読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

全文書き起こしサイト

地上波テレビの字幕を全文書き起こします

スポンサードリンク

セリフ書き起こし 視覚探偵 日暮旅人 #2 2017.01.29

(山川陽子)
五感のうちの4つ聴覚嗅覚味覚触覚を失ったまま視覚だけを頼りに探偵をしている日暮旅人という人がいる
その目で人の心の中まで見えてしまうという
(榎木の声)旅人は生まれながらああいう人間だったわけではありません5歳の時からです。
大人でも耐えられないような環境で監禁されていたそうです。
(智子)当時はかなり話題になったらしいよ。
もしかして20年前にのぞみ保育園で起きた事件でしょうか?
(榎木)それを確かめてどうするつもりですか?だとしたら…。
私と日暮さんは同じ保育園で一緒に…。

 

 

 


(榎木の声)何にせよあいつの過去を暴くべきではないね。
あいつは自らの過去を語ろうとはしません。
自らの意志で過去を封印していると考えていいでしょう。
それは視覚以外の感覚までも封印してしまう非常に強い意志です。
強引にその扉を開けようとすれば…。
彼の精神は崩壊してしまうかもしれない。
ただ旅人があなたに特別な感情を感じていることも確かでしょう。
あなたがそばにいることであいつがいつか自らの意思で扉を開ける時が来るかもしれません。
(陽子の声)旅人。
旅人…。
旅人君…。
(陽子の声)たぁくん…。

