読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

全文書き起こしサイト

地上波テレビの字幕を全文書き起こします

スポンサードリンク

字幕書き起こし 視覚探偵 日暮旅人 #5 2017.02.19

(日暮旅人)これ撃ってください!
(山川陽子)
五感のうち4つ聴覚嗅覚味覚触覚を失ったまま視覚だけを頼りに探偵をしている日暮旅人という人がいる
その目で人の心の中まで見えてしまうというそんな不思議な人がいる
《一瞬たりとも忘れたことはなかったぞ》
(榎木)右に曲がればすぐだから。
(鶴田)あらら…?あ〜!大変です!
(雪路雅彦)何だよどうした…?旅人さんもう大丈夫なんですか?うん何とかね。
そりゃ何より。
あ〜で榎木のおっさんが若い女のコと一緒に歩いてたんですよ!あれは援交の可能性大ですよ!
(榎木)は?あっ。
ちょうどこのコに似たような感じのコでした!顔も髪形もそっくりで服装も同じ!若い女のコ何人もはべらかしてこのドスケベなおっさんが!あ痛っ!このコだよ。
あ?
(榎木)小松原静香さん。
さっき一緒に歩いていたのもこのコだ。
俺の古い友人の娘さん。
え?

 

 

スポンサーリンク
 

 

 


