読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

全文書き起こしサイト

地上波テレビの字幕を全文書き起こします

スポンサードリンク

セリフ書き起こし 突然ですが、明日結婚します #05 2017.02.20

(あすか)変えてみせます。
名波さんのこと。
(名波)変えられるかな?絶対。
あすかの家族って何かいいね。
憧れる。
何で名波さんは結婚を嫌ってるんですか?結婚っていう制度は人をどこかで縛り付けて苦しめてる。
だから結婚は嫌なんだよ。
結婚観変えてやるとか思ってたけどどっからそんな自信湧いてきたんだろう。
(香奈)最初は付き合えないって思ってたのに結局付き合うって決めたんでしょ?「その答えに従いなさい」って出てる。
(名波)もう不安にさせないから。
(神谷)その人が5年先も10年先も結婚したがらなかったらどうするの?高梨さんの望むもの僕だったら与えられちゃうからさ。
ねえみんなひっくり返すから。
小野さん来て来て。
(小野)いくよそろそろ。
頑張れ!
(一同)せーの。
(小野)よいしょ。
やってみる?やるやる。
(小野)よしやってみよう。
いこういこう。
いけいけ。
(一同)せーの。
(小野)おー!すごいすごい。
(あすか)神谷さんのことは尊敬しています。
でもこういうつもりは一切ありません。
二度としないでください。
うわっおいしそう。
その滑らかなはけ使いいいですね。
(小野)このはけいいやつなの。
塗ってみる?やるやる。
よいしょ。
うわーすごっ!これどこに売ってるんですか?欲しいかも。
(莉央)っていうけどお好み焼きそんなに食べないでしょ?食べないですね。
こっち…。
まっいいか。
切り分けます。
じゃあ…。
あれ?ピザ?それとも格子?どっちでもいい。
えっ?みんなは?どっちでもいいよ。
(桃子)こだわりない。
実家はピザだけど。
名波さんは?ああ。
格子がいい。
了解です!よし。
こんな感じ?
(一同)うん。
よしできた。
おいしそう。
はい名波さん。
ありがとう。
うん。
(桃子)何かいい感じになじんでますよね。
(小野)おっ分かる?このソース実はね特製の自家製のやつなんだよ。
あのね昨日作って…。
そうじゃなくて…。
(小野)うん?もちろんおいしいですよ。
小野さんのお好み焼き最高!いいよ別に。
(莉央)何がなじんでるって?あっ。
私たちですよ。
仕事の後こうやって集まってビール飲んでご飯食べていい感じじゃないですか。
確かに落ち着く。
まあね。
莉央さんはお泊まりしてるぐらいですからね。
えっ!?泊まった?ないない…。
(桃子)またまた…。
何?泊まった?いやないない…。
で何の話だっけ?
(桃子)怪しいな。
(莉央)なじんでるから?
(桃子)あー何ていうんですか。
この…まったり感?婚期が遅れる原因じゃないかなって。
じゃマンネリ打破っていうことでたまには趣向を変えてみる?趣向?どんな?例えば河原でバーベキューとか。
(莉央)この寒いのに河原って。
河原とビールなんて絶対トイレ行きたくなる。
あっ。
高梨んちは?はっ?何か面白い家だって聞いたよ。
いや普通ですけど。
