読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

全文書き起こしサイト

地上波テレビの字幕を全文書き起こします

スポンサードリンク

書き起こし 徹子の部屋 園まり&中尾ミエ&伊東ゆかり 2017.02.27

徹子の部屋

(黒柳)さあ皆さんこの3人の可愛いお嬢さん。
まあお顔をご覧になればどなたか大体おわかりになると思いますけどもお待たせいたしました。
今日のこの可愛いお嬢様方がこの方たちでいらっしゃいます。
どうぞご覧ください。
「ご覧ください」…。
園まりさん。
こんにちは。
中尾ミエさん。
こんにちは。
そして伊東ゆかりさん。
こんにちは。
3人娘ということで…3人揃えば3人娘ということで…。
(拍手)結成は55年前ということでございますからもう相当すごいんですけども。
そうじゃないんです。
中尾ミエさん何?機嫌が悪いんじゃないの?大丈夫?なんでですか?知らないけど私の顔を見て「ええええ。
そうそうそうそう」ってさ。
いやいやもうあまりにも『徹子の部屋』に頻繁に出させていただいてもういい加減喋ることもないんじゃないかと思って。
大丈夫大丈夫。
もう徹子さんもうんざりしてるんじゃないかと。
あなた髪の毛色変わったの?いいえ。
変わりません。
そう?なんかさ…。
白いのが増えただけです。
後ろのほうの茶色いのはそれは染めてるの?そういうふうに。
そうそう。
一応。
可愛いね。
犬そういうのいるね。
犬さ…そういう犬。
いますね。
いますこの頃ね。
可愛い。
ねえ可愛い可愛い。
今大体一番下の方はどなたぐらい?はい。
おいくつ?はい?御年ですか?うん。
私は4月の生まれですのでまだ60代です。
そうですか。
だから4月が来るとみんな代替わり。
みんな一緒になる。
そうなの?70?ええ。
ところがね『徹子の部屋』にいらしてくださった時3人娘じゃなかったんだけど皆さんバラバラに出てくださったのに同じ年に出てたのね。
そうですか。
あれものすごく不思議なんです。
1979年にですねまず9月に園まりさんがお出になったんですよね。
えー嘘みたい。
あら!うわっ。
こんなでいらしたのね。
可愛い。
この頃のねちょっとビデオが残ってないので残念なんですけど。
えー。
園まりさん。
それから中尾ミエさんがその次お出になったの11月に。
たばこ吸ってるの?あなたこれ。
嘘ばっかり。
まさかそんなことないでしょ。
違う?指付きがさなんか指付きがちょっとね。
それから伊東ゆかりさんがそのあとにいらっしゃった。
あら気取っちゃってる。
でも91112ってねトントントンとそこで3人娘が偶然ですよ。
そうですね。
3人娘っていうことじゃないんだけど来ていただいたらそういうふうになったということで。
一番最初の子供の頃のお写真をちょっともう一回見せていただきます。
別に皆さんはこの頃から歌って…。
あっ伊東ゆかりさんもう歌って…。
ちょっと見せて。
左側伊東ゆかりさんなんですけど。
ゆかりさんもう歌ってたわよね。
歌ってましたね。
もうこの頃歌っていらしたの?これはたぶん『クワイ河マーチ』の頃だと…レコーディングの…と思います。
この方もう芸能生活60年以上ですから。
あなた6歳ぐらいから歌っていらしたのね。
一応6歳…。
進駐軍って言ってましたけどその時から歌って。
これがそうです。
可愛い。
可愛かったでしょうねこんなのね歌ったらね。
真っ赤っ赤な口紅つけて。
英語で歌ったの?はい。
英語で。
あっお父さん出てきたわよ。
お父さんそっくり。
父です。
見て。
「キングレコード吹込所」だって。
スタジオですよあれ。
講談社の裏にあったんですよ昔。
へえー。
木造のスタジオ。
「消防」?時代を感じますね。
お父さんと仲が良かったの?懐かしい。

