読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

全文書き起こしサイト

地上波テレビの字幕を全文書き起こします

スポンサードリンク

セリフ書き起こし ドラえもん クレヨンしんちゃん 春だ!映画だ! 3時間アニメ祭り 2017.03.03

(ドラえもん)
テレビ初放送『新・のび太の日本誕生』
7万前の日本でボクたちが大活躍!
オラは豪華3本立て!まずは熊本のじいちゃんをオラと父ちゃんで大追跡!見れば?
(携帯電話の着信音)
(野原みさえ)何?お母さんどうしたとね?
(ひさえ)「みさえお父さんが…お父さんがね…」えっ!!「ほらあのか…か…かぼちゃ」かぼちゃ?「かぼちゃ英語でなんて言うとね?」かぼちゃ?パンプキン?「そう!それそれ!それったい!」「そのパンプキン詐欺に引っかかったかもしれんと」パンプキン詐欺?あっ還付金詐欺のこと?
(ひさえ)そっちではそげん言うとね?「全国どこでも同じたい!」でそのオラオラ詐欺のごたるとに…。
「オレオレ詐欺!」「ふりかけ詐欺とも言うと?」振り込め詐欺!話が先に進まんばい!まったく慌てると何言ってるかわからなくなるのよね。
(野原しんのすけ)ほうほう母ちゃんと一緒ですな。
(野原ひろし)さすが親子だよな。
(しんのすけ・ひろし)ハハハハ…!ハハハ…。
(野原ひまわり)たいやい…。
でお義父さん黙ってこっちに来ちゃってるのか?らしいわ。
昔の友達にでも会いに来たんじゃないのか?学生時代のとかさ。
ワタシもそう言ったんだけど「だったら黙って出て行くはずない」って。
だからってオレオレ詐欺って…。
ワタシもそう思うけど心配だし…。
それで?オレたちにどうしろと?ドシロウト?アナタ今日しんのすけと都内に行くんでしょ?ザギンでシースー。
えっ?映画見るだけだろうが!それはまたこの次にしてお父さん捜してよ。
ええ〜!?
(みさえの声)お父さんの様子見てきてくれない?ワタシは家でお母さんからの連絡を待つから。
わ〜い!飛行機飛行機!なんで羽田まで来なくちゃならねえんだ?仮にオレオレ詐欺だったとして…。
お父さんそれはオレオレ詐欺ですからお金を渡してはいけません!
(よし治)なんば言うとると!ワシがそげなもんに引っかかるはずなか!ってなことになるに決まってるよな〜。
あれ?熊本からの飛行機とっくに着いちゃってるな。
え〜?じいちゃんどこ?もうここにはいないかもな。
(携帯電話の着信音)おっ?おっみさえからだ。
「お母さんから写真が送られてきた」?なんだこりゃ?なんだ?このわけのわからん写真は。
ごめんね〜。
お母さんまだスマホに慣れてないから写真もうまく撮れないみたいなのよ。
そのうちまともなの送ってくると思うから。
そんなのいつになるかわかんねえじゃねえか。
あ〜あ…。
もうやあねえ。
ヘヘヘヘヘヘへ…。
ねえねえおねいさんビーフオアチキン?
(携帯電話の着信音)おっ!来たか?何何?「広告の裏にメモが書いてあった」?あっ?ピンボケでよくわからんが品川…ホテル…か?品川のホテルっていうと?ああっ!!おおっ!じいちゃ…。
いいか?これは極秘捜査だからな。
了解!足クサデカ長。
足クサは余計だ。
あっじいちゃんいた!よし。
うーん…。
じいちゃんオレオレ詐欺に遭っちゃうの?まだわかんねえけどな。
とにかく受け子が現れたらとっ捕まえてやる。
ウケ子?誰?人の名前じゃねえよ。
詐欺の仲間で金を受け取りに来るヤツのことさ。
ほうほう。
わあっ!あ〜しまった!ど…どこ行った!?おドジだなあ足クサデカ長。
オマエが余計なボケかますからだろ。
人のせいにするなんておまたげないゾ。
(携帯電話の着信音)んっ?またみさえか?えっお義母さん!?何何?「みさえに言われてこちらに直接送ることにしました」なんだよ…みさえのヤツ丸投げかよ。
なんだ?これ。
どれどれ?またピンボケか…これは「金」か?ああ〜これじゃわかんねえよな。
父ちゃん父ちゃん。
んっ?あれじゃない?えっ?「caf金獅子」なるほど「金」か。
こちらへどうぞ。
じいちゃんいるか?いないみたい。
おかしいなあ…。
お決まりになりましたらお呼びください。
あっは…はい。
フゥ〜変だなあここじゃなかったのかな?うわっ!うわ〜真後ろかよ…。
うお〜!父ちゃ…。
シーッ!静かにしゃべろうな。
ここお高いホテルだから。
オラ何頼んでもいい?ああいいぞ。
お決まりですか?これ。
季節のフルーツたっぷりパフェですね。
そう!
(ひろし)それとコーヒー。
はい。
ご注文を繰り返します。
季節のフルーツたっぷりパフェ1つとコーヒー1つでよろしいでしょうか?はい。
かしこまりました。
少々お待ちください。
季節のフルーツたっぷりパフェ?えっ!?3800円って…オマエ…!
(よし治)ああこれはどうも。
さあどうぞこちらへ。
はい。
じいちゃんだ。
シーッ!あのおばさんがウケ子?ああ…そうは見えないが…。
どうもしばらくです。
小山さんも遠いところをありがとうございます。
ええっ!?知り合い?
(よし治)家内には内緒で出てきました。
(女性)まあ大丈夫ですの?
(よし治)心配いりませんよ。
ハハハハ…。
ええ〜!?《ま…まさか…!》ワタクシのほうはいつでも準備はできています。
すみませんお待たせしてしまって。
奥様にはなんと?それはもちろん内緒です。
しかしワシの気持ちは揺るがんとです!《マジかよ…》しんのすけ帰るぞ。
えっオラまだパフェ食べてないゾ。
いいんだ。
いいか?母ちゃんにはじいちゃんには会えなかったって言うんだぞ。
わかったな?お待たせ致しました。
あっ…。
おお〜!父ちゃん…。
あっああ〜…。
食べたらすぐ帰るぞ。
《ああ〜参ったなああのお義父さんが不倫!?》《みさえになんて言えばいいんだ》んんん…。
おお〜!おいしすぎる〜!
(ひろし)あっ!オラのマスカットちゃん!しんのすけ!どげんしたと?よっじいちゃん。
お義父さん…。
んっ?ひろしくん!?
(ひろし)そうだったんですか!お義姉さんのお見合い話。
そうたい。
まったくひさえのヤツ余計なことを…。
内緒にするからですよ。
アイツに話せばまさえにすぐ知れるたい。