ナナリューがそう言ったんだよな?ああ。
まあ俺的には面白かったけど。
お父さんに拉致られたりお母さんにゆず湯攻撃に遭ったり?明るくて楽しい感じ。
(桃子)何?それ。
超楽しそう。
明るい家庭見たらモチベーション上がりそうだし。
うちは狭いって。
みんな入らないよ。
そんな狭いの?小野さんはびっくりすると思う。
6畳一間とか?そんなには…。
じゃあ一応聞いてみるけど。
あーあ。
また親が勝手に盛り上がりそう。
いいじゃん。
楽しいご両親で。
(桃子)うーん。
楽しみだな。
(小野)ねっ。
食べっ放しで出てきちゃった。
大丈夫かな?平気でしょ。
莉央ちゃんも桃ちゃんもいるし。
それより間に合う?うん。
終電には。
ハァー。
帰りたくない。
噂のカレー楽しみにしてるよ。
今回は鍋だけどね。
そうだった。
残念。
また今度ね。
うん。
うん?
(鈴本)高梨君ちょっと。
はい?
(鈴本)ちょっとちょっと。
はい。
AIファンド運用モデル開発プロジェクト?
(鈴本)いずみ証券との共同プロジェクトだよ。
(鈴本)こちらから人を出すに当たって僕は君が適任だと思うけどね。
今神谷君と動いてもらってAIを使った販促プロジェクトでも成果が上がってるし向こうも君を買ってるから。
だいたい3年くらいのプロジェクトだけどきっとこの経験はキャリアアップにもつながるはずだ。
急な話だけど来週には返事もらえるかな?分かりました。
風邪か…。
嫌だな。
(麻衣)三上さんは免疫力が落ちてるんですよ。
おじさんだから。
インフルエンザじゃないよね?
(麻衣)うーん。
陰性らしいですよ。
(麻衣)どっちみちこっちはばたばたですけどね。
まあ頑張ろうね。
(麻衣)はい。
(麻衣)名波さん。
あの今度お時間あったら…。
お疲れさまです。
(氷室)お疲れ。
(麻衣)チッ。
お疲れさまです。
(氷室)お疲れ。
次の『ココロ・シアター』の収録な土曜になったから。
土曜?桜木夕子の都合だとさ。
振り回してくれるよな。
まったく。
チッ。
土曜…。
(桃子・莉央・小野)うわー!
(典子)たくさん食べてください。
(桃子・莉央・小野)いただきます。
あっ。
ポン酢ポン酢。
(莉央)はい。
お父さんもどうぞ。
(小野)じゃあ僕が。
(新太郎)どうも。
(小野)いつもあすかさんには大変お世話になってます。
(新太郎)こちらこそいつも娘が。
(小野)とんでもないです。
この豆乳鍋激うま!
(典子)でしょ?豆乳もお豆腐も昔から近所のお豆腐屋さんで買ってるの。
全然違いますね。
お母さんも座って食べましょうよ。
全部食べ尽くしちゃいますよ。
(典子)はーい。
ただ今。
(新太郎)大丈夫。
なくなったらまた投入するから。
豆乳だけに!?
(桃子・莉央・小野)あー!
(桃子)面白い。
無理しなくていいから。
(典子)はい。
小野さんどうぞ。
ありがとうございます。
いただきます。
お母さんもどうぞ。
(典子)ありがとう。
すみません。
(莉央)はい。
(典子)ありがとう。
(桃子・莉央・小野)おっ!・
(奏)ただいま。
(一同)おかえり。
(奏)どうも。
(桃子)超カワイイ!そう?ここ空いてるよ。
(奏)はい。
(桃子)ねえ幾つだっけ?
(奏)18です。

