読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

全文書き起こしサイト

地上波テレビの字幕を全文書き起こします

スポンサードリンク

字幕書き起こし ボクらの時代 ベッキー  ヒロミ  カンニング竹山 2017.02.05

今日の『ボクらの時代』はこちらの3人
(ヒロミ)俺はここでいいのね。
(ベッキー)私…。
(竹山)ベッキー真ん中でいいでしょ。
前出たときはじゃんけんして結構やりとりやって…。
今日はすんなりとね座る順番をね。
誰と?いつもの憲ちゃんと藤井さんと。
おじさん三人衆。
(ベッキー)今日はこの3人ということで…。
あのさ悪いんだけどベッキー何かにつけ俺呼ばないで。
前もパーティーやってましたよね。
ベッキーがらみだと俺結構出るじゃんか。
すいません。
余計なこと言うとそれがYahoo!ニュースに出んのよ。
いいんだけどね俺は。
すいません。
ではでは。
ことしもよろしくお願いします。
結構時間たってますけど。
竹山はずっと一緒だけどお正月。
あっハワイで?

 

 

 


(竹山)ずっとヒロミさんとかにお世話になって。
結構仲いいんですよねお二人も。
木梨さんとね。
「木梨さんと」っていうと…憲ちゃんと。
みんなでわさわさいるっていう。
先輩…かわいがってもらって。
そこで飯食わしてもらったりとか。
一回ベッキーんとこ電話しようかって話ありましたよね。
ヒロミさんと憲武さんと3人で飲んでて。
ベッキーに電話しろよっつって。
それはいつ?謹慎中。
たいていお前休んでるんだから。
すいません。
そうですね昨年はね。
私テレビ見てる方は竹山さんやヒロミさんと仲いいんだろうなって思っていただいてると思うんですけど実は騒動後ですよね番号交換したのは。
そうだよ。
そうだよ。
俺もそうだよ。
騒動あってだいぶたってから…。
ベッキーは憲ちゃんの番号知ってて。
憲ちゃんに「ベッキーが電話番号教えてくれっつってるけどいいか?」って電話かかってきて。
いいよっつって。
あれ?ベッキー俺のこと好きなのかな…。
違う違う違う!違ーう!めちゃくちゃややこしいです。
でご飯食べに行ったりとかして。
そっからなんですね。
その前には俺が直接じゃなくて遊びに連れてったりとかしてたよ。
お二人ともつながりはあったんですけど直接連絡を取るようになったのは去年からで。
そうだ。
今日なぜヒロミさんと竹山さんかってことなんですけど。
2016年支えていただいたお二人というか。
あのね何にも支えてないし。
まあ竹山は同じ事務所だからそれなりに色々あるだろうけど。
俺なんかはホントににぎやかしだからね。
支えてくれた人ほどそう言うんだなって感じます。
ホントにどれぐらいどれだけ…。
もうベッキー大丈夫だぞ。
そのパターンは。
えっいやホントなんだもん。
いいんだよ。
それはもうそれで。
裏で言っててよ。
分かりました。
俺も毎回番組とか出るとベッキーいい子はやめろとかねよく言うのよ。
ベッキーってまだ21〜22かと思ってたら…。
イメージね。
もう32だし大人なんだよ。
例えば結婚したとしたら昔の話がまた出てきたりとか。
旦那さんに直撃!とか。
また有名人狙ってんな?お前。
お前ホントにコンサートの楽屋とか行っちゃ駄目だからな。
俺がいなくなったってさ竹山がいなくなったってベッキーがいなくなったって番組って普通に回るじゃん。
紳助さんが抜けたときに俺そのときテレビで見てたから。
紳助さんが抜けてもこうやって回っちゃうんだなと思って。
ベッキーもそれは感じたと思うのよ。
もちろんもちろん。
今も感じてます。
相方が亡くなってしばらくどっかで心に一つ穴あいてる。
「ライブやった方がいい」中島のネタだけで全部笑かす。
