それに気に入られて自分たちの頭を押さえてる絵島というのは一番気に入らない存在なんですね。
だから彼女を攻撃して失脚させる事によって天英院の女中たちが大奥の中で非常に勢力を持ってくるというそういうねらいというか気持ちはあったんだと思うんですね。
さあ罪を問われた絵島は一体どうなってしまうんでしょうか?「歴史秘話ヒストリア」。
絵島が謹慎している間に事件の関係者への取り調べが進められました。
呼び出されたのは芝居のあとの宴に同席した歌舞伎役者たちです。
ところがこの時役者たちが追及されたのは絵島の門限破りについてではありませんでした。
さあ申せい!年寄絵島と生島新五郎は情を通じておったな!疑われたのはなんと…奥女中にとって恋愛は御法度。
もしこれが事実であれば大奥始まって以来の一大スキャンダルです。
尋問は熾烈を極めました。
やれ!生島新五郎は激しい拷問にかけられます。
そのあまりの厳しさに耐えかね絵島と情を通じていたとありもしない事実を認めたのです。
続いて絵島の取り調べが始まります。
いいかげん認めたらどうじゃ。
生島新五郎との間に不義があったのであろう!ございませぬ。
そのような事は一度もございませぬ。
もし罪を認めてしまえば絵島の大奥追放だけで事は済みません。
主である月光院までも責任を問われかねない事態となります。
月光院に累を及ぼしてはならない。
絵島はどんなに厳しく問われても屈しませんでした。
月光院さん何や大変な事になりましたなぁ。
しかし当然の報いでしょう。
大奥御年寄ともあろう者が役者風情とあのような事をしてしまったのですから。
まあこれからまだまだ大変やろうけど御身お大切に。
心の声絵島…。
取り調べは連日連夜絵島に一睡も許さず続けられました。
終わりのない執拗な尋問。
それでも絵島はじっと前を見据え続けます。
心の支えとなったのは月光院と過ごした日々の事。
面を上げよ。
御方様!そのまま。
「そなたに頼む」と言っているのにちがいありません。
そなたは月になりなさい。
絵島また月に雲がかかっていますよ。
(笑い声)大奥で自分を導いてくれた月光院。
その信頼を裏切るような事だけは決してできない。
絵島は一人戦い続けました。
なんじゃと!絵島が死罪?はい。
間もなくそのようにご沙汰が下ると。
そのような事があってよいはずがない!直ちに老中へ使いを出しなさい!「私が自らそちらに行き絵島の疑いを晴らす」とな!月光院もまた絵島を守るべく老中たちへ懸命の説得を続けていました。
判決の日。
「その行い正しからずその罪重く候えどもお慈悲をもって命を助け置かれ永く遠流に行われ候うものなり」。
下された判決は「遠流」。
江戸から遠く離れた土地に流し生きては二度と帰さぬ刑です。
極めて厳しい処分でしたが生島との密通という罪にはついに問われなかったのです。
絵島は静かに判決を受け入れました。
ただ一つの心残りは月光院に一目会ってお詫びできなかった事。
この時詠んだ歌が残されています。
「大奥にはもう帰る事はできないでしょう。
月の光のように自分を照らしてくれた月光院様にただただ申し訳なく思います」。
最後まで信念を貫き通した絵島。
こうして絵島は大奥という舞台を去りました。
しかし彼女の凛とした生き方の物語には更なる続きがありました。
絵島が流された地信州…ここに絵島が過ごした屋敷が復元されています。
与えられたのはこの小さな8畳間の一室のみ。
周囲には格子戸が巡らされ屋敷の外に出る事は許されませんでした。
筆や紙は与えられず言葉を交わせるのも身の回りの世話をする下女だけに限られました。
絵島はこの地で27年の時を過ごした後その生涯を閉じました。
絵島の死後幕府の役人が高遠に派遣され生前の様子について聞き取りが行われました。
その記録の中にはこんなやり取りが残されています。
(下女)絵島様やはり駄目でしょうか?大奥の事をお伺いするのは。
何度も申しました。
話す事は許されておらぬと。
そうですね一つだけ教えてあげましょうか。
まことですか?大奥からもここからも同じ月が見えるという事です。
心の声月光院様見ていらっしゃいますか?今宵もよい月にございます。
2017/03/03(金) 20:00〜20:43
NHK総合1・神戸
歴史秘話ヒストリア選「愛と悲しみの大奥物語」[解][字]

江戸城・大奥。言わずと知れた女の園。そこは夢と希望、そして嫉妬と権力闘争が渦巻く。大奥最大のスキャンダルに巻き込まれた一人の女性の愛と悲しみの物語が、よみがえる

詳細情報
番組内容
江戸時代、大奥で一大スキャンダルが勃発する。「絵島・生島事件」。大奥トップの絵島と歌舞伎役者の生島新五郎が“情を通じた”というのだ。事件の主役、絵島は事実無根を強く主張したが、大奥を追放される。謎の多いこの事件の背後には、女同士の激しい勢力争いと幕府内の権力闘争があった、と噂される。貧乏旗本の娘から大奥のトップへと上り詰め、そして悲劇の最期を迎えた絵島。NMB48メンバーの出演で、事件の真相を描く
出演者
【出演】NMB48,山本彩,【キャスター】井上あさひ

書き起こし 徹子の部屋 大竹しのぶ 2017.03.03

(黒柳)すごいです。
去年これプライベートでエジプトにいらっしゃってエジプトで跳ねていらっしゃるところなんですけども貴重な体験をなすったという芸歴44年活躍し続けてる大竹しのぶさん今日のお客様です。
なんと今年なんか還暦だというお噂ですけども94歳のお母様の江すてるさんもお元気でいらっしゃいます。
とても色んなお話楽しみにしています。
よろしくお願いいたします。
よろしくお願いします。
(拍手)去年は『紅白歌合戦』にお出になって…いかがでした?『紅白歌合戦』って。
なんで私が出るんだろうっていうのがたぶん視聴者の方もたくさん思っていたとは思うんですけどもエディット・ピアフの芝居をやっていたのでピアフの歌を歌うということで。
だからその年の終わりに苦しいこととか悲しいことあってもやっぱりもう一回生きていきたいっていうピアフの思いみたいなのを…。
『愛の讃歌』を?はい。
『愛の讃歌』が持ってる強さみたいなのを伝えられる時間をいただいてすごく幸せでしたね。
よかったですね。
はい。
やっぱり特別な番組なので周りの反響とかすごい…。
「出るんだね」とか…みんなが緊張してましたね。
娘も緊張してました。
本当?今日は実は雛祭りでございましてねお母様お作りになったっていう雛人形があるんですけど。
はい…。
雛人形っていうか…。
押し…押し花じゃないや。
押し…押し人形。
切って…。
木目込みみたいな?そうですね。
埋め込んで貼っていくっていう簡単なものなんですけれども。
でも長いのもありましたよ。
これ。
でもこれ今年お母様お作りになったんですって?そうですね。
だって94歳でしょ?はいそうです。
えーすごい。
いや全然…。
見るとすごい可愛らしいんですけども…。
可愛い。
でもとても簡単にできるので割とリハビリとかに使ったりするのを買ってきてもらって。
それで割と…これはここに貼るとかっていうのを1つずつこう…。
綿を入れたりなんかして?はい。
だから割と簡単にできるものなんですけども。
季節ごとにクリスマスはサンタクロースとか春にはお花畑とかそういうのを作ってリビングに飾るようにしてます。
そう。
でもお母様お喜びになるでしょ?そうすると。
そうですね。
妹が「これ持っていっていい?」って言うと「駄目よ」って言ったりしてますけど。
そうなの?でもすごいね。
94歳でお元気。
はい。
今年95歳ですね。
そう。
はい。
お母様ねここにいらっしゃる。
あなた家族随分多いのね。
全員…。
そうですね。
これはお正月にみんなで集まった時の…。
左のほうに…一番左側の前列に大竹さんいらして後ろがIMALUちゃん?犬持ってる。
はいそうです。
IMALUとあと後ろが長男ですね。
二千翔ちゃん。
はい。
兄弟が5人であとその子供たち。
だから母にとってはひ孫がもう6人。
すごい。
すごい人数ね。
はい。
でもいいですね。
こういうふうにみんなが集まるとこんなにいっぱいになるっていうの嬉しいでしょ?すごい大にぎやかですけども楽しんでます。
そうね。
でもこの間あなたが運転して…それびっくりしたんだけどあなたが運転して一緒になんか温泉…お母様と一緒に。
そうですね。
この間姉と妹と私と温泉に…。
そんなにいっぱい?はい。
行きました。
あなた運転していったんだって?大体私ですねいつも。
本当に?他の兄弟は運転できないので。
だから私が行ける時に温泉に連れていくっていう感じですけど。
すごい。
相当時間かかりません?そんな温泉のところまで。
でも熱海とか箱根だったら2時間ぐらいで着いちゃうので。
そうなの?じゃあべちゃべちゃお話ししたりしてたらね。
そうですね。
やっぱりあとあまり外出する機会が少なくなってきてるのでやっぱりこう空の広さとか…。
そうそう。
こうバーッて車を飛ばしてると「わあー飛び込みそう」とか喜びますしやっぱり気持ちが変わるので。
そうね。
それから自然もね外の自然が見える。
ただ温泉入れるのはなかなか大変でした。
そう?滑ったりするしね。