?

?

スポンサーリンク
 

?

?

(莉央)若いな〜。
(桃子)あるな。
(典子)今は憎たらしいんですけど小さいときはかわいかったんですよ。
「ママママ」って。
ねっ?
(奏)はあ?カワイイ!もういいから。
(桃子)かわいかったよ今。
ちょっと。
こっそりお聞きしたいんですけど。
(小野)はい。
ホントのとこどうなんでしょう?娘とナナリュー。
そっか。
ごめん。
しょうがないよ。
私よりお母さんの方が残念がるかも。
お母さんにもよろしく言って。
うん。
頑張ってね。
ありがとう。
(典子)じゃあまとめると付き合ってるっていうことでいいのかしら?
(桃子・莉央・小野)う〜ん…。
(小野)そういう…。
これおいしいですね。
何が入ってるんですか?何話してるの?
(小野)これおいしいなって。
名波さん来れないって。
(典子)えー!?そうなの?仕事が終わらないみたい。
不規則で大変だよね。
また次回ね。
ナナリューのためにポプリ用意しといたのに。
何で?だってお風呂大好きでしょ?
(小野)ハァー。
あれ?ジャグジーのボタンどこだ?
(ドアの開く音)えっ?あっ。
(新太郎)どうも。
(小野)すいません。
出ますので。
どうぞどうぞ。
そのままで。
(小野)えっ?いい香りですね。
(小野)あっ。
はい。
足どうぞ伸ばしてください。
(小野)あっ。
失礼します。
(桃子)つうか三上さんからいまさらバレンタインのお礼メール来た。
遅えっつうの。
仕事で忙しかったんじゃないの。
知ってると思うけど家族いるからね。
(桃子)奥さん元CAだってね。
今はグランドホステスか何か。
本人に聞いたの?
(桃子)何でも分かるし。
(莉央)そういうのやめなよ。
(桃子)でも普通調べるよね?桜木夕子のこととか?ごめんごめん。
(桃子)莉央さんは小野さんの元カノ情報集めないんですか?あっ!危ない!ごめーん。
(桃子)怖っ。
その点奏君はいいよな。
真っさらな感じがして。
(莉央)どうかな?最近の若い子は小学生とかで彼女つくっちゃう時代だよ。
奏君が!?そうなの!?知りません。
えー教えてよ!カワイイんだもん。
やめてよ。
高校生だよ?犯罪だから。
(桃子)先行投資ですよ。
あーモチベーション上がるわ。
やめなさい。
えーじゃあ誰ならいいの?ナナリュー?小野さん?三上さん?神谷さん?鈴本支店長?あっ!支店長?
(あすか・桃子)はっ?支店長といえばこの前会議室に呼び出されたでしょ?ああ。
(莉央)もしかして辞令?本店へ異動とか?いやそんな大げさじゃないけど。
いずみ証券との共同プロジェクトやらないかって。
(桃子)えっ!?すごいじゃん。
出世コースだよそれ。
(莉央)引き受けるんでしょ?う〜ん…。
(莉央)迷ってんの?3年以上はかかるって言われて。
(桃子)あ〜専業主婦の夢が3年遠のいちゃうよってこと?
(莉央)新しい仕事興味ないの?すごいありますよ。
大変そうだけどやりがいもあるし。
でも3年は大きいかな。
ナナリューは何て?結婚嫌いに相談してもね。
意味ないね。
結婚が決まってるわけでもないし断る理由もないんですけど。
会う時間も減るしね。
今もそんなにないけどね。
ハァー。
ホントは専業主婦になりたいのに仕事に熱中して10年くらいたって結局何がしたかったの?ってなったらそれ最悪じゃないですか。
真面目過ぎるんだよ。
もっと器用になりなさい。
それができたらいいけど。
私だったら勝算高い方にいくな。
それ仕事ってこと?神谷さん。
それはない。
だったら小野さん。
(莉央)えっ!?最強のコスパ男ですよ。
(莉央)まあね。
小野さんは莉央さんラブだしな。
えー?じゃあ仕事。
仕事の方がナナリューよりまだ確実だし。
それか奏っち。
(莉央)出た…。
だから高校生。
(桃子)まだ高校生ってだけですよ。
(莉央)本気?
(桃子)駄目?
(莉央)あすかの弟だよ。
本日のゲストはケントウドウさんでした。
(名波・夕子)ありがとうございました。
(トウドウ)ありがとうございました。
えいっ!
(スタッフ)はいOKです。
(スタッフ)OKです。
(夕子)どうもありがとうございました。
(スタッフ)お疲れさまでした。
お疲れさまでした。
(夕子)彼女?えっ?
(夕子)のぞいてなんかないわよ。
にやついてんだもん。
分かるわよ。
前みたいなことしないでくださいよ。
何の話?お疲れさまです。
お疲れさま。
・おはよう。
おはよう…。
おはようございます。
(神谷)この前のことだけどさ。
なかったことにしますんで。
