読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

全文書き起こしサイト

地上波テレビの字幕を全文書き起こします

スポンサードリンク

セリフ書き起こし サザエさん【酔えないマスオさん ほか】 2017.02.26

(サザエ)サザエでございます。
・「お魚くわえたドラ猫」・「追っかけて」・「はだしでかけてく」・「陽気なサザエさん」・「みんなが笑ってる」・「おひさまも笑ってる」・「ルールルルルルー」・「今日もいい天気」・「買い物しようと街まで」・「出掛けたが」・「財布を忘れて」・「愉快なサザエさん」・「みんなが笑ってる」・「小犬も笑ってる」・「ルールルルルルー」・「今日もいい天気」
(タラオ)いってらっしゃいです。
あっ…うわ!
(波平・サザエ)あっ!
(波平)いや一人で起き上がらせなさい!甘やかすばっかりが親の愛情じゃない。
だってかわいそうじゃない。
おおよしよしよし。
痛いの痛いの飛んでいけ〜。
(波平)このごろの若い者は子供のしつけ方を知らんな。
(フネ)そうですねぇ。
あっすみません。
お靴お脱ぎなさい。
(子供たち)ん?しつけのコツですか?
(花沢の父)お客さんでやんちゃなお子さんに手を焼いてる人がいまして。
(花沢の父)ぜひお知恵を拝借できればと。
私は特別なことは何も…。
いやぁ磯野さんのしつけの素晴らしさはお子さんを見ていれば分かりますから。
コツというわけではありませんが一度厳しく叱ってみるのもいいかもしれませんな。
あっなるほど磯野さん。
まさにしつけの達人ですな。
いやいやしつけに大切なのは絶対に言い訳を許さんことです。
(波平)ただいま〜!ずいぶん遅かったですね。
いやぁ…。
花沢さんに誘われてしまって。
いいえ。
言い訳は結構です。
(波平)はい…。
・カツオ!待ちなさい!
(カツオ)ああ〜!何を騒いどるんだ!カツオったら宿題をするって約束したのに遊びに行こうとしてたのよ!

スポンサーリンク
  (カツオ)少し息抜きをしようと思っただけだよ。
カツオ約束は守りなさい。
守れないなら約束はしちゃいかん。
はい…。
(男性)ごめんください。
失礼ですが…。
(男性)花沢さんからうちの子をしつけてくださると聞きまして。
えっ!《しつけなら私に任せておきなさい》た…確かに言いましたが…。
うちの子をよろしくお願いいたします。
でお子さんはどちらに?
(ラッキー)ワンワン!
(波平)犬!ああ!やんちゃな子ですがよろしくお願いします。
は…はあ…。
(フネ)それで預かることにしたんですか。
たとえどんな形であれ約束してしまったからな。
やっぱり約束は守らないとね。
僕も宿題を終わらせたんだから。
あっ…うむ。
でも父さん犬のしつけなんてできるの?
(マスオ)タマとは勝手が違うでしょうし。
まあ何とかしてみよう。
よーし。
ラッキーいくぞ。
お手。
おかわり。
ありゃ…。
(カツオ)この犬何もできないみたいだね。
(波平)なーに!まだまだこれからだ!いいか?このボールを取ってくるんだぞ。
(ラッキー)ワンワン。
(ワカメ)駄目よラッキー。
(タラオ)汚れちゃうです。
(3人)あ〜っ!あ〜っ!早く捕まえて!
(カツオ)待て待て待て〜!
(ワカメ)待て待て〜!
(タラオ)わーい!
(波平)これで逃げられんぞ!おっ…ああ!どこに行ったんだ?ああ…どこにもおらんぞ。
(タマ)ニャ〜。
(フネ)うん?あらタマ。
(ワカメ)こんな所にいたのね。
もう困ったやつだな。
(タマ)ニャーン。
さあ出ておいで。
うーむ…。
こっちにいらっしゃい。
ワンワン!ずいぶん懐いてるじゃないか。
雄だから美人が好きなのよ。
姉さん犬から見たら美人なんだね。
それどういう意味よ!甘〜い匂いがするです。
そういえばおやつのホットケーキ作ってたっけ。
何だ。
おなかがすいてただけじゃないか。
飼い主さんから預かったドックフードをやろう。
ワンワン!ワン!もう現金な子ね。
フゥ。
食事の間はさすがにおとなしくしてるだろう。
ワンワン!ワンワン!
(波平)もう食べ終わったのか。
おなかがいっぱいになったら元気になっちゃった。
仕方ない。
僕が何とかするよ。
(カツオ)わが家の隣には頼もしい先輩がいるじゃないか。
ハチですか?人の言うことは聞かなくても犬の先輩の言うことならきっと聞くよ。
ハチ。
先輩として色々教えてやって。
ワンワン…!ハチでも駄目か…。
お父さんどうしたの?散歩をしながらしつけをしてみようかと思ってな。
さあわしの後に付いてくるんだぞ。
ワン!
(波平)おっと!ちょ…ちょっと待ってくれ!うん!?ひっひっひっ…!フゥ…。
ご苦労さまでした。
わしには犬のしつけは無理だった。
仕方ありませんよ。
子供たちにするのとは違いますからね。