それ終わってホントのピンの芸人になりましょうって。
何か陰で笑っちゃったのは同じ事務所じゃないですか。
事務所のねバタバタぶりそんなビビる?ってぐらいに。
そんなにバタバタする?みんなっていうぐらいに大変だったよ。
どうバタバタ…?みんなおびえてた。
もうね俺とかも笑っちゃったんだけど。
しょうがないよな。
お宅の事務所定期的にあんじゃんか。
定期にしたくないんですけどね。
これホントに不思議なんだけど。
その間はさホントにずっといい子にしてこうやっていんの?謹慎って何すりゃいいの?あんま表にも出ねえの?最初の4カ月はホントに出てないです。
公園に息抜きとかも出てなくて。
家だけ?歯医者さんと事務所の話し合いとか。
あと先輩の相談事とかはありましたけど。
ホントに謹慎って感じなんだ。
太陽の日を4カ月浴びなかったですね。
ちゃんとは。
それ何?実家?実家です。
ヒロミさん謹慎あるんですか?俺謹慎ねえよ。
俺は言っとくけど何の事件もなくて俺は10年ぐらいいなくなっただけよ。
あれは辞めようと思って辞めたんでしょ?途中で思ったもんね覚せい剤もやってねえし何にも悪いことしてねえのに何で俺あれなんだろうなとか。
俺はほら自らみたいなところもあるけど。
仕事してらっしゃいましたからね。
そっちが楽しくなっちゃったというか…。
何か微妙なんだよ。
ちょうど40ぐらいなるかなんないかぐらいのときに全体の雰囲気が求められてない感を感じたから。
自分で?それショックなんですか?でもそうだったら辞めてやろうとか思ってたから。
別に求められないんだったらとか。
俺がいなくなったってさ竹山がいなくなったってベッキーがいなくなったって番組って普通に回るじゃん。
そこに気付かないじゃんね出てるときは。
紳助さんが抜けたときにこんなことってテレビって大丈夫なのかなと思ったら普通に翌週から…。
番組は続くんですよね。
俺そのときテレビで見てたから。
俺なんか抜けたって別に高が知れてたけど。
紳助さんが抜けてもこうやって回っちゃうんだなと思って。
ベッキーもそれは感じたと思うのよ。
もちろんもちろん。
今も感じてます。
でもベッキーは辞めるっていう選択はこの休んでる間にあった?もう辞めようかなって。
ずうずうしいけどないんですよ。
またやろうっていう…。
それは変な話一回もなかった?これはもうホントに求められてねえからこんだけ言われるんだったらもう辞めようっていうのには。
なかったです。
辞めた方がいいのかなとか。
「辞めた方が」って周りのことを思ってだろ?だけど自分本人では辞めたいとは思わなかった?思わなかったです。
じゃあお前はやっぱりこっちの世界に…。
芸能ですよ。
俺なんかあっという間に思っちゃうもんね。
今でも思うもんね。
また辞めたい?辞めたいとは思わないけど何かあったら辞めてもいいよ。
っていう覚悟で何となくやってるっていうか。
お店だとか事業もそうだけどもう店これ赤字だなと。
閉めるか閉めないかってときにこの閉める勇気っていうのが必要なわけよ。
だけどなかなかそこってみっともねえとか。
借金して頑張っちゃおうとかって。
ちょっとそこの決断を緩んだりとかして。
結局大きなことになったりとかするってよく言われてて。
けど例えば今から10年ぐらい芸能を辞めて別のお仕事するとするじゃないですか。
一回辞めるとさこのまま終わるんじゃないかってマイナスの面ばっかり考えて何の仕事するってなったときにバイトもできないべっていう…。
と思うじゃんか。
できんだよ。
普通にですか?できんだよ。
だけどそれは君たちの持ってるプライドだとか恥ずかしいとか。
俺なんかもう何とも思わなかったね。
それは食うために?食うためにっていうか自分の中で芸能人じゃないって決めて思ってたからね。