(灯衣)ねぇ保育園で「バカ」って言っちゃダメって言われたから言わないけど亀吉って…。
…なの?すいませんでした!やべぇ超怒ってる?あの…。
先生とあなたを恋人同士だと間違えたようです。
え?彼女は耳が聞こえねえそうだ。
あぁ。
でおっさんわざわざここに来るってことは何か依頼でもあんのか?うん…。
言っとくがアニキの目は使わせらんねえぞ?分かってるお前だけでも探せるものだ。
ただ…。
もしよかったら外で灯衣と一緒に遊んであげてくれませんか?おいちょ…アニキも行くのか?うんこの依頼は任せるよ。
何だやけにあっさりだな。
今回倒れて反省したんだよね。
この目はもっと使うべき時を選んで使わないと。
そうだよ。
何度も俺もそう言って来たよ。
(ドアが閉まる音)で何だった?どうだい?かわいいだろう。
はい!ああ。
あのコのために協力してやろうという気になったな?あぁ?
(榎木)よし!じゃあちょっとしたサプライズを依頼したい。
サプライズ?サプライズ?
(榎木の声)静香はこの春から就職が決まったんだ。
それでお祝いをしてやりたいんだが実はあのコの両親はもう亡くなっていてな…。
親代わりにはなれないがそれでも俺から何かをというわけだ。
何だおっさんも意外と甲斐性あるじゃねえか。
ですよね〜。
でサプライズってどうすんですか?これだよ。
犬飼啓?知ってるよな?さぁ。
(鶴田)知りません。
知らない?ったくもう!♪〜♪〜酔ってますか?この曲を作った男だよ。
ほら夕方のニュース番組のテーマ曲!はいはい…あ〜この人結構有名な人だ。
静香は売れる前からこの男の大ファンらしいそれで…。
サインでも貰って来ましょうか?そうしたいところだがこの男しばらくの間行方知れずと知ってここに来たんだ。
さぁお前らの出番だぞ。
お〜ちょっと…あれ?何か違うな。
この後どうすんだっけ?灯衣も分かんない。
でもさっきできてたよ?
(灯衣)さっきの適当だもん。
あぁ…。
おねえちゃん分かるかな?はい。
あぁえっと…。
(灯衣)あっパパ思い出したこうだ!お〜見して見して。
(灯衣)♪〜カバンの中も♪〜つくえの中もお〜!
(土井)顧客リストや押収量から推測して川村が最下層の売人だったことは間違いないと思います。
川村の上には先日も報告のあった例の男…。
うわさのリッチーか?その男がいると思われます。
補足ですが川村がさばいていたドラッグと彼の体内から検出されたドラッグは別のものでした。
(すみれ)ふ〜ん。
安物を売った儲けで自分は高級品に手出してたんだ。
高級品というかちょっと普通じゃないドラッグです。
普通じゃない?
(刑事)はいロストと呼ばれていて…。
(すみれ)最近出回って…。
(一同)あぁ!ちょ…。
(刑事)ちょっと拭いて…。
白石さん?白石さん?
(白石)ん?あの二日酔いのまま会議出てる人って殴っても大丈夫なんでしたっけ?私殴りたいんですけど。
いやいや…二日酔いなわけじゃないんですよ。
(刑事)あ〜じゃあ続けますよえ〜…。
元締めのリッチーはいまだに足取りがつかめません。
その代わりと言っちゃなんですが川村以外の子飼いの売人がもう1人判明しました。
犬飼啓一部では有名なジャズミュージシャンです。
(刑事)マジかよ…。
(刑事)それは土井さんがねっ。
(刑事)え〜!格好悪い見るな〜!あれ普通のドラッグじゃありません
(土井)そのひと言だけが理由ですか?間違いない日暮旅人はロストを知ってるね。
はあ…。
あ?私の勘を信じないの?生意気な土井のくせに。
増子さん!たまにでいいので思い出してください。
一応!一応ですよ僕のほうが年上ですからね。
(土井)あ〜!それにロストは20年前に一瞬出回っただけらしいですから。
20年前って日暮旅人が5歳の頃ですよ5歳。
あっ!5歳の時に謎の誘拐と監禁をされた日暮さんね。
(店長)いらっしゃいませ。
ねぇねぇねぇあれって犬飼啓?