神谷さんもそうしていただけると助かります。
(神谷)うん。
分かった。
そういえば共同プロジェクトの件聞いた?あっ。
はい。
これは個人的なことは抜きにして高梨さんには参加してほしいと思ってる。
期待してるよ。
(桃子)あっそうだ。
今度猫カフェ婚活行ってみない?うん?私はいい。
何で?動物好きはいい人多いっていうしすてきな人がいなかったら猫に逃げればいいし最高じゃん。
莉央さんは行きますよね?
(莉央)えっ?
(桃子)あれ?動物苦手でしたっけ?実は小野さんと付き合うことになったの。
(桃子・あすか・香奈)ふーん。
(莉央)えっ?驚かないの?正直やっと認めたかって感じです。
すでにお泊まりもしてるし。
あのときは何にもなかったから。
彼とは。
いやホントだよ。
この前までは付き合ってなかったから。
じゃあいつから?
(莉央)それが…。
あすかんちに行った帰りに…。
近っ!
(桃子)《あっ!私終電ヤバいんでお先》《ごめんなさい》
(小野)《お疲れ。
気を付けてね》
(桃子)えっ!?私が帰った後!?いいから黙って。
(小野)《いや〜楽しかったね》
(莉央)《うん。
あすかの家族って感じがしたね》
(小野)《お風呂入っちゃったし》《あっそういえば最近俺どう?変わった?》
(莉央)《えっ?どこが?》
(小野)《あれ?筋トレしてんだけどな》
(莉央)《えっ?何?痩せたいの?》
(小野)《ううん。
マッチョになりたいの》
(莉央)《そんなこと気にしてんの?》
(小野)《うん。
めっちゃ気にしてる》《必死だよ。
莉央ちゃんモテるから》《小野さんは結婚したい人でしょ?》《うん》《じゃあ私と付き合っても意味ないよ。
うん?》《意味あるよ》
(莉央)《えっ?》《あるに決まってんじゃん》《俺…》《莉央ちゃんのこと好きだから》《付き合ってください》《えっ!?えっ!?》《行くよ!帰ろう!》
(小野)《いいってこと?》《よっしゃー!よっしゃー!》
(香奈)はあ〜。
恋の奇跡ね。
小野さんの粘り勝ちですよ。
粘り勝ちか。
私も見習わないとな。
(香奈)粘ってストーカー扱いされたけどね。
私。
(莉央・桃子・あすか)えっ!?
(香奈)時が来たら話すわ。
それなりに覚悟がいるの。
えっ?何したんですか?あっ。
そういえば莉央さん。
結婚は?それな!
(莉央)ないよ。
(桃子・あすか)えっ?でも小野さんの気持ちは大事にしたい。
だってうれしいじゃん。
ありのままの私を好きだってあんなふうに言ってくれた男の人初めて。
しかし小野さんあの顔で…。
(香奈)それがいいんじゃない。
不細工得。
確かにギャップですね。
「俺莉央ちゃんのこと好きだから」似てない。
似てない。
似てないよね。
(莉央)やめてよ。
この調子で結婚もあるんじゃないですか。
ないよ。
まだ付き合ったばっかだし。
(桃子)まだ付き合ったばっかりって分かんない感じじゃないですか。
(小野)同棲することにしたよ。
えっ?一緒に暮らそうって。
莉央ちゃんが。
そう。
何か早いね。
7年思い続けた結果だよね。
ホントよかったよ。
で何してんの?うん?これ?これでシックスパックを手に入れようと思って。
同棲か…。
じゃあ俺も部屋探さなきゃな。
いいよ。
俺が莉央ちゃんちに行くから。
悪いよそれ。
引っ越すのがめんどくさいんだって。
向こう。
じゃあ家賃払う。
180万。
無理です。
今までどおりここにいてよ。
そうだ。
高梨と一緒に住めばいいじゃん。
えっ?一人じゃ寂しいでしょ。
寝起きのキスをする相手もいないし。
冗談じゃなくてさちょっとは焦った方がいいと思うよ。
えっ?知ってる?高梨今神谷さんと組んで仕事してるの。
新しい共同プロジェクトにも参加するみたいだし。
お前に相談したくてもできないって莉央から聞いたよ。
そう。
莉央からね。
とにかくただでさえ忙しいんだからさ無理してでももっと一緒にいる時間をつくった方がいいと思うよ。
(氷室)三上はインフルエンザなんだと。
えっ!?陰性だったんじゃ?
(氷室)もう一回調べたら陽性だったんだと。
であと3日間は出勤停止。
そこでだ。
BSの『ビジネスアップデート』お前に司会を頼みたいそうだ。
えっ?
(氷室)もうすぐ本番。
お前この後収録ないだろ?いやないですけど。
(氷室)じゃあ頼んだぞ。
いや…。
あの三上でも務まったんだから大丈夫。
(金田)お疲れさまです。
(金田)大変ですね。
はい。
ってメーク直さなきゃじゃん。
タナカちゃんファンデーション。
ナチュラル系とオレンジのやつ。
(タナカ)はい。