スポンサーリンク
  お父様音楽家でいらしたっけ?ベース弾いて。
そうですよね。
発声練習なんかは鬼みたいでした。
そう?お父さんが?父が。
でも随分足長い可愛い子だったのね。
足長かったですね。
足長かったですね。
なんかお風呂屋さんへ行ってうちの父が足をこうやって揉んだらしいですよ。
長くなれって?長くなれって。
そんなことで長くならないわよ。
そのね効果はなかったみたい。
でもそれはあるってよく言いますよ。
えっ?よくそれはあるって言う。
いやいや。
うちの母親みんなやってましたけど長くなりませんでしたよ。
そう?ええ。
よく寝かせてこういうふうに…。
これミエさん。
ミエさん可愛かったのよね。
可愛い!ウサギみたいで可愛い。
可愛い。
すごい可愛いの。
これはまだね全然私デビューしてないと思います。
まだね可愛くないことは言わなかったこの頃はね。
ハハハ…。
可愛いってみんなが思って。
私お会いした頃こんな感じだったかしらね。
これは…これはもうデビューしてますかね。
そうですよ。
私お会いしたと思いますよたぶん。
あなたはあそこに住んでいらしたのよね?渡辺プロ?渡辺プロに。
ゆかりと一緒です。
私も一緒に。
そうだったの?ゆかりさんと一緒に生活…。
園さんは別だったの?はい。
自宅から。
自宅から?はい。
通わせていただいて。
これなんかブロマイドみたいな感じね。
ブロマイドですよ。
ブロマイドなの?だって…童謡歌手をやっていたんですよ。
童謡歌手?キングレコード時代で。
みんな小さい頃から働いてるでしょう?やってましたね。
母の髪形ぴったりで。
同じで?全部生き写しみたいに母がコーディネートして…。
何歳ぐらい?小学校の5年生でしたね。
そう。
あららららららら。
これは学校の学園祭で。
そうだわねきっとね。
小学校の。
もう一生懸命歌ってるっていうか歌が好きでもなかったのに一生懸命やってましたね。
でもゆかりさんはなんか全然笑わない子でノースマイルって言われてたんですって?ノースマイルという兵隊さんたちにあだ名…あだ名っていうかニックネーム。
これそうですか?これ。
まあ気の毒な。
ノースマイル?もうねもうまさにね働かされてたって感じでしょ?後ろでベース弾いてるのはうちの父ですね。
そう。
でもお父様がいらしたからね。
コントラバス。
でもまあ良かったですよね。
でもあれ前に座ってるのは進駐軍ですかね?これは結構位の高い将校さん。
将校クラブね。
たぶんねこれ聖路加病院だったような記憶私ではね記憶があります。
皆さん何だかもう気の毒な…みたいな顔をして聴いてるんだけど。
こうやって見るとあなた小さいよねやっぱりね。
小さい。
小さいです。
でも可愛い。
マイクのほうが大きいですね。
でもミエさんはあれでしょ?家を建てるからって宣言なすって。
はい。
ええ。
本当に建てたんですって?はあ…。
建てました。
すごい。
偉いわね。
いやいやいや…。
一番ねしっかり…。
今もその家に住んでるっていうのもね。
すごいよね。
何歳の時建てたの?一応二十歳です。
二十歳?すごいわね。
二十歳の時に家建てた…。
いやいやいや。
その気になったら建ちますって。
その代わり借金はするんですよ。
一番最初の結成の3人娘の時は『若い季節』にいらした時?あの時もう3人…。
もっと前ですね。
もっと前だったの?…と思います。
あっそう。
『スパーク・ショー』っていう番組がありましてねそのために私たちマスコットガールとして…。
可愛い。
結成したんです。
12年前に再結成なさいましてあなた方が。
その時のVTRがありますからちょっと見てみていただいて。
12年前ですからあんまり変わってない…。

(3人)「VACATION楽しいな!」2005年。
ねえ元気。

(3人)「ギラギラと輝く太陽背にうけて」「青い海泳ぎましょ」「I’mgonnaknockonyourdoor」「Ringonyourbell」「でておいでよ」「でてくるまではいつまででも」「ドアをトントントントンベルをリンリン」「たそがれのローマ」「夏の陽ローマ」「トレヴィの泉に」「沈む陽よ」奇麗ね。
「可愛いベイビー」
(観客)「ハイハイ」「可愛いベイビー」
(観客)「ハイハイ」「可愛いベイビーと呼ぶのは」相変わらず肌出してるねミエさん。
この方水泳やっているからね。
ずっともうねみんなほとんどデビュー曲ですからね50年以上歌ってる…。