スポンサーリンク
  やっぱり足が滑ってあの…骨折するとやっぱり高齢者なので大変なことになるので妹と2人…。
でも大浴場に入れてあげたいなと思って妹と2人でこう抱えながらやるんですけどやっぱり怖いってなって。
そうよね。
あなたと妹さんが滑ったらもうおしまいですもんね。
で結構…裸じゃないですか。
そうそうそう。
すごい目立ちますよね。
で真ん中でおばあちゃんがこんなになって。
なんか本当捕まった宇宙人みたいな感じでこんなになって「怖いわよ」って言って。
私が裸で…。
だからとても目立って恥ずかしかった。
本当?みんなに見られた?はい。
まずおばあちゃんを抱えてるっていうことがなんでそんな思いまでしてそんな温泉に入れるんだって思うしよく見るとなんか見たことある…。
っていうのはあってちょっと悪夢の時間なんですけど。
どのぐらい入っていらしたの?中に。
で入った途端「熱いわね」とか文句言われて。
本当?はい。
でもやっぱり「気持ちよかった」って言ってくれて。
そう。
よかったわね。
じゃあ親孝行?そうですね。
楽しい親孝行?でもう本当に…今年95なので誕生日ももう今年が最後かもしれないねとか何回も何回も言いながらもう何回もできてるので…。
来年も96で大丈夫じゃない?もう盛大にやれて幸せだなと思います。
本当。
それでお料理とか出るじゃない?ああいう旅館とか。
お母様召し上がる?そうですね。
一つ一つ丁寧にメニューとか見ながらお給仕してくださる方とかに一つ一つお礼を言ってるので…。
そう。
そういうのを見るとやっぱりきちんとしてるなって改めて思います。
ワーワー話して人のことなんて考えないで食べちゃったりするじゃない私たちね。
そういう旅館の人のことなんかね…。
はい。
もう一つ一つ…。
こうやってお辞儀をして…。
そう。
いただいてますね。
普段は一緒に暮らしていらっしゃるんでしたっけ?そうです。
一緒に暮らしています私と息子と。
IMALUちゃんは別に住んでらっしゃる?娘は本当の近くに住んでます。
そうなんですか。
すぐ「おーい」って言ったら聞こえるぐらいのところに。
聞こえるぐらい?そう。
じゃあいいわね。
はい。
でもね本当みんないっぱい…。
お母様がそこにいらっしゃって…真ん中にいらっしゃって孫だのひ孫だの何だかいっぱいね。
何だかいっぱい…そうすごい…。
そうですね。
だから時々自分の兄弟の名前とか子供たちの名前とひ孫の名前とか書いて「こんなにいるのね」とか言って…。
そう。
幸せを感じてるみたいですけど。
それで例えば今日のお雛様のさっきのこういう貼り絵みたいの…押し絵みたいのああいうのも全部ああいうねお雛様にちなんだのをこうやってお作りになったりできるの随分いいと思いますよね。
そうですね。
やっぱり活性化しないといけないのとあと母はよく新聞を読んでいます。
そう。
ふーん。
色んなねトランプ政権のことに対してとか色々…。
意見も仰ってる?はい。
音読しながら…。
去年はなんか6月に初めてエジプト…プライベートで。
はい。
行きました。
いらっしゃりたかったの?そうですね。
でも治安的にどうなんだろうというのはちょっとあったんですけどもでもちょうどその時期に友人が行くって言うので連れていってもらってすごく楽しかったです。
すごい。
これはカイロの町の中にある…。
突然ピラミッドが…。
でジャンプしただけなんですけど。
すごいお元気で。
でもこれ町から本当に近いところにあるのよね。
そうなんですよ。
なんであんなに近いんでしょうね。
びっくりした。
だから感動とかが…そういうことを言っちゃいけないかもしれないけどえっもう見えちゃったみたいな感じでカイロの町なかに突然…。
スフィンクスもね。
はい。
現れるんですけども。
あれずっと乗っていって乗っていってそれであそこに見えますっていうんだったらあれだけどちょっと出たと思ったらもうあそこですって…近いのね。
だからもうホテルの目の前にピラミッドが見えるっていう。
でそこから…やっぱりピラミッドっていうのにはもちろん感動しましたけども一番感動したのはやっぱり砂漠が感動しました。
素晴らしかったです。
砂漠はね。
すごいわねこの天然のこの形のものは。
そうですね。
石灰岩で自然に作られた…。
これね上にのっかってるのこれ絶対落ちないんですってね。
そうですね。
で鶏と…。
本当だ。
今年酉年で…。
ええええ。
酉だわね。
これがなんか「鶏と卵みたい」って言ったら本当は何とかダケっていうタイトルが付いてたんですけどこういう…オブジェじゃないんですけども自然のオブジェがもう何万個もあるんですよ。
素晴らしかったです。