経営とかっていうのをやってたから。
でも俺社長ってイメージとしてはいっぱい従業員がいたらさそこそこ偉そうにできっかなと思ったらまったくどんどん日がたてばたつほど何年もやればやるほど気ぃ使うだけだったね。
自分で仕事してやってるときはワンマンで自分がやってんじゃんか。
やってもらってんじゃんか。
やれよこの野郎!っつったってやらないし。
だから気ぃ使って…。
やってる?大丈夫?みんな。
元気?盛り上がってる?なんて芸能界にいたときにはない雰囲気。
けど10年後に自分はヒロミさんみたいにまたやれるのか。
またやりたくなったときに俺はやれるのかなっていう。
再び立ち上がったときってエネルギー結構いるんですか?ベッキーもやってたと思うけどテレビとか見るわけじゃんか。
そのときに芸能人ではないとは思ってたけどその中に俺がいたら俺はこうやるなとか。
下手くそお前何やってんだよ。
俺だったらこういくなとか。
っていうようなトレーニングはしてたような気がすんのね。
癖になってるんでしょうね。
復帰したとき緊張しますか?1発目の番組あるわけでしょ。
1発目はもうホントに…。
お前の1発目…。
中居のやつはさあれは1発目じゃないじゃんか。
あれは復帰ではないです。
復帰っていうかさ現状報告というかさ…っていうわけじゃんか。
番組の復帰としてはBSスカパー!でやってる音楽番組。
ただそれは自分のことを話すことはないのでちょっとの緊張現場の緊張感だったんですけど。
自分のこと話すっていう意味では『ワイドナショー』が最初の復帰だった。
フジテレビ着いて楽屋入った瞬間不安でぶわーって泣いて。
だからこういうことがあって大騒動になってでもそうするともう一回自分見直すじゃんか。
はい。
すごく。
芸能界のことだとかさいろんなこと考えられるじゃんね。
だからいい経験なんだよ。
ベッキーもこっから先また新たな恋愛とかさしてかなきゃいけないわけじゃんか。
早くしてほしいわ。
そっちの方が俺もいいと思うよ。
ホントですか?うん。
いや…たまにしたくなるときもあるんです。
小説とか読むと何か楽しそうだなって思ったり。
いや別にしていいんじゃないの?止める必要何もないと思うよ。
そうですね。
止めないだろ。
だって好きになっちゃうもんな。
そりゃそうだよ。
結婚とかもししちゃったらあっちゅう間ですよね。
でもまあ旦那さんにも迷惑掛けちゃうだろうから…。
いや掛けないよ。
昔の話が?とか。
例えば結婚したとしたら昔の話がまた出てきたりとか。
旦那さんに直撃!とか。
何か今ちょっとまた有名人狙ってんな?お前。
直撃いくのは有名人だよ。
有名人だとそうなるよ。
だから言ってんだろ。
お前ホントにコンサートの楽屋とか行っちゃ駄目だからな。
分かりました。
禁止だからな。
分かりました。
ホントに好きになりゃ有名人でもいいと思いますよ。
それでちゃんと結婚とかすればね。
結婚だけはもうねタイミングだからね。
どういうタイミングだったんですか?俺は勢いだよ。
付き合ってんのがバレてとかじゃあ結婚しようとか。
撮られてどれぐらい後に結婚したんですか?撮られてすぐじゃん?え〜!だってもういじられるのが嫌だったわけよホントに。
俺もっとギンギンでいっててさ「何?付き合ってんの?」とか言われたらひょろひょろひょろ〜となっちゃうじゃん。
でも結婚してもいじられるはいじられますよね。
でも結婚してたら堂々としてられるじゃんね。
曖昧がないじゃんね。
その話題はちょっと…とかさ。
何か不思議ですよね。
結婚するとみんなぴたっと止まるじゃないですか。
マスコミの人とか追ってくるの。
けど結婚はしてないけど同棲してるんですよってときは来るんですよね。
