読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

全文書き起こしサイト

地上波テレビの字幕を全文書き起こします

スポンサードリンク

セリフ書き起こし べっぴんさん(113)「旅立ちのとき」 2017.02.16

(明美)もうなくしたくないんや家族を。
そやからつくりたくない。
タケちゃんはほんまにタケちゃんを必要としてくれる人を幸せにするべきや。
それはうちやない。
ちゃんと見つけな…。
何?
(栄輔)いや…何も。
(二郎)どうぞ。
店からです。
うれしいわぁ。
それぞれの未来に乾杯。
乾杯。

 

 

 


(足立)乾杯。
・「『雨上がりの空に七色の虹が架かる』」・「ってそんなに単純じゃない」・「この夢想家でもそれくらい理解ってる」・「たとえば100万回のうちたった一度ある奇跡」・「下を向いてばかりいたら見逃してしまうだろう」・「さぁ空に架かる虹を今日も信じ」・「歩き続けよう」・「優しすぎる嘘で涙を拭いたら」・「虹はもうそこにある」・「きっと虹はもうここにある」潔さん。
(玉井)私ら東京に行くんです。
(潔)東京?大手商社のKADOSHOと契約したんです。
大規模な資本提供を受けます。
ほう〜「おめでとう」はまだ早いな。
東京で成功してくれ。
その時「おめでとう」と言わせてくれ。
(玉井)そちらさんはどないです?うちはぼちぼちやりますわ。
ゴーイングマイウェイや。
(悦子)どう?タケちゃん。
(小山)大急の事務におる子で足立部長と同郷。
大分出身なんや。
(足立)ああ大分ん子。
(小山)集団就職で出てきた真面目で気立てのええ子なんです。
(悦子)タケちゃんに合うと思うのよ。
(すみれ)タケちゃん。
私も良子ちゃんもお見合いで結婚したのよ。
(良子)悦子さんと小山さんは?まあいろいろあったのよ。
戦死した前の主人への思いもなくなった訳やないし…。
娘の弥生ともねこれまでの10年少しずつ家族に近い形になって…。
以前の旦那さんへの思いも弥生の母である事も全て含めて…悦子ですから。
かっこいい…。
ちょっとそんな…。
(悦子)そうでしょう?幸せいうのはうん…作っていくもの…積み上げていくものなのよねきっと。
会うちみますこん人と。

(足立)すんましぇんお待たせしました。
(紀夫)おお〜。
どうじゃろか?似合うてるで。
すてきよ〜はいはい!
(戸が開く音)私も行く。
明美さん。
えっ一緒に?タケちゃんのお見合いに?なら…。
ちょっとタケちゃんチャック開いてるで。
えっ?
(足立)ああ!しっかりせえ!
(足立)すんましぇん。
タケちゃん。
たみ子ちゃんよ。
(たみ子)お初んお目んかかります。
たみ子っちいいます。
初めまして足立武です。
お互い大分出身なのよね。
大分んどこですか?あ…耶馬溪っち知っちょりますか?はい。
わしゃ中津じゃ。
ああそうかえ。
そうです。
私は付き添い人でもないのに勝手についてきました。
足立部長の人となりを言わな思うて。
「真面目である。
誠実である。
努力家である。
思いやりがある。
穏やかである。
楽天家である。
前向きである。
みんなから好かれている。
みんなから応援されている。
きっといい父親になる。
きっといい夫になる。
幸せな人生を送るに違いない」。
以上友人代表小野明美。
では私はこの辺で。
えっ?わしは15ん時に大分から出てきたんじゃ。
まあいろいろあっち大分にはもう戻らん覚悟でおる。
ここ神戸でしっかり根を張っていきたいち思うちょるんじゃ。
うちも出ちきたからにはこっちでしゃんと人生歩んぢいきたいち思うちょります。
そうかえ。
あとタケちゃん歌もうまいな。
ほう〜。
よく歌ってるなぁ。
(紀夫)歌ってさしあげろ。
ただいま。
(君枝)お帰り。
(中西)待っとりましたよ。
(良子)タケちゃんどうやった?皆さんありがとうございました。
わし真面目におつきあいしたいち思います。
(笑い声)
(はな)
長い片思いの終止符に一人祝杯を挙げるタケちゃんなのでした
何?こんな所で晩酌しとるの?あっ明美さん。
いや〜何か月に誘われち。
おやすみタケちゃん。
おやすみなさい。
あれ?どこ行ったんじゃ。
もったいねぇ…。
昭和37年秋になりました。
願書提出の時期です

(ノック)・
(琴子)健ちゃんお夜食よ。
(琴子)いよいよねぇ。
ねえ健ちゃん。
フフッ。
大学生になったらおばあちゃん毎朝お弁当作るからね。
ああ願かけせなねぇ。
(君枝)実技はどんな課題が出るのやろ?
(さくら)それは当日やないと分からんのやて。
緊張するわぁ。
大丈夫!
(綾子)大丈夫や!
(さくら)ありがとう。
(健太郎)さくら。
(さくら)あっお帰り。
(4人)健ちゃんお帰り!
(さくら)健ちゃん。
勉強教えてほしい所があるんやけど…。
ああ。
健ちゃんここ分かる?これはなぁ…。
人生の岐路悩みながら迷いながら見つけ出す一つの道
さくらの桜を咲かせて下さい…!ここ間違ってる。
その道を進むためには…
健ちゃん最近輪かけて暗いなぁ。
輪かけてって…。
冗談や。
でも何か悩んでる事あるの?言うてみて。
私たちの仲やない。
幼なじみやろ。
そやな。
(さくら)そやそや。
僕が一番行きたい大学は東京大学なんや。
京都やないの?行きたい学部がある。
そっか…。
それはなかなか言われへんなぁ。
みんなさみしがるもんなぁ。
うん…。
健太郎君もまた人生の岐路に立っています
生字幕放送でお伝えしますおはようございます。
井ノ原⇒2月16日木曜日の「あさイチ」です。
有働⇒行きたい学部があるって。
幼なじみだって認めちゃだめだよ。
告白しづらくなるわね。
2017/02/16(木) 08:00〜08:15
NHK総合1・神戸
連続テレビ小説 べっぴんさん(113)「旅立ちのとき」[解][字][デ]

明美(谷村美月)の思いを知った武ちゃん(中島広稀)は、すみれ(芳根京子)たちの仲介で縁談を決意。ところがお見合い当日、明美がすみれたちと同席したいと言いだし…。

詳細情報
番組内容
明美(谷村美月)の思いを知った武ちゃん(中島広稀)は、すみれ(芳根京子)たちの仲介で縁談を進めることを決意する。ところがお見合いの当日、明美がすみれたちと同席したいと言いだし…。一方、君枝(土村芳)の息子・健太郎(古川雄輝)も将来について悩んでいた。一人息子として家から通える関西の大学を受験して欲しいと願う家族に、本当は東京の大学に行きたいと考えている健太郎は自分の思いを告げられず…
出演者
【出演】芳根京子,高良健吾,菅野美穂,谷村美月,百田夏菜子,土村芳,永山絢斗,松下優也,中島広稀,林遣都
原作・脚本
【作】渡辺千穂