スポンサーリンク
  でも砂漠って本当に砂がずっとどこまでもあると不思議ね。
はい。
でもなんかそこでこう…ここから全てが始まったんだなって感じはしました…人間は。
ラクダなんかいました?ラクダもちょっとだけいましたね。
お乗りにならなかった?観光用のでは乗りましたけどもう本当に白砂漠に感動してずっと一日中あそこの中をジープで走ってっていう。
月明かりでなんかバーベキューしました。
そう。
えー。
月が昇ってくるのも初めて見ました。
奇麗でした?はい。
美しかったですね。
星も奇麗だったでしょう?星も奇麗でしたね。
でもラクダっていうものももっと…どういうふうに鳴くのかなと思ったらボア〜ッて変な…そういう声で鳴くのね。
本当ですか?そう。
なんかボア〜ッていうふうな感じでね気が抜けたみたいなそんな感じに見えました。
でもそこでシリア難民のお家を訪ねたって?そうなんです。
カイロに着いてすぐの時にコーディネーターをしてくださった…。
ちょうど断食の時期…。
ラマダン?ラマダンの時期でそれで…。
あら本当だ。
みんな…。
「今日はシリアの方が招待してくださるから一緒に行きませんか?」って言って。
「いいんですか?全然知らないんですけど」って。
「どうぞどうぞ」ってもう…「日が沈んだらもうみんな友達で助け合って…パーティーです」っていうことでそのシリアの方のお家にお邪魔して。
で私たち日本から来た全く知らない他人なのにお夕飯でもてなしてくださって。
そう。
はい。
でもうすごいあの…シリアの情報が流れる…24時間流れるテレビが置いてあって。
やっぱりその…全く遠いところに思っていたことが実際の方たちを目の前にしたらああ本当に考えなくちゃいけないんだなっていうのは深く思いましたね。
難民のことって普段まあ新聞やなんかではね難民のことって読みますけど実際そこに行かないとね難民ってどういうのだかわからないですもんね。
パン屋さんをしていらしたお家の方たちで「いつか本当にまた帰ってパン屋をもう一度やりたい」って言ってました。
へえー…。
あまり小さい子供はいなかったのかしらね。
でも15歳とか16歳でみんなベールを…。
そうなのね。
でちょっと女の子の部屋に行って「もう外しちゃいなよ」って言って私とお友達で。
そしたら外して。
男の人の前では顔を見せちゃいけない…。
そしてすごい可愛らしい顔をしててみんな。
でなんか音楽かけてこうやって踊って。
それで「Iloveyou」とかってすごいパーティーしちゃいました。
可愛い。
そう。
楽しむこともね上手ね。
はい。
でも本当にいつかは本当に帰れるような平和にならないと帰れないから…。
今はとてもね帰れないから。
「帰りたい」って言ってましたね。
そう…。
去年の1月にあなたが出てくださってさんまさんが言ってるあなたのことあれ全部嘘ですって…嘘ですってあなたが仰ったじゃない?はい。
その1カ月後にさんまさんがここに偶然お出になってね…。
何て言ってました?全部本当だって。
嘘ばっかり本当に。
そう?「本当だって言うといて」って仰ってました。
そこから嘘ですね。
そこから嘘?そうなの?はい。
さて今年あなたはもう還暦なんですってね。
随分お若い還暦の…。
この頃皆さんお若いからまあねあまり驚かないけどあなたの還暦も相当だなと思います。
ねえちょっとあれだと思いますけど。
はい。
でも年に関係なく…あまり年は関係ないんですって?あなたにとって。
そうですね。
ただまあ日本はすぐ名前の下に年とか書いてありますよね。
あれね何でしょう。
あれ何なんですかね?すごいのはねお誕生日過ぎるともう1つ足してあるのよ。
あれが私ね…。
すぐにね。
すぐに。
どうしてですかね?本当に。
で気にならないって…本当に気にしてないにしても何もそこでまざまざとさ…。
それは若いほうがいいですよね。
それはもうしょうがないから60になるのは仕方ないとは思いますけど。
それはね30代とか40代とかのほうがいいだろうなとは思いますけど。
でもまあなっちゃったんだから。
もうしょうがないって。
そこはね。
でもまあね…。
はい。
でも美容なんかは気にしてることある?うーんまあ「これいいよ」とか例えば美容のものとか教えられるとすぐ「やってみる」とか言うほうですけどあまり続かないです。
続かない?いただいたもの…私もそう。
いただいたものがなくなるまではやるんだけどそれを改めて買おうとは思わないっていうね。
どうしてですかね?本当に。
私そう。
あなたもそう?本当に。
でももう…しわとかも増えるしもうしょうがないかなとも思いますけどね。
しわがないのも変だしとだんだん思うようにはなりましたけど。
でもまあバッとして60であら若くていいわねっていうのがいいわよね。
そうですね。
全体的に。
でもやっぱり50代はまだなんか…まだなんか大丈夫かなって思うけどえっもう60ってなんかちょっと…いうのはあるかなとは思いますけどどうなんですかね?私なんて80よあなた。
そうか。

スポンサーリンク
  80って驚いちゃうでしょ?そうですね。
そうよあなた。
それで80でも毎年1つずつ年取ってくるわけだからね。
そうですね。
そうよあなた。
まだまだですね。
大丈夫ですよあなた。
あと20年あるんだから。
頑張ります。
でもあなた夜寝る時にすごく遅くまで話ししてるんだって?電話で。
そうなんですよ。
なんか…。
自分の時間が大体11時すぎぐらいからなんでそこから色々洗濯したりお風呂入ったりとか何となくニュース見たりとか。
大体1時ぐらいから友達との電話が始まる…。
すごいわね。
子育てしながらずっとママ友がいるんですけどもお寿司屋さんの女将さんで家族ぐるみのお付き合いで。
美由紀さんという…。
あっそう。
これはお寿司屋さんで「バイトが足りないから来い」って言われて時給1000円でバイトしてる写真です。
そうなの?あなた?それ去年かな?バイトしたの?ここで。
はい。
アルバイトがなんかちょうど風邪引いちゃったかなんかで…。
じゃあ私…。
1000円もらって?4000円もらいました。
そう。
4時間働いて。
そうなの?はい。
その人と…美由紀さんと結構母のこととか…ちょうど子供も同じ年頃なので色々母のこととか向こうはお店のこと私は仕事のこととか何でも話し合えるお友達ですね。
いいわね。
何時間ぐらい話すんですか?長い時…。
でももう寝なくちゃねって大体落ち着く時間が2時とかぐらいなので2時から3時ぐらいかなっていう感じです。
だから長くなれば1時間でも1時間半でもっていう感じね。
はい。
でもそういう方がいらっしゃるっていうのはいいでしょ?そんな夜中に話せる人ってほら…。
本当はきっと旦那さんがいたらいいと思うんですよ。
本当はあなた今日はこうだったのよああだったのよっていうご夫婦で話す人がいたらいいんでしょうけどもそうじゃない女にしかわからないこととかそういう話を彼女は私に話すし私も旦那さんはいないので聞いてくれる?みたいな感じで愚痴みたいな感じの時もあれば頑張ろうっていう時もありますね。
でもまあ電話すればそんな時間でも電話して出てくれる人がいるっていうのはすごいわね。
はい。
お互いに仕事を持ってるんでこんな時間だねまた私たちの時間ってってなっちゃいますね。
でも「もうそろそろ寝たほうがいいわね」って言いながらずるずるずるずる話してる時ってありますよね。
はい。
そういうことを色々なさりながら…?そうですね。
割とストレス解消になります。
悩み相談をしてくれます。
なんか今晩日本アカデミー賞の授賞式でなんか主演女優賞…。
はい。
『後妻業の女』という…。
んっ?『後妻業の女』というおじいちゃんを騙してお金を取っちゃうっていう悪い女を演じて。
すごい。
でも面白いわね演技ってね。
そんな騙したりしたら普通いけないのにね騙してね賞なんかもらったり…。
そうですね。
ある方にちょっとあなたのことをお話聞いたんですよ。
どなただと思います?ちょっと今映りますから。
この方です。
誰だろう?「まあとにかく本番中もそうですけど稽古中も自分が主役で一番シーンも出てるしセリフも多いし…。
なんだけども全てを見てるんですよ」「私がちょっとこの間驚いたのは自分がセリフ喋ってるシーンだけど雪が…」「私とかそういうの気付かない。
同じシーン出てるんだけど」「雪の降りがちゃんと雪が…。
すごくいいシーンで全体にこう雪が降ってなきゃいけないんだけどこっちが降り過ぎてて…。
自分すごい喋ってるんですよ本人が」「こうやってやったり動いたりしてるシーンで雪がどこら辺が濃くてどこら辺が薄いって…」「見てたの!?っていう感じで」「いつ見たの?って」「なんか後ろを向いた時に見えたって言うのよ」「そんな私のほうがずっと後ろを向いてるわと思いながら」「私のほうがずっと雪のほうを向いてるんだけどもしのぶさんはそうやってパッと見た時に…外を見た時に雪の配分とかを見てるんでしょうね」「なんか一度稽古場でみんなでストレッチとかするんですけど本番前に」「でなんかああいうのあるじゃない?テープで…」「ハイ何とか!ウッ!アッ!みたいなやつあるじゃないですか?なんか…ビデオに映ってて」「私とか汗ダクダクになってるんだけどある日パッと見たらいつも汗かいてないんですね」「よく見てたんですよ。
そしたらちゃんと運動できてないんですよ」「してないっていうか。
こうやるところを…」適当?そう。
「っていう感じでやってる…。
って言ったら怒られると思いますけどねきっと」「めっちゃやってるって言うと思いますけど」緑子さんって面白い人ね。
面白いです本当に。
ねえ彼女面白いね。
はい。
でも本当にあまりやらないの?ちゃんと。
そうですね。
自分ではやってるつもりだけどあまり…。
適当なのかもしれないですね。
でもそうですね。
雪降らすのとかも気になっちゃって。
そこが?はい。
でもすごく…。
だから実際にその降らす人のところに行ってお話ししたりとかして。
ですごい…千秋楽がすごい素敵な降り方だったから「すごい素敵でした」って言って握手しました。
そう。
よかったわね。
はい。
でキムラ緑子さんがあなたに聞いてほしいって私が頼まれたのはね「10年後どうなっていたいとかいうのはありますか?」って。
10年後?えっ…。
来週のこともわからないのにそんな10年後なんて。
10年後?うーん…。
10年後…。
でもそうですね…まあ仕事の面で言ったらそうですねなんかこうしわがちゃんとこう…深みのあるしわを持ってそういうおばあちゃんの役とかやりたいとは思うけどもまあ個人としては…「もう70だ」とか言いながらもなんか楽しいことを探して前向いていきたいなとは思います。
あまり変わらないと思います。
そうでしょうね。
たぶんそうだろうと思います私も。
今度すごいのをなさるのねあなた芝居で。
そうなんですよ。
『フェードル』という…。
キムラ緑子ちゃんも一緒なんですけどもギリシャ悲劇を題材にして書かれたもう古典なんですけれどもでも…。
セリフがもうすごいでしょ?膨大なセリフで…。
でもわかりやすい…筋自体はわかりやすく単純な筋で。
義理の息子を愛してしまってそれに対して罪の意識を持ちながらも…。
そしたら夫が…いないと思っていた夫が帰ってきて「ああどうしましょう」「ああどうしようどうしよう」って言って。
でも若い王子は違う人が好きだとかもう本当にドロドロな芝居なんですけど笑える芝居だと思います。
人間の愚かさ…。
はい。
ありがとうございます。
本当どうもありがとうございました。
お雛様のお客様です。
大竹しのぶさんでした。
2017/03/03(金) 12:00〜12:30
ABCテレビ1
徹子の部屋 大竹しのぶ[字]