でも芸能人になりたいってことはさちやほやされたりそうやって追い掛けられたり写真撮られたりとかっていうのまで含めてなりたい映像だったわけじゃん正直。
そういうふうになったら嫌だなって思ってもやっぱそれだもんな芸能界って。
一回ぐらいは載りたいみたいなどっかでありましたからね。
ベッキーもこっから先は仕事も復帰してさ。
だって仕事復帰してからずっと休みねえんだろ?減ってきましたね週に1回ぐらい?じゃあ全然忙しいじゃん。
忙しいよ。
ありがたいことに。
仕事はどうしていくの?どういう分野にいきたいとかこの方向でいきたいとかあんの?バラエティーってのは絶対に基本です。
その上でお芝居したり歌もやったりとかモデルのお仕事もしたりとか色々やりたいですね。
俺ね歌だけはそんなやんなくていいと思うよ。
バラエティーの女の子で歌いくと…。
歌ってさちょっと違うじゃんか精神が。
ホントに歌にどっぷりいかないかぎり難しいような気がするんだよね。
バラエティーやりながら歌うってことがちょっと難しいんじゃないかってことですよね。
それ分かります。
歌始めたときは相当色々言われました。
色々やってく中で違うなと思って。
今も自分からは歌やりたいんです誰か!とかはなってない…。
特にお前はもう歌にそんな手ぇ出しちゃ駄目だな。
「誰か!」とか「誰か歌がらみでどうですか?」っていうのを言っちゃ駄目だな。
そうなると面白いけどな。
おとなしくしまーす。
「そこ!」みたいなね。
でも楽しいですお仕事。
あとバラエティー。
でもそれがまたさ慣れてくるとさ「チッ。
おい…」勝手なもんなんですよね。
それ言ったらホントそのときたたくからな。
たたいてください。
お前今日嫌な顔したろ?とか。
お前今日の仕事の入り雰囲気悪くね?みたいなとき。
往復でお願いします。
不思議に思うときがあって。
20代のとき全然食えなかったからテレビ局なんか関係なかったんですよ。
夜友達とかと車とかで遊ぶじゃないですか。
そのときにお台場来てフジテレビの前に止めたりするんです。
そのときに俺には一生関係ない場所だと思ったんですよ。
ここ入りたいけど。
それでお前はどこのタイミングだったの?バンって売れたって。
俺ねこれ変なあれじゃないですよ。
見えない力って来るんだなって思ったんですよ。
運気ってあるんだなと思ったのは28になるぐらいのときに全てのことが全部襲うんですよ。
まず1点は何かっていうと借金がマックスです。
金融会社だけで個人で借りるのに450万ぐらい膨れ上がってて。
ほぼ逃げ回ってる生活ですよ。
もう1個は今のかみさんですよね。
かみさんともずっと付き合ってはいた。
かみさんに食わしてもらってもいた。
かみさんの職場行って昼間1万円貸してくれない?とか平気でやってて。
そんなかみさんがとうとうキレたんですよね。
もう距離を置きたいと。
「私があなたを駄目にしてる感じがする」助けちゃうからね。
でサンミュージックから首宣告受けるんですよ。
当時お笑い班のマネジャーと今の社長とかブッチャーブラザーズさんとかがいる前で一組一組面接受けるんですよ。
「皆さんカンニングをやりたいというマネジャーさん手挙げてください」って一人も挙がらなかったら首です。
そんなことやってるんだ。
昔あったのよ。
残酷だな。
そのとき28のときに誰も挙げなかったんですよ。
そしたらリッキーさんが「俺預かるわ」っつって首の皮一枚になったんです。
でリッキー預かったの?そうなんです。
1年たって同じ状況だったら辞めようと。
それからブチキレたり何だかんだしてたんです。
どうせ辞めるならブチキレてやれっつって。
それでブチギレ芸が始まるの?そうです。
好きなことやって今日で辞めるっつってやったのがブチキレ芸の始まりなんですよ。
すごーい。