(足音)
(波平)何だ?カツオ!待ちなさい!すぐに追い掛けたりしないって約束したじゃないか!あんたがいたずらするからでしょ!
(ラッキー)ワンワン…!いいかげんにせんか!2人とも座りなさい!まあ…。
(波平)うん?
(波平)お手。
すごいよラッキー!まるで犬が変わったみたいですね。
わーいです!
(笑い声)・
(花沢の父)ごめんください。
ラッキーがこんなにおとなしくなるなんて。
どんなしつけをしてくださったんですか?どんなと言われましても…。
犬までしつけてしまうなんてやっぱり磯野さんはしつけの達人ですな。
いやぁハハハハ…。
お前はどうも落ち着きが足りん。
昔の金言にも「目は人間の眼なり」という言葉がある。
やだ〜。
「目は心の窓」でしょ。
アハハハ。
そうかそうか。
アハハハハ。
お父さん。
もっとちゃんとしつけをなさらなきゃ駄目じゃありませんか。
はい…。
(一同)仰げば尊し…
(ビートたけし)卒業生の皆さん!本大学で学んだことは社会では一切役に立ちません!
(一同)えーっ!?ただ!最後に一つだけ。
食べ物のCMは好感度の高いタレントがうまそうに食べりゃいいんだ!
(橋本)おいしい!
「カップヌードル」
何が「CRAZYMAKEStheFUTURE.」だ!
(一同)キャー!!いまだ!バカやろう!
(小林)学長!それ…。
二度と出るかバカやろう!
(警報音)ビー!ビー!ビー!
(子ども)あっ彗星だ!ざまあみろバカやろう!ハッハッハ!
(ワカメ)お姉ちゃん。
うん?曲がってる。
真っすぐ切ったわよ。
曲がってるわよ。
見た目には分からないけど。
フフフフ。
あらカツオ。
自分の部屋で読みなさいよ。
ワカメに追い出されたんだよ。
《お兄ちゃん。
これから服を選ぶから邪魔よ》髪を切り揃えたら今度は服選び?これはどう?
(ワカメ)ちょっと…。
それでいいじゃないかい。
(ワカメ)駄目よ。
一番似合うのにしないと。

(タラオ)ママ。
なーに?ちょっと来てください。
おばあちゃんが呼んでるです。
(フネ)私が選んだのじゃ気に入らないらしくて。
一緒に選んでくれないかい?ワカメは姉さんまで巻き込んでうるさいことを言っているのか。
言ってるです。
どう?満足?うん!ウフフフ。
もういいわよ。
やっとだよ。
(タラオ)お部屋に入れるですね。
やれやれだね。
(カツオ)僕もやれやれだよ。
ママお洗濯は?いけない!途中だった!・
(鼻歌)うん?お父さんが言ってた。
《まだつぼみだが毎年見事な花を咲かせるんだ》《今度散歩に来るころには…》咲いてる!どうかされましたかな?見事な梅なので見とれてました。
こりゃお若いのに風流な。
お父さんの受け売りです。
ハハハハ。
お父さんが風流なお人のようじゃな。
よかったら中からご覧になられますかな。
庭からの眺めの方が趣がありますぞ。