(智子)じゃあみんな手を合わせて。
いただきます。
灯衣ちゃん食べ切れずに捨てているってことですか?それが家に持ち帰ってるみたいでさ〜。
山川何か心当たりない?いや〜特には…。
(鶴田)っしゃ〜!チ〜ッス!今日も代理で灯衣ちゃんのお迎えに参りました。
あっ2人とも昨日よりかわいいっすね。
明日はもっとかわいくなっちゃうんですか?日暮さん最近忙しいみたいだしさもしかして家でごはん食べさせてないとか?まさか〜。
無視っすか?無視っすか?すいませ〜ん。
(宮川恵理の泣き声)
(雪路雅彦)何だまた変な依頼しに来たのか?違います実は…。
ちょ…待ってろ。
(恵理の泣き声)じゃあ警察のほうも誘拐の可能性が高いと?
(恵理)はい…。
さくらちゃんがいなくなった時恵理さんはどこに?仕事中でした。
いつも夜7時に出勤して帰るのは深夜の1時頃なんですけどその間に…。
いやちょっと待て。
つまり深夜まで1人で留守番を…。
はい母子家庭なんで。
(日暮旅人)でもさくらちゃんは確か…。
(恵理)5歳です。
さくらのためだったんです!なかなか仕事も見つからなくて…。
今のお店は条件もいいですしだから…。
ホントにさくらちゃんのためか?え〜?悪い男に貢いだりしてないよな?暴力を振るうような。
あっこれ偽物です今のお店ちょっと特殊なんで。
何だよ下の店のコか道理で…。
おいアニキ!アニキどこ行くんだよ。
いなくなって丸2日だよ誘拐だとしたら一刻を争う。
いやいや…警察が動いてまだ解決してないんだぞ?簡単じゃねえアニキの目を確実に酷使する。
何か意見するつもりなら5歳の女の子がどこかに連れ去られて監禁されてるかもしれない。
その恐怖と絶望を心の底から想像した上で言ってほしい。
んじゃ他にさくらちゃんが行きそうな場所に心当たりは?さくらは近所のコンビニとか…。
コンビニだったら記録が残ってるだろうしその筋は警察が調べてるだろうな。
となるとこっからさくらちゃんの足取りをたどるしかねえか…。
表札がない所がありますね。
(恵理)ああ6部屋のうち2部屋は空き部屋でして。
取りあえず住人に話を聞いてくか。
(恵理)本当によろしくお願いします。
(狭川)いや〜俺その日のその時間さこの部屋で友達と飲んでたのよ。
これ警察も知ってるよ?アリバイってやつだよね。
それよりさどうなの?見つかりそう?見つけますよ必ず。
生きて見つかるかが問題でしょ?フフっ…ちなみにお出掛けですか?え?部屋の中にしては厚着のようなので。
あぁこれ電気止められちゃってて暖房入らないのよ。
まさか遺体が腐らないように暖房つけたくないとか?
(凛子)それ警察にも聞かれたんですけど私疑われてるんでしょうか?話聞いてみないと怪しいかどうか分かんないでしょ?恥ずかしいですけど部屋で1人で飲んでました。
いや別に恥ずかしいことないっすよ。
あっ普段からさくらちゃんと遊んであげてたとか。
はいほぼ毎日。
仲いいんすね。
まぁお互い夜独りぼっちで暇だったもので。
さくらちゃんがいなくなった日の夜は一緒じゃなかったんですか?あの日は酔ってたのでさすがに…。
分かりましたありがとうございます。
あっ!お待たせ〜出来ました〜!悪いっすね灯衣ちゃんの世話は俺の仕事なのに。
家の中では仕事じゃない理由で世話をしてくれる人が必要なんです。
うっ!うっ!今出来上がったばっかなのに腐った味がする。
灯衣ちゃ〜んお待たせしました…。
あれ?灯衣ちゃん?ここが親子の部屋。
で…。
隣が102号室。
母親の話じゃここ数日不在らしい。
まっいないほうが話が早い時もある。
ちょ…待っとけ今…。
あれ?はっ?嫌な予感がするなぁ。
(撃鉄を起こす音)・動くな・ん?あ〜!またあんたらか。
(すみれ)またお前らか。
(土井)また始末書ですよ。
それしまってください。
知ってる?私土井君の口が堅〜いところが好きなの。
(土井)増子さん…。
ちょうどよかったこの部屋の住人の情報くれよ。
何のために?あんたらがだらしねえから俺らんとこに依頼が来ちまったんだよ。
あっそう。
まっこっちもちょうどよかった。
江園大樹38歳ピザ屋の配達員。
宮川さくらがいなくなった日から消息不明。
どう考えても怪しいけれど令状がなかなか出なくて家宅捜索ができません。
さぁ今から私はどうするつもりでしょう?知らねえよ。
(すみれ)ヤァ!あ痛っ!うわ〜痛そう…。
痛ってぇな何すんだよ!不法侵入者発見土井君逮捕して。
増子さん…。
いいかげんにしろ訴えるぞ!確かに雪路は容疑者ですね。
アニキ!?容疑を確定するためにもここは犯行現場の確認をお願いします。
現行犯なので令状は必要ないですよね。
分かってるじゃな〜い。