(店長)あぁ昔ねそこの駅前のロータリーでよく演奏しててね。
私はその頃から必ず売れると気付いてたよ。
犬飼さんって今でも来るんすか?最近はねすっかりね疎遠だな。
いや何かすいませんっした。
そんなのレコード会社に聞けばすぐだろ?それが音信不通だからお前に聞いてんだろ。
なぁ亀吉。
(鶴田:男性)あ〜!
(男性)う〜んこいつに似た男なら知ってるけど…。
でも…。
(鶴田)痛い!ちょっと痛てて!乳首が取れる!ハハハ…!
(リッチー)あっち行ってなさい。
(男性)はい!はいはい…。
リッチーさんどうも。
何か用ですか?うわ〜!おい裏切んのか!お前。
はい?何で犬飼捜してんのよ?何でって…。
俺達知り合いに頼まれただけで別に何も…。
誰だ?お前。
(鶴田)危ねぇ!お〜!リッチーさん…。
あ〜すいません!
(リッチー)お〜い!あぁ…。
(今林)いいか?犬飼ってのは売人なんだよ。
警察に追われて面倒なことになってんだ。
見つけたら連絡しろよな。
売人?
(今林)ったくよ〜こないだの川村といいてめぇの子分はガードが甘ぇんだよな!川村はわざと捕まえさせたんだよ〜。
は?おいそれどういうことだこの野郎。
うるさいな。
あ〜!痛ってぇ!う〜!あぁ…。
(今林)痛ぇ!痛ぇ〜!フゥ〜!何だこいつ…。
いい?犬飼見つけたら必ず私に連絡すんのよ。
返事は!?はい…。
ただいま。
ケガしてる?いや…。
灯衣は?もう寝たのか?何があったの?つまり犬飼は鳥羽組の売人だったってこと?いや鳥羽組っつうかまぁリッチーが勝手にやってるらしい。
見つかれば口封じに殺されるだろうな。
犬飼が売ってたドラッグって普通のものだけ?ドラッグに普通も何もねえよ。
全部異常なもんだ。
うん…。
とにかく先に見つけ出して警察に渡さないとね。
あの静香ってコに会わせてあげられんのも拘置所の面会室だろうな。
そうだね。
まっ前にも言ったように俺と亀吉で何とかするから安心しろ。
いや大丈夫今は目の調子がいいから。
いや昨日任せるって言ったじゃねえか。
大丈夫になったやるよ。
いやいやいや。
雪路。
やるから。
この時雪路さんは日暮さんが限りのある目の力を何のために使おうとしているのか頭の中にふと浮かんだという
それはとても怖い想像だったがあながち間違っていなかったことが後に分かってしまうのだ
はぁ…。
(白石)はぁ…。
(白石)誰が今更ロストなんて使いやがったんだ。
(振動音)もしもしあぁ…。
おとうさんねお仕事が忙しいから今日署に泊まんなきゃいけないから。
おかあさんにもそう伝えといて。
ん?フフっいいよ買って。
あっその代わりちゃ〜んとお勉強するんだぞ。
(鶴田)いやあれから俺が例の情報屋の所に行ってどれだけ乳首つままれたか…。
ハハハ…!その成果がこれです!じゃ〜ん!ここが犬飼啓のすみかです!ただのプレハブじゃねえか。
お〜い売れっコさんよ〜いますか〜?あ痛っ!あれ?おっと〜そっちから現れるとはね。
ですから偶然です。
犬飼啓さんを捜していただけでドラッグに関しては知りません。
じゃあリッチーって男に関しては?知りません。
じゃあ川村の体内から見つかったロストというドラッグについては?普通じゃないドラッグね。
おい何の話だよ俺達はとにかくさ知り合いに依頼され…。
はいはいはい…。
じゃあ格好いいほうの探偵さんちょっと協力してもらえない?お互い犬飼を捜してるわけなんだし。
もちろんいいですよ。
諦め。
嫉妬。
絶望が見えます。
どうしようもねえな。
においは?ドラッグのにおいは見えないの?あぁそれらしきもの…。
(すみれ)何?愛情の模様がそこから。
(すみれ)土井。
(土井)はい。
いやぁどれも普通のファンレターのようですね。
(鶴田)う〜わ〜!すげぇ!うわ!これ写真付いてる!お〜ほら!電話番号も。
くぅ〜うらやましいねぇクソ〜。
おいどうした?あぁ静香さんの出した手紙。