(神谷)はい。
失礼します。
あっ。
三上は本日体調不良でお休みを頂いてます。
代わりを務めさせていただく名波です。
よろしくお願いします。
スタッフの方から伺いました。
神谷です。
こちらこそよろしくお願いします。
では後ほど。
テレビってすごいですよね。
思いの外反響が大きくて。
この前の街頭インタビューを見た知り合いから「ホントに付き合ってるのか」とか「結婚はいつなんだ」とかね。
でしょうね。
あなたにも申し訳なかったなって反省してます。
まさか高梨さんと付き合ってるとは知らなかったから。
あれ?違いましたか?ご存じでしたか。
だったら話が早いです。
これ以上余計なことしないでください。
余計なこと?例えばキスとか?ふざけんな。
あすかは俺が見てたこと知らない。
だからあすかには絶対…。
言わないよ。
だけど一つだけいい?あなたに高梨さんを束縛する権利があるのかな?結婚はしないが手放しもしない。
都合のいい考えだよね。
だけど彼女の立場になって考えてみたら?飼い殺しみたいなもんでしょ?僕にはそんなことできないけどな。
だって彼女は結婚望んでるんだよ?自由にしてあげなよ。
あんたには関係ない。

(ノック)
(スタッフ)失礼いたします。
神谷さんメーク室までお願いします。
(神谷)はい。
分かりました。
お疲れさまでした。
(一同)お疲れさまでした。
(バイブレーターの音)はい。
お疲れ。
お疲れさま。
何してんの?帰るところ。
名波さんは?これから収録。
予定外の仕事入ってさ。
大変だね。
大丈夫?大丈夫。
あすかの声聞いたから。
フッ。
何?それ。
ムカついたこともあったけど忘れられそう。
何かあったの?ううん。
大したことない。
ホント?無理しないでね。
ありがとう。
うん。
早く会いたい。
私も。
よし。
(典子)さっきからにこにこしてる。
うん?何かいいことあったでしょ?さあ。
どうだろ。
あのさ。
うん?今度うちに連れてきていい?誰を?ナナリュー。
あら。
カレーが食べたいって言ってたから。
お母さんのカレー。
えー!?うれしい。
じゃあ極上のカレー作らないとね。
ポークとチキンどっちがいい?えっ?どっちでも。
あっ。
野菜多めにね。
あとお肉も。
具だくさんね。
分かった。
ただいま。

(メールの着信音)この書類の内容でコンプラのOK出た?
(男性)はい。
さっき出ました。
じゃあなる早で総合企画部の方に提出しておいて。
今日日銀は何か動きました?長期金利が動いてるだろ。
これだと金利水準に影響が出そうですね。
ねえねえ…。
円高なのにこの設備投資案強気だよね。
想定為替レートは確か115円だけど大丈夫かな?明日の午後お持ちいたしますので明朝改めてお電話差し上げます。
よし。
眠っ。
寝不足ですか?
(桃子)同棲初日に寝不足?いや〜莉央さん露骨!
(莉央)勝手に想像たくましくしないで。
もうさいびきがひどくてさ。
耳元でガーガーガーガー。
それきつい。
(莉央)しかも途中で止まったりするの。
「ガッ」って。
(桃子)無呼吸症候群?
(莉央)気になって試しに計ったら1分20秒ずっと呼吸してなくて。
計ったんですか?
(莉央)さすがにそれ以上は怖くて起こしたけど。
結局明け方に枕と布団抱えてキッチンで寝たからね。
おかげで化粧の乗り最悪。
(桃子・あすか)へぇ〜。
あっ。
それと朝のトイレ。
長いと思ったら漫画持ち込んでたんだよ。
あり得なくない?莉央姉さんのろけですか?
(莉央)違う。
あっおでこにおっきな吹き出物。
(桃子)あっ顎にも。
嘘でしょ?
(桃子・あすか)嘘!ちょっとやめてよ。
(桃子・あすか)あっ小野さん!
(莉央)えっ?
(桃子・あすか)嘘!
(三上)いや〜みんなごめんね。
これおわびの印に買ってきたからさ。
差し入れ。
みんなで食べて。
食べて。
おいしいんだからこれ。
(三上)ご苦労さまでした。
大丈夫ですか?
(三上)大丈夫。
はい食べて。
今あれだね。