〜今年還暦!初のエジプト旅で貴重体験&94歳母とは温泉へ〜大竹しのぶさんが今日のゲストです。

詳細情報
◇ゲスト
今年還暦を迎えるという女優・大竹しのぶさんがゲスト。“ひな祭り”にちなみ、94歳の母が作ったというお雛様の押絵を紹介しながら、家族の近況を語る。
◇番組内容
昨年プライベートで初めてエジプトを訪れた大竹さん。砂漠や石灰岩による神秘的な自然の光景に感動したという。現地ではシリア難民のお宅にお邪魔し楽しい時を過ごしたが、シリア情勢の話を伺い、遠い国の事と思っていた問題が、改めて実感できたと語る。
また“長電話はストレス解消”と、ほぼ毎日友人と深夜に長電話をしているというが…本音もポロリ!?ほか、ある女優さんからVTRが届き、大竹さんの意外な一面も明かされる

セリフ書き起こし べっぴんさん(126)「母の背中」 2017.03.03

(さくら)お母さん。
(すみれ)ん?今度の商品審議会挑戦させて下さい。
そう。
(紀夫)楽しみにしてるぞ。
ありがとう。
(はな)
人生においてやりがいを見つける事は幸せな日々を過ごす事につながります
・「『雨上がりの空に七色の虹が架かる』」・「ってそんなに単純じゃない」・「この夢想家でもそれくらい理解ってる」・「たとえば100万回のうちたった一度ある奇跡」・「下を向いてばかりいたら見逃してしまうだろう」・「さぁ空に架かる虹を今日も信じ」・「歩き続けよう」・「優しすぎる嘘で涙を拭いたら」・「虹はもうそこにある」・「きっと虹はもうここにある」
(中西)すみれさん何してるんですか?ああ…来期のデザインの基本となる色を見つけたい言うてな。
(ノック)はい。
失礼します。
おっどうした?1分だけよろしいでしょうか?あ…いいわよ。
あの…涙色ってどれが一番近いですか?ああ…う〜ん…。
そうねぇ…。
あの時は涙色って言うたけどデザインが変わればまたぴったりな色も変わってくると思うのよね…。
何か…何かな…。

(さくら)ありがとう。
(潔)お〜さくらちゃん。
どないしたんや?こんにちは。
(ゆり)せっかくのお休みに顔見に来てくれたんやって。
うれしいなぁ。
さくら座って。
ありがとう。
ちょうどこれから長谷川さんの定年のお祝いの会を始めるところなのよ。
(さくら)定年?40年勤め上げてくれたんや。
(さくら)40年…。
(長谷川)右も左も分からんで社会人としての第一歩を坂東営業部で歩ませて頂きました。
おお〜!
(3人)潔さん!復員しとったんか!はい!
(拍手)いろいろありました…。
今日からわしが坂東営業部を引き継ぐ。

スポンサーリンク
  どう働くかはどう生きるかにつながります。
皆さんもどうか充実した人生をお送り下さい。
今日はうまい酒を楽しみに来ました。
(潔)長谷川さん。
ほんまに長い事ご苦労さまでした。
(笹井秋山)ご苦労さまでした。
(長谷川)ゆりさん。
(ゆり)ん?正太さんも手を離れゆりさんも子育てという一つの仕事が終わった。
第2の人生をスタートさせたらどないですか?第2の人生?もう一度オライオンに戻ったらいかがですやろ?ああ…でも20年も前の話やし…。
(長谷川)いやいやいや。
ゆりさんほどの人埋もれたままにしとくのは惜しいです。
(秋山)確かに!回想
(長谷川)どう働くかはどう生きるかにつながります。
回想
(君枝)万博のショーのデザイン描いたよ。
うわぁ〜ワクワクする〜!21世紀の子どもたちもこんな笑顔でいてほしいなぁ。
ワクワク…。
ワクワク…。
分かってるのはこれやったら通らないという事だけか…。
(時子)気ぃ付けてやお父ちゃん。
(勝二)いらっしゃい。
(時子)どうも。
(時久)なあなあなあ。
前に食わしてもろたあの〜ロシアの…。
(時子)ソ連。
え?ソ連な。
ソ連?ソ連の…あの〜煮込みって…。
(勝二)それはメニューには…。
(龍一)あるよ。
おい!ボルシチやろ?
(龍一)はい〜。
ほな頂きます。
頂きます。
ああ〜!う〜ん!ウウッ…この味やもん。
パビリオンで食うたんと…。
アハハハ!
(時子)何やろなこう…。
遠い国でもこれ食べてると思うとな…こう…ワクワクするな!
(時久)ええ事言う…。
(ノック)・さくら。
はい。
お父さんが柿買うてきてくれたよ。
ありがとう。
うん。
ここ置くね。
うん。
ねえさくら覚えてる?
(さくら)ん?小さい頃それこそお手玉をね柿にしたりリンゴにしたりお握りにしたりして遊んでたのよ。
私がお握り握ってる横でにぎにぎ。
フフッ。
その姿を見て子どもの想像力ってすごいなぁって思うたの。
ねえちょっとお母さん出てって。
え?ちょっと今何か思いついたの。
えっ?あ…はい。
ありがとう。
フフッ。
フフフ…。
何やうれしそうやな。
そう?どうした?ん?おいしいか?うん。
フフフッ。
ウフフッ…。
商品審議会の日がやって来ました
ありがとうございました。
(足立)ありがとうございました。
では次坂東さくらさん。
(さくら)はい。
(君枝)制作意図を説明して下さい。
はい。
子どもの頃私はよくお手玉で遊んでいました。