 

 

スポンサーリンク
 

 

 

(すみれ)何?知り合い?ああ。
よっぽど好きだったんだろうな。
あの気になってたんすけど静香さん耳が聞こえないわけで犬飼の何好きになったんすかね?あぁそう言われてみれば…。
ごめん気になることが出来た。
いやおい…アニキ!・ゴーゴーレッツゴー…・
(サックス)♪〜♪〜・頑張れ頑張れ…・♪〜・頑張れ頑張れ…・♪〜・負けるな負けるな…・ええ。
あっ…。
え?「そんなことがあり今日も暗い気持ちのまま駅前に伺いましたが犬飼さんの演奏を聴いて希望が湧きました。
犬飼さんの演奏はいつも耳の聞こえない私にも不思議と伝わってきます。
聞こえなくても伝わるものがあるという事実は私のとても大きな希望なのです。
これからも素晴らしい演奏を期待しています」。
はい。
でも…。
え?いやぁあの頃はホント毎回満員ですごかったですよ。
いやあの知りたいのは最近の犬飼の話ね。
でも最近は全く顔見てませんからねぇ!
(ハウリング)あれ?あっやっと戻って来ましたね。
アニキ?どんな音楽なの?犬飼の?なかなか格好良かったっすよ。
そっか。
聴いてみたかったな。
何だよ急に。
あのさこのポスターって貰えないかな?土井。
ちょっと聞いて来ます。
(土井)はい分かりました。
(すみれ)どう?ダメです。
他の班も犬飼を見つけられてないようです。
頼りねえな墨東署さんは。
あぁ!?怒んなよ。
あれ?あれ?ん?何だよ。
何これステキなピアス〜!うわ!あっ!あ〜!痛い痛い!あ〜!あ〜!むちゃくちゃだなあんた!耳ある?俺。
(鶴田)あれ?どうしたんすか?
(女性)いつもごめんね。
(男性)いやいや…。
いつもより多いなえ?
(女性)ねぇホント困っちゃう…。
(男性)仕事になるからいいけどさ。
まったくよぉ何回消しても夜中に落書きして行きやがるんだよなどっかのガキが。
アニキ?アニキ何か見えんのか?あぁ…。
このサインとこの落書き同じ人物が書いたものです。
ってことは犬飼が?ええ。
多分最近書いたものだと思います。
(男性)週1で消してるからよ。
どんなに古くても1週間前だよ。
塗料のにおいをたどって行けば犬飼さんにたどり着けるかもしれません。
ぜひお願いしたいね。
ただ…。
どうした?あの犬飼さんを見つけたら1つだけお願いしたいことがあるんですが。
(刑事)あっ僕もう帰りますけど白石さんは?あぁ僕はねあと1個これを食べたら帰るから。
そんなもん家で…。
(白石)ん?いえいえではお先に。
お疲れさん。
(刑事)お疲れさまです。

