読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

全文書き起こしサイト

地上波テレビの字幕を全文書き起こします

スポンサードリンク

セリフ書き起こし 科捜研の女 #13 2017.02.09

(土門薫)被害者は真島拓也さん42歳。
名刺によればデイトレーダーらしい。
(涌田亜美)デイトレーダーって株とかを売買する人ですよね。

(榊マリコ)死斑の状態…。
死後硬直から見て死後8時間から9時間。
昨夜の10時から11時か…。
致命傷は…これか?ええ。
背中を刺されてる。
凶器は?
(カメラのシャッター音)まだ見つかっていない。
(橋口呂太)じゃあ犯人が持ち去ったのかな?
(蒲原勇樹)犯行を目撃した人がいればいいんですが…。
そしたら証言をもとに似顔絵が描けるな。
ええ。
あなた方は亡くなった真島拓也さんのデイトレーダー仲間ですね?

 

 

 


(柏田弘樹)ええ。
真島さんとはここで何度か株の情報交換をしていました。
(舟木由美子)でも正直デイトレードに向いてる人ではなかったんです。
どういう事ですか?ここは見送ったほうがいいな。
私もそう思う。
(真島拓也)つまんねえなあ。
柏田さん由美子さん。
人生一発大穴勝負…!
(真島)おっきたきた!やっぱ俺神じゃね?アハハハハ…!「人生一発大穴勝負」それが彼の口癖でした。
株ってそういうもんじゃないんですけどね。
真島さんはいわゆるギャンブラーなんですよ。
ほう…。
(風丘早月)知ってる?デイトレーダーの資質。
規則正しい生活とコツコツと積み上げる根気強い性格だって。
でも被害者の真島さんはそれとは逆の性格だったらしいです。
何か裏の顔があったとか?凶器は第五第六肋骨の間を突き刺さり心臓にまで達してる。
凶器は特定出来ますか?この刺創から見るとナイフじゃないわね。
もっと幅の狭いもの。
ナイフより幅の狭いもの…。

(宇佐見裕也)お願いします。
はい。
凶器は傷口の形状から見てハサミである事がわかったよ。
ハサミ?
(呂太)うん。
僕が思うに美容師が使うようなこう…先がとがったもの。
こんな感じ?
(亜美)じゃあ犯人は美容師?
(呂太)うーん…可能性あるね。
で証拠隠滅のためにハサミ持っていっちゃったとか。
(日野和正)その犯人の指紋ゲソ痕だけどね早朝遺体を発見した太極拳の人たちにかなり荒らされていてきちんと鑑定出来るものは1つもなかったよ。
(宇佐見)ああそれと被害者の衣類から毛髪が見つかりました。
残念ながら毛根鞘が付いていなかったからDNAは検出出来なかったけど血液型はA型。
B型の被害者とは一致しないわ。
(呂太)うん…じゃあ犯人のかもしれないね。
(亜美)公園の側道に1台だけ防犯カメラがありました。
(亜美)これ見てください。
死亡推定時刻周辺の映像です。
(日野)この防犯カメラの先は行き止まりだから停車して何か目撃してるかもしれないね。
(亜美)30分後には去っていく車も映っていました。
車内は暗くて見えなかったんですがナンバーは…。
(佐々木一郎)今日早く帰ってこれるからさ2人で食事行こうか?本当?
(佐々木)うん。
たまにはね。
失礼します。
えっ?佐々木一郎さんですか?あっはい…。
昨夜10時10分から30分間宮畠公園脇にこの車止めていましたよね?
(佐々木)うん…あっあの…あとは俺がやるから。
あっそう?大丈夫。
うんうん。
大丈夫大丈夫。
はあ…。
あっあの…営業の帰りに道に迷っちゃいましてね。
あの…地図を確認していたんですよ。
その時不審な人物を見ませんでしたか?不審な人物?あ…そういえば見ました。
公園のほうから駆けてきた女性。
女性?間違いないですか?ええ。
不気味だったんでよーく覚えてます。
不気味?だって手にハサミを持っていたんですよ。
ハサミ…?顔は見ましたか?ええ…まあ一瞬でしたけど。
今から似顔絵制作に協力願えますか?えっ…ちょっと待ってください。
これから仕事なんですよ。
似顔絵は印象があるうちが勝負なんです。
お時間取らせません。
近くの署で1時間ほどで終わります。
よろしくお願いします。
もしもし。
本部の土門だ。
すぐ似顔絵捜査官を手配してくれ。
えっと…似顔絵の?総務の八幡未知です。
いつもの担当者が非番で私は代役です。
急を要するって事だったんで仕方なく…。
じゃあ早速取りかかってください。
言っておきますが似顔絵を描くのは12年ぶりです。
お役に立てるかどうか…。
佐々木さん今回は犯人を見て頂いたそうですね?あっはい…。
大変でしょうが犯人を捕まえるために出来る限り思い出してくださいね。
(佐々木)はい。
じゃあ目の傾きは5段階評価でどうでした?「吊り目だった」「やや吊り目だった」「普通だった」「ややタレ目だった」「タレ目だった」。
(佐々木)吊り目だったと思います。
では唇の厚さはどうでした?「厚かった」「やや厚かった」「普通だった」「やや薄めだった」「薄めだった」。
厚かったと思います。
下唇…いや上唇が特に厚かったです。
じゃあ最後に特に印象に残っているところはありますか?あ…そういえば目の下にほくろがありました。
右目ですか?左目ですか?うーん…右…いや左…。
いや右目ですね。
(未知)はい。
出来ました。
(未知)あなたが見た記憶の中の犯人が100パーセントだとするとこの似顔絵の出来は何パーセントですか?50パーセントぐらいかなあ…。