?

?

スポンサーリンク
 

?

?

インフルの薬ってすぐ効くんだね。
だからといって外出るわけにいかないしさ家にいても退屈で退屈で『モーニングYELL』録画して3回も見ちゃったよ。
3回。
3回だよ。
(清水)いやでも三上さん。
(清水)元気になっても菌は出てるんですよ。
大丈夫だって。
熱下がってから3日たってるんだよ。
ホントですか?
(三上)ホント…。
(せき)ちなみにインフルは菌じゃなくてウイルスね。
ちょっとナナリュー。
どこ行くんだ?ああ。
ちょっと用事で。
(三上)ちょっと用事じゃないよ。
どう?いつもどおり。
じゃあおいしいってことだね?そう。

(チャイム)
(典子)あっ!来た。
はーい。
見てて。
えっ?こんばんは。
(新太郎)ただいま。
どうぞどうぞ。
狭いとこですが。
どうぞって?あすかの会社の近くで流してたんだけどね。
そう。
たまたま乗ったらお父さんで。
飯まだだって言うから連れてきちゃった。
ハハハ。
どうぞどうぞ。
上がってください。
(神谷)お邪魔します。
えっ!?えっ!?
(典子)えっ?
(神谷)こんばんは。
神谷と申します。
(典子)あっ。
どうも。
インタビューの人だよ。
ほら。
あすかの上司の。
あー!あのテレビの。
(神谷)ついさっき夕飯にお招きいただきまして。
ご迷惑じゃなければ。
(典子)迷惑だなんて。
あすかの母です。
お世話になっております。
こちらこそ。
(新太郎)まあどうぞどうぞ。
うちのカレーは絶品ですから。
ごめん。
お父さんに言うの忘れてた。
えっ!?・
(チャイム)ナナリューじゃない?名波さん。
ごめん遅くなって。
ちょっと…。
あのねちょっと想定外のことがあって…。
神谷さんがいるの。
えっ?違うの!私が連れてきたわけでもないし向こうが押し掛けてきたわけでもなくて。
じゃあ何で?詳しくは後で話すから。
だからごめん。
今回はちょっとそういうことで。
いいよ別に。
えっ?俺は大丈夫。
いやちょっと…。
大丈夫じゃない。
ちょっと待って!大丈夫だよ。
あのこれどうぞ。
ありがとうございます。
どうぞ。
お邪魔します。
お邪魔します。
(新太郎)あっ!ナナリュー。
あれ?僕たちよく会いますね。
こんばんは。
あっ!テレビでご一緒?
(新太郎)あっ!ああー!テレビであー!お口に合いますか?おいしいです。
ご主人が絶賛してた意味が分かります。
(典子)ありがとうございます。
あのいまさらですけどインタビューの件すいませんでした。
(新太郎)あー!
(典子)最初は驚きましたけれど娘がまさか全国放送でデビューできるなんて。
ホント面白かったですよ。
(神谷)そうですか?すいません。
悪乗りしちゃって。
(新太郎)いやいやもう…。
えー!?って思ったけど。
(神谷)高校何年生?
(奏)3年です。
(神谷)受験生?
(奏)もう終わったんで。
(典子)バスケットの推薦で。
(新太郎)運がいいんですよ。
実力ですよ。
すごいね。
知り合いに関係者がいるんだけどプロバスケの試合今度行く?いいんですか?少し遠慮しなさいよ。
いいって。
行く?
(奏)はい。
すいません。
じゃあ携帯教えて。
(奏)はい。
ナナリューさん。
お代わりどうですか?あっ。
じゃあ少しだけ。
少しだけ?普通盛りで。
OK。
はい。
ありがとう。
(典子)神谷さんはまだいいわね。
(神谷)はい。
(奏)姉ちゃん大盛り!自分でやりなって。
(奏)はあ?
(新太郎)自分でやれ。
自分で。
(奏)はあ?ねえどうなってんの?面白いけど。
うるさい。
人ごとだと思って。
これから修羅場?はっ?
(典子)あのうちの子ちゃんとやってます?もちろんです。