スポンサーリンク
  お手玉を柿に見立てたりリンゴやお握りに見立てたりして遊んでいたそうです。
子どもの頃の事を考えると大事なのはワクワクと想像力を膨らます事のできる余地なのかなと思いました。
もしかしたらそれがキアリスの基本やないのかなと思いました。
リスと果物。
リスの好きな果物なのか好きな順番に並んでいるのかリスが見てくれている子にくれようとしているのか。
子どもたちが想像しただけで楽しくなるような着たくなるようなワンピースになればいいなと思うて作りました。
見せて。
はい。
紀夫さんどうですか?ええ商品の事は任せます。
いいと思います。
商品化に向けて検討しましょう。
ありがとうございます!
(拍手)
(明日香)さくらちゃんよかったねぇ。
はいありがとうございます。
(明日香)ほな頑張って。
はい!
(健太郎)今日のさくらの話を聞いて僕も想像した。
えっ?2人の事を…ワクワクした。
健ちゃん…。
(龍一)ほいお待たせ〜。
熱いうちに食べてな。
何か…。
今日はうれしいな。
(良子)ほんまやねぇ。
(昭一)ほな乾杯しようか?じゃあ…乾杯!
(一同)乾杯!
(紀夫)おっ。
(君枝)健太郎。
(紀夫)おなかすいてへんか?あの…。
さくらさんと結婚させて下さい。
えっ…健太郎?僕とさくらさんを結婚させて下さい!2017/03/03(金) 12:45〜13:00
NHK総合1・神戸
連続テレビ小説 べっぴんさん(126)「母の背中」[解][字][デ][再]

さくら(井頭愛海)は、すみれ(芳根京子)に次の商品審議会に参加したいと申し出る。快く承諾され、キアリスらしさのヒントを掴んださくらは猛然と机に向かう。

詳細情報
番組内容
さくら(井頭愛海)は、すみれ(芳根京子)に次の商品審議会に参加したいと申し出る。快く承諾されたものの、「キアリスらしさ」がなかなか理解できず悩むさくら。しかしそんな時、すみれから子供の想像力の豊かさについての話を聞き、ヒントを掴んださくらは猛然とスケッチブックに向かう。一方、周りには秘密にしながらさくらと交際していた健太郎(古川雄輝)は決意をかため、すみれたちの前で突然の告白をするが…
出演者
【出演】芳根京子,生瀬勝久,菅野美穂,高良健吾,蓮佛美沙子,谷村美月,百田夏菜子,土村芳,永山絢斗,田中要次,平岡祐太,中島広稀,井頭愛海,古川雄輝,森永悠希
原作・脚本
【作】渡辺千穂

字幕書き起こし 浦沢直樹の漫勉「清水玲子」 2017.03.02

(ペン先の音)
(ペン先の音)
(ペン先の音)
(笑い声)
(テーマ音楽)「漫勉」。
小さなペン先から壮大なドラマを生む漫画家の仕事場に迫るこの番組。
ついに…仕掛け人はこの人…数多くのヒット作を手がけてきた漫画家です。
デビューから34年。
ジャンルにこだわらず漫画の地平を切り開く作品を生もうとしてきました。
シーズン4最初の漫画家さんは少女漫画の新たな可能性を追求してきた方です。
30年以上第一線を走り続けてきました。
最大の魅力は絵の美しさ。
最小限に抑制された線で美しい人物や情景を描きます。
一方で作品のテーマは深遠です。
「愛」や「命」をテーマにしたSFやサスペンスで少女漫画界に新風を吹き込んできました。
時に残酷でグロテスクな描写を美しく描き読む人の心に迫ります。
今回その執筆の現場に3日間密着する事ができました。
そこで発見したのは線そしてデッサンに対するしつこいまでのこだわり。
そして「うまくなりたい」という強烈な執念でした。
1か月後。
撮影された映像を見ながら対談します。
あどうもお久しぶりです。
お久しぶりです。
今日はよろしくお願いします。
はいどうぞ。
うわ〜!なんかあれですね。
うわ〜!あほんとに?絵だけでなく仕事場も几帳面できれいなんですね。
美しい線で革新的な少女漫画を生み出してきた清水玲子さん。
その創作の秘密が明らかになります。
まずは美しい男性を描くコマです。
ネームを下に置き参考にしながら下描きします。
シャーペンじゃないんですね。
(笑い声)Hの濃さの鉛筆で下描きしていきます。
作品は…舞台は近未来の日本。

スポンサーリンク
  死んだ人間の脳をスキャンし記憶を映像化する技術が実現。
その技術を用いて犯罪捜査を行う捜査員を描くSFサスペンスです。
今描いているのは美貌と天才的な頭脳を持つ捜査員のリーダー主人公の薪です。
美男子が描かれました。
(笑い声)じゃないかと思いましたよ。
僕それ聞こうと思ったんですよ。
髪の毛に細い描き込みを入れていきます。
深いテーマを描く一方少女漫画の王道も追求してきた清水さん。
美しい人物を描く事に強いこだわりがあります。
繊細な線が積み重ねられ髪の毛が完成しました。
続いて目にペンを入れていきます。
そうですかね?清水さん口元にホワイトで細かく修正を入れます。
ミクロンって…本当に微妙な違いなんですね。
鼻にも修正を入れます。
すごく細かい修正!でも確かに違いますね。
最後に目にも微妙な調整を加えます。
下描き開始から30分。
美男子・薪のペン入れがようやく終了です。
美しく描かれた髪。
ミクロのレベルまで修正を重ねた顔のパーツ。
清水さんの美男子へのこだわりが詰まったコマが完成です。
続いてのページに取りかかります。
この漫画の主人公は薪ともう一人若い青木です。
薪に憧れる無鉄砲な青木。
青木を厳しく指導しながら一方でひそかに大切に思う薪。
2人の絆が描かれます。
これから描くのは薪が無茶をしようとする青木の服をめくるコマ。
少女漫画としても盛り上がるシーンですね!
(笑い声)萌えて頂ければありがたい。
あれ?清水さん紙をひっくり返しました。
裏側に描き始めました!裏から見る事でデッサンの狂いを確認しながら修正を入れていきます。
表に戻して裏面に入れた修正を確認。
表側に更に修正を入れます。
また裏にひっくり返しました。
こうして徐々にデッサンを直していきます。
清水さんは下描きの時点で正確なデッサンにとことんこだわります。
今度は表側を全部消してしまいました。
裏面を参考に描き直します。
30分かけてようやく下描きが終了です。
美しい絵にこだわり続けてきた清水玲子さん。
小さい頃からお姫様の絵を描くのが大好き。
その後少女漫画に夢中になります。
高校ではマンガ研究会を設立し肉筆の回覧誌を制作。
漫画家に憧れます。
高校卒業後就職しますが夢を諦められず雑誌のコンペに入選したのを機に退職。
勝負をかけます。
しかし簡単には漫画の仕事は増えません。
依頼がなかった時期も清水さんはひたすら画力を磨きます。
ビデオに録画した歌舞伎を一時停止してそれが解除されるまでの1〜2分を使って模写をしていました。
(笑い声)地道に身につけた画力はやがて花開き作品を次々と執筆。
その美しい絵に多くの読者が魅了されました。
漫画家となった清水さんがこだわったのは美しい線。
しかも描き込みすぎるのではなく培ったデッサン力を生かし選び抜いた限られた線で描く事でした。
時に残酷で重いテーマは美しく爽やかなタッチで描かれる事で少女漫画と融合します。
目に細かい描き込みを入れて下描き開始から50分ペン入れがようやく終了です。
徹底的に直す事で描かれた正確なデッサン。
シャツの質感や重み。
美しい男性2人の姿が研ぎ澄まされた最小限の線によって描かれました。
続いてはペンを使わず鉛筆だけで仕上げるコマ。
かかりますよ逆にね。
鉛筆だと全ての線が本番の線になるから時間がかかるんですね。
死んだ人間の脳をスキャンし脳内から犯罪を暴く映像を取り出すこの作品の世界。
脳の映像はこの鉛筆の技法を使います。
柔らかなタッチに仕上げる事で記憶の映像である事を表現します。
清水さんが描いてきた重厚なテーマ。
その根元には青年漫画の影響があります。
分かる。
青年誌の影響を受け「愛」や「命」をテーマに深い人間心理を描くSFやサスペンスを執筆。
独自の漫画世界を作り上げてきました。
鉛筆で塗った部分を指でこすっていますね。
執筆する事2時間。
鉛筆だけで仕上げたコマがようやく完成しました。
絵にはパソコンでドット処理を施しました。
サスペンスを彩る脳内の映像という表現。
それを鉛筆だけで描く技法で見事に描きました。