(呂太)これが50パーセントの似顔絵かあ…。
(亜美)いいえ。
記憶がすでに100パーセントじゃないんだから犯人に似ている度合いはもっと低いはず。
記憶が80パーセントだとしてもその50パーセント…。
似ている度合いは40パーセント以下ですね。
それで結局公開捜査には踏み切れなかったって事ですか。
(日野)うん…。
かわいそうな吊り目ちゃん。
念のため顔認証にでもかけてあげたら?それは不可能です。
この似顔絵顔のパーツの比率がおかしいです。
実際の人間でこの目と鼻の比率はあり得ません。
亜美くんそれが似顔絵の良さなんだよ。
どういう意味です?似顔絵は雰囲気が大事っていうのかな。
写真レベルの精密さで描くよりも特徴を誇張して描いたほうが案外通報が多かったりするんだよ。
雰囲気勝負か…。
まあ今回は目撃者の記憶があいまいだったのか似顔絵捜査官の力が及ばなかったのか…。
確かこれ描いたのって代役の人なんですよね?ええ。
北山署の総務の女性。
似顔絵制作は12年ぶりなんだって。
もしやその女性って八幡未知さん?所長彼女の事知ってるんですか?15年ぐらい前だったかな。
北山署に行った時にたまたま彼女が似顔絵を描いててね。
(女性)はいこんな感じの人でした。
(未知)印象は結構じゃあ…角張ってる感じですか?そうですね。
角張ってはったんやけども…。
(日野の声)うまい似顔絵っていうのはああいう絵だと思ったね。
(日野の声)絵だけじゃなくて目撃者から似顔絵を引き出す力もすごいしまあ実際彼女が描いた似顔絵には寄せられる情報も多いんだって。
八幡未知さんは優秀な似顔絵捜査官だった。
なのにどうしてこの似顔絵は50パーセント…。
右…いや左…。
いや右目ですね。
目撃者の佐々木さんは何度も迷いながら証言していた。
50パーセントの理由は未知さんじゃなくて佐々木さんにあるのかも…。
目撃者の佐々木さんはこの位置で公園から駆けてきた女性を見たと証言した。
塀で何も見えないよ。
こちら遺体発見現場の涌田です。
じゃあ亜美ちゃんそこから走ってきて。
了解。
(亜美)見えますか?ううん。
塀が邪魔になって見えない。
助手席からも見えない。
目撃者の佐々木一郎嘘ついてたんだ。
ねえって事はさ佐々木一郎こそ真犯人なんじゃない?警察に目撃情報を聞かれて適当な犯人像でっちあげたさ。
ううん。
そう決めつけるのはまだ早いわ。
(呂太)もう一回走ってみて!
(亜美)「はーい。
見えますか?」ううん。
足だけ見える。
あともう少し。
あっ!おわっ!マリコさん!見えた。
(蒲原)マリコさん大丈夫ですか?もしかして…。
蒲原さん目撃者の佐々木さんを呼んできて。
(蒲原)はい。
あなたはこの体勢で駆けてきた女性を目撃したんですね?すみませんでした!実はあの時営業先の奥さんとあ…いや…なんていうかその…情事の真っ最中でして…。
(女性)もうしつこいな!あいてっ!旦那にバレそうなの。
もう終わりなの!はあ…。
(ため息)
(足音)あっまさしくこの状態で見ました!カミさんにバレるのが怖くてつい嘘を…。
やはりサッチャー錯視かもしれない。
(呂太・亜美・蒲原)サッチャー錯視?
(未知)似顔絵は第一印象が全てです。
だから普通はやりませんよ。
一度描いた似顔絵の修正は…。
これを見てください。
(未知)なんですか?これ。
(蒲原)涌田さんですよね?亜美ちゃん。
(蒲原)変な顔!
(亜美)実はこれ目と口だけ切り取って逆さまにしているんです。
(蒲原)気づかなかった…。
人の脳は顔を逆さまから見た時それぞれのパーツを正しく認識出来ないそうです。
それをサッチャー錯視といいます。
目撃者の佐々木さんは犯人の顔を逆さまに見ていました。
それを念頭にもう一度描き直してもらえませんか?すみません…。
今回は逆さまだけではなく下から仰ぎ見ていた事による錯視が加わりますね。
まず顔。
(未知)逆さまに見ると頭のほうが大きく見えるんです。
同時に下から見ると幅が広く見える。
だから実際の頭は…。
もう少し小さく。
輪郭はもうちょっと細面。
どうですか?ああ!そんな感じだった気がします。
目はまぶたが腫れているのではなく涙袋が発達している女性である可能性が高いです。
吊り目ではなくタレ目。
こんな感じ。
どうかしました?いえ…。