スポンサーリンク
  まさえに知れたら絶対に見合いなんかせんと言うに決まっとる!だから内緒にしたと。
地元じゃあ知った人も多いからわざわざ東京まで来たとたい。
ワタクシ熊本県人専門の仲人協会の者です。
受け子じゃなかったたい。
(2人)えっ?ハハハハハ…。
まったくお父さんったら家に寄りもしないで帰るなんて。
1日振り回されちゃったじゃないの。
せっかくの休みだったのになあ。
オラは充実してたゾ3800円のパフェ食べたし。
ええっ!?オラの映画公開まであと6週!そして春のアニメ祭り電話で当たるダブルプレゼント。
1つ目は…。
4月15日公開の映画『襲来!!宇宙人シリリ』の前売り券を抽選で50組100名様にプレゼント!銀ピカUFOしんちゃんも付いてくる!応募方法はあとで!ウフ〜ン『夜の天気予報』の時間よ。
今夜の埼玉県は全域で晴れ。
満天の星空の下愛をささやくも借金を取り立てるのもアナタ次第。
「ウフッじゃあねチャオ」
(野原ひろし・野原しんのすけ)チャオ〜。
(ひろし)今夜は星空がきれいだってさ。
たまには見に行くか?カスカベ山にいいところあるぞ。
(野原みさえ)え〜?結構冷えるんじゃないの?着込んで行けば大丈夫だろ。
(しんのすけ)父ちゃんUFOも出る?UFOか…もしかしたら出るかもな。
えっ行く行く!オラ行く!しょうがないわね。
じゃああったかい飲み物用意するわ。
おおコーヒーがいいな。
この上の展望台なら360度見渡せるんだ。
へえ〜。
おっ他にも誰か来てるのかな?UFO!UFO!おい!1人で先に行くんじゃない。
おお〜!わあ〜!すご〜い!
(野原ひまわり)たいや〜い!きれいね〜。
まさに満天の星だな。
UFO!UFO!しんちゃん?おっ誰?
(ネネちゃん)アタシよ。
ネネちゃん!あら!こんばんは!
(みさえ・ひろし)こんばんは。
えっ1人?あっそんなわけないか。
(ネネちゃんのパパ)どうも野原さん。
(ネネちゃんのママ)こんばんは。
あっ桜田さん!こんばんは。
よっ!「よっ!」じゃないだろ。
ちゃんとごあいさつなさい!アハハハハいいんですよ。
男の子は元気が一番。
なっ。
えっ…ええ。
《どうしてジャガイモ小僧がここにいるのよ!》野原さんも天体観測ですか?いやいや観測なんて…ウチはただ眺めに来ただけで。
ネネちゃんもUFO見に来たの?星を見に来たの。
ほうすごいですね!どうです?野原さんもご覧になりますか?えっ!月でも惑星でもバッチリ見えますよ。
へえ〜!それじゃあお言葉に甘えて。
どうぞどうぞ。
本格的な望遠鏡ですね。
高そう。
(ネネのママ)ええ。
まあそれなりに。
ウチの人凝り性なもので困ってますの。
オホホホホホ…。
よ〜し。
ネネ金星が見えるよ。
金星?ホント?オラ見たい!見たい見たい!あっ。
オラ見たい!オラ見たい!こら!しんのすけ!アハハハハいいんですよ。
ほ〜らのぞいてごらん。
あっ…すみません。
いえいえオホホホホホ…。
《謝るくらいならさっさとネネに見せなさいよ》おお〜!《ウチの望遠鏡なのに…》あれが金星?なんかお月様みたいだゾ。
しんのすけもう代わりなさい。
もうちょっともうちょっと。
こらしんのすけいい加減にしなさい。
ああっ!あっ!もう父ちゃん!大丈夫ですよ。
(ネネのパパ)よしっと…。
(機械の作動音)おお〜オートマチック!さすがですなあ。
当たり前じゃない。
お高いのはだてじゃないのよ。
えっ?えっいえ何も。
オホホホホホ…。
どうだい?見えたかい?うん!もういいわ。
よく見えた?ネネちゃん。
うん。
さて次は何を見ようか。
えっと…。
おっ?ああ〜あの星が…。
(機械の作動音)おお〜よしよし。
さあ誰から見る?火星が見えてるよ。
(ネネのママ・ひろし・みさえ)へえ〜!火星?地球のすぐ外側で太陽の周りを回っている赤い星だよ。
おお〜!火星人がいるところ?いるかもな。
ほらネネちゃん早く見せてもらいなさい。
ママおなかすいた。
えっ?クッキーちょうだい。
だってほら今火星が…。
あっ…。
おお〜!
(2人)すみません…。
いいえ〜。
《またジャガイモが先に…》《アナタもなんでよその子を先に見せるのよ!》おお〜本当に赤いですな〜!すごいすごい!《そのすごいのを最初に見るのはウチのネネでしょ!》マ…ママ?えっ?ネネも火星見たいな。
あっごめんなさいねすぐ交代させるからね。
しんのすけ!ネネちゃんに代わってあげなさい…あっ!
(3人)ああーっ!!うおっ!
(ひろし・みさえ)すみません!すみません!い…いいえだ…大丈夫ですよ。
アハハハハ…。
《もうオマエら帰れよ》本当にご迷惑ばかりかけてすみません。
いいえなんともなかったんですからどうぞお気になさらずに。
あっそうだ!コーヒーいかがです?はっ?みさえ桜田さんにコーヒーを。
持ってきただろ?あのそれが…。
いただきます。
どうもすみません。
ウチも用意してたんですけど家出る時に忘れてしまって。
もう母ちゃんっておドジだなあ。
ごめん。
誰にでもうっかりはありますよ。
ハハハハハハ。
オホホホホ。
《なんで望遠鏡のぞかせた上にウチのコーヒーまで飲ませなきゃいけないの?》ああ〜いい香りだ。
本当。
《当たり前でしょ!今夜のためにわざわざ買った超スペシャルゴージャスエクセレントブレンドなのよ!》父ちゃんオラも飲みたい!子どもにコーヒーはダメだ。
オラも飲みたい!オラも飲みたい!あっこらおいおい…。
オエ〜ッ!ほ〜らみろ。
ペッペッペッ。
おバカ!
(ネネのママ)《本当に!》コーヒーの味なんかまだわからんだろ?でもしつこいお味だというのはわかったゾ。
何言ってんだ。
そうよ。
確かに。
しつこいかも。
(2人)ああっ!あっハハハハ…。
《しつこいお味のコーヒーってなんなのよ!》《えっ空っぽ!?ワタシの分は?》《そんな〜!》うわ〜!ホントに赤い!なっ?ねえママも見て見て!あら?ママは?あれ?さっきまでいらっしゃったのに。
(衝撃音)なんの音だ?うわ〜すごい!お星様とってもきれい。
よかったわね。
次は何を見るかい?
(衝撃音)…ってなるはずだったのに!あのジャガイモ親子!ふんっ!ふんっ!ふんっ!ふんっ!ふんっ!4月15日公開オラの映画の最新映像をお見せしちゃうゾ!なんじゃこりゃ!おっ。
(シリリ)こっちへ来るな!キャーッ!どうなってるの?
(シリリ)大人に戻してほしければ父のところに連れて行け。
ほい!その乳じゃない!おお〜!おお!おお!
シリリを尻に…
いざ出発!
(風間くん)なんだ?そのお尻。
見せろよ!ギャー!
(ネネ)キャー!何?あれ。
逃げるぞ!
子どもだらけの珍道中
彼らは無事にたどり着けるのか?
シリリ頼んだぞ。
待ってて父さん。
勝手にしろ!
(ボーちゃん)これは…。
(風間)まさか…。
動くな。
もう終わりだ…。
シリリー!しんのすけー!
(ひろし)見た目は子どもでもオレはコイツらの父親だ!
(ネネ・マサオくん・風間・ボー)カスカベ防衛隊!
(しんのすけ・ひろし・みさえ)野原一家!子どもでも…。
(一同)ファイアー!しんのすけはオレたちの最高の息子だ!ウフ〜ン!
映画館で前売り券を買うと今度はなんと銀ピカUFOしんちゃんがもらえるゾ!
うん!銀ピカのオラもステキ〜!
(まつざか先生)用意はいいわね?
(上尾先生)計画どおりです。
感づかれてないわね?
(よしなが先生)大丈夫。
必ずうまくいく。
(一同)フフッ…フフフフ…。
(雷の音)
(銃声)
(園長先生)うわーっ!
(副園長先生)な…何!?ああっ…!
(園長)助けて…ああ…うっ…。
(副園長)キャーッ!
(雷の音)
(野原ひろし)ここが強盗殺人事件の現場か…。
(川口)撃たれた人はどこに?
(副園長)いえそれが…。
すみません…ワタシは生きていますし強盗も入っていないんです。
はあ…。
ですが通報が…。
実はワタシの早とちりで…。
いやねワタシがワインを飲もうとして…。
うぐぐ…!む…む…かたい…。
(破裂音)ああっ…!
(倒れる音)
(ワインボトルの割れる音)びっくりした拍子にぎっくり腰になっちゃいましてね。
倒れたところへ家内が来て…。
てっきり強盗に主人が撃たれたのかと…。
すみません。
えーっ!?せっかく大事件かと思ったのに…。
おい!いやいや何事もなくてよかったですよ。
(野原しんのすけ)おお〜ここかここか。
なんだ?キミたちは。
オラたち…。
(一同)特命鑑識捜査課!げっ!オマエたち…。
知っているのか?ええ。
特命鑑識捜査課略して特鑑!どんな簡単な事件も迷宮入りにしてしまうというすご腕チームですよ!ああん?迷宮入りにしちゃダメだろ。
(カメラのシャッター音)被害者が倒れていたのはここですな。
むっ…むむっ!そしてアナタが犯人ですね?違います!どうしてワタシを犯人と決めつけるのですか?その顔が証拠です!こんな顔で悪かったですね…。
勘違いなんだよ。
事件なんてなかったの。
事件は現場で起きてるんじゃない!現場で起きなかったらどこで起きるんだ!?
(ボーちゃん)こんなものが…。
ガラスの破片?よし!わかった!犯人はガラスの花瓶で後頭部をガビーン!っと殴ったんですな?それはワタシが落として割ったワインボトルの破片です。
えっ…ワインボトル?
(マサオくん)怪しい指紋は見つかりません!それに窓は全部内側から鍵がかかっています!ということは…よしわかった!これは密室殺人だ!いやドアは鍵かかってなかったし…。
そもそも誰も死んでないし…。
(風間くん)外部からの侵入の形跡がないということは内部の人間の犯行という線が怪しいね。
ほほう…。
奥さん。
大至急この家の人たちを全員集めてください。
全員ここにいます。
ワタシと主人の他はこの3人。
メイドのよしながさんまつざかさん上尾さんです。
こういう事情聴取って鑑識課がやるんでしたっけ?普通は刑事がやることだよな。
では皆さんのアルバイトについてお聞きします。
アリバイだろ!えっ?皆さん8時頃はどこにいましたか?夕食が終わってキッチンで…。
キッチンで?3人で雑談してたのよ!ねえ?ええそうです。
そうしたら奥様の悲鳴が聞こえて…。
(ネネちゃん)ふふーん…なるほどね。
さっきから皆さん口をそろえて事件がなかったことにしたがってるようね!実際何もなかったじゃないの。
(3人)ねえ?これは被害者が犯人をかばってるケースだわ!
(まつざか)はあ?そう…きっと被害者と犯人は愛人関係!マサオくんご主人の役やって。
えっボクがやるの?ねえいつになったら奥様と別れてくださるの?えっと…。
も…もう少しだけ待ってくれ。
そのうちにきっと…。
待ってくれ待ってくれってアナタにそう言われ続けてもう3年よ!す…すまない…。
待ちくたびれてワタシはもうすぐ三十路…。
なんか生々しい内容ね…。
ボクは真剣だよ!しかし世間からどう言われるか…。
主人とメイドの関係で…。
何よその設定!いくらなんでも旦那様と不倫なんて無理無理!ワタシだって無理です!ワタシも。
な…何か地味に傷つきますね。
におう。
(まつざか)ちょっ…ちょっと!火薬のにおい!はあ!?アナタその鼻で何がわかるの?ちょっと手を出してもらえますか?ええ…いいわよ。
まつざか梅。
フルネームで呼ぶな!呼び捨てにすな!
(アラーム)
(風間)出たぞ!硝煙反応だ!硝煙反応って?火薬の反応です。
よしわかった!まつざか梅さんアナタがご主人を銃で撃ったんですね!?だからフルネームで呼ぶな!ですからワタシは誰にも撃たれてませんて。
しかしご主人パーンという銃声を聞いたと…。
銃声とは言ってませんよ。
銃なんか持ってるわけないでしょ。
ではどうしてアナタの手から硝煙反応が?うっ!そ…それは…。
知らないわよ!なんか怪しくなってきましたね。
でもなんの容疑なんだよ?梅さんアナタ何か隠してますね?梅って呼ぶな!ワタシは何も隠してなんか…。
(落下音)
(ネネ)ナイフ!そうか!凶器は銃じゃなくてナイフだったのか!あっ…。
手を触れないで!エプロンのポケットに入れていたのが落ちただけです。
なんでポケットにナイフなんか?そ…それは…。
それは確かに怪しいな。
ちょっと!これを見て!何?ほほうこれは…ダイニングソーセージ!それを言うならダイイングメッセージでしょ。
そうとも言う。
これはワタシが腰の痛みに苦しんで掻きむしった跡です。
(風間)3本の線…。
犯人は3人という意味じゃないかな?
(よしなが・まつざか・上尾)うっ!だから…。
あの…変なもの見つけたんだけど。
(マサオ)ほらなんか足跡みたいなものが…。
ほほう…。
ん?何よ!?靴の裏を見せてください!うーん…。
これはアナタの足跡ですね?は…はい。
この足跡の先は…。
ここは?あっそこは開けちゃダメ!え?あ…。
チッ…。
(川口)事件はここで起きていたのか。
(ひろし)一体なんの事件が…。
開けますよ。
ワタシが開けましょう。
ああっ!
(川口)こ…これは!?
(ひろし)ケーキ!?も…申し訳ございません!ございません!
(まつざかの声)ワタシたち旦那様のお祝いにサプライズパーティーを計画していたんです。
ドキドキするわね。
見つからないように。
旦那様のびっくりする顔が楽しみだわ〜。
あら?んっくっ…!
(クラッカーの音)
(まつざか)わっ!
(よしなが)わっ!どうしよう…。
(まつざか)と…とにかくどこかに隠しましょう!
(園長)あ〜!あれはクラッカーの音だったんですね。
申し訳ありません旦那様。
ワタシたちのせいでぎっくり腰に…。
(よしなが・上尾)ごめんなさい。
いやこっちこそ。
なんか悪かったですね。
せっかくのサプライズが台無しになっちゃって。
それで一体なんのお祝いですの?はい!旦那様が全日本コワイ顔の社長オブ・ザ・イヤーに選ばれたお祝いです。
そ…それは…うれしいですね。
いや〜これで事件解決ですな。
でめたしでめたし!う〜む…特鑑チーム恐るべし!何が解決したんだよ。
データ放送の締め切りはもうすぐだYo!dボタンを押して準備してね!今なら心も体もあったまるオラのオリジナル湯飲みが当たるゾ!レディーゴー!あっち向いてホイ!オーケーチェケラ!春のアニメ祭り電話で当たるダブルプレゼント1つ目の電話番号はこちら!電話は明日の朝9時まで受け付けるゾ。
ダブルプレゼント2つ目も気になりますな〜!
(風間)
しんのすけ消防署を見学するぞ
おお!消防士のお兄さんかっこいい!
でもオラ消防士のおねいさんに助けてもらいたいゾ
(風間)
勝手にせい
(ドラえもん)お待たせしました!このあとはテレビ初放送『映画ドラえもん新・のび太の日本誕生』。
史上最大の家出をしたボクたちが向かったのは7万年前の日本。
精霊王ギガゾンビとクラヤミ族に襲われたククルとヒカリ族を救うために史上最大の冒険が始まるよ!のび太くんのかわいくてとっても強いペットペガグリドラコも大活躍!お楽しみに!そして春のアニメ祭り電話で当たるダブルプレゼント!ボクからもとってもステキなプレゼントを用意したよ。
映画を見たあとクイズに答えて応募してね。