スポンサーリンク
  続いてはこの回のクライマックスの作画です。
捜査のさなか独断で突っ走ってしまった青木に薪が激しく怒り手を上げるシーンです。
青木を大切に思う故の薪の怒り。
感情が激しくぶつかります。
清水さんこのシーンも原稿を裏側にして丁寧に描き込みます。
表に戻してデッサンの修正です。
怒りで震える薪の手のコマ。
薪の怒りを手だけで表現しようと何度も描き直します。
握りこぶしだけで表裏合わせて4回下描きを重ねました。
握りこぶしにペンが入りました。
続いて平手打ちを決めるアクションのコマ。
更に平手打ちをした薪の怒りの顔。
怒りとその奥の愛情を表現する繊細な表情です。
ハッ!
(笑い声)漫画って本当に繊細な作業ですね。
細かい修正を続けます。
あれ?あれ?ってなっちゃった。
本当にミクロの世界で戦っているんですね。
納得のいく表情が生まれるまで修正を重ねます。
デビューから34年。
美しい絵を追求してきました。
依頼がなかった時期必死に描いて腕を磨いていた。
その頃の思いは今も変わらず清水さんを突き動かします。
ディテールをひたすら描き込みます。
そうなんですよね。
そうなんですよ。
本当に細かい表情の修正が終了です。
下描き開始から3時間。
クライマックスのページがようやく出来上がりました。
何度も下描きして生み出す正確なデッサン。
無駄のない美しい線。
そして人物の表情へのこだわり。
「うまくなりたい」という純粋な思いの詰まったページがまた生まれました。

(ペン先の音)2017/03/02(木) 22:00〜22:45
NHKEテレ1大阪
浦沢直樹の漫勉「清水玲子」[字]

白い紙に小さなペン先で壮大なドラマを生む漫画家たち。その創作の秘密に「浦沢直樹」が迫る。シーズン4の第1回は、映画化で話題のヒット作「秘密」の「清水玲子」が登場

詳細情報
番組内容
シーズン4の第1回は、昨年、映画化され大きな話題となったヒット作「秘密」の漫画家「清水玲子」が登場。1983年「三叉路物語」でデビュー。99年から連載がスタートした「秘密」で第15回文化庁メディア芸術祭優秀賞を受賞するなど、いま熱い注目を集めている。少女漫画でありながら、最先端の科学技術を盛り込んだSF世界を、繊細なタッチで描き、熱狂的なファンを獲得している。その創作の現場に密着した。
出演者
【出演】浦沢直樹,清水玲子,【語り】木南晴夏

字幕書き起こし ハートネットTV WEB連動企画チエノバ▽ネット社会にひそむ“依存” 2017.03.02

少しヒントを出してあげて…これは?
(ママ)いっぱい挿してみる。
お〜すごい。
生字幕放送でお伝えします
(山田)こんばんは。
「ハートネットTV」WEB連動企画「チエノバ」です。
きょうも生放送でお送りしていきます。
コメンテーターはいつものように荻上チキさんです。
(荻上)お願いします。
きょうのテーマはネット依存です。
気付いたらずっとスマホをいじっているという方が多いのではないでしょうか。
皆さんから動画サイトやオンラインゲームそしてネットショッピングなどがなかなかやめられないといった悩みだったりネット依存についての意見または経験談をお待ちしております。
(久保)カタカナで#チエノバを付けてどんどんお寄せください。
お待ちしています。
カキコミが届いています。
動画サイト、いろんなものありますけれどもやめられない、もっと見たいと。
ついつい見てるとのめりこんで、あっという間に何時間も過ぎているなんてことありますよね。
テレビやDVDなんかとは違って、短い動画を見てしまうことってありますよね。
よく子どもにスマホを見せるなみたいに言う人もいるんですがそこまで神経質になる必要はないと思うんですがしかし、コントロールができない状態にまでなってしまう。
あるいは心配になってしまうそのことによって優先順位が変わってしまって生活のリズムが崩れたり眠れなくなったりといろんなところに影響が出るのはいけないのでそうしたところが依存にまでなってしまうところは気をつけなくてはいけないんですよね。
ネット依存についてきょうは考えていきます。
スタジオには3人のゲストをお招きしております。
精神科医の大石雅之さん。
ライターの石徹白未亜さん。
そして、ギャンブル依存症問題を考える会の田中紀子さんです。
まずはネット依存の現状について押さえておきたいと思うんですが大石さん、今、患者さんの中で依存症として診断するというのはどのようにしてるんでしょう?
(大石)基本的にはほかの依存症と同じように考えられているんですけど時間が増える止まらない。
社会的な問題が起こる。
やめるとイライラする。
ほかの依存症と同じようなことを診断基準に用いられていることが多いです。
年代的にはどういう方がメインですか?
中学生、高校生二十歳ぐらいまでだったんですが最近は30ぐらいまで現れてきてちょっと驚いてると。
だんだん、スマホを使われる期間が長くなって発症年齢が上がってくるんじゃないかなといわれています。
本人は来る確率は少なくて私のクリニックですと家族と本人が半々。
困ったお母さんが本人は現れないけどお母さんが現れると。
石徹白さんはかつてネット依存だったということですけどどんな状況だったんでしょう?
(石徹白)もともとネットは好きだったんですけど特に依存がひどかったなのは会社員からフリーライターになって独立直後のころだったんですけどそのころ独立直後なので仕事がありませんからお金もなくて貯金が減っていくだけの生活でそうなると家でできてお金が一銭もかからないネットっていうことで仕事をしなきゃいけないのにそっちに逃避していってという感じでした。
やめたいとか自分を客観的にみられたりできたんですか。
やってるときは本当に楽しいんですけどそれで夜が明けてきて空がだんだん明るくなってくるのを見るともう、なんてことしちゃったんだろうって思うんですけどでも、次の日になったらまた、やっての繰り返しでしたね。
心の穴埋めだったりしてたんですかね。
仕事をすればいいはずなのに何か逃避していたところはあると思いますね。
私はつながりで人と何か意見を言い合ったりというのはなかったんですがひたすら情報依存で、掲示板とか情報見るのはいいことだと思ってその情報にも質ってあると思うんですけどみんなが言っている意見をとりあえず見ておこうとなったのはあります。
不安になるし習慣になるという感じでしたね。
石徹白さんがライターとして取材をされていますが動画サイトにはまってしまう人が多いということなんですがどういうふうにとらえてますか。
動画サイトは運営者側がいかに見てもらうかだからいかにその人を長くとどまらせるかということに注力されているので企業が頭を使ってやったことに何も考えずにいたらそれは、はまるよなと。
一度、猫の画像を見たらここに子猫の次の画像ってちゃんと出てきますし。
あとコメント欄がたいていの動画サービスでついていますけども先ほどの私、話しましたように人の意見って、とりあえず見たほうがいいだろうって見てしまいますし、コメント欄にコメントしてしまうとその反応が気になるみたいになっちゃってそれにいまだとスマホがあれば自分が投稿できる側にもなれるので番組を投稿してしまうとその反響が気になってなんで、あいつより私のほうが…。
絶対、おもしろいはずなのにという感じでどんどん泥沼になってしまうところはあるのかなと思います。
そして、自分の意見が認められると、うれしいと?
そうなりますよね。
よく承認欲求ってことばもあると思うんですが。

