読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

全文書き起こしサイト

地上波テレビの字幕を全文書き起こします

スポンサードリンク

セリフ書き起こし 洞窟おじさん 完全版(4)(最終回) 2017.02.19

ところどころで不真面目だった洞窟おじさんも最終回は結構マジ。
ほぼ実話だけに当たり前か
生きるって楽しいんだな。

(勇蔵)お前みてえなやつはな死んだって構わん!
(裁判長)被告人は13歳の時に家出をしてその後関東各地の山や川で生活をしていたが今年9月12日食料に窮して自動販売機から現品を窃取しようとしたが発覚し未遂に終わった。
13歳の少年時代から独力で生活してきた事。
これまでに前科前歴もなく今回が初めての公判請求である事。
この法廷においても犯行を後悔し反省している事。
今回に限り刑の執行を猶予する事にする。
(長嶋)あ〜。
(軽部)ちょっと待ちなさい!待ちなさい!あっこんにちは〜。
あっ加山さん?加山さん担当に任命された軽部です。
よろしく!
(長嶋)あ〜。
よろしく!あっ!すみません待ちなさい!
(桃園)まさか…ほれちゃった?
(丹波)山ん中だからびっくりしたでしょ。
いえ加山さんは以前この辺りの山で暮らしていたから懐かしいって言ってましてね。
(加山)俺そんな事言ってねえよ。
ハハハハハ!正直で結構。
まあ大変な人生だった事は承知してます。
一緒に頑張って乗り越えましょう。
よろしくお願いします。
あと加山さんの世話は軽部さんに頼みました。
ふだんは主に事務やってもらってるから時間に融通利くし見かけよりもしっかりしてっから何でも聞いて。
(軽部)理事長。
(丹波)加山さん何か聞きたい事ある?俺はここで何すりゃいいんだ?
(軽部)あ〜…。
(軽部)これ間伐材で作ってんの。
間伐材?森を守るために捨てられるはずだった木だ。
それが割り箸に生まれ変わって人の役に立つの。
面白いよね〜。
分かんねえ。
ハハハッ!その困った顔も面白い!ハハハハハッ!久美ちゃんって何でも面白いって言っちゃうんだ。
ハハハハ!こっち。
今ここしかないんだ。
我慢してくれ。
加山さんいい?あいや…俺ずっと外で寝てたから。
じゃあ天国だ。
アハハハ。
あと仕事なんだけど明日っから工事現場で働いて。
話はつけてあるから。
えっ俺働くのかい?当たり前でしょ。
「働かざる者食うべからず」。
その辺の山行きゃあ食い物はいっぱいあるよ。
駄目。
ちゃんと働いて人の役に立ってお金もらって食べる。
それが社会復帰の第一歩。
面倒くせえな〜。
はあ?分かった?
(木村)モタモタすんじゃねえ早く降りろ!理事長がおやじに頼んだからお前ここで働けんだ。
じゃなきゃあんたみたいな年寄り雇わねえ。
だがな俺はおやじみたいな古い頭の男じゃねえからお前使いもんになんなかったらすぐこれだ。
(木村)おいメット!早く行けよお前!
(丹波)大丈夫かな〜。
心配ですか?13歳で家出して40年以上ずっと1人で生きてきた訳だろ?急に社会復帰しろったって実際厳しいよな。
引き受けたの理事長でしょ?どこも引き取り手がなかったんだ。
俺の出番だろ。
それに加山さんが住んでた洞窟ってこの近くらしいんだ。
へえ〜。
何か縁感じちゃいますね。
ま面倒な事頼んで申し訳ないが君の明るさが加山さんには必要だ。
給料…上がります?あ…あのそれはちょっと…。
ハハッ。
お前何やってんだデブ!お前!おい!早く運べよ!
(中村)すみません。
あ?立てお前!ええ?熱があるみたいなんです。
それお前がデブだからだよ。
早く運べよお前よ!お前余計な事すんじゃねえよ!それこいつのだろ。
誰が運んでもおんなじだ。
それは俺が決める事だ。
おい早く運べよお前。
お前何すんだてめえ!おい!お前離せ!お前!離せお前!やめて下さい!やめて下さい!お前クビにすんぞお前おい!僕が運びますから。
早く行けよお前こら!ここいいですか?すみません。
僕を助けたせいで社長に目つけられたみたいで…。
僕子どもの頃からいじめられてそんなやつを見返そうって相撲部屋に入ったんですけど兄弟子のしごきに耐えられなくてそれでやめて帰ってきたんです。
俺相撲は好きだぞ。
僕も好きです。
じゃあ戻れよ。
怖いんです。
何が怖いんだ?しごきか?自分の力を知る事か?え?何すんだてめえ!おめえ新人のくせに弁当なんか食ってんじゃねえよ!サルのくせにお前箸なんか使いやがってよ!俺はサルじゃねえ!そうか。
聞いたぞ。
お前洞窟に住んでカエルとかヘビとか食ってたらしいじゃねえかよ。
そこらにいっぱいいるからそっち食べろ。
ふざけんなてめえ!おいおいお前怒った顔本当にサルだな。
ヘッヘッヘッヘ〜!てめえ!加山さん!離せデブ!てめえ!・
(木村)来ないよ。
どうなってんの?ちゃんと管理してよ!まあこうなると思ってたけどね。
一日とはね。