スポンサーリンク
  さらに今夜のラッキーマンボ!はポイント2倍の大チャンス!dボタンを押して参加してね。
それではスタート!
(においを嗅ぐ音)
(足音)
(ククル)ああっ…。
うーん…!うわっ!
(鳴き声)ん?ふんっ!ワオーン!プハッ…!ハハッ!ウラーオ!ウラーオ!ハハハッ!フフフッ!うわ〜!ハハッ!フフッ…!わあっ!フフッ!あっ…。
あっ…!ううっ!トヌー!カヌー!トヌー!カヌー!ああ…うっうっうっ…。
うっ…うわ〜ん!うう…!ん?あっ…ああっ!うっ…ううっ…!あっあっ…!うわ〜!あっ…。
うわあ〜っ!
(ママ)のび太!
(テーブルをたたく音)あれほど言ったのにどうしてこんなことになるの!?先生から電話をいただいてママがどれだけ恥ずかしかったか…。
(ママ)それになんなの?これ!テストは空欄だらけなのに落書きだけはしっかり描いて!
(のび太)落書きじゃないもん。
ペガサスだもん。
ん?ペガサス!?ああ…。
とにかく夢みたいなことばっかり考えてるからこんなことになるの!今日からは外出禁止!昼寝禁止!マンガもテレビも禁止!そんな…!あ!い!う〜!いいわね!?今日という今日は我慢できない!学校でも家でも叱られてもううんざりだ!決心したぞ!ボクは家出する!
(ドラえもん)ふーん…。
ふーんって…。
止めるなよ!止めても無駄だからね!止めないよ。
あ〜ん。
どうせすぐに帰ってくるんだから。
バカにすんな!今回はちゃーんと計画を練ってあるんだぞ!計画?どんな?実は前からひそかに考えていたんだ。
誰にも頼らず自分の力だけで生きてみたいと!生きていくには何が必要か?それは…衣食住!着るもの食べるもの住む家であります!へえ〜!キミにしてはしっかりしたことを…。
でしょ?でしょ〜?だからきせかえカメラとグルメテーブルかけとキャンピングカプセル貸して〜!あきれた!ボクの道具をあてにしてるの?友達だろ〜?親友だろ〜?やめろってば!ヒャヒャッ…!何が誰にも頼らずだ!かたいこと言うなって!自由と独立への第一歩を踏み出すぞ〜!わっ!うっ!ああ〜っ!うわっ!あっ…!第一歩を踏み外した…。
ド…ド…ドラえも〜ん!!なんの騒ぎ?んっ!長い間お世話になりました!勉強もしないで遊び歩くつもり?言っておくけど晩ご飯抜きですからね!ベーッ!もう帰らないもんねーっだ!
(ママ)のび太!
(ジャイアン)なんだ?これ。
(スネ夫)さあ?やあ!
(ジャイアン・スネ夫)のび太!
(しずか)のび太さん!ようこそボクの家へ!家出してここに引っ越したんだ!学校に行かないで自由にの〜んびりと暮らせるんだよ!
(しずか)よしなさいよ家出なんて。
1回もやり遂げたことないくせに!今度は何時間持つかな?ハハハハ…!待ってよ〜!チェッ…。
みんなでボクのことをバカにして…。
まあいいや。
とりあえず昼寝でも…。
(たたく音)困るなあ!ボクの家をたたかないでよ!困ってるのはこっちだ!ワシの土地にこんなものを建ておって!空き地に持ち主がいるの?当たり前だ!《しずかちゃん結局ボクは裏山で新生活を始めることにしました》《しずかちゃんもぜひ遊びに…》うっ!ああっ…!倒れたよ〜…。
ここ私有地だから今すぐ立ち退かなきゃなんねえべさ!そんなあ…。
ん?やあ!お早いお帰りで。
帰ってきたんじゃないよ!えっ?ねえどこでもドア貸して。
あのねえ…。
誰の力も借りずに生きるんでしょ?お願い!これが最後だから!ハア…。
行くあてはあるの?うん!そのうち手紙で知らせる!まあしっかりやんな。
あんまり不便で見捨てられた村…。
ここなら誰も文句ないだろう。
(ジャイアン)冗談じゃないっつうの!店番やら草むしりやら…オレは母ちゃんの奴隷じゃないっつうの〜!
(ジャイアンのママ)そんなセリフは奴隷みたいに働いてから言うんだね!うう…。
母ちゃんのバカーッ!わあ!あららら…!うわ〜っ!
(ジャイアンのママ)たけし!もうイヤだ!オレ家出するもんね!うう…うわ〜ん!
(スネ夫)ハア〜ア…。
ん?ジャイア〜ン!スネ夫!のび太知らない!?のび太見なかったか!?もしかして…。
オマエも家出か?ジャイア〜ン!心の友よ〜!
(スネ夫の声)ママってば英語中国語フランス語全部習えって言うんだ〜!わかるぞ〜!そんなの親のエコだよな!それを言うならエゴだよ〜!
(しずか)ねえのび太さん見なかった?
(2人)えっ?しずかちゃん!
(スネ夫)ひょっとしてしずかちゃんも家出?家出ってほどでもないんだけど…。
ママの期待がプレッシャーで…。
ハア…。
人それぞれ悩みがあるもんだなあ…。
とにかくのび太を捜して家出の仲間に入れてもらおうよ!
(ジャイアン)おう!
(しずか)ええ!「フフンフ〜ンフンフンフンフ〜ン」
(物音)…ん?えっ?よいしょ!ん?うわ〜っ!何やってるんだよ〜!?村がダムの底に沈んじゃったんだよ〜!うう…。
えっ…!?うーん!うーん!通りぬけフープ!まったく…部屋中水浸しじゃないか。
どこかに持ち主のいない土地ない?そんなものあるもんか!個人の所有地以外は国が持ち主なんだから。
じゃあじゃあ…地面製造機出して!勝手に道具を作るな!あきらめな。
キミに家出は無理なんだよ。
一緒にテストを解き直そう。
やだやだ!絶対家出する〜!わからず屋〜!…あら?いいよ!もうドラえもんには頼まないから!まったく…聞き分けがないんだから…。
(ママ)ドラちゃん!あっ…ん?
(ママ)ほら!だあ〜っ!ネズミ!イヤイヤイヤイヤ…!どわっ!うう…うう…。
ネズミじゃないの。
ハムスターよ。
なんでもいいから早く外に出してよ!
(パパ)そうもいかないんだよ。
部長が家族旅行に行っている間の世話を頼まれちゃってね。
部長とボクとどっちが大事なの!?あらら…!
(ママ)聞き分けがないこと言わないの。
ふう…。
(スネ夫)あっいたぞ!ん?おーいのび太!みんな!家出がんばってる?便利な道具借りたんだろ?オレたちも仲間に入れろ!それがその…。
(ジャイアン)イヤだっていうのか!?えっ?独り占めする気だな!ひどいわのび太さん!えっ違うよ!
(ジャイアン)裏切り者〜!うわ〜!
(ジャイアン)待て〜!
(しずか)のび太さん!違うんだってば〜!うっ…うわっ…!
(ジャイアン・のび太・スネ夫)ドラえもん!ボクも家出する!こうなるとますます土地のことが問題になってくる。
(しずか)日本の隅から隅まで持ち主がいるなんて…。
うう〜!こんなのおかしいと思わない!?大体土地なんてものはさ46億年昔に地球が誕生した時からあったわけじゃん!?それをあとから来た人間が勝手に切り分けるなんてさ!
(ジャイアン)おう!絶対におかしい!そんなの早い者勝ちじゃんか!早い者勝ち…。
ん?そうか!誰もいない時代へ行けばいいんだ!
(しずか)えっ?日本だって誰も住んでいない時代があっただろ?その時代に行けば日本は丸ごとボクらのものだよ!
(3人)あっ…それだ!
(しずか)それよ!さて部屋も片付いたことだし…。
(スネ夫)話長いよ!
(しずか)もう行きましょう!押さないで!みんな乗れるんだから!
(一同)フウ〜!うわ〜!家出だ家出だ〜!
(ジャイアン)史上最大の家出だぜ〜!まったく乱暴なんだから…。
(タイムマシン)「ところでどの時代に行きますか?」だからさ遠い昔!日本人が現れる前に行きたいの。
「その情報はインプットされておりません」ドラえもん知らないのかよ!未来のロボットのくせに!どうせボクは安物だからね!そうひがむなって。
化石とか石器を調べると3万年前にはいたらしいよ。
証拠が発見されていないだけでもっと昔からいたかもしれないわ。
(ジャイアン)ええっ!?そのとおり。
お隣の中国では50万年も昔の…。
…んっ!?何かきなくさいぞ!
(においを嗅ぐ音)
(一同)うわっ!うわ〜っ!何!?何!?
(ジャイアン)どうなってんだ〜!?
(スネ夫)落っこちる〜!「緊急事態!緊急事態!時空乱流発生」時空乱流!?引き込まれたら二度と戻れないぞ。
全速力で突っ切るからしっかりつかまって!
(しずか)もうダメ〜!落っこちる〜!
(ジャイアン)ヒギギギ…!しまった!ターボが切れる!
(一同)…ん?時空乱流を切り抜けた!
(ジャイアン・スネ夫)やったー!「依然として時空間が不安定です」
(一同)ん?「早く行き先を決めてください」3万年の倍の6万年前ならいいんじゃない?念のためもう1万年昔にしよう。
決定!7万年前の日本へ!
(スネ夫)フウ〜!フウ〜!
(スネ夫)イエーイ7万年!フウ〜!わーいわーいわーい!
(一同)わあ〜!すげえ〜!なんて鮮やかな緑なの…。
空気がおいしい〜!広い…。
ボクたちだけの日本なんだね!さあここにパラダイスを作ろう!
(ジャイアン)よっしゃー!
(スネ夫)やっほーい!ん?何してるの?動物がイタズラするといけないからタイムマシンを隠しているんだ。
それは?ドンブラ粉だよ。
これをかけるとまわりが水みたいになるんだ。
よっと…。
ほらね!へえ〜!ハ…ハックション!ハア…バカに寒くない?
(ジャイアン)そういやあ…。
(しずか)なんだか震えてきたわ。
7万年前だと第4期更新世でヴュルム氷期が始まったあたりかな?氷期って何?氷河が広がって地球全体が寒くなる時期のことだよ。
寒いパラダイスなんかイヤだぜ!あとでなんとかするよ。
それよりも…。
ここをどんな世界にしたいかみんなのアイデアを募集します!昼寝ホテル!
(スネ夫)ゲームセンター!コンサートホール!夢がないなあ…。
湖のほとりをお花畑にするのはどう?いいね〜!空には大きな虹が懸かって…。
うんうん!
(しずか)夜にはオーロラが輝くの。
できるとも!
(ジャイアン)チェッ…つまんねえの!行こうぜ!
(スネ夫)うん。
うう…待ってよ〜!オレたちが求めているものはもっとスリルのある冒険だ!そう!ワイルドで原始的な…。
あっ…ハハッ!ジャイアン写真撮ってあげるよ!そうか?かっこよく撮ってくれよ!もとがダメだからどうかな…。
じゃあいくよ!はいチー…。
ん?なんだ?だあ〜っ!ジャ…ジャイアン後ろ後ろ後ろ…!ん?後ろ?うわ〜っ!
(咆哮)
(2人)バイソンだ〜!
(2人)うわ〜!うわっ…!
(ジャイアン)うわっ!
(スネ夫)ああ〜!助けて〜!大変!勝手に出歩くからだ!トレアドール!オーレ!オーレ!すごーい!闘牛士みたい!
(ジャイアン・スネ夫)わあっ!オーレ!オーレ!任せておけばずーっと遠くに連れていってくれるよ。
この服はエアコンスーツといって体のまわりの空気を暖めたり冷やしたりできるんだ。
ホントだあったかい!ガッホガッホ!この石槍ずいぶん軽いけど…。
痛くもなんともない!このボタンは?あいあいあい…!ショックスティックさ。
ゾウでも気絶させられるよ。
先に言ってよ…。
あら〜。
さて…今日からここで暮らすわけだけどまずは住む家を決めなくちゃ。
家か!よーし!ん?
(スネ夫)ここからここまでボクの土地!あっ…汚えぞスネ夫!ずるい!フフフ〜フフッ!こっちへ1000坪ボクのだからね〜っだ!
(ジャイアン)オレ様はこっちへ1万坪だ〜!
(スネ夫)1万…ちょっとボクの土地だぞ〜!
(ジャイアン)うるせえ!ボクのだってば〜!なんて情けない…。
ハア…。
なんのために原始時代に来たの?土地はたっぷりあるのに。
いや〜お恥ずかしい…。
あの辺がいい。
南東向きの崖。
日当たりもよさそうだし。
ここに穴を掘ろう。
石器時代らしくていいじゃない!これを掘るの?くたびれるなあ…。
これを使ってみな。
ん?おお〜!かたい岩でも豆腐みたいに軽く掘れるんだ。
他にもいろいろあるよ!わあ〜!おもしろそう!ボクにやらせて!ずるい!ボクのだぞ!オレ様によこせ!醜い…どこまでも醜い…。
力仕事はオレ様に任せろ!文句あるか!?キミをケンカ大臣…ああっ…じゃない!建設大臣に任命する!
(ジャイアン)光栄の至り。
次に小さな種がガスみたいに飛び散ってあっという間に花畑になる。
ワタシにやらせて!しずかちゃんは環境大臣。
フフフッ!ボクも!あと何が残ってるのさ?農林大臣。
のび太には向かないね!毎年アサガオ枯らしてるだろ?うっ…。
(スネ夫)イエイ!ボクも大臣になりたい!そうだなあ…。
この広い世界にボクたちだけっていうのも寂しいからペットでも作ってもらおうかな。
ペット?卵にアンプルの液を注入するだけだからキミにもできるだろう。
それって何大臣?うーん…ペット大臣とでも言おうか。
あんまり偉そうじゃないなあ…。
ん?川だ…。
卵をかえすのにちょうどいいかも。
ペット大臣だって!?ドラえもんまでボクをバカにして…。
(木の葉の揺れる音)ん?この木2本が絡まって…。
ん?…そうだ!これを使ってみんなをあっと言わせてやろう!ああ…うーん…。
ん?フフッ…。
家出か…。
ボクにも覚えがあるなあ。
アナタ…。
心配ないよ。
暗くなったら帰ってくるさ。
ずっとカゴの中じゃ息が詰まるよな…。
(鳴き声)
(雷の音)
(雷の音)うーん…ああ…。
うわっ…。
う…う…うう…!ハアハアハア…。
ハア…ハア…。
(クラクション)
(車の走行音)ええっ!?dボタンを押して…。
ラッキーマンボウが飛び出す箱の色を当てよう!おーい!環境大臣!ドラちゃん!種まきははかどっていますか?ほとんどまき終えたわ。
早いところは芽が出ているみたい。
この辺でひと雨降るといいんだけど…。
うーん…それなら…。
必要な時に必要な分だけ雨を降らせることができる。
すごーい!雨には肥料も含まれているよ。
ありがとう!大事に育てるわ!さすがはしずかちゃん。
(スネ夫)おーい!ドラえもん!ああ…あの声は農林大臣!見事な料理畑だね!それがおかしいんだよ!いろんな種をまいたのに生えてきたのは変な葉っぱばっかでさ。
それでいいんだ!ええっ!?日差しをたーっぷり当てると早く育つよ。
しずかちゃんのとこの雨雲と組み合わせて使ってね!オーケー!建設大臣の調子はどうかな?おお〜!順調順調…っと。
うわっ!悪い悪い。
ほら穴は大体掘り終わったぜ。
それは何より…。
地面に突き刺せば地下水脈を探してどこまでものびていく。
ガス管と下水管もあるよ!よっしゃー!取り付けておくぜ!さて…問題はペット大臣か…。
(寝息)うーん…。
あっ!あっ…ダメ〜!止まれ〜!…ん?うわ〜!プハッ…ゴホゴホッ…。
あっ!ああ…。
卵が飛んでる!ああ…!
(ペガ)ヒヒィ〜ン!うわあ〜!
(ペガ)ヒィ〜ン!やったやったー!ペガサス誕生。
白鳥と馬のアンプルをいっぺんに使うなんてボクって天才。