(典子)真面目なんですけどねそそっかしいところがあるから心配してるんですよ。
皆さんにご迷惑をお掛けしてるんじゃないかって。
あすかさん優秀ですよ。
それに頑張り屋でみんなに頼りにされてます。
(典子)そうなんですか。
僕の良きパートナーです。
(新太郎)いや〜そう言っていただけたらな。
これからもよろしくお願いします。
こちらこそよろしくお願いします。
(新太郎)よかったな。
ハハハ。
(典子)あすか。
お父さん寝ちゃいそう。
ちょっとここで寝ちゃ駄目だよ。
(典子)奏。
連れてくのちょっと手伝って。
(奏)えー?手伝います。
(典子)いえいえ…。
奏!
(奏)分かったよ。
よいしょ。
重たい。
(奏)いいよ姉ちゃん。
ありがとう。
(奏)行くよお父さん。
酔うなら飲むなよ。
(新太郎)あー!大丈夫ですか?
(奏)ありがとうございます。
行くよ。
おやすみなさい。
(新太郎)ごゆっくり。
楽しいお父さんだね。
神谷さん。
はい。
何でいるんです?ほっといてくださいって言いましたよね?ごめん。
こんな話したらバカみたいだけどすごい縁だなと思って。
だってたまたま乗ったタクシーが高梨さんのお父さんだよ。
しかも僕に気付いてくれた。
そういう偶然たまにありますよ。
いやないって。
運命かもよ。
いいかげんにしろよ。
今は他の人のことは考えられないんです。
ホントにいいの?結婚できないかもしれないよ?まだ分からないから。
大丈夫かな?条件並べて相手を選ぶような人よりはいいんじゃないですか。
相手の気持ちを知ってて無視するほど残酷な条件は僕はないと思うよ。
無意識のうちに相手を苦しめてること自覚した方がいいよ。
それでも…。
一緒にいたいんです。
ごめんなさい。
そろそろ帰るね。
ご両親によろしくお伝えください。
じゃあまた。
何かごめん。
俺こそごめん。
俺もそろそろ帰るね。
カレーうまかった。
お母さんに伝えといて。
うん。
いい家族だね。
ありがとう。
あすかが家庭を持ちたいって言ってたの分かる気がするよ。
名波さんのご両親はどんな人?今の父親2人目なんだ。
1人目は全然覚えてない。
母親は俺を育てるために再婚したんだけど俺にとっては息苦しい場所でしかなくて。
母親も全然幸せそうに見えなくてさ。
たぶん幸せじゃなかったと思う。
俺は結婚が信じられない。
まああすかんちみたいにうまくいく人もいるだろうけど。
たぶん俺は駄目な方。
だからあすかがどうしても結婚したくてこの先ふさわしい人が現れたら遠慮なく俺を捨てていいから。
分かった。
その方が名波さんも気が楽なんだね。
だったらそうしよう。
でも覚えておいて。
私が結婚したいのは名波さんだけだから。
これからも結婚したいってずっと言い続けるよ。
だから名波さんも嫌だって何度でも言ってね。
嘘だな。
やっぱたまにぐらいにして。
分かった。
たまにね。
そんな感じで。
あすか。
うん?2人で暮らしてみない?えっ?この先どうなるか分かんないけど何か今すっげえあすかと一緒にいたい。
えっ?すっげえ?そう。
すっげえ。
小野に後れを取ったっていうのがちょっと悔しいけど。
考えておきます。

(鈴本)高梨君。
どうかな?例の話返事聞かせてくれるかな?はい。
プロジェクトぜひやらせてください。
(香奈)何にやにやしてんの?
(桃子)奏っち。
えっ?はっ?
(桃子)やっぱカワイイ。
(香奈)ちょっと見せなさいよ。
あらカワイイ!誰?これ。
私の弟です。
じゃあ桃ちゃんと弟君結婚したら姉妹じゃない?まだ未成年だから。
(香奈)あっ。
そこいっちゃった?この間まで三上さんだったよね?しょせん人のものでしょ。
アップデートは早めにしないと。
相変わらずですね。
ですね。
あっ。

?