(未知)どうですか?あっ!どんどん似てきました。
最後にほくろの位置を確認したいんですが…。
ほくろはこちら側にありました。
なるほど。
ほくろの位置も反対になるんですね。

(未知)どうですか?
(佐々木)この女性です!100パーセント…いや120パーセントそっくりです!未知さん!うちの所長があなたを褒めていた訳がわかりました。
あんなふうに修正出来るなんてすごいです。
でもなんで12年も似顔絵描いていなかったんですか?何か理由が…?知ってますか?普通人は何か聞きたい事があっても相手の雰囲気とか気持ちを察して我慢するものなんです。
あっ…ごめんなさい。
だったら聞きます。
榊さんはなぜ科捜研で働いてるんですか?科学が人を救うと信じているからです。
私も…似顔絵が人を救うと信じてました。
でも間違ってた。
それだけの事です。
失礼します。
(蒲原)ありがとうございました。
120パーセント似ている似顔絵…これなら公開出来ます。
(女性)似てない?沙也加ちゃんに。
お姉さんあそこの席生2つ。
(木戸沙也加)はい。
(串本浩二)お客さん!トイレは左ね。
今度は間違わないでよ。
(串本)失礼しました!お前最近変だぞ。
今日はもういいから帰れ。
…はい。
大将大将!ちょっとちょっと…。
これ見ました?びっくりしちゃってね。
これ…。
似てない?あの子に。
似てるな…。
バイトの沙也加ちゃんです。
ゆうべ店上がってからずっと連絡取れなくて…。
6日の夜沙也加さんは?
(串本)その日は…。
(串本)あっ働いていましたよ。
夜の10時頃上がってますね。
(串本)沙也加ちゃんの私物はここです。
これですね。
あっすみません。
よし…。
木戸沙也加…。
この名前どこかで…。
木戸沙也加さん22歳。
美容専門学校生。
彼女の毛髪の長さ太さ色調などの形態が被害者の衣服に付着していた毛髪と酷似していたわ。
やっぱり犯人は美容師志望だったんだ。
ここがバイト先の居酒屋やく味屋。
ここが自宅。
犯行現場の宮畠公園は店から歩いて約10分です。
(宇佐見)事件当日午後10時に店を出たとすると死亡推定時刻に宮畠公園にいるのは可能ですね。
(日野)でもなんでこんなかわいらしい彼女が…。
(蒲原)復讐かもしれません。
復讐?
(蒲原)木戸沙也加の正体がわかりました。
12年前北区で起こった資産家夫婦強盗殺人事件ご存じですか?あああの未解決事件ね。
(日野)確か一家が旅行から帰ってきたら…。