スポンサーリンク
  アップロードする人だけではなく見る側の人も自分と同じような意見を持ってる人とつながれてしまうので動画サイトだけでなくて掲示板のまとめなどでもこの人はたたくべき存在だからみんなを見て安心するというのはあるとそうしたことというのはある。
動画というのは非常におもしろい映像を映像というものを浴びるように楽しめる一方でネットに上がる動画は短いですよね。
切れ目があるんだけど次々と見ていくことによってあっという間に時間がたつ。
簡単に快楽と報酬が得られるということでそうしたものにはまりやすいというような性質はありますよね。
動画ももちろんですけど最初に紹介したオンラインゲーム。
これも、どうなんですか?田中さん、ギャンブルのご相談を専門にしてらっしゃいますけどオンラインもいっぱいご相談があるそうですね。
先ほど先生がおっしゃったように30代の方なんかで例えば会社の上司の方がうちの社員が朝、起きて来れなくなったというような相談もあったりするんですけどその中で課金がやめられなくなって借金までしてしまうとか子どものころはゲームで引きこもっていたんだけど大人になってゲームの課金が始まったりギャンブルのサイトに入ってしまったりとかネットショッピングが止まらなくなって借金を繰り返している相談も私たちのほうにきます。
家族を巻き込んでしまうというところがあるわけですね。
ご家族も、それでお金を払わないっていうことをすると今度は当事者の人が何をするか分からないというのが心配になって、なかなか尻拭いをやめられないっていう悪循環から抜け出せないんです。
なかなかやめるってところの歯止めというのが利きにくいんですね。
もともとゲームは楽しいものです。
楽しませるためいろんな工夫をするわけです。
例えば、つきに1回イベントをやる今しか手に入らないアイテムを提供するそうしたことによってよりお金を落としてもらうことをしてもらいます。
他方でお金が関わっていなくてもはまる装置というのが埋め込まれていて集団で冒険をするというゲームがあったりするとします私は戦士とか。
そうしたものでチームでつながったりしますと何時からは必ずみんなでプレーしようみたいな感じでそうしたつながりがコミュニティーになってそこからはじき出されるのが怖いという形で参加するということもあるんです。
見ていらっしゃる方の中にスマホは毎日、見ているなや私もゲームやってるなって方いると思うんですけど単にゲーム好きではまっているという以上の依存症というのはそうしたコントロールができなくなる状態なのでなんとなく自分が依存症じゃないかと思うのとそれすら分からないような状況になるということとはレベルが違うということも知ってほしいですね。
患者さんとしてオンラインゲームから抜け出せないという人はいます?
オンラインゲームはなかなか依存の程度が高くて抜け出すのがかなり難しいと思います。
ニコチンとかアルコールとかありますけどオンラインゲームは依存症の中でも決して低くないと思います。
なんとなくニコチンとかは悪いイメージが世間的にありますけどゲームが悪いってそこまで考えない。
最初はっていうのはありますよね。
ゲームそのものは決して、悪いものではありません。
息抜きとか快楽とか人に必要なわけです。
しかしながら、その快楽が相対的にほかの社会生活会社での暮らし学校での暮らし、家庭よりもより楽しい時間になってしまうほど息苦しかったり、依存と離れられなくなったりする。
そうしたような状況になることも考えなくてはいけないと思います。
ネットショッピング手軽ですからね、ワンクリックで。
田中さん、どうでしょう。
私自身もネットショッピングすごく、はまってて最初はもともとギャンブル依存症だったのでその支払いをするために自分の手持ちのものを売ろうと思ってオークションサイトにはまったんですね。
ところが、見ているうちに買うほうに、のめりこんでいって頭の中で、これは仕入れだという言い訳が浮かぶようになってずっと一日中、それを見てるようになったんです。
でもそれを見ている間は現実に山積みしているさまざまな問題を見ないで済むということで現実逃避できるということでますます悪循環になっていった。
なので、私たちのところにご相談に来られる買い物依存の方とか部屋の中がトイレとかお風呂まで全部段ボールで埋まっているような状況になっても買い物がやめられないっていうようなご相談もきます。
それは、どこかの店を訪れて買うのではなくてネットショッピングという手軽さゆえのということもあるんですか。
閉店時間とかがあるわけでもないですし一日中、情報を検索しているんですよ。
少しでも安いものとか。
有意義なことをやってるような気持ちになってしまったりとか頭の中ですごく言い訳がたくさん浮かんでましたよね。
それをやり続けるしかないので強迫観念に打ち勝てないんですね。
それをやめるとイライラソワソワしてしまうのでその強迫観念に打ち勝つために何か自分を納得させられる理由を探してたという感じです。
ギャンブル依存症でも例えば、あそこにお金を預けてるからいつか取り返すみたいな形で自分を合理化したりとかいろいろな問題がありますけどそれそのものにはまる理由だけではなくてやっぱり、はまってない時間が不安であるとかいろんなもののバランスが変わっていくという面はネットショッピングでもあるということなんですかね。
強迫観念に打ち勝てなくなっていくのでそのためにさまざまな自分の中で理由付けをして、なんとか強迫観念をほっとさせたいという。
そこにとらわれてました。
そして、ネット投資にはまってるという方もいらっしゃいます。
この辺り、石徹白さんは?
私は今もやってたりとかするんですけど一定以上、株価とかが下がってしまったら絶対、ここで損をして、これ以上損をしないっていうような損切り注文が今出せるようになったので落ち着いたんですけどそれが出せてないときはひたすら、負けていっちゃうのでこれを取り返すためにまた買おうという悪循環になってしまうというのがあるのと今、スマホなどでもFXなどのアプリがありますからなんとかの会社の株価が何円を切ったら買いだみたいな感じで通知で出てしまうとやらないとなという感じになってしまうのは危険かなと思っています。
せっかくだからやらないと損だなみたいな。
お金が絡むことなので。
FXとか株とか聞くと世界を何かしてるんじゃないかみたいな錯覚に陥ることありません?
普通に掲示板を見ているより何か知的なことをしてるみたいな気持ちにはなりがちなので逆に気をつけたほうがいいと思います。
いろんな世代の人がはまる傾向にもありますね。
FXっていうのは外国の通貨為替に関する商品ですけど自分は世界の状況がこうだから売りだとか買いだとかって思い込んで。