 

 

 

スポンサーリンク
 

 


何やってんの?ねえ!はい!はい!着て!はい行くよはい起きて。
(軽部)どうも。
すみません遅くなりました。
すみません遅れて。
今連れてきますんで。
すみません。
(軽部)はい行くよ。
はい降りて。
はい降りるよ。
はい。
ねえ信じてるから。
はい。
はい行くよ。
はい行ってらっしゃい。
どうもすみません。
サルだから時間分かんないんだもんね。
起きなさい!遅れてるわよ!もう!はい!あ〜…もう。
お酒禁止。
ほっといてくれよもう。
ここで逃げたら負けよ!構わねえ。
あんなやつに負けて悔しくないの?じゃあぶっ飛ばしていいのか?駄目!我慢する事が勝ちなの!何だよそれ分かんねえ。
もういいからはい!ほれ!さっさとして!痛っ。
早く!
(丹波)なんとか続いてるな。
(軽部)毎朝起こして送り迎えしてやっとこさですけどね。
(丹波)本当にすまん。
うちで働いてもらってもいろいろやれる事あると思うんですけど。
あの若い社長の嫌みはちょっと度が過ぎてると思います。
おやじはいい人なんだけどな。
でもまあ何かを乗り越えたら変わると思うんだ。
そういう意味じゃあのバカ社長格好の人物だろ?はい。
格好の人物ですね。
(笑い声)理事長大変です!何だよ〜。
すみません。
あの…ほら…何だっけあの…加山さん逃げちゃったみたいです。
ああそう。
はい。
何だ!?え!
(丹波)刑事さんに連絡した。
もしかしたら線路を歩いてるかもしれないって。
線路だ。
線路?
(丹波)子どもの頃家出した時もそうだったらしいんだ。
住んでた洞窟もその先にあるらしい。
シロ…。
回想
(犬の鳴き声)シロ〜!シロシロ!シロシロ!よく来たな。

(軽部)加山さ〜ん!待って!え!
(軽部)待って〜!何で追っかけてくんだよ。
ほっといてくれ!もう。
駄目!ここで逃げたら駄目!関係ねえだろ。
俺山で暮らすんだよ。
駄目だ…駄目!あんただって俺がいねえ方が面倒かけなくていいだろ。
ほっといてくれよ!しつけえな!ほっといてくれ!何で逃げんの!俺な…俺なんかもうバカ治らねえんだよ。
俺が死んだって誰も困らねえだろうって!そのとおりだよ!それでも生きてんの!それだけで意味があんの!え?だから私どこまでも追いかけるから。
逃げても無駄だから!山に帰ります。
待たんかいこら!あ〜…あっ。
帰る!帰ろう!山に帰る!山じゃない!みんなんとこ帰ろう!あっあ〜っ。
う〜んあっ。
待って!あ〜。

