読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

全文書き起こしサイト

地上波テレビの字幕を全文書き起こします

スポンサードリンク

セリフ書き起こし べっぴんさん(106)「希望」 2017.02.08

(五十八)ほなみんな元気でな。
(すみれ)もう少し近江にいます。
(五十八)まだしばらく大丈夫やしみんなそれぞれ自分の場所に戻ってやらなあかん事があるやろ。
(さくら)お父さんお母さん。
(紀夫)ん?ん?
(さくら)ゆり伯母ちゃんの家に行きます。
もう少し時間が欲しいの。
私も何か見つけたい。
だからお願いします!

 

 

 


(潔)さくらちゃん。
残りの夏休みキアリスでバイトさせてもろたらどうや?お金を稼ぐとはどういう事かお母さんたちの仕事はどういうものか見てみなさい。
なっ?うん…。
どうや?さくら。
うん。
・「『雨上がりの空に七色の虹が架かる』」・「ってそんなに単純じゃない」・「この夢想家でもそれくらい理解ってる」・「大量の防腐剤心の中に忍ばせる」・「晴れた時ばっかじゃない」・「湿った日が続いても腐らぬように」・「たとえば100万回のうちたった一度ある奇跡」・「下を向いてばかりいたら見逃してしまうだろう」・「さぁ空に架かる虹を今日も信じ」・「歩き続けよう」・「優しすぎる嘘で涙を拭いたら」・「虹はもうそこにある」・「きっと虹はもうここにある」
(二郎)すずさん。
(すず)ん?わし東京へ行きます。
演奏のアルバイト今月いっぱいで辞めさせてもろていいですか?
(すず)五月には言わずに行くの?何を言うても変わらへん。
あいつの決意は固いんです。
五月のためにも東京行って成功せなあかんと思うてます。
ほんまにそれでええんか?あんたは優しい子や。
さくらちゃんの事かて最初は帰れ帰れ言うて心配して…。
あの子が寂しい子やと分かったら優しくして…。
東京へ行って売れるいう事がどんな事か分かるか?腕がよければ売れる思てたら大間違いやで。
いろんな人を蹴飛ばして人をだましてでも自分の居場所を作らな踏みつけられて終わりや。
あんたにはでけへんやろな。

(栄輔)どないしたんや?大丈夫か?
(五月)大丈夫。
すいません。

(栄輔)うちと一緒にやりませんか?大事なのは未来やと思うんです。
手前みそですけどエイスには集客力があります。
売り上げは大急の中でも一二を争います。
そちらにとってもうまみのある話や思います。
(ゆり)あ…。
どうしたの?考え事?私も一杯頂こうかな。
ありがとう。
潔さんありがとうね。
やっぱり…もう親はお父様一人やから。
潔さんと一緒で安心できた。
ゆり…。
で何を考えてたの?絶対焦ったらあかんで。
君らしくやで。
おはようございます。
どやった?お父さん。
大丈夫です。
(2人)よかったなぁ。
ご心配おかけしました。
(良子)おじ様具合はどう?うん。
随分と持ち直したわ。
(君枝)よかった。
急に休んで迷惑かけてごめんね。
(明美)そんなん気にせんで大丈夫やで。
ありがとう。
あっそれでちょっとお願いがあるんやけど…。
(健太郎)おはようございます。
(龍一)ございます〜。
「ございます」って何?ちゃんと挨拶しなさい!おはようございます。
初めからそう言うたらいいのに。
おはようございます。
(健太郎)さくら。
今日からさくらもアルバイトさせてもらっていいかな?うんうん!よろしく!そうと決まればまずは製作所やな。
(君枝)そうね。
商品を理解してもらわなね。
行ってらっしゃい!
(龍一)えっちょっと待ちぃな!俺も行くって!
(足立)お前は開店準備じゃ〜!
(龍一)タケちゃんひどい!助けて助けて〜!
(足立)リーゼント小僧!フフッ…。
(時子)あらさくらちゃんやない。
(文)あ〜さくらちゃん!
(時子)どないしたん?今日からアルバイトよ。
夏休みの。
このメリヤスは肌着に使うものなんやけど既に洗ってあるの。
どうして?縮むからよ。
商品にしてから縮んでしまったらシャレにならへんでしょ。
初めっから縮ませた生地を使えば問題ない。
なるほど。
(明美)考えたのはすみれちゃんやで。
こうして裏返しにして作る事もすみれちゃんが考えたの。
赤ちゃんの繊細な肌に縫い目が当たらないようにって。
キアリスの商品にはさくらちゃんが赤ちゃんの頃に思いついた小さなアイデアがいっぱい詰まってる。
お母さんの愛がな。