スポンサーリンク
  奇麗!いい匂い!毎年楽しみに見てゆかれるんじゃったらお父さんにもお寄りくださるようお伝えくだされ。
(ワカメ)はい!
(おじいさん)一枝切ってさし上げましょうかな?えっいいんですか?お父さんにも見せてあげるといい。
(ワカメ)あっそんなにいいです。
これくらい。
ハハハハ。
欲がないのう。
(ワカメ)あっそれじゃなくて。
(おじいさん)ん?ちょっと待ってください。
(おじいさん)うん?うーん…。
フフ。
それお願いします。
(おじいさん)これかな?はい。
(ワカメ)ありがとうございます。
フフフ。
おおよくお似合いじゃ。

(『春が来た』のハミング)
(花沢)ワカメちゃん。
(ワカメ)花沢さん。
何かうれしいことでもあったの?これ。
(花沢)あらよくできた造花ね。
本物みたい。
(ワカメ)本物よ。
花子何するんだ。
どう?父ちゃん。
(花沢の父)う…うん。
《花子にも女の子らしいところがあったんだなぁ》
(フネ)すてきだねぇ。
ワカメもなかなかセンスあるじゃない。
お父さんにも見せてあげるの。
花が咲くのを楽しみにしてたから。
だったらつぼみや花が落ちないように気を付けないと。
だから戻ってきたの。
これじゃ遊べないでしょ。

(鼻歌)ワカメ。
(ワカメ)おかえり。
どこへ行くんだ?
(ワカメ)遊びよ。
あれ?あの服は着替える前の…。
(カツオ)だったら大騒ぎして着替えることなかったじゃないか。
ワカメに言わせれば着替えていったから梅の花が手に入ったんですって。
だったらわざわざ前の服に着替えなくても梅だけ置いていけばいいじゃないか。
あの服にぴったりだから外したくないんだって。
変なところにこだわるんだなぁ。
ワカメの梅を挿した服どこにあるんだ?カツオ兄ちゃんが心配って言ってたです。
それで隠したんだな。
誰も分からないです。
あら!ワカメったらこんな所に!あっ。
わっ!
(カツオ)接着剤で付けたら?そんな小細工はいけませんよ。
ワカメ納得してくれるかしら…。
大騒ぎするね。
ワカメ父さんに見せることにこだわってたから。
じゃあ待ってて。
(タラオ)どうするですか?訳を話して新しいのをもらってくるよ。
(カツオ)ん?留守だ…。
《どこか梅の咲いている家は…》・
(花沢)磯野君!フフフ。
(カツオ)何?花沢さん。
どう?
(カツオ)うん?
(花沢)よっと。
(花沢の父)花子!磯野君にあげちゃったから。
どう?分からないよ。
おんなじです。
何で私の洋服だんすに?お姉ちゃんの所が一番安全だからよ。
ほら無事だった。
お父さんワカメの梅に気付くかね。
そうよねぇ。
ワカメをがっかりさせなきゃいいけど。

(戸の開く音)・
(波平)ただいま〜。
帰ってきた!おかえりなさーい!
(波平)ほう。
梅だな。
分かった?
(波平)咲くのを楽しみにしておったからな。
(ワカメ)これあそこの梅よ。
そうか。
咲きおったか。