(3人)「待ちましょうめぐり逢える」「その日を」
(中尾・園)「その日を」「静かに」
(中尾・園)「静かに」
(3人)「静かに」「待ちましょう」すごい。
涙が出てきちゃう。
懐かしい?すごい。
だっていまだに歌ってますもんあれ。
本当にね。
だって…まあね『可愛いベイビー』一曲で50年ってさ…。
前に言ったけどもっとになったわねもうね。
そうですね。
60年ぐらいになりました?でもこの再結成の時なんか気がのらない人がいたんですって?誰か。
私さ。
まりさんが。
まりさんが?はい。
あの…。

スポンサーリンク
  でもそれこそもう散々ねあちこちで。
でも12年前ってそんなに変わらないですね。
そうねほとんど同じ。
でも踊りなんかは悪くなってない?でもなんかすごいヒール高いの履いてるね靴。
あんな高いのを履いてたのかな?すごいね9センチぐらいのヒールを履いて歌って踊ったんですよ。
でも私はある大病をしましてそれから5.5ぐらいのヒールに変えて歌い始めて。
そうなの?今はもうちょっと低いほうがいいかなと思うぐらい年齢をすごく感じて。
でもあなた随分お母様厳しくあなたのことを何ていうの?お育てになったようなんですけどお母様お亡くなりになったんですって?そうですね。
去年の暮れに…。
あら。
じゃあまだ…。
老衰で。
そう…。
何歳?99歳です。
もう大往生ですよ。
でも99ならあともう1歳で100だったのね。
そこが惜しかったわね。
そうですね。
色んな賞状とかいただいていながらもうちょっと生きてほしいと思ったんですけど…。
そうですね。
亡くなるちょっと前ですね「お母さんのこと大好きだよ」って「愛しているからいつまでも忘れないでね」って。
そして「私は一人でも大丈夫だから」…。
家族は誰もいなくなっちゃったわけですよ。
だから娘一人残してあの世に帰るわけにいかないってずっと思っていたので無理しないでねって伝えてあげたら待っていたかのようにスッと…。
順番狂っちゃうのが一番親不孝よねやっぱり。
まあね。
だってみんなさそっちにしか向かってないんですから。
ね。
それは誰でもね。
もうここまでみんな…。
まあ黒柳さんの前で言うのも何でございますけどここまで元気でいられたらいつ来てもよしとしなきゃ。
私はね生きてますよ。
ずっと。
そのね精神的論はすごい大切だと思う。
もうね教えられます。
だから私たち心強いですよ。

スポンサーリンク
  まだ黒柳さんのことを思えばあと10年あるわって思って。
本当ね。
しかもまだこれからもねまだ生き続けるわけでしょ?当分…。
あと『徹子の部屋』50年までやるつもりでいますから。
あと何年ですか?あと8年。
8年ね。
今42年目だから。
だからあと8年でちょうど50年になるのでね。
でちょっと告知なんですけど今のうちにしておかないとわからなくなっちゃうといけないのでいいですか?このお三人が3人娘として3月3日お雛様の日にコンサートをなさいます。
こんなような可愛い感じで。
これは写真だから可愛く写ってるんですけど。
Bunkamuraオーチャードホールで3月3日金曜日。
今日はねスタジオで歌っていただくことになってるの皆さん。
びっくりしちゃう…。
初めてですね歌うの。
初めてでしょ?スタジオで歌っていただくの初めてですよ。
スタジオで歌っていただくの初めてのことなんですけど3人娘に『ハイハイ3人娘』歌っていただきましょう。
お元気にお願いいたしましょう。
どうぞ。
はい。
3人娘のセンターを守り続けて五十数年。
アイドル界の人間国宝中尾ミエでございます。
パチパチパチ。
(拍手)開店休業して数十年。
まあその…おかげさまで楽をしたっていうんではないんですけれども他の2人よりもそんな日々があったせい…。
若くて美しいって言われたのはそんな日々があったせいでしょうか。
帰ってきた伝説の歌姫園まりでございます。
うわーすごい。
真珠は人知れず苦しみや痛みを抱いてそれを輝きに変えるんですって。
はあ〜不幸が私を美しくしたのね。
ますます深みの増す知性と美貌。
伊東ゆかりでございます。
うわーハハハ…。