リッキーさんっていう人がずっと見てて「これだ!お前らこれでいけるかもしれん」って。
やっぱそういう…何かのタイミングだな。
ヒロミさんは2004年放送作家でもあった親友を亡くしたそうです
人生を支えてくれた同志との別れをどう乗り越えたのでしょうか
お別れのつらさっていうのはどうやって乗り越えたんですか?寂しい気持ちとか。
そのときはぽかーんとしてましたけどね。
ただ周りがぽかーんとする時間をくれなかったんですよね。
だから逆にそれがよくて。
時がたてばたつほどちょっとくるときあるよね。
そうね。
俺も友達をね…。
作家の友達がホントに俺が辞める39のとき亡くなったわけおんなじ病気で。
番組もやったりとかライブも一緒にやってたやつだったからあまりにも近い存在がいなくなったからそれで休みに入ってくみたいな感じはあったんだよね。
それでもそのときはこいつもしかして死んじゃうかもしんねえなと思ってよし最期まで見届けてやろうと思ったわけ。
ホントに最後の最後は機械を止めるか止めないかってときで。
そのときに憲ちゃんと2人で彼女とお母さんと。
もう止めようっていうときがあるの。
そのときに「みんないいね?いいね?止めます」って止めます。
止めたっていうかそういう時期だったから。
で止めてってなったときにすげえ悲しいなとかすげえなこんなにってなるんだと思ったけど実際ってドラマのようにはいかねえなみたいな。
「いやもう死なないで!」って「機械止めよう」みんな家族も彼女も「嫌だ!」ってなるじゃん。
でもやっぱ冷静になって「よし止めよう」っつって「みんな止めるね」って言ったら「はい」って。
何かみんな全員がう〜…って「はい終わりました」っていう。
切り替えなきゃいけないから。
でもそれ滑稽じゃんか。
で病院を出て周り見たらあれ?こんな悲しいしこんなにつらいっていうかうわ〜って思ってるのに世の中って普通に動いてんだと。
何にも変わんねえんだなと思って何か不思議な感じをね。
最後は笑いにも変えてとかにしないと。
お前もそうだと思うけど。
まさにそのとおりで。
相方が亡くなってしばらく働いてはいるんだけどどっかで心に一つ穴あいてるんですよね。
そのときに放送作家の鈴木おさむさんと出会ったり。
「ライブやった方がいい」って年に1回ライブ始まるんです。
でこのライブが5年続いたらちょうど中島の七回忌になるから。
それまで中島のことを一言も言うのやめましょうと。
で5年目のライブはお葬式やりましょうってなった。
それは何のお葬式かっていったら中島のネタだけで全部笑かす。
それ終わってホントのピンの芸人になりましょうって。
それ終わったときに独り立ちというか。
やっとピンなんだなっていうふうになれましたね。
でも何か乗り越えなきゃいけないのは色々ありますよね。
あるんですよ。
生きてるとね。
様々なことを乗り越えてテレビを主戦場に活躍を続ける3人
どんな思いで仕事に臨んでいるのでしょうか
私はただただ番組を楽しんでほしいなって思ってる。
一応芸能人だから出てはいますけど気持ちとしてはスタッフだと思って。
たまたま画面に映ってるスタッフだと思ってるから。
達成感があるのはスタッフさんに「助かったよ」とか「あの一言助かったよ」とか言われたとき。
番組仕切ったときってこと?とか。
スタッフさんが撮りたいものを撮れたとき。
絶対番組のシーンをやりたいとかそういうことではない?何でもやりたいです。
こだわりないです。
MCがいいとかアシスタントがいいとかそういうのは全然。
テレビが好きなので。
MCバリバリやりたいとか…?別にないよ。
どっちでもいいよ。
ただひな壇には座りたくねえなとか思ってるけど。
それはなぜかというと俺が座りたくないんじゃなくてそういうことをして出てかなきゃいけない子たちの仕事までは取りたくないなと。