スポンサーリンク
  ネット依存とも親和性が高いので関連株であるとかそうしたような情報を調べるために例えば、市場の動向がどうなってるかというのをツイッターとかグーグルで検索したりとか関連して動くような情報がないかと探る。
あるいは株に関する掲示板があって盛り上がるんですね。
そうした中でとても失敗した人を笑ったりとかあれがいいんじゃないかとかをちょっと言い合ったりそういったコミュニケーションを含めていつまでも見ても飽きない仕組みっていうのがあったりする。
コントロールできるんであればいいんですけど損をしてプレッシャーがあって取り戻さなくていけないことやほかの居場所がなくてというようなものが重なったときどうコントロールができなくなっていくのかを見なくてはいけないですね。
そういうことって患者さんを診ていて自分を認めているのか認めてないのかどういうふうにして?
ご自身もやめたいって気持ちとやめたくないって気持ちが2つあることが普通なんですけどたいていの人はそれが分からない。
依存症ですか?って言ったらそうじゃないって依存症じゃないですか?って言ったら、うーん…と。
だから、片一方に傾くことはないと思います。
生活に支障が出たり周りの人を巻き込んでしまうかもしれないというのを考えると、少しでも回復の道につながるようにということはあると思います。
番組後半ではネット依存にどう向き合っていったらいいのか考えていこうと思います。
私はネット依存からこう抜け出したといった皆さんの経験談、そしてアイデアをツイッターでお寄せください。
ここからはコメンテーターの荻上チキさんが独自の目線で福祉の今を切り取る「チキノめ」のコーナーです。
2016年、昨年は芸能人であるとかスポーツ選手に関する薬物使用の報道が相次ぎましたね。
非常に注目をされたんですけどその報道の中には偏見であるとかあるいは誤解というのを助長するような内容の番組が少なくありませんでした。
ただ騒ぎたいだけでしょというような報道も正直たくさんあったわけですね。
その報道は、それでいいんだろうかということを当事者や専門家の方と一緒に考えてみました。
ことし1月ラジオ番組で行われた薬物報道についての討論会です。
依存症当事者の回復を妨げる報道もあったという意見も。
薬物に関する報道は非常にヒートアップするんですけどそれが本当に社会から薬物依存をなくすための、貢献できるような報道になってるのかというと疑問だとご意見が当事者の方それから、支援者の方専門家の方から出てきました。
そこで例えば自殺報道ですとWHOガイドラインなどがあってこういった報道をしましょうということがすでに発表されてたりするんですけど薬物問題に関してはそれがないんです。
ということで先ほどのような方々と一緒に当事者たちと一緒に「薬物報道ガイドライン」というものを作ってみました。
望ましいことと避けるべきことと、いろいろ書かれているんですけど細かくは紹介しきれないので後ほど「ハートネット」の「チエノバ」の番組ホームページに掲載しておきたいと思います。
例えば、避けるべきこと。
先ほどもありました白い粉や注射器といったイメージカットをよく用いるんですね。
ぜひともやめてほしい。
なぜならば、使うなと言いつつこうしたイメージが出てくることによって再使用の欲求が高まるわけですね。
使用していない人によってもそうしたものを使うと気持ちよくなれるんだと誤ったメッセージを受け取ることによってむしろ関心をあおってしまうところがあります。
そうしたことはぜひ、避けてほしい。
それから「人間やめますか」のように依存症患者の人格を否定するような表現を用いないこと。
少し前は「人間やめますかそれとも覚醒剤をやめますか」そうしたキャッチコピーがありました。
最近では「ダメ。
ゼッタイ。
」というフレーズが使われています。
こういうフレーズというのは自尊心を傷つけられていて生きているだけで苦しい。
その苦しさから逃げるために何かに依存している人にとっては逆効果なんです。
すでに自分を責めている人に対して使った君はだめなんだ。
使った君は人間じゃないんだといってるような状況になるんです。
予防のためによかれと思ってやっている報道が使用者が回復につながるということを、むしろ妨げるということもあったりします。
他方でいろいろあおるような報道もあるんですけどですが何をしたらいいのかというのを取り上げる報道が少ないんです。
相談窓口を紹介して警察や病院など複数の窓口があることを伝えること。
例えば当事者の会であるとか家族の会であるとか医療機関に相談に行ったら使用していたということで通報され逮捕されることはないですからそうしたことが利用できるんだということで依存症から脱出できる回復できるんだというメッセージも伝えなくてはいけないです。
怖さばかりアピールするがゆえに人の人格を貶める必要はない。
むしろ回復の道があるんだということをむしろ積極的に報じてほしい。
こうしたガイドラインをベースにいろんな報道を見直していってほしいと思います。
社会復帰のために私たちは後押しをするわけですもんね。
一つ一つのことばを受け止めて私たちが使うことばしっかりと考えなきゃいけないと改めて思います。
命綱になっていきたいですね。
今回の「チエノバ」はネット依存をテーマにお伝えしています。
後半はネット依存とどう向き合っていけばいいのか考えていきたいと思います。
たくさんのツイートが届いています。
かつて、ネット依存だった石徹白さんどう思います?
すごくいいと思います。
私自身もネットって結局生活に必要なものがあるので電車の時間を調べたりとか料理のレシピを見たりとか。
生活に必要なものは削る必要はないですしあと、私、漫画とか猫の動画とかは今も好きなので限度を過ぎればですけどある程度なら楽しいからやっていることなのでいいとして、それ以外の見たあとに本当は後悔しちゃうのになぜか、そういうものほど中毒性が高いんですけどそこが一番削りたいなと思ってそこから削る形で私は時間を取り戻すことができたなと思っています。
すぐにできました?
昔からネットは好きだったのでしかも、依存期間もあったので1日、2日で10年以上かけて依存したものが1日、2日で治るわけがないと思わないとまた見ちゃった、もうやめようと自己嫌悪しちゃうのが一番よくないと思うので1年後よくなってればいいやぐらいの。
手帳にきょうはこれができたみたいな感じでこれをやって、これだけ時間を稼げたみたいなことを書き続けていたんですけどそういう小さなゲームでレベルアップするみたいなことよりは地味ですけども自分自身をレベルアップしていって1年後よりよくしていくっていう視点が必要なのかなと思います。
ネットのツールは非常に私たちの生活にとっては必要なものですから。
今、私たちが番組でツイッターをいただいているのもネットでつながってるわけですもんね。
どう使っていくかつきあっていくかということです。
ネットっていうのは使い方によって短期的に快楽、それから報酬ももらえるということになるわけですよね。
そうすると長時間、本を読むであるとか映画を見るというのは手軽にいい気持ちになれたりもするわけです。
他方で、いろんな人たちとつながることで自分の苦しみを癒やすこともできるわけです。
ネットが命綱になるような場面もたくさんあるわけですよ。
しかしながら、そうしたことにコントロールできなくなってはまっていく。
単なるコミュニケーションだと思っていても例えば、何かに憤りを示すということであったりとかヘイトスピーチを繰り返すというようなこともこれも、憤りも反復性というかある種の依存性があって毎日そういったツイートをするのがやめられないということもあったりするわけですね。

スポンサーリンク
  だから、その人なりの優先順位というものがどういったものなのかということを自分だけではなく人と一緒に見直すことができるような機会というものを増やしていく。
そうした相談ができる場所があるんだということも発信していくことが必要です。
ネット依存症ができてからまだ期間が短いので治療施設が多いとはいえないんですけどすでに全国にかなりの数があります。
ご本人が現れても家族が現れてもどちらでも対応できるような施設が多いので十分、病院でも対応できつつあると思います。
ネット依存の回復というのはどういったプロセスを経るんですか?
最初はご本人がはまっている依存になってると。
それから、動機が上がり何回かの失敗を繰り返しながら上がっていくと。
一回で直ることはないですけど普通は数回の失敗のもとで追いついていくと。
治療は時間はかかると思います。
スマホを取り上げればいいんじゃないかって考えもありますが。
確かにスマホを取り上げることが必要な人もいますけど取り上げたらいろんな暴力になることもあります。
ただ、たいていの家族は我慢しきれないという状況になって出てくるということもあります。
いろんな軽度から重度といろいろあると思うんですけど今、アメリカに住んでいますと事前に、社会からネットはなくならないんだからその怖さを知ろうよということを小さいころから習うんです。
例えば、子どもは小学校でiPadは学校のマストなんです。
宿題もやります。
でもその怖さをきちんと知るために親子でネット依存の映画を見る。
それについて議論をする。
何が怖いのかを知る。
そのうえで使う。
その怖さも含めて教育の現場で皆さんに知らされているんですね。
それっとすごい大きな一歩だと思いました。
予防という意味ではワクチンを接種するという考え方ですね。
一方で、すでに依存になってしまった方にもこういった道があるんだということをより発信していくことも必要ですよね。
実はあした、3日から4日はアメリカではナショナル・アンプラグド・デー。
デバイスを使わないでいようよっていう日なんですね。
だから、皆さんも考えて親子で一緒にスマホなしに楽しむ時間だったり趣味を楽しんだりっていうのもあると思いますよね。
こうすればネット依存と少し離れることができるんじゃないかとたくさんの意見も届いていますので皆さん、ツイートを確認していただきたいと思います。
最後になりますけど久保純子さん、今月で「チエノバ」を卒業します。
本当、3年間たくさん心の声を届けていただき本当にありがとうございます。
しっかりと受け止めてみんなが共に幸せに生きられる世の中になるようにこれからもメッセージ2017/03/02(木) 20:00〜20:30
NHKEテレ1大阪
ハートネットTV WEB連動企画チエノバ▽ネット社会にひそむ“依存”[字]

動画サイトを見続けてしまう子ども。オンラインゲームについ課金してしまう。誰もが当事者になり得る、ネット社会にひそむ“依存”を考えます。みなさんの体験談を募集中

詳細情報
番組内容
ハートネットTVはさまざまな「生きづらさ」を抱える人たちのための番組です。テーマは、貧困・虐待・自殺・うつ・依存症・発達障害・認知症・がん・難病・介護・リハビリ・障害・LGBTなど。ホームページも情報満載!みなさんがつながりあえるよう情報交換の場も設けています