(物音)
(物音)おい。
どうした?
(長嶋)…壊れた機械壊れた。
あ〜あ見せてみろ。
加山さんどうするかな?うん…行くとは最後まで言わなかったです。
そうか。
まあ明日になれば結果は分かるか。
理事長は何で加山さんを引き取ったんですか?うん僕はね子どもの頃見た光景が忘れられなくてそれで福祉の道を目指してこの施設作ったんだ。
(軽部)どんな光景ですか?
(丹波)金持ちの友達の家でかくれんぼしてたんだ。
庭の奧の方で声が聞こえた。
近づいてのぞいたらそこは座敷牢だったんだ。
精神を病んだ子どもがつながれていた。
身内の恥だからって世間から隔離されてたんだ。
そん時決めたんだ。
弱い人たちのために生きようって。
私今度逃げたらまた追いかけますから。
本当にすまん。
無理してるんじゃないです。
何だかんだ毎日あって楽しいぐらいです。
ありがとう。
フフッどういたしまして。
ウフフッ。
あのよ一つ聞いていいか?何だ?毎日毎日こうやって割り箸作ってっけど面白えか?面白いよ。
どこが面白えんだよ。
この割り箸はほかより仕上げがきれいなんです。
だから一流のホテルでも使われているんです。
すげえだろ俺だって役に立つんだ。
役に立つのは面白えのか。
ああ。
お前も今面白いだろ?フフフフ…そうだな。
行ったみたいね。
(笑い声)バカじゃねえの?あれ。
ズレてんだよ。
サルのくせにお前一人前に弁当食ってんじゃねえよ!カエルかお前ヘビでも食ってろ!文句あんの?今度問題起こしたらおやじからクビにしていいって了解もらってるからね。
分かってる?おい!また逃げんのか?お前。
おい山帰んの?サルには山がお似合いだよ!ハハハハハ!気を付けてね!本当に行くの?山。
おサルさ〜ん!おサルさ〜ん!山帰っちゃったよ。
友達帰っちゃったよ。
お前の友達。
おいお前も山帰れよ。
お前も山帰れ。
何何?戻ってきたの。
何?いたぞ。
ほれ!うわっ!おい社長!よしみんな食おうぜ。
ハハハハ。
この辺だ。
この辺の口のところちょっと引っ掛けてだなこうだ。
(一同)うわ〜!ヘヘッ。
(どよめき)こんな感じか?うめえぞ食うか?俺はサルじゃない!もったいねえ。
うめえのに。
ようお前食えよ。
えっ…僕?うめえぞ。
これおいしい。
な!うめえんだよ。
食ってみろよ。
本当だ。
うまいうまい!みんな食えみんな食え。
うまい!だろ?おい社長。
サルの食いもんにもうめえもんはあるよ。
何やってんだ?これ要るもんなんだぞ。
ん?こんなに飲まないでしょう。
ねえ。
すぐ無くなんだから。
そんな飲まないって。
いっぱい入れたね。
やめれってもう。
怖い怖い怖い怖い。
待て待て。
どうする?ど…どうする?巻くんだ巻くんだ。
こうやって?あ〜!うわわっでかいでかいでかいでかい。
そうそうそうそう…落ちる落ちる落ちる落ちる。
落ちる落ちる!あ〜!
(スクリーンから急ブレーキの音)
(スクリーンから衝突音)
(スクリーンからマシンガンの音)
(スクリーンから爆撃音)ああ〜あっ…。
はいこっちこっち。
(軽部)ああ…。
危ない。
ほらこっちだ。
うん。
はあ…あ〜よいしょ。
ここだ。
あ〜…あ〜疲れた。
あ〜おおっフフッ。
大丈夫か?うん。
ここでシロとこの穴で暮らしてたんだ。
へえ〜!フフッ。
何か秘密基地みたいでワクワクするね。
ハハッ!うわ〜変わってねえ。
おおこれだこれ。
これこれ。
え〜?ここだ。
ここが台所だったんだ。
うん。
ここで火使ってたんだよ。
へえ〜。
でこれこれ。
これがベッドだ。
ハハハハ。
まベッドっつっても木渡して草載っけてるだけなんだけど。
でもまあフカフカしてんだよ。
シロもいたから快適だった。
今より全然快適だ。
ヘヘッ。
もう!フフフフ。
お〜っ!ん?まだあるよ〜。
え?これ。
は?学生服…ハハハハ。
うわ〜!へえ〜。
ヘヘヘ。
ウフフボロボロ…。
え〜…。
こんなとこに子どもが…。
ねえ怖くなかった?うん怖えのは耐えられんだけど…寂しいのはねどうにも耐えらんねえのよ。
へえ〜。
加山さん。
あ?私の秘密基地も教えてあげる。
えっ!そんなもんあんのか。
うん。
フフフフ!
(戸の開閉音)どうぞ。
お邪魔します。
あ〜あ〜。
フフフ。
集会所。
使ってないから借りたんだ。
へえ〜何だ?こりゃ。
私がすっごいかわいがってた猫クロっていうの。
ね!すごい偶然でしょ?加山さんの犬がシロで私の猫がクロ。
死んじゃって寂しいから集めちゃったの。
うわ〜それにしてもこれは…。
えっ。
ねえ食べる?え?はいどうぞ。
うわ〜。
頂きます。
はい。
おいしい。