(グリ)クワ〜ッ!
(ドラコ)フワ〜イ!ワシとライオンで作ったグリフィンとワニとシカとコウモリのドラゴン。
ペガにグリにドラコ。
今日からボクがみんなのお母さんだからね!フフフッフフッフフッフフフッ…。
のび太くーん!ドラえもん!早くこの中に隠れて。
いいって言うまで出てきちゃダメだよ。
いたいた。
で何を作ったの?犬?猫?それが昼寝しちゃって…。
ああやっぱり…。
そういうヤツなんだキミは!責任は取ってもらうぞ。
今すぐ辞任したまえ。
落ち着けってば。
ん?ダメダメ…。
ダメって何が?グルルル〜グルッ。
痛い!痛い痛い痛い…。
ハハハハ…。
ボクって本当にダメなヤツ。
わかってるなら真面目にやってよもう…。
万能ペットフード卵からかえったらこれを食べさせて。
わかった。
そろそろご飯にするから一段落したら戻っておいで。
ハア…。
ダメじゃないか勝手に出てきたら。
わあ…フフフフッ!うんと食べて大きくなるんだぞ。
(ドラコ)ウッ…クエックエッ…。
いやしん坊だな。
慌てなくてもたっぷりあるのに。
カア…。
ハァ〜イ。
ん?
(木の葉の揺れる音)ボクもおなかすいたなあ…。
このカツ丼そろそろいいかな?フンッフンッ…エイッ!やっぱり大根じゃないの!まあまあ。
いい香り。
しずかちゃ〜ん!ん?ひと休みしてご飯を食べよう。
すぐに行くわ。
(ジャイアン)見てくれ。
部屋はすっかりできたぞ。
(スネ夫)すっげえ!
(しずか)広い。
(ジャイアン)奥が個室。
台所や見張り部屋もあるぜ。
さすがジャイアン。
住み心地よさそうじゃん。
では諸君いただきましょう。
こんな大根どうやって食べんのさ?カツ丼を注文したはずだぞ!
(しずか)スパゲティが食べたかったのに…。