(土井)増子さん靴…土足かよ。
(すみれ)汚い部屋だね。
こいつが江園か。
(土井)増子さん。
う〜ん。
23日宮川さくらがいなくなった日だね〜。
何?静かにしろ。
今アニキが手掛かりを探してんだ。
(土井)手掛かり?うるせぇな。
強い執着心が見える。
うん?何が見えるって?あら〜ご存じない?アニキはいろんなもんが見えんだよ。
例えばひとの感情とかな。
こいつらから見えんのか?うん。
ハハハ…!は?お前らオカルト探偵だったのか。
何?こらおっさん。
おっさん?おっさんだろ。
(土井)おいSサイズおい。
見たまんまじゃねえか。
(土井)増子さん。
(すみれ)隣の部屋は?101号室宮川親子の部屋です。
痛っ!さっき「感情が見える」と聞こえたけど。
他に何か見えるなら教えてくれる?いいですよ。
棚の本と…。
流し台の下から感情が見えます。
植物図鑑。
(すみれ)これが何だって言いたいの?分かりません。
ただコップと同じ強い執着心が見えるんです。
(土井)増子さん。
「ワンちゃん冬物語」です。
あれの意味は?ん?あぁ同じです。
フッ。
誰だって自分の持ち物にはそれなりに執着するものでしょ?誰にでも当てはまることをもっともらしく言うのは詐欺師の常とう手段じゃない?おいちょっと待てよ。
土井君このコソ泥解放してあげて。
おいなぁもうちょいアニキのこと…。
痛ってぇな!おっさんおい。
見えねえ見えねえ…。
おっさんじゃねえかよ!お〜!やめろよ。
(土井)はいどうも。
2人ともお疲れさまへい!んだよもうまったく…。
強引なヤツらだな。
ありがとう。
(振動音)うわ…。
灯衣は?だいぶ捜しましたけど無事です。
野良犬?灯衣ちゃん最近こっそり給食を持ち帰っていたんです。
それについてご相談に伺ったんですけど理由が分かりました。
(灯衣)あっパパファミリー飼っていい?ファミリー?いい名前だね灯衣が付けたの?ううんここに書いてあったのねぇいいでしょ?おいどこで飼うんだこんなデカい犬。
雪路に聞いてない。
ふ〜んパパどうする?飼う?う〜ん…。
首輪がついてるなら他に飼い主がいるんじゃないかな。
ダメってこと?・ペス!・ペス?は〜いよしよし…。
はいはいごめんな今日はあげるものないんだわ。
うんうんはいごめんごめん…。
ほらあの人の犬だよ。
違うもん!・茶太郎!・茶太郎はいは〜い。
(男性)食え〜茶太郎アハハ!茶太郎?ほら灯衣安心しろみんなかわいがってくれてるよ。
みんながかわいがってくれたって本当の家がないなら結局寂しいじゃん。
ごめんやっぱり飼えないよ。
何でよ!?灯衣がファミリーと一緒にいたくてもファミリーは灯衣と一緒にいたいわけじゃないよ。
どうして分かるの!?見えたんだ。
パパは何でも見えて便利だね。
灯衣ちゃんそんな言い方…。
じゃあパパは私が今悲しんでるのも見えてるの?それは見なくても分かるよ。
だったら飼ってくれればいいじゃん!
(泣き声)ここは亀吉に任せて捜索に戻ろう。
ん?いやよその家の子も心配っすけどこのままじゃちょっと灯衣ちゃんかわいそうっすよ。
大丈夫灯衣ならちゃんと分かってくれるよ。
分かりました灯衣ちゃんには私がついてますから。
え〜?ありがとうございます。
自分と同じように5歳で監禁されているかもしれないさくらちゃんを見つけることで日暮さんが変われるきっかけになるならそれまで灯衣ちゃんは私が支えよう
私はその時そんなことを考えていた
(配達員)そうっすね〜1人だけおっさんで浮いてましたよね。
じゃ最近江園に何か変わったことは?まっもともと変わった人だったし全然しゃべんないし。
うん。
(配達員)じゃあ失礼しや〜す。
あっ!そういえばちょっと前に急にどうしたら女のコにモテるかみたいなこと聞かれちゃって。
半年ぶりに話し掛けて来たと思ったらそんな話題?みたいな。
(鶴田)徹夜明けっすか?飯買って来ましたよ。
ありがとう。
あの…おはようございます。
何か分かりましたか?あぁ江園がおたくの部屋盗聴してたことぐらいで…。
盗聴?えっ江園さんがですか?じゃあ犯人は…。
いやただあのこれ以上の手掛かりは…。
あれ?これ昨日の犬っすよね?あっよく来る野良犬ですここの人達に懐いてるみたいで。
それよりあの犯人は…。
あっドッグフード!江園が餌やってるんですよね?いえ…あっ懐いてるのは矢口凛子さんです202号室の。
(恵理)あの犬の話なんかよりも…!えっ?どうしました?
(恵理)これさくらのです。
私があげた指輪です!昨日の夜はついてなかったアニキ。
持ち主が助けを求めてる。
さくら…さくら〜。
(吠え声)
(恵理)さくら…。
ん?追い掛けよう。
(恵理)さくら…。