?

スポンサーリンク
 

?

?

この前の件どうなったの?うん?プロジェクト?うん。
正式に引き受けました。
よかったじゃん。
私もやった方がいいと思ってたよ。
(桃子)うん。
よかった。
でもそのせいで婚期逃した人何人も見てきたけどね。
やめてよ。
(莉央)ナナリューには伝えたの?うん。
今夜言うつもり。
(スタッフ)23時再開でお願いします。
(スタッフ)23時再開です。
(スタッフ)お願いします。
(バイブレーターの音)
(女性)もしもし。
(夕子)名波君の彼女さんよね?あっ。
はい。
(夕子)初めまして。
桜木夕子です。
名波君にはお世話になってます。
彼ってちょっと優し過ぎるのよね。
だからついつい甘えちゃうっていうか。
ごめんね。
ねえ好き?えっ?
(夕子)お酒。
あっ。
はい。
じゃあ仲良くなれそうな気がする。
今度一緒に食事でもどう?えっ?2017/02/20(月) 21:00〜21:54
関西テレビ1
突然ですが、明日結婚します #05[字][デ]

ライバルのキスで揺らぐ、結婚したい女と結婚したくない男。偶然という名の運命で、女の実家でライバルとの直接対決に!月9史上最も××な入浴シーンは必見!笑

詳細情報
番組内容
打ち合わせを終えたあすか(西内まりや)は、神谷(山崎育三郎)に小野(森田甘路)のマンションまで送ってもらう。ところがそこで、神谷は、いきなりあすかにキスをして彼女を怒らせる。実は神谷は、帰宅途中だった名波(山村隆太)が近くにいて、その光景を見ていることに気づいていた。
あすかは、莉央(中村アン)や桃子(岸井ゆきの)と一緒に小野の部屋でお好み焼きパーティーをする。やたらと明るく振る舞っているあすかを
番組内容2
そっと見つめる名波。その席で小野や桃子らは、今度はみんなであすかの実家に集まろうと盛り上がる。
別の日、あすかは上司から、いずみ証券と新しく始める共同プロジェクトを担当しないか、と打診される。3年ほどのプロジェクトで、キャリアアップにもつながるという。
数日後、莉央たちは、約束通りあすかの実家を訪れる。典子(石野真子)と新太郎(古〓寛治)は、大歓迎でみんなを迎え入れた。だが、名波だけは、
番組内容3
夕子(高岡早紀)の都合で番組の収録のスケジュールが変更になり、結局参加できなくなってしまう。
そんななか、名波は、インフルエンザで休むことになった三上(沢村一樹)の代役で、経済番組の司会を頼まれる。そこで名波は、出演者のひとり、神谷の控室にあいさつに行くが…。
出演者
西内まりや 
山村隆太(flumpool) 
山崎育三郎 
中村アン 
岸井ゆきの 
森田甘路 
葉山奨之 
山賀琴子 
鍵本輝(Lead) 
加藤諒 
古〓寛治 
椿鬼奴 
石野真子 
高岡早紀 
杉本哲太 
沢村一樹
スタッフ
【原作】
宮園いづみ『突然ですが、明日結婚します』(小学館『プチコミック』) 

【脚本】
山室有紀子 
倉光泰子 

【音楽】
やまだ豊 
安田寿之 
西口悠二 

【主題歌】
「Motion」西内まりや(SONIC GROOVE) 

【プロデュース】
後藤博幸 
大木綾子 

【演出】
並木道子 
石井祐介 

【制作著作】
フジテレビ