スポンサーリンク
  このまま食べるんじゃないよ。
ここから簡単に割れるんだ。
(ジャイアン・スネ夫・しずか)うわあ〜!おおっ!ハハハハッ。
(ジャイアン)うまそう。
(スネ夫)ボクちゃんのも〜。
(2人)いただきま〜す。
セボ〜ン!スネ夫さんとってもおいしいわ。
ホント!?ボクちゃん農家になろっかな〜。
(一同)ハハハハハ…!うわ〜いいにおい。
おなかペコペコ。
遅かったわね。
それでどんなペットを作ったの?それが…。
ク〜フフッ…。
どうせ昼寝でしょ?失礼な!いくらボクでもそんなに昼寝ばっかりしないよ。
じゃあ何してたの?居眠りしてたの…ハハッハハハッ…。
(一同)ズコーッ!いただきます!うんおいしい。
自由だな〜。
(ジャイアン)自由だぜ。
(スネ夫)自由って最高。
(しずか)こうやって大自然に包まれていると小さな悩みなんかどうでもよくなっちゃうわ。
この辺で一度家に帰ってみるってのも…。
ボクもそう思っていたところ。
今のうちならそうひどくは怒られないわよ。
オレはイヤだぜ。
せっかく自由になれたのにどうして帰んなきゃいけないんだっつうの!
(ジャイアン)オレは1人でも残る。
でもきっとママたちが心配してるわ。
そうだよ。
意地張らないで帰ろうよ。
ううっ…うるせえ!家出はやめないよ。
家出はやめない。
ちょっと中断するだけだよ。
来ようと思えばまたいつでも来られるんだから。
よし。
それなら文句ねえ。
いいかこのことはオレたちだけの秘密だぞ。
親や学校の連中にバラしたらぶん殴るからな!
(一同)うん。
(ジャイアン)石槍に誓って。
(一同)石槍に誓って。
ところでボクはなんで家出したんだっけ?
(ジャイアン)じゃあな。
(スネ夫)また明日。
(しずか)おやすみ。
うんおやすみ。
ドラえもん出てこいよ。
イヤだ!ハムスター怖い!大丈夫だって。
うわあやめろってばもう…。
(階段を駆け上がる足音)ハアハアハアハア…。
ハアハア…。
こんな時間までどこ行ってたの!くっ…ううっ…。
あっ…。
手を洗って早くご飯食べなさい。
えっ?食べないんなら片付けちゃうわよ!食べます食べます!変なの。
ママがお説教しないなんて。
ワオーン!ん?オオカミ?まさかね…。
ワオーン!
(チャイム)
(ジャイアン)昨日はまいったぜ。
ジャイ子が鍵を開けてくれなかったら一晩中外に立たされるところよ。
うちも…門限を守らない子はうちの子じゃありませんって。
ボクんちは話し合い。
なんとかフランス語1本にしてもらったけど…。
のび太さんは?うち?うちは…。
とにかくいっぺんに家出するから大騒ぎになるんだよ。
1日3時間とかなら目立たないんじゃない?それって家出になるのか?騒ぎにはならないわね。
(ジャイアン)そうだな。
(ジャイアン・スネ夫・しずか)ハハハハ…。
ただいま。
ううっううっ…。
どうしたの?アイツがボクのドラ焼きを食べちゃったんだ!アイツって?決まってるだろ!ハムスターがボクのドラ焼きを食べたんだ。
うぐっうぐぐぐっ…。
ううっ…決着をつけてやる…!よせよ!
(窓を開ける音)
(スネ夫)よいしょっと。
あれ?まだ帰ってないのかな?ランドセルあるじゃん。
お邪魔します。
まあいいや。
今のうちに服を着替えよう。
そうだな。
やだ!ここで着替えないで!
(スネ夫)じゃあどこで着替えればいいのさ。
(しずか)外に出たら?
(ジャイアン)外のほうがまずいだろ。
(しずか)あっ…!
(ジャイアン・スネ夫)んっ!?押し入れに誰かいるわ。
何!?ウソ!ド…ドラえもんでしょ。
スネ夫が開けろ。
ええ〜っ!?そんな…。
うわっうう…ううっ…。
ハア…ハア…。
うわあー!!うわあ!アイテッ!キャー!ぐっ…ううっ…。
コイツ!やりやがったな。
エイッ!おおっ…!待って!
(スネ夫)やっちゃえジャイアン!お放しくだされ猫の情けじゃ…。
(物音)
(2人)ん?
(2人)あっ…!何やってんの?やいのび太!よくもこんなヤツに秘密をバラしてくれたな。
知らないよこんな子。
(スネ夫)とぼけるな。
とぼけてないってば!もう騒がしいわね。
ママだ!邪魔が入らないうちに出発しよう。
チクショウ…。
誰なんだよ?オマエは。
のび太?だから知らないってば。
ウソつけ!だったらなんでこんな格好してんだよ!いきなり殴られたんだぞ。
うっ…イッテ〜。
石槍…。
もしかしてこの子本物の原始人なんじゃ…。
(一同)えーっ!?
(ジャイアン)本当に原始人だっつうのか?でも変だよ。
どうして21世紀の東京に原始人がいるのさ。
ひょっとしてあれかな?あれって何?時空乱流だよ。
めったにないことだけど時空間のゆがみがいわばブラックホールみたいな落とし穴を作るんだ。
もしこの穴に落ちてしまったらその人は世界から忽然と姿を消してしまう。
人間が消えちゃう…!?そんな話聞いたことないぜ。
神隠しって聞いたことない?日本の古い言い伝えだけど…。
突然人が消えちゃう話は世界中で実例があるんだ。
(しずか)じゃあこの子も原始時代から…?おそらくね。
がっかりだな〜。
7万年前の日本に人間が住んでたなんて。
それはまだわからないよ。
(一同)えっ!?この子がいつどこから来たのか正確に調べる必要がある。
ボクとのび太くんで調べてくるからジャイアンとスネ夫はこの近くに人が住んでいないか探してきて。
任せとけ!
(スネ夫)オーケー!しずかちゃんはこの子の手当てをしてあげて。
(しずか)わかったわ。
時空震カウンター。
タイムホールに観測球を浮かべて時空間の波動の跡を探るんだ。
波動?目に見えない時空間の乱れだよ。
早速データが来てる。
昨日までさかのぼってみよう。
これだ!この波動をたどってみよう。
どこから始まってどこまで続いているか…。
まるっきりチンプンカンプンだよ。
ボクのペットはどうなったかな?ペガ?グリ?ドラコ?どこ行ったんだろう?おーい出ておいでー!はっ…?えっ?ええっ…うわあ…!誰?誰かいるの?
(3頭の鳴き声)うわあーっ!!みんな!うわあ…!わ〜い!ハハハハハハ…。
大きくなったな。
ボクのこと覚えててくれたんだね。
ん?グルッ!グルワッ!ボクにくれるの?グルッ。
ん?あっ…。
えいっふんっほいっよっほいっ。
そうかわかったぞ。
よーしそれ!あっしまった!グルル〜ッ!うわあすごい!ハハハハ…いいぞグリ。
(トキの鳴き声)
(スネ夫)見て見てジャイアン。
トキの群れだよ。
(ジャイアン)おおワンダフルじゃねえか。
(スネ夫)日本のトキは20世紀には絶滅しちゃったからね。
(ジャイアン)惜しいことをしたもんだ。
こちらは今年の映画の舞台南極です。
みんなもタケコプターを使って南極の空を楽しんでね。
(2人)いってらっしゃ〜い!番組の後半ではボクがタケコプターで散歩してくるよ。
お楽しみに!
この春すべてが凍る
巨大氷山だ!かき氷食べ放題。
南極の地下に眠る謎の古代都市を巡って大冒険が始まる!
(ククル)ハア…ハア…ハア…ハア…。
トヌー!カヌー!あっ…!
(タジカラ)おっ…。
(コイヤメ)ああ…。
わあ…ハハハッ…!うわっ!
(ククル)トヌー!カヌー!
(クラヤミ族)ウオ〜!ハッハッハ〜。
うわあ…!えっ…!
(族長)ウオーッ!!うっううっ…ううっ…。
うなされてる。
よっぽど怖い目にあったのね。
ううっ…。
よかった。
気がついたのね。
うわっ…!フンッ!
(しずか)動いちゃダメ!ガル!ウッダムサバ!怖がらないで。
ここにはあなたをいじめる人なんていないわ。
ぐっ…!ああっ!まだケガが治ってないのよ。
おとなしく寝てなくちゃ。
ちょっと待ってて。
(しずか)はい温かいスープよ。
(においを嗅ぐ音)うわあ…エイッ!マルーナ!ウフフフ…よっぽどおなかがすいていたのね。
おかわりもあるのよ。
たくさん食べて静かに寝ていればすぐに元気になるわ。
(ジャイアン)うりゃあ!
(スネ夫)やめてよジャイアン。
どっちが長く潜れるか競争しようぜ。
よーし負けないぞ。
せーの!ぐっ…うぐっ…。
ズルしないでよ!あれ?じゃあさっきのは…。
ブハッ!ジャ…ジャ…ジャイアン!よっしゃー!オレの勝ちだ!それどころじゃないよ!
(スネ夫)オ…オ…オ…。
(ジャイアン)オ…オ…オ…?オオサンショウウオだってば!
(ジャイアン)でけえ!
(スネ夫)食べられる!
(2人)もうダメだー!ゴォ〜ン!グリフィンにドラゴン!?どうなってんだ?お〜い!
(ジャイアン・スネ夫)のび太!大変だ!みんな。
ドラちゃん。
見て。
あの子すっかり元気になったの。
よかった。
それより大発見だよ!調査の結果驚くべきことが…。
ドラえも〜ん!
(2人)えっ!?なんだ?あれは。
ただいま!ボクが作ったペットたちだよ。
どう?すごいでしょう。
いやはや恐れ入った…。
ステキ!マウンガベシ!ボストボスト!ええ?そうそう!キミの身元がわかったんだ。
この子が時空乱流に吸い込まれたのは北緯31度7分東経118度2分。
(スネ夫)そんなこと言われても…。
(ジャイアン)わかんねえよな。
ありゃ!つまり21世紀でいう中国大陸和県のあたりさ。
(一同)中国!?そこでほんやくコンニャク醤油味。
さあキミのことならなんでも聞かせてくれ。
ボクの言葉がわかるの?ボクの名前はククル。
ヒカリ族タジカラとコイヤメの息子。
村に帰ったら空の穴に吸い込まれちゃって。
時空乱流のことだよ。
他の人たちも吸い込まれたの?家族とか村の仲間とか。
違う。
クラヤミ族に連れていかれた。
クラヤミ族!?
(ククル)ずっと前から狙われてたんだ。
どこまで逃げても必ず追ってきて。
(しずか)襲われた人たちはどうなるの?わからない。
北のほうへ連れていかれるらしいけどそのあとは…。
どうして戦わないんだよ!マックラ族と。
ジャイアンクラヤミ族。
戦ったってかなうもんか!アイツらには恐ろしい味方がついてるんだ。
不死身の精霊王ギガゾンビが…。
(風の音)
(ジャイアン)ギガゾンビ…!?
(スネ夫)なんだい精霊王って…!?まさか幽霊?ハハ〜ン…それはまじない師みたいなものだね?大昔の人はこの世界のあらゆるものに精霊が宿っていると考えたんだ。
だからおまじないをして精霊をなだめる力を持った人が敬われ恐れられたのさ。
なんだ迷信か。
昔の人は何も知らなかったんだね。
安心しなククル。
インチキ野郎を怖がるオレたちじゃないぜ。
そうとも。
ボクたちには科学文明という…。
インチキなんかじゃない!ギガゾンビの魔力にかなう人間がいるもんか!じゃあ何か?オマエこのまま引っ込んでる気か?お父さんやお母さんを助けなくてもいいの?もちろん助けに行く…。
よーし!そんなら任せとけ。
ボクたちスリルと冒険が大好きなんだ。
力になるわ。
よしっ!これで決まりだ。
とらわれたヒカリ族を救出するため明日中国大陸へ出発しよう!
(一同)オー!
(寝息)
(犬笛)
(犬笛)
(犬笛)
(はしごのきしむ音)ああっ…!
(ククル)んっ…!おおっ…!ボクだよボク。
ふう…。
まだ寝ないの?ギガゾンビ来るかもしれない。
来るわけないだろ!ここから中国までどれだけ離れてると思うの?少しは寝ないと明日からの旅がつらいよ。
ボクの部屋で一緒に寝よう。
(ククル)オレここにいる。
あっそう。
だったら勝手にすれば?えっ…?ギガゾンビか…。
ヒィ…!『映画ドラえもん』…。
宇宙人シリリに子どもにされてしまった野原一家
(シリリ)大人に戻してほしければ父のところに連れていけ!
シリリを尻にいざ出発!
子どもだらけの珍道中無事にたどり着けるのか?
(野原みさえ)もう終わりだ…。
(野原ひろし)見た目は子どもでもオレはコイツらの父親だ!
(園児たち)カスカベ防衛隊!
(野原家一同)野原一家!
(野原しんのすけ)子どもでも…。
(一同)ファイヤー!シリリー!
(シリリ)しんのすけー!
(しずか)待ってククル。
お願いだから無茶しないで。
(スネ夫)朝っぱらから何?
(しずか)ククルが1人で中国へ行くって。
(ドラえもん・スネ夫・ジャイアン)えーっ!?バカ野郎!まだオレたちを信じられねえのか?相手は凶暴なクラヤミ族とギガゾンビだぞ!生きては帰れないんだぞ!
(クルル)キミたちいい人。
だからなおさら…。
はい。
これを頭につけて。
頭に?いいからいいから。
うわっ…うわあ!わあ!ヒィ〜!うっ…おっ…!ヒィ〜!ああっ…!空を…飛んだ!?ボクが風の精霊に命じてキミを飛ばしたんだ。
そうそう!この人偉いまじない師のドラゾンビっての。
えっ…!?木の精も水の精もドラゾンビの言いなりなんだぜ。
これなら安心して任せられるでしょ?うっ…ううっ…。
(ククル)ドラゾンビ様!やめてよ照れくさい。
(一同の笑い声)お〜い!
(あくび)何かあったの?ったく…。
みんな準備はいい?いざ中国大陸へ!それー!ハハッ!ヒィ〜ン!はいよー!白馬の騎士参上!
(ジャイアン)チェッ!のび太ばっかりかっこつけやがって。
(スネ夫)仕方がないよペット大臣なんだから。
ワウッ!
(ジャイアン)わ…わかったって。
やきもちやくなよ。
グリちゃん大変だけどよろしくね。
グルルッ!中国の安徽省和県まで直線距離で2000キロあまり。
このスピードなら夕方までには着けるんじゃないかな?
(スネ夫)でも日本と中国の間には広い海があるでしょ?途中でドラコたちが疲れちゃったら…。
心配ない。
念のため出発前に衛星写真を撮ってみたんだ。
ほいっ。
うわっ!おっとっとっと…。
ん?あっ!日本が大陸にくっついてる。
今が氷河期だからさ。
地球が寒くなれば氷が増えて水が減る。
水が減ると海面が下がって陸地が増えるってわけ。
(スネ夫)じゃあいつでも下に下りて休めるんだ。
海に出たぞ!海岸線に沿って西へ進もう。
(一同)オー!大きい山が見えてきたよ。
(しずか)ねえもしかしてあれって…。
(スネ夫)富士山だよ!
(ジャイアン)すっげえ!富士山が誕生したのはおよそ10万年前なんだ。
ちょうどいい。
ここでお昼を食べよう。
(一同)オー!
(一同)おお!お昼はハンバーガーとポテト。
コーラもあるよ。
(一同)いただきます!おいしい!原始人もハンバーガーが好きなんだな。
(一同の笑い声)そうかわかったぞ!日本人の先祖って中国から引っ越してきたんだ。
本当?本当だよ。