(刺す音)ううっ!うう…。
(倒れる音)ゆり子!木戸沙也加は殺害された夫婦の一人娘だったんです。
(蒲原)車で眠っていた彼女は1人だけ難を逃れました。
沙也加は犯人の男の顔を見たと警察に証言しました。
しかし似顔絵を作成中に突然証言を翻した。
犯人を見たのは嘘だったと。
その時の似顔絵捜査官が八幡未知さん。
(日野)ちょっと待って。
復讐って事は今回の被害者の真島拓也が12年前の強盗殺人犯だったって事?実は真島のデイトレーダー仲間がこんな事を…。
「人生一発大穴勝負」それが彼の口癖でした。
一発大穴勝負で強盗か…。
12年前強盗殺人犯の遺留品は2つありました。
(刺す音)うわあっ…!!ああ…!
(刺す音)あっ…!
(蒲原)1つは被害者の爪に残っていた犯人の皮膚片のDNA。
(蒲原)もう1つは犯人が犯行後に水道水を飲んだと思われるコップに付着していた口唇紋。
この2つが今回の被害者の真島拓也のものと一致するか調べてほしいんです。
真島拓也の口唇紋を採取して照合してみます。
皮膚片のDNA照合します。
真島拓也のDNA12年前の強盗殺人犯の皮膚片のDNAと一致しました。
今回の被害者はあの時の強盗殺人犯…。
そして似顔絵の女性は…。
沙也加ちゃんだったんですね。
気づいていたんですね?子供時代の顔が大人になったらどうなるかいつも考えてましたから…。
沙也加さんの行方が昨日からわからないんです。
12年前何があったのか話してくれますか?あの頃の私は頑なな使命感と正義感でいっぱいだった。
あなたみたいに。
犯人の似顔絵を作る事。
それが両親を犯人に奪われた沙也加ちゃんに私が出来る唯一の事。
そう信じてた。
でも…。
目はこんな感じかな?
(荒い息遣い)
(藤井朝子)沙也加ちゃん大丈夫?邪魔しないで。
目はこんな感じなのね?じゃあ眉はどうだったかな?こんな感じかな?
(荒い息遣い)沙也加ちゃんねえちゃんと見て!あなたなら出来る。
あなたなら出来る。
あなたなら…。
ちょっと!あなた自分のやってる事わかってる?あなたは一度傷を負ったこの子を二度傷つけているのよ。
今度こそ心壊れますよ。
あなた責任持てるの?私何も見てないもん。
嘘だもん。
全部嘘だもん…。
(朝子)もう大丈夫。
いいからね。
(未知の声)似顔絵はあの子を救うどころか…あの子を壊しかけたんです。
(携帯電話の振動音)ごめんなさい。
土門さん。
沙也加さんがビルの屋上から!?沙也加さんは?
(亜美)今ICUのほうに。
(呂太)危篤状態だって。
バッグの上にこれが。
(蒲原)復讐を果たして自殺したようです。
それと…。
バッグの中にありました。
だからやりたくなかったの。
やっぱり似顔絵は人を不幸にする。
一度目は沙也加ちゃんの心を壊しかけ二度目は自殺に追い込んだ。
未知さん。
もう二度と似顔絵は描きません。

(シャッター音)亜美くん11番。
はい。
沙也加さんのバッグに入ってたこのハサミと真島拓也の致命傷の形状が一致したよ。
ハサミの柄からは沙也加さんの指紋。
刃先の血痕からは真島拓也のDNAが検出されたわ。
真島拓也を殺害した凶器で間違いないですね。
ただ…。
持ち手のこの部分から少量だけど第三者の血液が検出されたの。
沙也加さんのものでも真島拓也のものでもなかった。
どういう事でしょう?あっ!ねえ。
もし犯人がこうやってハサミを握って刺したとすると…んっ!ここの出っ張り手のここにかなり食い込むよ。
これなら手袋をしてたとしても血が出ちゃう可能性がある。
ええ。
つまり真島拓也を殺したのは沙也加さんではなくこの血痕の持ち主。
屋上の沙也加さんのゲソ痕なんだけどねおかしいんだよ。
これが飛び降り地点だとするとそのかなり前で途絶えちゃってる。
でこれが見つかった別の人物のゲソ痕。
(日野)沙也加さんのゲソ痕の上から付いてるから沙也加さんのあとにやって来たのは間違いない。
ここで沙也加さんのゲソ痕と交わって飛び降り地点まで続いてる。
という事は追いかけてきた何者かがここで沙也加さんを襲ってそれでそこからここまで背負って運んで投げ落とした。
つまり沙也加さんは自殺じゃない。
(宇佐見)12年前の強盗殺人犯の口唇紋真島拓也のものと一致しませんでした。
えっ…でも12年前の皮膚片のDNAは真島のものと一致しましたよね?考えられる可能性は1つ。
強盗殺人犯は1人じゃなかった。
もしかして12年前の強盗殺人に関わったもう1人が仲間割れかなんかで真島を殺したんじゃないの?そしてその罪を沙也加さんになすりつけて自殺に見せかけて殺そうとした?所長これ見てください。
沙也加さんのゲソ痕が犯人のほうを向いています。
という事は沙也加さんは…。
犯人の顔を見ている。
今から病院に行って似顔絵を描いてくれませんか?沙也加さんの意識が一時的に戻ったそうです。
ちょっと待ってください。
(未知)無理です。
私にはそんな…。
怖いんですね。
そうです。
怖いんです。
似顔絵はあの子を壊しかけた。
今度は本当に壊しちゃうんじゃないか…。
そう考えるだけで手が震えるんです。
未知さんあなたは誤解しています。
えっ…?沙也加さんのバッグにこれが入っていました。
(未知)これは…。
ふたの裏を見てください。