 

 

 

スポンサーリンク
 

 


な…何の味だ?これ。
ブルーベリー。
大好きなんだ〜フフッ。
おいしい?うんうめえ。
(笑い声)あ〜お待たせ。
え〜今日から加山さんはうちで働く。
半年間あの社長の下で耐えた。
手先が器用だから何でも作れるし直せる。
困った事があったら遠慮なく相談してくれ。
(拍手)であのみんなから加山さんにプレゼントがあるんだ。
おい。
え?おいおいおいおめえ何でここにいんだよ?それはですね…。
ジャ〜ン!
(拍手)いやいやいやばれないようにみんなで突貫工事で作ったんだ。
ハハハ!ほら!え?え?俺の…俺の家ですか?え〜っ!あっ!あっすげえ。
(笑い声)デブ!お前はな!こ〜ら。
加山さん僕相撲部屋に戻ります。
加山さんに言われた事が心に刺さりました。
自分の力を精いっぱい試してみます。
ああ…よかったな。
ありがとうございます。
加山さんも役に立ってんじゃない。
俺役に立ってるか?はい。
だから僕も加山さんの役に立ちたいと思って手伝いました。
(軽部)フフッどう?役に立つって。
何かこの辺がムズムズする。
(笑い声)皆さん家ありがとうございます。
(拍手)うわ〜広い。
ああ〜あ〜全部そろってる。
え?風呂があります。
豪邸だもうこれ。
豪邸だよ。
ん?
(走る音)理事長大変です!何?加山さんがきれいにしたのか?恐らく…これで。
でビョ〜ンとなってそこでイノシシがバ〜ンとこう落ちる。
へえ〜ちゃんと引っ掛かるんですか?でもそっからがまたイノシシはほら力強いからそっからまだジタバタバタしてる。
加山さんいた…ちょっと。
ちょっとちょっと借りるねごめんね。
これこれ。
静かにやってたつもりなんだけどうるさかったか?運転できんのか?いや工事現場見て覚えたんだ。
見ただけ?免許は?ある訳…ねえか。
理事長大変です!今度は何だ?あの…あの…ほらあの…。
警察来てます。
何だって!?あの…免許は必ずこれから取らせますから勘弁して下さい。
彼は猶予中なんです。
はい?何かあったんですか?この人たちが建築機械を盗もうとしたところを加山さんが捕まえたんです。
えっ!?この辺りで頻発してたほかの事件にも関わってる可能性があります。
警察へのご協力感謝致します。
ああ…。
ほら俺寝てても危険な音とか気付いちゃうから。
いいか〜みんな。
見てろ。
なっ。
うお〜い。
(拍手と歓声)ここを動かさずにこのまんま真横に真横に。
グ〜ンと引いてガ〜ン。
そうそうそうその真ん中で。
もうちょっと上だよ。
持ってもっと引っ張ってごらん。
もっと引っ張ってごらん。
よし離せ。
おお〜惜しいじゃねえかお前。
いいいいよ。
よし離せ。
お〜!よ〜し引っ張れ。
いっぱい引っ張れ。
うわわわ…。
よし離せ。
(弓を射る音)うわっ惜しい!引っ張れ。
よ〜し離せ。
なう〜んってなってたお前。
ハハハハ…。
ほかにもやりたい人。
(一同)はい!いいか?お疲れさま。
ヘヘヘ。
みんな喜んでたね。
ああ。
みんな真剣で面白えな。
アハハハハ。
おうおう。
うん?運転俺やろうか?無免許運転で捕まったら刑務所だよ。
何考えてんの?冗談だよ。
ああそうだ。
あのよ帰りにおもちゃ屋寄ってくんねえかな?駄目。
理事長に呼ばれてるから。
すぐ済む用事なんだよ。
外で待ってていいから。
ていうか外で待っててほしいんだけど。
よく分かんないけど駄目。
大事な話って言ってたから。
乗って!
(ため息)
(ため息)なぜ私なんですか?新しい施設の立ち上げに君の力が必要なんだ。
加山さんどうするんですか?最近君に甘え過ぎてる。
本当の意味で独り立ちする時期だと思う。
(ため息)
(丹波)君はどこかで現場の介護してる人に引け目を感じてたんじゃないか?「しょせん私は事務だ」って。
だけどね久美ちゃん君は加山さんを変えた。
今度は向こうで主任として苦しんでる多くの人たちのために力を尽くしてほしいんだ。