(吠え声)何だよもう。
さっさとさくらちゃんとこ連れてってくれよ。
おいおい…行けよお前!痛い痛い…!
(男性)俺ヤダよ!何すか?保健所だなヤベェな。
(鶴田)ヤバい?じゃあ俺行くよ。
(2人)どうぞどうぞ。
何だお前!うわもう逃げてるよおい。
怖いな〜もう。
あ〜俺ちょっと保育園行って来ます。
あっ頼んだ。
はい。
うん?保育園。
あぁ…。
でまだ捜してるんで今日も俺が迎えに来ました。
まだ見つかってないんですねさくらちゃん。
しかも頼みの綱のファミリーが保健所に追っ掛けられちゃってるみたいで。
保健所?
(鶴田の声)通報があったらしいんすよ悪さはしてないけど野良犬ってだけで怖がる人もいるみたいで。
(鶴田)それだけで捕まえて殺処分ってひどいっすよね。
ちょっと。
そんなこと灯衣ちゃんに聞かれたら…。
(智子)はい…。
灯衣ちゃんは?
(灯衣)おじさん…早く。
(男性)お嬢ちゃん何だい?
(灯衣)ファミリー見ませんでしたか?やっぱりここだった。
(灯衣)こ〜んな大っきい犬です。
あっあの犬なそういえば今日は見てないな。
このままじゃ殺されちゃうかもしれないんです。
灯衣ちゃん。
あっ先生…ファミリー見つけ出して。
ファミリーことペスこと茶太郎どこにいるかご存じないですよね?あぁあいつ元は国道沿いの家具屋の犬だからそっちにいるんじゃないか?家具屋?よしよし…。
いいコだぞ。
マズいなどうする?こういう時は俺の出番だろ。
テヤ〜!いよっ!ヤァ〜!ごめんなさいこれ僕の犬なんでちゅ。
(3人)え〜。
(犬の吠え声)
(鶴田)あらら〜つぶれちゃってますね。
入り口は…。
目の前にあるじゃないですか!よっと!えい。
トォ!はい。
ファミリー!出ておいで〜!あれ?開いた…。
(鶴田)ファミリー。
灯衣ちゃん足どうかした?大丈夫。
(鶴田)さてはフェンス乗り越える時に足くじいたな。
(灯衣)ちょっと痛い。
ここで待ってて。
ヤダ私も行く。
先生に任せて。
見つかったら先生からもパパに頼んであげる。
灯衣ちゃんがファミリーを飼えるように。
ねっ。
私友達つくるの下手なんだよね。
えっ?ファミリーとは何か分かんないけど最初っから仲良くなれたから。
だから一緒にいたい。
分かった。
それともしも万が一やっぱり飼うのダメって言われたら…。
先生と友達になろう。
まぁ…考えといて。
お願いします。
もう最初っからこうすりゃよかったんだよ。
頼りになるよ。
しかし江園の野郎さくらちゃんに何かしてたらただじゃおかねえ!ああ…。
そんなに単純な事件じゃないかもしれないけど。
ん?いやどういうことだよ。
あぁ…江園さんの部屋から見えた執着心には愛情が交じってたんだよ。
いやだからマズいんだろ!さくらちゃんへのゆがんだ愛情と執着。
危ねぇ野郎だよ。
さくらちゃんへの愛情じゃないかもしれない。
ん?じゃあ誰へのだよ。
(すみれ)どう?部屋の中から見つかった指紋は江園本人のものだけです。
宮川さくらのものは髪の毛一本見つかってませんね。
う〜ん…怪しいばかりで手掛かりなしか。
(白石)やぁやぁ…ご苦労さんご苦労さん。
よかったらこれ食べてね。
向島麩澤の麩まんじゅう。
考え事には糖分ね。
ほらかの森外も煮詰まった時には白飯にあんこぶっかけて食べたって話があるからね。
うまいなこれ。
何かまたミスでもしました?何だ?それ。
白石さんの差し入れは大抵お詫びの先回りですよね。
失礼なこと言わないで。
ミスしたのは君達のほうでしょ。
えっ?捜査の報告資料を上に持ってったら矛盾があるって怒られちゃいましたよ僕が。
矛盾ですか?
(白石)ほら!母親の証言によると事件当日午前1時頃帰宅した際102号室の江園以外は在宅していたとなっている。
今日はさくらちゃん見ていません
(白石の声)これに対して矢口凛子も狭川もそれぞれ部屋にいたと証言。
(白石)ところがこっちの資料。
203号室の狭川の友人の証言によると「事件当日22時頃アパートの全ての部屋の電気が消えていた」とある。
(すみれの声)えっ?
(白石の声)少なくとも22時頃の時点で矢口凛子は部屋にいなかった可能性が高いわけ。
そもそも狭川の友人の証言の資料なんてありましたっけ?それは僕が報告し忘れてたに決まってるでしょう。