(未知の声)あなたなら出来る。
あなたなら出来る。
あなたなら出来る。
沙也加さんはあなたのあの時の言葉を支えに12年間生きてきたんではないでしょうか。
沙也加さん何かを必死に訴えているそうです。
もう一度信じてください。
似顔絵は人を救う。
病院はどこですか?あの先生意識はあるんですか?ええ。
でも許可は出来ません。
すみません。
30分だけ時間をください。
30分なんて無理です。
肋骨が肺に食い込んで話が出来る状態ではないんですよ。
話せなくても似顔絵は描けます。
15分ください。
10分いえ5分あれば…。
お願いします!先生お願いします。
わかりました。
5分だけ…。
ただいま。
ああマリコさん沙也加さんの着衣届いてます。
今すぐ鑑定を始めましょう。
ええ。
私たちは私たちの出来る事を。
沙也加ちゃん…。
動かないで大丈夫。
まばたきだけでやろう。
今から私があの時と同じように質問するからうなずく代わりにゆっくりまばたきをして。
今度こそ一緒に似顔絵完成させよう。
じゃあ始めるよ。
まずは性別。
沙也加ちゃんを襲った人は男性?
(未知)顔の形は?丸形?ベース形?目はタレ目?吊り目?こんな感じ?
(未知)もう少し目は大きめ?小さめ?小さめ…。
唇の厚さは厚い?薄い?普通?普通かな。
どうだろう?こんな感じかな?沙也加ちゃん見える?もうちょっと薄いのかな。
はあ…沙也加ちゃん大丈夫?沙也加ちゃん。
沙也加ちゃん続けるよ。
(未知)頑張って。
ね!
(宇佐見)これは…。
出来た。
どう?似てる?これが犯人の似顔絵です。
土門さん…。
ああ。
木戸沙也加さんを屋上から突き落としたのはあなただったんですね。
奇跡的に意識を取り戻した沙也加さんが犯人の顔をまばたきだけで証言してくれた。
これが作成された犯人の似顔絵だ。
あの子死ななかったんだ。
運が強い子。
真島拓也を殺したのも舟木由美子あんただな?凶器のハサミに付着していた血液のDNAとあなたのDNAを照合させてください。
あんたも12年前の強盗殺人に関与していた。
その事であんたは真島にずっと脅されていたんだな。
沙也加さんの服に口唇紋唇の跡が付いていました。
12年前強盗殺人犯がコップに付けたのと同じものです。
このカップに付いたあなたの口唇紋と照合させてもらってもいいですか?
(ため息)私って昔から本当に運が悪い。
大金が手に入る手伝ってくれないかって当時付き合ってた真島に言われて軽い気持ちでついていってしまったの。
クソッ…!
(車の走行音)嘘…帰ってきた。
早く逃げなきゃ!早く!このまま引き下がれるかよ!えっ?
(由美子の声)私は真島の前から姿を消した。
そしてデイトレーダーの柏田さんと出会った。
彼は結婚しようって言ってくれた。
幸せだった。
そんな時また運の悪い事にあいつが私の前に現れた。
由美子さん久しぶり。
(由美子の声)金を用意しなかったら全てを彼にバラすって脅してきた。
だから絶対にバレないように真島を殺す方法を考えた。
それで12年前の被害者である木戸沙也加さんを利用した。
彼女には真島を殺す動機がある。
彼女に罪をかぶせればいい。
(由美子)そうよ。
私はあの子を捜し出した。
あとはあの子の指紋の付いた何かが必要だった。