(カツオ)マスオ兄さん。
(マスオ)うん?わあ!びっくりした!幽霊のような現れ方するなよ。
ちょっとお話ししたいことが…。
(マスオ)声まで震わせるなよ。
(マスオ)ワカメちゃんすてきだよ。
よーく似合ってるよ。
フフフフ。
(ワカメ)みんなありがとう。
(波平)何がだ?色々。
これも新しいのにしてくれて。
気付いてたのか。
私が選び抜いてもらってきた梅だもの。
同じ形をしていてもすぐに違うって気が付いたわ。
それなのに黙っていたのかい?みんな私のためにやってくれてるんだもの。
お母さんもお姉ちゃんもお兄ちゃんもタラちゃんも。
ワカメ…。
そこに気付いたワカメも偉いぞ。
(マスオ)ワカメちゃんも大人になりましたね。
姉さん!また厄介なことになるよ!どうしたの?ワカメがスイセンの球根をもらって帰ってきた。
え〜っ。
(満島)考える前にカラダが動く。
ふふっ。
吸引力だけじゃない使いやすさの東芝「トルネオVコードレス」
ピンときちゃった。
羽釜の「高さ」がお米の「旨さ」につながる
毎日おうちでかまどの炊き上がり
(満島)ふふふっ。
東芝「かまど本羽釜」
ピンときちゃった。
うちでも生まれたんだよ。
(マスオ)そりゃおめでとう。
君も一緒に見に行ってくれよ。
(マスオ)ああいいとも。

(歌声)ほら君の子だよ。
おい君…。
うう…。
彼の方が先に酔っちゃったもんだから酔う機会を失ってしまった…。
うう…。
このまま帰るのは何とも中途半端だなぁ。
ええ分かったわ。
じゃ気を付けてね。
マスオさん次長さんのところで飲み直すんですって。
それならうちに帰ってくればいいのに。
わしが相手になるぞ〜。
お父さんはもう無理ですよ。
わしはまだまだ酔ってはおらんぞ。
限界です。
ほらサザエ。
はい。
さっ父さん。
ほいっと。
(波平)わしはまだ…。
はい休みましょ休みましょ。
こんな時間にどうかと思ったけど…。

(次長)《フグ田君!すぐ来てくれ!》次長がそんなに僕と飲みたがっていたとは知らなかったなぁ。
(チャイム)・
(足音)フグ田君いいところに来てくれた。
さっきまでマージャンで一緒だったよな。
なっ…なっ?
(マスオ)は…はい!まあ!それに先日はお邪魔さまでした。
はあ?大雪の晩君のうちに泊まったことになってるんだ。
(マスオ)《えらいところに来た…》だいぶ飲んでしまったけど酔った気がしないなぁ…。
ん?失礼ですが…。
(警察官)はい?3人ですよね?
(警察官)そうですが。
やっぱりまだ酔ってはいないなぁ。
ただいま。
おかえりなさい。
うう〜寒かった。
あら次長さんのところで飲んでこなかったの?飲んできたよ。
そのわりには全然酔ってないわね。
酔えなかっただけだよ。
まあ。
何か酔えない訳でもあったんですか?あっいえ…まあ。
よそのお宅じゃなかなか酔えんもんだよ。
あらお父さん。
まだ寝てなかったの?酔いがさめたら目まで覚めてしまった。
マスオ君酔えないまま布団に入ってもなかなか眠れんぞ。