勘弁してくだ…あ痛っ!
(白石)怒った怒った?いやホントごめんね。
(土井)増子さん増子さん?ホントにごめんね。
ちょっと増子さん…。
ホントにごめんね後で麩まんじゅう食べて。
ありがとうございますじゃあそれでよろしくお願いします。
はい失礼します。
矢口凛子は部屋に戻ってないですね。
職場は?
(土井)あぁ…。
確か矢口は…。
(すみれ)鍵。
(土井)はいはい。
(すみれ)鍵!
(土井)はいはい!
(ドアの鍵が開く音)1か月前に解雇されてます今は失業保険で…。
元の勤務先って?ハピネスファミリーっていう家具販売では中堅どころの会社ですね。
ハピネスファミリー…。
早くしぃや。
(クラクション)
(すみれ)こらぁ!そうかファミリーの首輪ここのことだ。
あっあぁ〜!ちょっ!犬!おい!おいこっち!ファミリー?犬どこ行ったんだよ…。
(鶴田)あれ?どうしたんすか?えっ…灯衣?あぁ大丈夫っすよ足くじいただけなんで。
ちょっと痛い。
何してんだこんなとこで。
フッフッフッ…。
はぁ?実は…あの犬がここにいるんですよ!もうすぐ陽子先生が連れて来ると思うんで。
あの…褒めてください。
先生って…先生も来てんのか?えっ?あぁ…多分その辺に。
マズいなぁ…。
ほら!
(灯衣)パパ!
(鶴田)え?褒めろ!
(灯衣)パパ!♪〜♪〜
(宮川さくら)来ちゃダメ!逃げて!えっ?・おかえりなさい・
(江園)えっと…。
どちら様でしょうか?警察を…呼びます。
後ろ!えっ?キィ〜〜〜!あっ…。
キィ〜〜〜!キィ〜〜〜!キィ〜〜〜!さくらちゃんだね大丈夫?あの子に何した?
(凛子)あっ…!日暮さん…。
う…。
日暮さん。
答えろ!アニキやめろ!もういい!日暮さんさくらちゃんの前ですよ!…ったく死んじまうとこだったぞ。
まさか殺す価値もないよ。
逃げんなよ。
ちなみにその人は関係ありませんから。
は?すいません関係ないのに監禁されちゃってて。
さっぱり事情が分かんねえよ。
そもそもこれは一体何のまねだよ。
ここ最近まで働いていた職場なんです。
18年働きました。
頼りにされるのがうれしくて結婚だ産休だ育休だっていう同僚の分まで働いた18年でした。
でもあっさりつぶれてクビです。
いやそのことと今回のことと何の関係があんだ。
さくらちゃんとは毎晩一緒に遊びました。
塗っちゃダメ!ねぇダメ
(凛子の声)まだ5歳ですからね1人で留守番は無理ですよ。
それがどうして…。
恵理さんが帰って来るとさくらちゃんはすぐに部屋に戻ります。
私は2人の笑い声を自分の部屋で1人で聞くはめになるんです。
私気が付いたんです。
会社も同僚もこの親子もみんな誰かを踏み台にして幸せになってるんです。
だから私も幸せになるためには誰かをちょっと不幸にするぐらいじゃないとダメなんだって。
それでさくらちゃんを?あの日は40歳の誕生日でした。
私毎年自分に自分でプレゼントを買っていたんです。
今年は自分に何あげようって考えていたら…。
おねえちゃん今日は遊ばないの?
(凛子の声)その時今までありきたり過ぎてバカにしてた家族やら子供やらを手に入れたら私も手っ取り早く幸せになれるかなって。
さくらちゃんは自分への誕生日プレゼントです。
どうですか?私最低でしょ?どうして独りじゃないと気付けなかったんですか?は?江園さん。
あのこれ間違ってたらごめんなさい。
あなたは矢口凛子さんのことが好きですよね?は?どうしてそんなふうに思うんです?あなたの部屋から無数のコップの跡が見えました。
それも壁ではなく天井から。
あなたは天井にコップを当てて凛子さんの部屋の音を聞いていましたよね?
(日暮の声)コップの跡から強い執着心の模様が見えました。
ん…何が見えるって言いました?すいませんあの僕感情が見えるんです。
あなたの部屋にあった植物図鑑やドッグフードからも同じ模様が見えました。
(日暮の声)そしてタバコの吸い殻からも。
(日暮の声)つまりあなたの執着とは凛子さんへの強い愛情のことだと思いました。
ただ分からなかったのがカレンダーの印からも愛情が見えたことでしたが…。
先ほど理解できましたあれは…。
矢口さんの誕生日です。
告白しようと思ってました。
私は矢口さんが好きです。