(由美子の声)これは使えると思ったわ。
(串本)あっお客さん!あっごめんなさい。
トイレと間違えちゃって。
こっちね。
こっち。
知ってる?世の中で一番強い人間だ〜れだ?俺。
失うものは何もない俺。
最強だねえ。
これで最後よ。
じゃあまた1カ月後ね。
ハハハ…。
(刺す音)うっ!
(真島)ああ…!
(由美子の声)だけどあの子はなかなか逮捕されなかった。
そんな時…。
お客さん!トイレは左ね。
今度は間違わないでよ。
はい。
(お盆の落ちる音)
(串本)失礼しました!控室から私のハサミ盗んだのあなたですか?あの日ハサミがないのに気がついて店に戻ろうとしたら宮畠公園であなたの事見たんです。
そしたらあの男が殺されていて…もしかしてあなたが?だったらどうなの?沙也加さんは12年前の強盗殺人犯が自分のイニシャル入りのハサミで殺されてるのを見て自分に疑いがかからないようにハサミを抜き去った。
(ため息)まさかあの子にバレるとは本当に運が悪い。
でもバレてしまった以上もう殺すしかないじゃない。
(沙也加)ううっ…!うっ…。

(由美子の声)私って本当に運が悪い。
なんで全部悪いほう悪いほうにいっちゃうんだろう。
本当ついてない。
本当に。
あっ…!運が悪いんじゃないんだ。
気づかないのか?あんたと真島はそっくりなんだよ。
私はただ幸せになりたかっただけなのに…。
(泣き声)まず最初に頭蓋骨をイメージするの。
そこにパーツを付け加えていく。
つまり復顔と同じようなものなのね。
そう。
なるほど。
それならわかりやすいわ。
おっやってるな?似顔絵講習。
土門さん知ってる?未知さんね教えるのもうまいのよ。
おお。
絵心のないお前にそう言わせるとは大したもんだ。
似顔絵またよろしく頼むよ。
はい。
そういえば沙也加さん来月には退院出来るらしいな。
ええ。
本当によかった。
出来た。
いやいやこれは3割増しぐらいだな。
ううん100パーセント。
さすが未知さん。
うんまあそういう事にしとこう。
遺体発見時扉は内側から鍵がかかっていたのね。
(亜美)つまりここは密室だった。
(女子学生)この辺の建物ってよく心霊現象が起きるんですよ。
(呂太)蔵に鍵がかかったのも幽霊の仕業っぽくない?犯人はそれを利用して蔵に鍵をかけたのよ。
2017/02/09(木) 20:00〜20:54
ABCテレビ1
科捜研の女 #13[字]

マリコvs似顔絵の天才!似顔絵作成の要請を受けたのは、優秀ながら突然筆をおいた女性警官。12年ぶりの似顔絵には、ある落とし穴が…!?マリコは“勘違い”を発見し…

詳細情報
◇番組内容
男の刺殺死体が人気のない公園で見つかる。科捜研は付近の防犯カメラから目撃者の特定に成功。似顔絵作成のため、優秀と言われながら12年前突然筆をおいた女性警官・八幡未知(中原果南)が容疑者の似顔絵を描くが、目撃者は首を傾げる…。違和感を覚えたマリコ(沢口靖子)は、現場である実験を行い、大きな“勘違い”があったことを発見。描き直した似顔絵は、過去の殺人事件の関係者・木戸沙也加(梶原ひかり)にそっくりで…
◇出演者
沢口靖子、内藤剛志、若村麻由美、風間トオル、斉藤暁、渡部秀、山本ひかる、石井一彰
【ゲスト】中原果南、梶原ひかり、村岡希美、住田隆、西村匡生、内藤邦秋 ほか
◇脚本
瀧川晃代
◇監督
濱龍也
◇音楽
川井憲次
◇主題歌
K『シャイン』(ビクターエンタテインメント)
◇スタッフ
【ゼネラルプロデューサー】関拓也(テレビ朝日)
【プロデューサー】藤本一彦(テレビ朝日)、藤崎絵三(テレビ朝日)、塚田英明(東映)、中尾亜由子(東映)