スポンサーリンク
  他に朝鮮やシベリア南の島なんかからも移住してきたらしいよ。
人類は遠いアフリカの地に誕生してから何万年もの時をかけて世界中に広がっていったんだ。
(しずか)いろんな国の人がいるけど遠い祖先をたどれば世界中の人が親戚なのね。
じゃあひょっとして…ククルはボクのおじいちゃんのおじいちゃんのそのまたおじいちゃんの…。
やめてよおじいちゃんなんて。
元気のいいおじいちゃんだな…。
大丈夫?
(一同の笑い声)
(しずか)さっきから大きな木が1本もないわ。
(ジャイアン)ゴツゴツした岩ばっかりだぜ。
最近まで海の底だったからさ。
この陸橋地帯を過ぎれば中国大陸なんだ。
日暮れが近い。
そろそろ目的地に着いてもいい頃なんだけど…。
あっ!ん?
(ククル)魚をとっていた川だ!よ〜し下りてみよう!『映画ドラえもん』…。
真っ黒焦げだ…。
ひでえことしやがる!
(泣き声)泣かないでククル。
ボクたちがきっと見つけるからね!とにかくボクらはスタートラインに着いた。
クラヤミ族の追跡は夜が明けてから開始しよう。
はいおしまい。
フフフ…。
くすぐったいよ!フフフッ。
じゃあおやすみ。
ん?
(3頭の鳴き声)そうか知らない場所だから眠れないんだね。
よし!今日は一緒に寝よう。
おやすみ。
たずね人ステッキ!
(一同)ん?このステッキが尋ね人のいる方角を教えてくれる。
北北西!そこに連れ去られたヒカリ族がいるはず!すぐに出発しよう!待った!ペガたちはここに留守番させてタケコプターで移動しよう。
どうして?目立ちすぎるよ。
クラヤミ族に見つかって隠れられたら捜しようがない。
そっか…。
これだけあれば3日は持つだろう。
いいかい?ここでおとなしく留守番してるんだよ。
(3頭の鳴き声)
(ドラえもん・のび太)ん?
(3頭の鳴き声)ダメだよ!連れていけないんだってば!すぐに戻るから。
いい子にしてるんだよ〜!
(3頭の鳴き声)ヤツらどの辺まで進んでるんだ?襲われたのが4日前。
歩いて4日ならたいした距離じゃないさ。
どこかにキャンプ跡があるはずだ。
あっ!どうした!?
(スネ夫)なんか見っけたの?クラヤミ族の槍だ。
ここで狩りをして獲物を食べたんだ。
1日目のキャンプ跡ってわけか。
はぐれない程度に間隔を開けて探そう!あった!2日目のキャンプ跡だ!3日目。
つまりゆうべだ。
急げ!近くにいるぞ!
(一同)うん!
(長老)あっ…うう…。
長老!先に行け。
ワシに構うな。
ん?何をグズグズしてる!立て!お願いです!少し休ませてください。
黙れ!ああっ!もう我慢ならん!
(タジカラ)みんな!
(ツチダマ)ギ〜ガ〜!ツチダマ様!何かご用で?
(ツチダマ)手向かう者歩かぬ者殺して先を急げ。
トコヤミの宮への道はまだ遠いぞ。
へ…へい!どけー!さあやれるものならやってみろ!バカめ!ぬあーっ!うわーっ!
(人々の悲鳴)聞け!皆の衆!我こそは精霊大王ドラゾンビ。
ただちにヒカリ族を解放するがよい!さもなくば雷の精霊をけしかけてバーベキューにするぞよ!えっ!精霊大王!?ドラゾンビ!?わからぬか!?ならば見せてやろう。
ドラゾンビの力!
(一同)うわーっ!ほらっ!ほっ!ドラちゃん本物のまじない師みたい。
案外ノリやすいね。
オレたちも行こうぜ!うん!
(スネ夫)オーケー!それー!あれは…!ククル!ヤーッ!ていっ!ターッ!ハッ!
(スネ夫)ほれほれほれ〜!
(ジャイアン)おりゃっ!フンッ!うわーっ!ヤーッ!
(2人)うわーっ!ひ…退けーっ!わ〜い!勝った勝った!
(ジャイアン)どんなもんだい!ククル!ククル!父さん!母さん!
(タジカラ・コイヤメ)ククル!無事だったのね…。
もう会えないかと思った。
よく助けに来てくれた!
(しずか)家族と再会できたのね。
オレこういう場面に弱いんだ…。
(スネ夫・のび太)ハハハハハ!
(ツチダマ)ギ〜ガ〜!
(一同)ん?なんだ?
(ツチダマ)ギ〜ガ〜!
(一同)ん?なんだ?
(ツチダマ)ギ〜ガ〜!この中から聞こえるぞ。
(ツチダマ)ギ〜ガ〜!!
(一同)うわあっ!
(ツチダマ)ギ〜ガ〜!粘土細工がしゃべってる!我こそはツチダマ。
キガゾンビ様の忠実なしもべである。
(4人)ギガゾンビ!?この野郎!下りてこい!愚か者め!
(ジャイアン)おおっ!?あーっ!ジャイアン!なんなんだ?今の。
衝撃波だ。
ショックスティックで反撃しよう!まだワタシの恐ろしさがわからぬか!
(一同)ああっ…うわーっ!
(ククル)岩陰に隠れて!あっ!岩が!のび太さん!うわーっ!助けてーっ!のび太ーっ!ククル!ドラえも〜ん!なんとかしろ〜!あれでもないこれでもない…。
あった!とどめだ!えいっ!ひらりマント!ギギギィ!?ギガーッ!
(ジャイアン・スネ夫)わー!やったー!さすがドラえもん!それにしてもどうしてこんな土の塊が動いたりしゃべったりしたんだろう?ドラえも〜ん!
(しずか)のび太さん!ヒカリ族のみんながお礼を言いたいって。
ドラゾンビ様なんとお礼を申してよいのやら…。
ボ…ボクはドラえもんといって…。
いいじゃんかドラゾンビのままで。
ねえヒカリ族のみんなを日本に連れていってあげない?そりゃいいや!いつまたクラヤミ族が襲ってくるかわからないもんね。
えっと…あった。
どこでもドア!どこでもドアは使えないんじゃなかったの?日本からここへ来るまでの間に道筋を覚えさせておいたんだ。
それじゃあ日本へ…。
待ってよ!ペガたちを連れていかなきゃ。
あっ!ごめんごめん。
まずは和県のヒカリ族の村へ!
(長老)おお…!ここはまさしくワシらの村。
みんなくぐったかな?おのれタヌキの化け物…。
この恨み晴らさでおくべきかー!!ペガ!グリ!
(ジャイアン)ドラコ!日本に帰るのよ!
(スネ夫)置いてっちゃうぞ!みんなー!どこ行ったんだろう…。
ボクのせいだ…。
置き去りになんかするから迷子になって…。
心配いらないわよ。
あの子たちは強いから。
案外伸び伸び自由を楽しんでるかもよ。
ひとまず日本へ帰ろうぜ。
やだ!見つかるまで捜すんだ!気持ちはわかるけどヒカリ族を早く安全な日本へ連れていかなくちゃ。
(長老)おおなんと美しい…。
本当にここに住んでもいいんですか?まだ誰も住んでいないようだからどこでも好きなところに村をつくってください。
ワオワオワオワオ〜ン!ここがいいよ!見晴らしもいいし湖も近いし!何をやってるんですか?木を切って家の柱にするのさ。
石斧は切れ味が悪くて大変だな。
あっそうだ!
(長老)ドラゾンビ様。
この土地でとれた最初の獲物でございます。
どうぞお召し上がりください。
わ〜!いただきます!おいしい〜。
(スネ夫)ドラえもん!ん?みんなにらくらく道具を貸してやってくれよ。
ダメ。
(2人)えっ!?石器時代の人が未来の道具を使ったら歴史がめちゃくちゃになる。
人間は苦労した分だけ工夫して便利な道具を生み出していく。
それを文明の発展というんだ。
チェッ!融通の利かないヤツ。
(スネ夫)ケチゾンビ。
そういう問題じゃないの!
(2人)しずかちゃ〜ん!ふう…。
刈り取った草はどうするんですか?その辺に積んでおいてくださいな。
石器時代の子どもたちは働き者だなあ。
オレたちも手伝うか。
うん。
おじさんおばさん!これここに置いとくぜ。
ああ助かるよ。
(2人)ヘヘヘ…。
こんなに忙しいのにのび太は何やってんだ。
どうせ河原で昼寝でしょ。
(茂みの揺れる音)ペガ!
(犬笛)ん?犬笛だよ。
シカの骨を削って作ったんだ。
ローを呼ぶ時もこれを使ってた。
ロー?
(ククルの声)昔飼ってたオオカミの子どもさ。
よく懐いててかわいいヤツだったよ。
(ククルの声)ある時村中で旅をした。
近くに狩りの獲物がいなくなってね。
日が沈んで昇って…沈んで昇って…。
長い長い旅だった。
マンモスの群れを見つけたボクたちは大声を上げてぬかるみに追い詰めた。
マンモスもボクたちも命がけだからそりゃもう大騒ぎさ。
そしたらいつの間にかローがいなくなってた。
えっ!?マンモスに踏まれたかぬかるみに沈んだか…。
もしかして置き去りにしたの!?わがままは言えないもんね。
それでもボクは毎日これを吹き続けた。
そしてひと月以上経ったある日…。
(ロー)ワンワン!ワンワン!
(ククルの声)ケガをして泥だらけだったけどまっしぐらにボクの胸に飛び込んできたよ。
けものには自分の飼い主を捜す鋭い勘があるんだ。
だからのび太の3匹もきっと…。
ねっ。
うん!もう少しで村が完成するんだ。
手伝ってくれる?もちろん!もうダメ。
動けない…。
途中までサボってたくせに。
手に豆ができちゃった。
草であちこち切っちゃったわ。
普段の暮らしがどれだけ便利で快適か身に染みてわかっただろ?もう長い間テレビ見てないな。
宿題もやらなくちゃ…。
う〜ん…この辺でいっぺん帰ってみるか。
いいね!だけどまたママに叱られるわ。
大丈夫。
タイムマシンで家出した直後に戻ればいい。
そっか!やるじゃんケチゾンビ!ケチゾンビじゃない!
(一同の笑い声)はい。
すぐに戻るけどペガたちが帰ってきたら食べさせてあげて。
(ククル)任せといて。
ドラゾンビ様がお留守だと心細くなりますな。
大丈夫!ギガゾンビもクラヤミ族も絶対に来ません!じゃあ行ってくるね!
(ジャイアン)ほんじゃあ!
(ギガゾンビ)なんというザマだ!トコヤミの宮を完成させるにはまだまだ奴隷を集めねばならぬ。
そのためにオマエをあのサルどもにつけてやったのだぞ。
恐れながら…ギガゾンビ様ヒカリ族に強い味方が現れたのです。
精霊大王ドラゾンビと名乗るタヌキの化け物でございます。
(ギガゾンビ)何!?ドラゾンビだと?精霊大王だと?そやつの力がこのワタシより上だというのか!?め…めっそうもございません!
(ギガゾンビ)黙れ役立たずめ!ギ〜ガ〜!
(ギガゾンビ)よいか?ドラゾンビとやらを見つけ出しワタシの前に連れてくるのだ!
(ツチダマたち)はっ!地の果てまで追い詰め八つ裂きにしてくれるわ。
フハハハハハハハ!
(チャイム)ふわ〜っ!まだ頭がボーッとしてるよ。
7万年の時差ボケね。
う〜ん…ぬ〜ん…。
どうしたの?難しい顔して。
これを見て。
ん?これは?ツチダマの手首だよ。
欠片を1つ持ってきたんだ。
ダーッ!イッタ!もう何すんだよいきなり!ん?くっついた!見たこともない成分でできてるんだ。
今このデータをドラミに送って調べてもらってる。
(着信音)
(ドラミ)「もしもし?お兄ちゃん?」
(ドラミ)「分析の結果形状記憶セラミックでできていることがわかったわ」「分子の一つ一つが自分の並び方を覚えていて自己修復機能を持つ金属よ」「引き続き詳しく調べてみるわね」どうして石器時代にこんなものが…。
わからない。
ただ1つ言えることはギガゾンビがただのまじない師じゃなかったってことだ。
やられた!手遅れだった!ククル…。
(ギガゾンビ)フハハハハハハ…。
(しずか)大きな影が…。
(スネ夫)あれがギガゾンビ!?よく来たなドラゾンビとやら。
新しい奴隷をもらっていくぞ。
やい!ククルたちを返せ!返してほしくばトコヤミの宮まで来るがよい。
ただし二度と帰れぬことを覚悟でな。
そんな脅しに乗るかーっ!
(ギガゾンビ)フハハハハハハ!無駄だよ。
あれはメッセージを伝えるための幻なんだ。
びっくりラッキーマンボ!dボタンを押して参加してね。
今度はボクがタケコプターで行くよ!いってらっしゃーい!うわ…何かいるぞ?クジラの親子だ!虹が出た!キングペンギンだ!毛の色が違うのは赤ちゃんペンギンだね。
(ジャイアン)
今年の『映画ドラえもん』はなななんと…
(スネ夫)
南極の氷の下で大冒険!
(ジャイアン)
オレたち大活躍だよな
(スネ夫)
もちろん!
…ってピンチばっかじゃん!
(スネ夫)
デンジャラ〜ス!
ここだ!ツチダマと戦いヒカリ族を助けた場所は。
トコヤミの宮がどんなところかギガゾンビがどんな相手か見当もつかない!構わないよ!ククルはボクらの友達なんだ!心の友を見捨てられっか!ちょっと怖いけど!それじゃあ行こう!果てしない大陸の奥地へ!
(一同)おーっ!
(しずか)どこまでも大地が続いてる…。
日本とは桁違いの広さね。
こんなに離れていてギガゾンビはどうやってククルたちを見つけたんだろう?わからない…。
それよりトコヤミの宮を見つけられるかどうかが問題なんだ。
だけど不思議だな…。
何が?ギガゾンビたちはこんなに遠い道のりをたった1日で往復したんでしょ?
(ジャイアン)なんだよ!怖気づいたのか!?そんなことはギガゾンビに会えばわかることだ!
(スネ夫)そりゃそうだけど…。
(しずか)見て!雪だわ。
(スネ夫)なんだか急に寒くなってきた。
(ジャイアン)オレも。
(くしゃみ)おかしいよ…エアコンスーツは寒さを防ぐはずなのに。
無理もない。
今の気温はマイナス50度。
えっ!?エアコンスーツもカバーしきれないんだよ。
んっ!?タケコプターの調子がおかしい!みんな下りて!
(ジャイアン)またかよ!?ダメだ…連続運転でオーバーヒートしてる。
他に移動する道具はないの?あるにはあるけどデコボコな地形で使うと危険なんだよな…。
誰も見てないからいいようなものの…。
この年になって電車ごっこなんて。
グズグズ言わないの!出発進行!
(一同)うわあっ!
(ジャイアン)速え!目が回る〜!
(しずか)息ができない…!
(スネ夫)止めて止めて止めて!ただいま時速400キロ〜!
(一同)うわーっ!
(一同)うわーっ!
(スネ夫)ひえ〜っ!ジェットコースター!ダメだとても前に進めない…。
(ジャイアン)おい!ほら穴があるぞ!天の助け!あそこに避難しよう。
やれやれ助かったよ…。
(スネ夫)もう少しで凍え死ぬところだったよ…。
みんな無事でよかったわ。
みんな…。
のび太くんがいない!
(スネ夫・ジャイアン)のび太がいない!あのドジ!途中で落っこちちゃったんだよ。
オレ助けに行ってくる!
(スネ夫・しずか)えっ!?やめろ!ジャイアンまで遭難するぞ!だって…放っておいたらアイツ死んじまうんだぞ!?こんな吹雪の中で見つかるわけがない。
それよりも…。
この中には薬用栄養ドリンクが入っていて遭難者を捜し出して救助してくれるんだ。
でもどうやってのび太さんを捜し出すの?何かにおいのついたもの…。
おっ!これがいい!いいかい?こんなにおいの子を捜すんだよ。
アンアン!
(ジャイアン)頼んだぞ!
(しずか)がんばって!
(スネ夫)手遅れにならないうちに見つけてくれ!ドラえもーん!みんなー!ひどいよ…ボクだけ置いてけぼりなんて。
(風の音)うっ…うわっ!凍え死ぬ…。
あっ…。
(パパ)うう〜さむさむ…。
パパ!あっストーブだ!ボクにもあたらせて!のび太。
誰の力も借りないんだろ?はっ…。
待ってよ!
(麺をすする音)ママ!ラーメンちょうだい!スープだけでいいから!1人で生きていくんじゃなかったの?はっ…。
あれは…。
あーっダメ!ああ…そんなあ…。
もうダメ…。
一歩も動けない…。
あ〜あよせばいいのに。
家出なんかするからこんなことになるんだよ。
おとなしく先生やママの言うことを聞いていれば今頃暖かい布団の中なのに。
違うんだ…。
ちょっと試したかっただけなんだ…。
フン!無駄だね。
結局キミは1人じゃなんにもできないんだ。
そんなことよりそろそろ寝ちゃったら?ク…ククルを助けなきゃ…。
あっそう。
じゃあ勝手にすれば。
ククルを…ククルを…。
アンアンアン!ア〜ン!なんだ?あれは。
怪しい…。
ギガーッ!う〜ん…。
イライラしてもしょうがない。
ボトルを信じて待つしかないんだ。
じっと待ってなんかいられないよ!あんまり奥へ行くと迷子になるわよ!のび太のヤツ…だからノロマは嫌いなんだー!スネ夫!スネ夫さん!
(3人)あっ!地底に通じる階段が…!
(ギガゾンビ)フッフッフッフッ…。
よくぞここまでたどり着いた。
敵ながらあっぱれと褒めておこう。
(犬笛)
(犬笛)
(犬笛)うっ…。