(白石)はあはあ…。
まだ俺のことまでは行き着いてないな。
まさか…。
(白石)増子の野郎何でこの事件を…。
(白石)ん?日暮旅人…。
(白石)日暮?
(生唾をのみ込む音)うっ…。
(嘔吐する音)あのクソガキ…。
生きてるのか。
(鶴田)大丈夫です合ってます。
よし逃げよう。
(鶴田)ちょっと置いてかないで!
(犬飼)中身ちょうだい。
(店員)これ以上酔っぱらう前に一回清算してくんねえかな。
まいど。
あのもしかして犬飼啓さんですか?
(犬飼)違いますよ。
あんた刑事か?いえただのファンです。
じゃあこれ一体何のまねだ。
ファンといっても昨日初めてファンになったんですけど。
それでできれば更生して売人から足を洗ってほしいなと思いまして。
売人?俺はミュージシャンだけど。
ちょっとお付き合い願えますか?みなみど橋まで。
(運転手)かしこまりました。
あっそうだ。
せっかくなんでサイン頂けますか?う〜んやっぱりこっちのほうがいいですね。
あぁ?でもせっかくなんで貰っておきます。
ありがとうございます。
あっおねえちゃん来たよ!おっしゃ。
いや〜すいませんねわざわざ。
そうかえっと…。
あっ…すい…すいませんね!えっと…。
来て…来てくれて。
よっしゃ。
灯衣ちゃん。
気持ち込めろ。
「しずかおねえちゃんへ。
いっしょにきてほしいところがあります」。
おい。
おい!いいかげんに用件を言えよ。
それはあそこにいる人達に聞いてみましょうか。
(土井)思ったよりも集まってますね。
どうします?ん〜写真だけ撮っといて。
今は犬飼に集中しよう。
どういうことだ?あの中に見覚えのある人はいますか?お前何言ってんだ。
壁の落書き試しにマネして書いてみました。
はぁ?あれはドラッグを売る際の暗号ですね?
(日暮の声)数字が日付と時刻を表してるのはすぐに想像がつきました。
それ以外の音符については…。
(鶴田)違いますよ下から…
(鶴田)…だからた行はここ!はっ!でた行のラインに音符を…55…!5個書いてくださいよしよしよしよしでえっとこれをこうやると「ど」になるよ〜し次〜!次〜!
(鶴田)大丈夫です合ってますよし逃げよう
(鶴田)ちょっと…
(日暮の声)どうやら正解ですね。
あんなに集まってしまいました。
(犬飼)何の話か分からんがあえて1つ聞いてやるよ。
その暗号を俺が書いたという証拠は?同じ形でした。
音符なんて誰が書いたって同じだろう。
音符自体の形ではありません。
2つの音符から同じ人間の同じ感情の形が湧き上がったのが見えたと言ってるんです。
感情が見えた?はい。
僕見えるんです。
お前こそ何かクスリでもやってんじゃねえのか?
(犬飼)おい!ほら何も持ってねえよ。
うわ!職務質問では未開封の食品を開けることまではしないですからね。
まぁいいアイデアだとは思います。
僕を殴って逃げようかと思いつつ手錠でつながれたままどう逃げていいかも分からない。
名前もバレてる今このまま観念してしまおうかとも思ってる。
…ってとこでしょうか?それも見えたのか?いえ。
怒り恐怖困惑諦めの感情が同時に見えたので推測しただけです。
間違ってたらすいません。
合ってるよ。
では…。
僕から提案です。
あなたは今警察に追われています。
そしてそのことにヤクザ達も気付いてる。
特にリッチーという男はあなたの口を封じようと躍起になっているそうです。
警察…。
ヤクザ…。
おかしなファン…。
八方ふさがりだな。
どうでしょう?自首してみませんか?あんた何者なんだ?
(犬飼)今日みたいに寒い日は音が真っすぐ飛んで気持ちいいんだ。
サックスさえあればどこだって演奏できるって思ってた。
だけど今じゃ妙なプライドが邪魔して無理だ。
落ちぶれたって思われそうでな。
誰も思いませんよ。
売人をしてるほうがそう思われます。
確かにそりゃそうだ。
あのロストというドラッグについて聞いたことは?ロスト?知らねえな。
分かりました。
まっ残りの話は警察に行ってからするよ。
あのその前にもう1か所だけ付き合ってほしい場所があるんですが。
もうあんたの好きにしていいよ。
ありがとうございます。
(すみれ)行くよ。
(男)もしもし?あの犬飼の野郎橋までは来たんすけど取引しないでどっか行っちゃいますよ。
ええ早く来たほうがいいっすよ。
(犬飼)ここは…。
あなたがよく路上ライブをしていた場所ですよね?ああ。
ここで演奏してた頃は誰にも立ち止まってもらえないくらい未熟だったな。
1人もですか?いや中には毎日聴きに来てくれるコもいた。
そういうコのおかげで少しずつ自信が出て来たんだ。
あぁほらちょうどあそこにいるコみたいな顔したコだ。
連れて来たぞ。
まさか…。
小松原静香さんあなたのファンだったそうです。
随分なことしてくれるな。
え?昔のファンにこんな変わり果てた姿見せたくなかったよ。
ではその頃はどんな姿だったんですか?まぁ…大して変わりゃしねえか。
はい?待ってくださいあのちょ…。
アニキ?あの…。
彼女に演奏を聴かせてあげてくれませんか?はぁ?楽器持ってねえしサックスなんてとっくに売っ払っちまったよ。
実は静香さんは耳が聞こえないんです。
そんなファンレター貰ったことあるよ。
ですから口笛でも構いません。
いや何言ってんだよ。
聞こえないからって口笛でいいわけねえだろ。
でも彼女はあなたのサックスの音は一度も聞いたことはないんです。
だからって…。
あっ待って。