好きで好きでたまらなくて矢口さんが育ててる花の名前を調べたり…。
ガーベラガーベラ!
(江園の声)かわいがっている犬と仲良くなろうとしました。
でもそもそも女の人と話すのが苦手で結局つい出来心で…。
凛子の咳込み
(凛子)咳をしても一人…なんて言っても独り言
(江園の声)そしたら1人部屋で発泡酒を飲みながら言う矢口さんの愚痴に共感してしまい…。
寂しいのに慣れちゃったことが寂しい
(江園の声)ますます好きになり…。
だからあの日の夜もまさか誘拐だとは思わずに後をつけました。
偶然のふりして道で擦れ違って…。
(江園の声)今日こそ話し掛けようって。
殴る音気が付いた時には私も鎖でつながれてました。
でもこの数日矢口さんと一緒にいれて逆に楽しかったかもしれません。
からかわないでください!今までろくに話したこともないのにどうしてそこまで…。
ですからあなたの愚痴が好きなんです。
何ですか?その理由。
いいかげんにしてください!さくらちゃんのことも考えてください。
こんなに小さいのに誘拐されて何日もこんな場所に閉じ込められていたさくらちゃんの気持ちを!えっとさくらは大丈夫だよ。
だってさくらも大好きだから凛子おねえちゃんのこと。
へっ?あとポンタもおねえちゃんのこと好きだと思う。
ポンタ?ファミリーのことですね。
以前ここで飼われていた犬です。
動物がいると家族連れが来てくれるから。
(凛子)いっぱい食べて
(さくら)でもポンタはここがなくなってからもおねえちゃんのお家見つけ出してまで遊びに来てたんだもん。
それっておねえちゃんのことが好きだからだよ。
みんなまだかよ…。
ん?何だ?
(灯衣)あ〜!
(鶴田)ポンタ?あっポンタ!ファミリーポンタ。
ごめんねお前ホントはポンタって名前だったんだね。
ポンタポンタ。
みんなおねえちゃんのこと好きだからさこんなこともうしないでほしい。
またそう言って私をのけ者にして幸せになって行くんでしょ。
雪路。
目薬もらっていいかな。
僕はあなたを許せません。
でも…。
僕にはあなたの憎しみの根っこが見えるんです。
憎しみは途中までは愛情と同じ形をしています。
ただ何かを掛け違うと愛情の根っこから枝分かれして憎しみが育って行くんです。
あなたはさくらちゃんをかわいがり過ぎてその愛情が間違った方向へ育ってしまった。
江園さんもそうです。
愛情が盗聴をするような執着心へと変わってしまった。
そしてさくらちゃんも。
私も?うん。
指輪に助けてほしいという気持ちを込めたよね。
その根っこから愛情が見えたよ。
助けてほしいのは自分のためだけじゃなかったんだよね。
凛子おねえちゃん。
捕まっちゃう前に誰かに助けてあげてほしかったの。
人の感情のほとんどが愛情から生まれているんです。
だから間違ったら戻ってください。
あなたが愛情を動機に行動していたところまで。
(泣き声)
ではあなたがさっき殺す価値もないと言った時の感情も愛情から生まれたのでしょうか?
だとしたらどうしてあんな恐ろしい顔ができる感情にまで育ってしまったのか
もちろん私は聞くことができませんでした
ま〜たあの探偵。
さくら〜!ママ〜!ママ〜…。
本当にありがとうございました。
まだです。
え?もっとずっと長い時間抱き締めてあげていてください。
約束通り矢口さんが戻って来るまでは僕が責任持って飼います。
よろしくお願いします。
灯衣ちゃんも遊んで来たら?大丈夫。
いいのか?もう気軽に会えねえぞ。
灯衣はファミリーに本当の家族と一緒にいてほしかっただけだから。
ファミリーはホントはポンタだから。
ポンタとしていられる場所にいてくれればいい。
じゃあ…。
灯衣は灯衣のお家に帰ろう。
いいねホントの家族みたいだね。
…っすね。
ねぇ2人もおいでよ。
おっ。
何でだよ!あいよ!
(土井)例の探偵の資料ですか?うん何者かと思って。
で何か分かりました?
(すみれ)全然。
あっでも片っぽがボンボンなのは分かった。
(土井)ボンボン?あららら…。
随分大物ですね。
政治家の息子が裏社会とつながる探偵事務所の経営者とはねぇ。
2017/01/29(日) 22:30〜23:25
読売テレビ1
視覚探偵 日暮旅人 #2[字][デ]