(拍手)うわー。
いやいやいやいや。
どんな感じでしたか?スタジオでお歌いになって。
なんか照れちゃう。
そう?照れるっていうか新鮮な気持ち。
そうね。
いつもと違うんですもんね。
そうですね。
私たちは元気でお奇麗な方がやってくださるなと思って嬉しいと思ってますよ。
ありがとうございます。
本当にありがとうございました歌っていただいて。
3人娘が再結成して12年…新たにね再結成なすって12年。
その間に随分色んなことがありました。
ゆかりさんはなんか元の旦那…。
ごめん。
しゃっくり…。
元の旦那さんとなんかコンサートをなすったの?佐川さんの歌手生活55周年のコンサートで私の娘の宙美とお手伝いさせていただきました。
すごいわね。
去年ですね。
別れた亭主と一緒にやるっていうのなかなかですよ。
しかも子供まで入って。
本当よね。
また4月神戸でやりますのでいらしてください。
でもあれですか?別れた旦那様とでも歌やなんか一緒だと何でもなくできるでしょ?結構よくハモりますね。
私そうだと思いますよ。
人生無駄にしてないですよね。
本当本当。
そう思いますよね。
本当にもう。
なるほどね。
そんなことがあったり。
それからなんか随分色んな…皆さんなんか病気があったりケガがあったりなんか色々…?そうね。
まりさんと私は…。
ミエさんが一番元気。
何にもなく。
ミエさん水泳やってるからかしら?そう。
まりちゃんは何?ちょっと大病をして。
12年の間にお姉さん亡くなって…。
そうそうそうそうそう。
あなたが乳がん…。
お母さん亡くなって。
母が去年亡くなって。
あなたは?私はここ2015年2016年と秋声が出なくなったりそれからこの間股関節の手術もしましたので。
まだちょっとリハビリ中なんですけど。
転んだの?いえ。
突然痛くなったんですよ。
股関節が…そのものが悪くなったの?あららららら…。
運動してたから全然安心してたんですけどね。
どうしたんでしょう?どうしたんでしょうって感じで。
それは大変だわね。
ミエさんだけが何にもならないの?ミエさんだけ本当に何にもない。
やっぱり水泳…?なぜですか?元気よね。
鍛えてますから。
そうですか。
水泳前やっていらしたからね。
でもあれですよねそんなのがありながら12年間仕事は休んでないんですよ。
みんなね。
それはすごいと思います私。
休まずにねできる。
助けてもらったり。
そう。
でも声が出ない時なんかはね口パク…。
この人も声が出なくなったんですけどその時は口パクやってれば私たちが後ろで歌うから…。
歌ったり。
歌っていらっしゃるようなね…。
この人はなんか娘が陰で歌ったりとかね。
お嬢さんねこの前ねお会いしましたよね。
はい。
もう助かってます。
いい声だもんね娘ね。
似てるんですよね。
そうそう。
そっくりですよね声もね。
だからいいわねそういう時ね。
もう本当に娘に感謝しましたその時は。
本当ね。
やっと感謝した?やっと感謝した。
可哀想なんですよ。
娘さんもねこの人自分んちにほら男っ気がないもんだから男の人と付き合ったことがない。
可哀想でしょ。
娘がね男の人とどうやって付き合っていいかわからないって。
可哀想でしょ。
でも結婚してたんだからさ。
生まれる前だから。
ああ生まれる前だから?そうなの?なんかね娘の学校の同級生の交換日記に「うちの母は男嫌いだから」とか書かれたことがある…。
男嫌いだって?そんなことないんですけどね。
懐かしい思い出です。
そうですか。
告知がございましてねこれは「徹子の部屋コンサート」っていうのを毎年やっておりますがそこにこの3人はお出になって東京と大阪とお出になりますので皆様期待なさっていてください。
打ち上げはぜひまた焼き肉をよろしくお願いします。
私がおごるんじゃないですよあれはね…。
大阪の時はね。
楽しみ。
3人娘の他もっとたくさん豪華なゲストがお出になりますのでご心配のないようにお願いいたします。
「ご心配のないように」ってどういう意味ですか?でもすぐね完売しちゃうんですよね。
15分ぐらいで切符が売れちゃう。
でも大阪と東京でしょ?ありがたいですねまた。
それはそうですよね。
東京と大阪とでね。
でもまだ先だからまだチケットはね。