(悦子)「元気でね。
笑顔でね。
幸せにね」。
そういう想いがこめられているから売る方もねそういう思いでいるのよ。
(明美)今日からこの売り場で働くんやで。
(悦子)よろしくねさくらちゃん。
今日一日私がいろいろ教えるから。
よろしくお願いします。

(中西)あっご苦労さんです。
疲れたんとちゃいますか?足が…。
(中西)フフフッ。
まあそれはもう慣れですわ。
・何でこの展示のしかたなんですか?
(小山)まあ今回の秋の催事は売り上げが高い順にええ場所に置いたらええんやないかと…。
商品の種類もバラバラやしそんなんかえって見づらいと思います。
こっちの都合やなくてお客様の立場に立って考えなあかんのやないですか?ここには商品やなくて子どもたちが喜びそうなものを置きたいんです。
(小山)一番目立つ場所に商品を置かない?はい!
(小山)それやったら何を置くんですか?音の鳴る太鼓とかラッパのおもちゃとか電車とかバスのおもちゃとかとにかく子どもたちが喜びそうなものです。
一番のお客様は子どもたちですからね。
うん。
親やないんですか?子どもたちです!
(中西)いつもこんな具合に打ち合わせがどんどん長くなるんです。
おっ。
(足立)何じゃ?どげえした?すいません。
メリヤス工場の橋詰さんから手紙が来てたもんで…。
(足立)橋詰さんから?はい。
ありがとう。
あ…。
何かなぁ?ああ…。
わぁ〜アハハッ!
(笑い声)あ…うちの肌着に使ってるメリヤス工場の職人さんよ。
お孫さんにキアリスのものを着せるのが夢やっておっしゃってくれてたの。
回想
(五十八)大勢の人を笑顔にできる生き方やなんてそうそうないで。
おじいちゃんなそんな生き方してるお前のお母さんが誇らしいんや。
さくらにも光り輝く人生を送ってほしい。
2017/02/08(水) 12:45〜13:00
NHK総合1・神戸
連続テレビ小説 べっぴんさん(106)「希望」[解][字][デ][再]

病に倒れた五十八(生瀬勝久)からの言葉を受け、すみれ(芳根京子)の娘・さくら(井頭愛海)は、幼なじみの健太郎(古川雄輝)らと一緒に「キアリス」で働くことになり…

詳細情報
番組内容
病に倒れた五十八(生瀬勝久)からの言葉を受け、すみれ(芳根京子)の娘・さくら(井頭愛海)は、自分の居場所を探し始める。幼なじみの健太郎(古川雄輝)や龍一(森永悠希)と一緒に「キアリス」でアルバイトをすることになったさくらは、すみれが仕事に向かう姿勢や、商品に込めた深い思いを知り、変わり始める。一方、二郎(林遣都)は、プロのドラム奏者になるという夢をかなえるため東京に行くことを決意する。
出演者
【出演】芳根京子,生瀬勝久,菅野美穂,高良健吾,蓮佛美沙子,谷村美月,百田夏菜子,土村芳,永山絢斗,宮田圭子,松下優也,中島広稀,井頭愛海,古川雄輝,森永悠希,林遣都,江波杏子,久保田紗友
原作・脚本
【作】渡辺千穂