松坂桃李、多部未華子、濱田岳、北大路欣也ら個性派キャスト陣×映像の魔術師・堤幸彦監督!匂いや感情が目で視える探し物探偵・日暮旅人の活躍を笑いと涙でお届けします!

詳細情報
番組内容
見えないモノが視える日暮旅人(松坂桃李)に、シングルマザーから行方不明の5歳の娘を探して欲しいという依頼が舞い込む。旅人と雪路(濱田岳)は、親子の住むアパートの住人達を調べ始める。一方、保育士の陽子(多部未華子)は、旅人の娘・灯衣(住田萌乃)が野良犬に給食のパンを与えていることに気付く。ある日その犬が、行方不明の少女の指輪を持って旅人達の前に現れ、事件は急展開!旅人は5歳の少女を救い出せるのか!?
出演者
松坂桃李
多部未華子
濱田岳
木南晴夏
住田萌乃
和田聰宏

上田竜也
シシド・カフカ

吹越満
北大路欣也ほか 
         
【ゲスト】
矢田亜希子
今野浩喜
入山法子
栗原類
ダチョウ倶楽部
萩原利久
原作・脚本
【原作】
『探偵・日暮旅人』シリーズ メディアワークス文庫 山口幸三郎(KADOKAWA刊)
【脚本】
福原充則
監督・演出
【演出】
堤幸彦
音楽
グランドファンク
【オープニングテーマ】
『夢の中へ』井上陽水(ユニバーサル ミュージック)
【エンディングテーマ】
『この闇を照らす光のむこうに』Anly+スキマスイッチ=(ソニー・ミュージックレコーズ)