まだ…まだ。
でも徹子さんはさ衣装を着替えて大変ですよね。
インタビューしたりとかね。
あれやっぱりお話があってコンサートがあって歌ったり踊ったりあってまたお話があってってそういうのがきっと面白いのかもしれないわね。
しかも私たちもう何回も出させていただいてるんでねもうお客さんはまたかっていう思い…。
いえいえ。
そんなことありませんよ。
ただ一人一人だと何ていうかわからないけど3人一緒になるから3人娘ってね呼ばれるんでねそこのところがいいわねって言ってますねはっきり言って。
他では娘って言われないものね。
そんなの他にもいますっていくらでも。
それからあれねかしまし娘。
かしまし娘さんはもっと上ですからね。
一番下の方が80ですからね。
そうそうそう。
それから見れば私たち若いもんよ。
まだまだね頑張らなくちゃ。
であの…ちょっと実はまりさんがお手紙があるんですって。
あら。
まりさんね字…毛筆でね字うまいんですわ。
この方が今まで…最後までやらないって言ってた…。
本当にこれまでの感謝を含めまして…。
ごめんなさい。
泣いちゃうかもわからない。
読む前から…。
読む前から…。
聞いてあげて聞いてあげて。
いいですか?はい。
「ミエさんゆかりさんへ」「今年で再結成して12年目」…。
もらい泣きしちゃうじゃない。
やめてよまりさんちょっと。
「奇跡のようです。
本当にありがとうございます」「私が大病をした時付き人をしてくれていた大好きだった姉の急死」「昨年暮れ99歳の母が老衰で亡くなり心労から声も出なくなったことも多々ありました」「山あり谷ありの人生です」「今は家族もいなくなり独りぼっちでも多くの皆さんと同じようにお二人にはいつもそばにいて支えてくれています」「だから一人でも寂しくないんですね」「3人も今年は更に新たな始まりの時」「長く続けられたこの奇跡に心からお二人に感謝します」「今後ともにどうぞよろしくお願いいたします」いやあ改めてなんかそう言われるとね…。
それだけお伝えしたかった。
すごい。
(拍手)まりさんは最後まで一緒にやるって仰らなかったんだけど本当はとても感謝してるっていうことを口でなかなか言えないからお手紙で2人に…。
照れくさかったです。
そうでしょ。
そうなんですって。
ありがとうございます。
こちらこそ。
ミエさんどうですか?お聞きになって。
ありがとうございます。
けど一応「ファイナル」って銘打ってはありますんでね。
えっ?3人娘ファイナルっていうことになっておりますんで。
今度でおしまいになるの?一応そういう銘打って…。
なんか死ぬまでやるとか言ってなかった?そうなの。
私はそのつもりなんだけど。
まだファイナルじゃないよね。
ただまあ閉店セールってずっとやってるところもありますからね。
ハハハ…。
でもあなたはもう終わりだと思ってるの?思ってないです。
思ってないの?実は色々体の不調もあったりするんですけれど例えば車椅子で歌わせていただけるような…。
そうですよね。
誰が引っ張っていくのよ。
あなたでしょ。
でも声さえ出ればさ。
ヘルパーをやってるっていうミュージカル…。
これからもよろしくお願いします。
よろしくお願いいたします。
またねお会いしたいわ。
はい。
お元気で何より。
どうもありがとうございました。
3人娘でした。
2017/02/27(月) 12:00〜12:30
ABCテレビ1
徹子の部屋 園まり&中尾ミエ&伊東ゆかり[字]

〜再結成から12年…“3人娘”は永遠に〜園まりさん&中尾ミエさん&伊東ゆかりさんが今日のゲストです。

詳細情報
◇ゲスト
1960年代前半のレギュラーTV番組内で結成された“3人娘”園まりさん&中尾ミエさん&伊東ゆかりさんがゲスト。
◇番組内容
3人が再結成し、コンサートを行なったのは今から12年前。当時「10公演程度なら」と言っていたまりさんが、今は一番やる気満々だという。今日は、2015年の映像を見ながら思い出を語る。そもそも3人が歌の世界に入ったのは子どもの頃。ゆかりさんにいたっては進駐軍で歌っていた時は6歳だった。「みんな生活のために歌っていたのよ」といつものミエ節が飛び出す場面も。また、まりさんが2人へ感謝の手紙を読み上げると…