スポンサーリンク
 

(ジャイアン)一体どこまで続いてんだ?地球を突き抜けちゃうかも…。
待って!奥に明かりが!えっ!?
(スネ夫)な…なんだろう?行ってみよう!
(一同)あっ!
(スネ夫)あんなに大勢のヒカリ族が奴隷に…!
(ジャイアン)やっぱりここがトコヤミの宮か!
(しずか)見てあそこにククルが!うわっ!
(2人)ウゥゥ…!ウオォォ!
(2人)ハハハハ…!
(ククル)ううっ…!この野郎!奴隷だけは許さねえ!あっ!うおおぉーっ!
(スネ夫)あれ?何もかも凍りついたように…。
(しずか)動きが止まったわ!タイムロックだよ。
ボクたち以外の時間の流れを止めたんだ。
止まった時の流れの中から連れ出すにはちょっと触ればいい。
ん?おわーっ!アイテッ!
(しずか)早くみんなを助けなきゃ!大勢の人をいっぺんに逃がすんだ。
脱出ルートを確保しなくっちゃ。
毎度おなじみこれでいっぺんに地上に出られる。
よいしょっと!地上に通じたかどうか確かめてくる!早くしろよ!頼んだわよドラちゃん!うう…。
おかしい…。
こんなに曲がりくねってるはずないのに…。
お…?えーっ!?ウソ!なんだここは!どうしてこんなところに出たんだ?石器時代の地底にこんな機械があるなんて…。
(杖を突く音)ん?ああっ…!そんなバカな!時の流れは止めてあるのに…。
(杖を突く音)ようこそドラゾンビくん。
(ギガゾンビ)この部屋は誰も入れない神聖な場所だがキミの勇気に敬意を払ってお通ししたのだ。
どうして動けるんだ?時間は止めてあるのに!タイムロックはワタシが解除した。
解除した!?そうかわかったぞ!オマエは未来人だな!?歴史を勝手に作り変えようとする時空犯罪者だ!ヌハハハハ…!よくぞ見破った!しかし犯罪者とは心外だな。
ワタシは歴史を司る神なのだよ!無知な原始人どもを従え腐りきった未来を消し去るためにやって来たのだ。
そんな勝手なことタイムパトロールが捨てておかないぞ!だからこそ地の底深く秘密基地を造ったのだ。
愚かなタイムパトロールに悟られないためにな。
見よ!亜空間破壊装置を!
(ギガゾンビ)この装置を使えば時空乱流を自由に作り出すことができるのだ。
時空乱流?そうか!ククルやボクたちが巻き込まれたのもオマエの仕業だったのか!それは失敬。
ほんのテストをしたまでだよ。
時空乱流にプラズマボールを投下すればタイムトンネルを木っ端みじんに破壊できる。
何人もこの時代へ立ち入れなくなりワタシが永久王朝の支配者となるのだ!オマエなんかに世界の王様になられてたまるか!ほう…それでどうする気かね?ドラゾンビくん。
捕まえてタイムパトロールに引き渡してやるーっ!よかろう!やってみるがいい!わあぁーっ!ハアッ!アチチチチ…!フハハハ…!降参すれば家来にしてやってもいいぞ。
誰がオマエなんかに…!パワー全開!たあぁぁーっ!バカめ!たあーっ!フン!ハアッ!ハアァァーッ!セイッ!うわあぁーっ!ぐっ…ううう…。
そんなバカな…。
22世紀の道具が通用しないなんて…。
えーいっ!ギガーッ!あっ…!22世紀の道具など化石に過ぎん。
ワタシは23世紀から来たのだからな。
えっ…!?残念1世紀負けたか…。
ん…?あっ…!ペガ!グリ!ドラコ!アハハハ!みんな無事だったんだね!もう会えないかと思った。
そうだ雪の中で倒れて…。
あっ!もしかしてみんながボクを助けてくれたの?
(3頭の鳴き声)アハハ!ありがとう!ありがとうみんな!ドラえもんたちはどこにいるんだろう?トコヤミの宮は見つけたのかな?グワッ?ん?グリ何か見つけたの?グルル…。
これは…ボクの答案用紙!ってことは…ドラえもんはこの近くに!
この春のび太の勇気と優しさがドラえもんの危機を救う
地球が凍っちまうんだぞ!あきらめちゃダメだ!行こう!待っててねドラえもん。