スポンサーリンク
  (マスオ)はあ…。
少し飲んでからの方がいい。
そうする?そうだね。
(波平)よし。
わしが相手をしよう。
やめてください。
さあさあ休んで休んで。
(波平)いやわしはその…。
外で酔えなかった分うちでゆっくり飲んで休んでね。
あしたは休みなんだから。
ありがとうサザエ。
父さんもう起きてこないかしら?そうね…。
(波平のいびき)もう大丈夫。
マスオさん。
あっ…。
(寝息)
(カツオ)お父さんゆうべ僕たちの部屋に来なかった?行っとらんぞ。
(カツオ)じゃ夢か。
お父さんが来てた感じがしたんだけど…。
私も感じた。
お父さんのにおいがしたもん。
わしのにおい?お酒を飲んだときのにおい。
(波平)うっ…。
お父さんゆうべ子供たちの部屋に行ったじゃありませんか。
(波平)何?《お父さん起きちゃいますよ》《子供たちの寝顔を見とるだけだ》《さっ父さん》やっぱり来てたんじゃないか。
(波平)まったく覚えとらん。
ずいぶん酔ってましたからね。
僕のお部屋にも来たですか?いくら酔っておってもタラちゃんの部屋には行かんよ。
ええ行かなかったわ。
どうして来ないですか?タラちゃんの寝顔はパパが見るからだよ。
パパ見るですか?いつも見てるよ。
でもおじいちゃんみたいに酔っぱらいながら見てたりはしないわよ。
うっ…。
ゆうべだって帰ってきたとき酔ってなかったし。
(カツオ)お父さんとは大違いだね。
いちいちわしを持ち出すんじゃない。
お酒強いんじゃない?マスオお兄さん。
そんなことないよ。
僕にだってとことん酔っぱらうときはあるよ。
それだってめったにないよね。
マスオさんはいつも幹事さんでもないのに酔いつぶれた人たちの面倒を見たりお友達を送っていったりして落ち着いて酔っていられないからですよ。
父さんと飲んできたときだってそうよねぇ。
《お父さんもうすぐですよ》分かったからもうわしを持ち出さんでくれ。
ゆうべずいぶん迷惑掛けたみたいだねお父さん。
だいたいマスオさんは気を使い過ぎるのよ。
もっと父さんみたいに…あっ!ウフフフ。
かわいそうだなマスオ兄さん。
(ワカメ)何が?酔いたくても酔えないからだよ。
お酒をたくさん飲めば酔えるんじゃないの?駄目駄目。
マスオ兄さんにはブレーキが付いてるから。
ブレーキ?《もう1本!》《やめておこう…》お姉ちゃんがいないところならいいんじゃないの?だーめ。
姉さんがもうマスオ兄さんの頭の中にブレーキとして入り込んじゃってるからね。
それじゃどこに行っても酔えないわね。
フフフフ。
(マスオ)何をするんだい?いいこと。
こっちこっち。
それ!
(マスオ)ああ〜!まあ昼間っからなーに?マスオさんに何てことするのよ!酔った気分を味わわせてあげようと思って。
そんな心配は無用です!ちゃんと本物で味わわせてあげるつもりなんだから。
さああなた。
今夜は思いっ切り酔っていいわよ。
ありがとうサザエ。
サザエ。
お父さんを喜ばすだけじゃないのかい?さっお父さんどうぞどうぞ。
(波平)おおすまんね。
(マスオ)さっもう一杯。
あれだもの酔えっこないよ。
さっマスオ君。
(マスオ)ああいえいえ。
ささっお父さん。
(波平)おう。
ぷは〜っ!
(マスオ)いや〜!いい飲みっぷりですね!・「大きな空をながめたら」・「白い雲が飛んでいた」・「今日は楽しい今日は楽しい」・「ハイキング」・「ほらほらみんなの」・「声がする」・「サザエさんサザエさん」・「サザエさんはゆかいだな」さーて来週の『サザエさん』は?
(波平)波平です。
まだまだ寒い日が続きます。
体の芯まで冷える夜は熱かんできゅっと一杯。
ああ〜生き返りますなぁ。
さて次回は…。
来週もまた見てくださいね。
2017/02/26(日) 18:30〜19:00
関西テレビ1
サザエさん[字][多]【酔えないマスオさん ほか】

▽波平しつけの達人
▽酔えないマスオさん
▽こだわりのワカメ

詳細情報
番組内容
アニメ『サザエさん』が生まれたのは、昭和44(1969)年10月5日、フジテレビで第1回が放送されたのがはじまりです。番組開始当初は、ドタバタ喜劇の色合いが濃く、画風も現在のものとは、かなり異なっていました。
いつも暖かさと楽しさと、そして平和な家族の代表のように、誰からも愛され、親しまれている“いい家族サザエさん”
常に豊かでほのぼのとしたアニメ『サザエさん』をお茶の間にお届けします。
出演者
サザエ: 加藤みどり 
カツオ: 冨永みーな 
ワカメ: 津村まこと 
タラオ: 貴家堂子 
フネ: 寺内よりえ 
マスオ: 増岡弘 
波平: 茶風林 

ほか
スタッフ
【原作】
長谷川町子