若い子たちのね。
俺が出なかったら若い子が出れるんだったらその方がいいと思う。
ホントに若いときは自分の番組持ちたいとかそんなんは全然…今も思ってますけど。
いろんなMCの人に「竹山いると俺やりやすい」と言われて場も竹山いると回る。
制作も竹山いると編集しやすいと言われる仕事をやりたいなと思うんですよね。
俺もそれよく分かるわ。
昔はゴール前でねボール来たのをゴール決めて「俺俺!入れたの俺俺!」っていうタイプだったのが後ろで守ってパス出してそれを基点にゴールが決まるみたいなねそういうの楽しいなとか思っちゃうんだよね。
その喜びもあるんですよね。
でも忘れちゃいけないのは俺一回焼き肉屋でねついたての横みたいのに怖い職業の方の一家みたいな。
どう見てもそうなんですよ。
怖い一家の怖いおじさんが俺たちの席来たんですよ。
「竹山さん」っつって。
来た来た来た…。
「渡したいもんあんだけど」何なんですか?「手紙なんだけど」いやいややめてください。
「いやもらってください」そうですかって手紙もらって「じゃあさよなら」っつって帰ったんですよ。
嫌だなこの手紙。
開けたら…。
怖い仕事の人だと僕が勝手に思ってただけでこの人山梨か何かで昔商売してて。
商売失敗して首つろうとしたんですって。
首つろうとした直前にテレビついてたんですって。
そこに俺がドッキリか何かで仕掛けられて仕掛けられた俺が怒って「何やってんだよー!」って。
「ふざけんじゃねえよ!」って映ってたんだって。
それ見てちょっと待てと。
こいつみんなにこんなんされてここまで頑張ってると。
こいつがここまでやってるのに今俺は首をくくろうとしてる。
死のうとしてると。
駄目だと。
こいつがこんだけやってるなら俺もやれるはずだってそっからまた一からやって3年たって東京で焼き肉食ってる今なんですよ家族で。
それを俺が来たから急いで書き留めて渡したかったっていう手紙だったんですよ。
それ俺人生の宝になるんだけどテレビに出てるっていう仕事はこういうこともあると。
伝わってるんだというのはいつも思うんですよね。
素晴らしいね。
思いながらこの仕事やってます。
俺もねえかなそういうの。
いやあるでしょう。
そういうとき芸能人でよかったって思いますよね。
ちゃんとやんなきゃいけないと思った。
やっぱり意外と文句言うみたいな。
何なんだよ朝早いなとか思ったりするからそういうこと言わずにちゃんとやんなきゃいけない。
ちゃんとやれよ。
ちゃんとやります!2017年。
もう大丈夫です。
ちゃんとやれよ。
ちゃんとやります!ことしも色々遊びましょう。
それでは今日も素晴らしい一日を
2017/02/05(日) 07:00〜07:30
関西テレビ1
ボクらの時代[字]

ヒロミ×ベッキー×カンニング竹山

詳細情報
番組内容
 『ボクらの時代』は、毎回、様々なジャンルで活躍する3人が集い、多彩な話題や事象を取り上げていくトーク番組。学者、デザイナー、ビジネスマン、アーティスト、教師、映画監督、タレント、そして政治家まで、一つのジャンルにとらわれることなく、今、旬で話題の人はもちろん、海外で評価を得ている人、大きな発見・発明を成し遂げた人、日本に感動を与えた人など、多彩な顔ぶれ。「日本のトップランナー」であり
番組内容2
「先駆者」であり「成功者」でもある彼らが、何を語り、何を想うのか。司会者を置かず、あくまでゲストの、気負わないトークのみで番組を構成。ある種、原点回帰ともいうべきシンプルな構成で、ゲストの顔ぶれと興味深いトークをお楽しみいただきたい。
 今回の『ボクらの時代』を彩るのは、ベッキー×ヒロミ×カンニング竹山の3人。気心知れた3人が織りなす極上の30分間をご堪能あれ。
出演者
ベッキー 
ヒロミ 
カンニング竹山