(一同)「アイヤイオチタオアイヤイオチタオ」「アイヤイオチタオアイヤイオチタオ」ギガーッ!まさかドラちゃんまで負けちゃうなんて…。
面目ない…。
肝心な時に役に立たないんだよなあ。
(スネ夫)うんうん!だから謝ってるだろ!
(咆哮)
(一同)うわーっ!サーベルタイガー!?
(咆哮)食べられちゃうの!?なんとかしろドラえもん!無理だよ!
(スネ夫)ママ〜!フハハハハ!無駄なあがきはやめろ。
オマエたちは闇の精霊に捧げる生け贄となるのだ。
(咆哮)
(スネ夫)うわーっ!食べるならジャイアン!グルメならジャイアン!この野郎!アイタッ!もうダメ!最後まであきらめないで!やれーっ!
(咆哮)
(2人)ギャーッ!何!?
(一同)うわーっ!
(ギガゾンビ)ん!?あれは…!もしかして…!
(ペガ)ヒヒィ〜ン!のび太くん!
(ジャイアン・スネ夫)のび太!みんな助けに来たよ!この野郎!無事だったのね!ぬうぅ…!まだ仲間がいたか!今だ!
(犬笛)
(ククル)うおおぉーっ!
(タジカラ)ドラゾンビ様を救え!ギガゾンビを倒せーっ!おのれいつの間に…!何をしている!かかれ!かかれーっ!フンッ!うぅっ…!?ヘヘッ…!
(一同)ククル!えいっ!たあっ!一体どうやって?のび太が助けてくれた!のび太のくせに!生意気だ!
(咆哮)
(咆哮)
(2人)うわあぁーっ!ヒヒィ〜ン!頼むぞペガ!この…!えーいっ!こしゃくな!へへ〜んだ!行け!ツチダマ!えっ?わあぁ〜!助けて〜!アイツらいくら壊しても無駄なんだ!みんなこれでツチダマを狙って!ギガー…!オーケー!任せて!ギガ…!イエ〜イ!
(ジャイアン)やったぜ!助かったあ…。
(一同の笑い声)あっ!ギガゾンビが逃げる!ここはオレとスネ夫に任せてギガゾンビを追え!わかった。
行こうのび太くん!うん!チッ!待てーっ!
(ジャイアン)おりゃおりゃ〜!
(スネ夫)降参しろ〜!ハア…しつこいヤツらめ…!フンッ!逃がさないぞ!図に乗るなよ!
(咆哮)マンモス!?
(しずか)ロボットだわ!待てーっ!
(一同)あっ…!うわあぁーっ!こうなったら亜空間破壊装置を起動してやる!危なかった…!のび太!んっ!?ヒヒィ〜ン!
(しずか)大丈夫?やっぱり形状記憶セラミックでできているんだ。
(しずか)接着銃は?大きすぎて動きを封じられない!マンモスと戦う時はぬかるみに追い込むんだ!えっ?ぬかるみったってそんなの…。
あっ…そうか!ドラえもんあれだよあれ!ドンブラ粉だよ!ああ!その手があったか!うっ…うわあっ!うわっ!
(ペガ)ヒヒィ〜ン!ククル!中身をマンモスに振りかけて!しずかちゃんも!わかったわ!
(ククル)ううーっ!それっ!
(しずか)えいっ!
(ククル)やったあ!よし!ダメだ!入り口が狭くて通れない。
ペガとグリはここで待たせてボクたちだけで行こう。
うん!
(一同)あっ…!タイムトンネル!亜空間破壊装置が作動したんだ!
(一同)あっ…!タイムトンネル!亜空間破壊装置が作動したんだ!
(ギガゾンビ)フハハハハハハ…!残念だったな。
たった今準備ができたところだ。
よせ!亜空間を破壊したらこの世界そのものが消えちゃうかもしれないんだぞ!おもしろい!試してみようではないか!時空乱流!?どうやったら止められるの?プラズマボールに注がれるエネルギーの流れを断てれば…。
あんな高いところ無理だよ〜!タケコプターは?故障中…。
あっ…!ぬっ!?ククル!うおおぉーっ!ハアァァーッ!
(ククル)うおっ!ククル!
(ギガゾンビ)サルめ!何をするつもりだ!?くっ…ううっ…!あの棒を折るつもりなんだ!ううぅーっ!ぬぅぅ…!神聖な装置に愚かなサルが!だ…誰だ!?逆転サヨナラホームランってか?野球はツーアウトからってね!ジャイアン!スネ夫さん!ボクたちも向こうへ!うん!ううぅ…!うおおぉぉーっ!!うっ…うおっ…!うわあぁぁーっ!ククル!ああっ…!プラズマエネルギーが!クッソ…!そこまでだ!たった1世紀の違いなんてみんながいれば怖くないぞ!子守りロボットが生意気な!バラバラにしてくれるわ!やれるものならやってみろ!ギガァァーッ!!フッフッフッフ…!何っ!?ぐあぁっ!あぁぁ…!うわっ!ぐあぁ…!ぐっ…バカな…!どんな機械も分解できるはずだ…!機械なんかじゃない!
(一同)えっ?その槍はククルが使ってた本物の石槍だ!偽物の歴史が本物の歴史に勝てるわけないんだ!ぬうぅ…!あっ…!
(一同)ああっ…!
(爆発音)
(サイレン)タイムパトロール!?やめろーっ!ぐあぁ…!わあ〜!やっと来た〜!やった〜!捜したわよお兄ちゃ〜ん!ドラミ!?ドラミちゃん!ああっ…!
(凡)待て!
(ユミ子)止まりなさい!えいっ!クソ…あと一歩のところで…!
(リーム隊長)ギガゾンビ歴史破壊未遂罪で逮捕する!ドラミちゃん!どうしてここが?あのあとツチダマが23世紀で作られたことがわかったの。
それでひょっとしたら時空犯罪じゃないかって。
さすがドラミちゃん!兄貴とは違うな!なんだと!?もう〜!ひどいじゃないか!ギガゾンビを相手によく持ちこたえてくれました。
アナタ方の勇気に心から感謝します。
おっ…。
ん?
(リーム)この基地は歴史に残らないように爆破します。
みんなも船に乗って。
(一同)はい!
(爆発音)もう皆さんを襲う人は誰もいません。
クラヤミ族も自分たちの場所に帰りました。
ありがとうございます。
ドラゾンビ様には本当にお世話になりました。
今度こそ立派な村をつくります。
ここから日本という国が第一歩を踏み出すのね。
オレたちのご先祖様か。
記念すべき瞬間だね!ククル。
ん…?これ。
犬笛がボクの命を救ってくれたんだ。
のび太にあげるよ。
えっ…?その代わり…ボクのこと忘れないで。
うん!忘れるもんか!ウフフフフ!のび太くん。
はい。
その3匹の飼い主はキミね?そうです!ボクの自慢のペットです!残念だけどこの子たちを空想サファリパークへ引き取らせてもらうわ。
えっ…どうして!?架空の動物はどんな時代にも存在してはいけないのよ。
(しずか)そんな…!イヤだ!ボクがみんなのお母さんなんだ!ずっと一緒に暮らすんだ…。
のび太くん気持ちはわかるけどペガたちにとって何が一番幸せかを考えなくっちゃ。
(ジャイアン)のび太…。
(しずか)のび太さん…。
(スネ夫)のび太…。
ド…ドラコは…食いしん坊だから食べすぎに注意してください。
(のび太の声)グリは木の枝を取ってくるのが好きなんです。
それからペガは…ペガは…。
毎晩ブラシを…かけてください…!わかったわ。
しっかり伝えておきます。
(泣き声)無事に送り届けるわ〜!さようなら!頼んだぞドラミ!あばよ〜!忘れるなよ!ヒヒィ〜ン!!ペガーッ!!グリ!ドラコーッ!未来の子どもたちにかわいがってもらうんだぞ!きっと会いに行くからねーっ!ボクも…ボクもがんばるからねーっ!
(汽笛)よし。
じゃあ行ってくるよ。
部長さんによろしく。
(パパ)ああ。
いってきます!
(ドアの閉まる音)のび太?遅刻するわよ。
(ママ)ん…?シーッ!あと10分だけ。
フフフ…。
(ママ)のび太…。
家出は終わったの?多分ね!フフフフ…。
(ママ)おかえりのび太。
みんな映画はどうだった?それではお待たせしました!春のアニメ祭り電話で当たるダブルプレゼントはこちら!出題です!正解だと思うほうに電話をかけてプレゼントに応募してね。
たくさんの応募待ってまーす!電話番号はこのあと歌の間にも表示しているよ。
びっくりラッキーマンボ!みんな準備はいい?レッツダンス!「ラッキーマンボウ当ててみな」
(一同)ウッ!「明日もいいことあるといいな」
(一同)「ラッキーマンボウ出てきてね」
(一同)えいっ!あかでした!いよいよ明日から『のび太の南極カチコチ大冒険』が大公開!見てね!
映画公開記念「迷子のパオパオ」
ボクらの街にパオパオがやって来た!
(ジャイアン)すげえ!なんでも吸い込むぜ!
(スネ夫)ひょえ〜!
(しずか)
これを見れば映画がもっと楽しめるわよ
お楽しみに!
2017/03/03(金) 19:04〜21:48
ABCテレビ1
ドラえもん クレヨンしんちゃん 春だ!映画だ! 3時間アニメ祭り[デ][字]

クレヨンしんちゃん 鑑識しんちゃん再び!?映画最新映像も▼よる7:38〜テレビ初放送『映画ドラえもん 新・のび太の日本誕生』▼豪華プレゼント!データ放送ポイント2倍!

詳細情報
◇番組内容
【クレヨンしんちゃん】
「帰ってきた!鑑識しんちゃんだゾ」
高倉家で事件が発生した。現場にやって来たのは、しんのすけたち「特命鑑識捜査課」。彼らは、どんな簡単な事件も迷宮入りにしてしまうというとんでもないチームで……!?
◇番組内容2
「熊本のじいちゃんのヒミツだゾ」
熊本のじいちゃん・よし治が、家族に黙って東京に行ってしまう。心配したばあちゃんからの連絡を受け、ひろしとしんのすけは少ない手がかりを頼りによし治の動向を探るのだが……!?
「星を見に行くゾ」
高台にある公園に星を見に行く野原一家。そこで偶然、ネネちゃんたち桜田一家と出会う。家族だけで星を見たかったネネちゃんママは、野原一家の振る舞いにイライラをつのらせ……?
◇番組内容3
【ドラえもん】『映画ドラえもん 新・のび太の日本誕生』家出を決心したのび太たち5人は、タイムマシンで誰もいない7万年前の日本へ。原始時代で自分たちだけのパラダイスを作り、たっぷり遊ぶことに!ジャイアンは家づくり、スネ夫は畑づくり、しずかはお花畑づくりを。のび太はドラえもんに出してもらった『動物遺伝子アンプル』と『クローニングエッグ』で3匹の空想動物を作ることに成功し、ペガ・グリ・ドラコと名付けた。
◇番組内容4
しばらくしていったん家に帰ることにしたが、なぜか現代で原始人のククルと出会う。どうやら時空乱流に巻き込まれて現代に来てしまったらしい。そして、ククルの家族がいるヒカリ族は、ギガゾンビとクラヤミ族に襲われたという。ギガゾンビは雷や嵐をあやつる不死身の精霊王だというのだ。ククルとともに原始時代に戻った5人は、ペガたちとともに、ヒカリ族を救うため立ち上がる!史上最大の家出から、史上最大の冒険が始まる!
◇声の出演
【クレヨンしんちゃん】
野原しんのすけ:矢島晶子
野原みさえ:ならはしみき
野原ひろし:森川智之
野原ひまわり:こおろぎさとみ
風間くん:真柴摩利
ネネちゃん:林 玉緒
マサオくん:一龍斎貞友
ボーちゃん:佐藤智恵

【ドラえもん】
ドラえもん:水田わさび  
のび太:大原めぐみ
しずか:かかずゆみ    
ジャイアン:木村昴
スネ夫:関智一