 

 

スポンサーリンク
 

 

 

それでも当時あなたの演奏は彼女の心に響いてた。
どうしてだと思いますか?さぁ…。
さっきあなたの音符から感情が見えた…と言いましたよね?ああ。
(日暮の声)タクシーの中で書いたサインから罪悪感が見えました。
きっとあなたは音符を書きながら密売の暗号を思い出して自然と罪悪感を感じていたんだと思います。
でも…。
あなたがライブハウスで残したかつてのサインの音符からは喜びの感情があふれていたんです。
それは何の喜びか。
僕は音楽への愛情だと思いました。
あなたはサインのために書く音符ですら音楽への愛情を爆発させながら書いていたんです。
とにかくすごい模様でした。
実は僕も耳が聞こえません。
でもあなたのサインから湧き出る感情を見て震えました。
僕はあなたの感情のファンです。
静香さんもあなたの感情を感じていたんだと思います。
だからそれは楽器なんかなくても表現できると思うんです。
おいいったん落ち着こう彼女も話が分かんなくて困ってるし。
あの書いて説明しましょうか?
(犬飼)いや…。
しなくていいよ。
(鶴田)え?
(口笛)
(口笛)音がかすれているハハっ…。
♪〜ラ〜ラララララララララ〜ラ♪〜ラララララ♪〜ラ〜ララ〜ララ〜♪〜ララララララララ♪〜ラララララ〜♪〜ラララララ♪〜ラ〜ラララララララララ〜ラ♪〜ラララララ♪〜ラララ〜♪〜ララ〜ララララララララ♪〜ラララララ♪〜ラ〜ラ〜やっぱりダメだな。
こんなもんだ。
(拍手)手話で拍手している
(拍手)
(リッチー)うっ…犬飼ちゃん頭イカレちゃった。
(泣き声)まぁもうあんた必要ないわ。
リッチーに雇われたの?それともあなたがリッチー本人?シャンプー何使ってんの?あぁ?こっちのほうが弱そう。
(リッチー)オラ!
(土井)あぁ!あ〜!目が〜!あ〜!
(すみれ)邪魔!
(土井)増子さん…増子さん増子さん!ダメだリッチーらしき男逃がした。
私でよければ情報は提供します。
通訳しましょうか?いえなぜか分かりませんが全て伝わった気がします。
ありがとう。
(静香)あ…。
ありがとうございます。
あのおじさんすごかったね!おい体調は大丈夫か?うん。
じゃあ行くか。
どうした?もしかしたら「愛してる」とか言い合ってたりして。
ねぇ亀吉って…。
…なの?
(鶴田)ねぇ灯衣ちゃん。
バカと天才っつうのは紙一重なんだよ?
(シャッター音)
(シャッター音)
(振動音)もしもし。
(白石)お呼びでしょうか?
(島本)白石君。
こんなものが届いていたんだけど…。
どうやら昔の話のようだけど君が暴力団や政治家と手を組んでうんぬんと書いてある。
これは誰から?それが分かりゃ苦労しないよ。
預からせていただいてよろしいでしょうか?当然だよ私はこの封筒を見なかったことにする。
解決は自分でしろ。
何かあったら粛々と君を処分するのみだ。
はい。
(白石)山田手帳…。
ハハハ…!ハハハ…!はぁ〜山田手帳日暮英一の息子そしてロスト。
こりゃあ僕は破滅ですねぇ〜。
(白石)さ〜てと…。
どの順番で解決したものか。
誰かにとっての解決は誰かにとってのトラブルなんだと思う
この後起こるいくつかの出来事の中で私はそれを身に染みて感じることになる
(榎木)何がサプライズって俺のいないところで静香に犬飼を会わせたことが一番のサプライズだよ。
まぁまぁ…それは悪かったけどさ依頼は果たしたわけだからほれ。
何だい?いや請求書だよ。
あ〜!請求書?どこだい?あのなおっさんそんなことしてもまた書くだけだからな!あっ汚ねぇ!出すな出すな…!
(鶴田)これ飲んでください…。
おいフリじゃねえぞ出すなよ?
(灯衣)あれ?パパ!何してるの?
(灯衣)・パパ!・パパ?どうしたの?うん?ごめんごめんすぐ行く。
早く!ハハっ。
ヘイヘイ…。
このドラマの原作『探偵・日暮旅人』シリーズを…。
なんと10冊セットにして…。
抽選20名様にプレゼント。
詳しくは番組ホームページまで。
(4人)お待ちしてます!2017/02/19(日) 22:30〜23:25
読売テレビ1
視覚探偵 日暮旅人 #5[字][デ]

主演・松坂桃李。依頼は、失踪したミュージシャン(吉田栄作)を探せ!!音の聴こえない女性(三吉彩花)のため、いつも以上に熱心な旅人に隠されたブラックな狙いとは!?

詳細情報
番組内容
今回の依頼は、失踪したミュージシャン・犬飼啓(吉田栄作)を探せ!耳の聴こえない女性ファン・静香(三吉彩花)のため、いつも以上に熱心に探す旅人(松坂桃李)には、ある隠された狙いがあった!一方、20年前に自分が誘拐・監禁した子供が、旅人であることに気づいた刑事の白石(吹越満)は、過去の罪を揉み消すために動き出す……。いよいよ、旅人の過去と現在が繋がり始め、周囲の人間たちも、その渦に巻きこまれていく。
出演者
松坂桃李
多部未華子
濱田岳
住田萌乃
和田聰宏

上田竜也
シシド・カフカ

北村有起哉
吹越満
北大路欣也ほか
【ゲスト】
吉田栄作
三吉彩花
池田鉄洋
半海一晃
笠松将
原作・脚本
【原作】
『探偵・日暮旅人』シリーズ 山口幸三郎
メディアワークス文庫(KADOKAWA刊)
【脚本】
福原充則
監督・演出
【演出】
菅原伸太郎
音楽
グランドファンク
【オープニングテーマ】
『夢の中へ』井上陽水(ユニバーサル ミュージック)
【エンディングテーマ】
『この闇を照らす光のむこうに』Anly+スキマスイッチ=(ソニー・ミュージックレコーズ)