(ため息)
(ノック)どしたんだ?ちょっとお話いいですか?ちょっと…ねえ…ねえ…ねえ。
ねえ…しかたないの!向こうにも私を必要としてくれる人がいるの!ねえ!開けて!ねえ!それに今回の事は加山さんが独り立ちするために必要な事なの!加山さん!ねえ!開けて…。
(ため息)おはよう。
おっ!おはようございます。
どうだった?あ…追い出されました。
そうか。
様子見てくる。
あ…私も行きます。
加山さ〜ん。
加山さん開けて。
駄目か…。
ハッ…。
ハハッ…。
ハハッ…。
僕の判断は間違っていたのかもしれない。
すまん。
理事長大変です!何だよお前は毎回毎回。
あの工場の裏に…工場の裏に何か…。
曲がったとこです。
(軽部)こっちですか?あ〜ここここここです。
(軽部)ここ?昨日まではありませんでした。
加山さんが掘ったんだ。
えっ?起きろこのバカ!あ?あ…どうした?「どうした?」じゃない。
また出ていっちゃったと思うじゃない。
心配かけて。
このバカ!軽部さんがいないからって出ていったりしねえよ。
だってここはせっかく見つけた大事な居場所なんだから。
あんたちょっと調子乗ってんじゃねえのか。
うるさいこのバカ!どうしてこんなとこで寝てたの?あ〜…とはいえやっぱりショックで全然眠れなくて。
気晴らしに穴掘ってたらどんどん穴大きくなっちまってここで寝れんじゃねえのかなと思って寝てみたら結構寝心地がよくてぐっすり寝てました。
一生そこで暮らしてろ。
ああおお。
あっあっ。
それ…ヘヘヘ。

 

 

 

スポンサーリンク
 

 


ありがとう。
大したもんじゃねえんだけど何かせん別になっちまったな。
週に1回か2回は必ず様子見に来るから。
まああんたが来たけりゃ勝手にどうぞ。
じゃあ来ない。
いや〜嘘だ嘘だ!困るから…買い物とか困るからお願いします。
あの…いい機会だどうだろう?加山さんに例の所を案内したら?ん?あ…。
どういうつもりだ?何でこんなとこ連れてきた。
(軽部)お父さんもお母さんも亡くなってたの。
だから連れてきた。
関係ねえ。
帰る。
区切りつけよう。
奥の墓だから。
蹴っ飛ばしてやろうと思った。
(泣き声)
(丹波)うん3つ目か4つ目の角だな。
タヌキの置き物があるそば屋じゃないよ。
その先のそば屋だよ。
そうそうそうそう。
あっポストあったな確かうん。
理事長!何だ。
加山さんが…。
え〜。
加山さんが何かブルーベリー?作るとか何とか言って林の木切り始めちゃいました。
えっ?もう一度言って下さい。
加山さんがブルーベリー作るって。
何でだか知ってる?ブルーベリー!はい。
30センチぐらい穴を掘って下の泥を軟らかくしてそれで水をたっぷりくれれば。
このブルーベリーがなり過ぎた場合はこの花芽を摘んでやる訳ですね。
花を摘む?花を…これを摘んじゃう訳。
それだとこっちの実が大きく。
花の栄養を実の方に…。
理事長!
(丹波)加山さんね。
何?ブルーベリーのジャムをお祭りで売りたいそうです。
出来たのか?まだちょっとちっちぇえんだけど…ほら。
どうもありがとうございます。
ありがとうございます。
(軽部)どう?売れ行きは。
(2人)お〜。
売れてるぞ。
どう?浴衣。
ん?あ…別に。
フフフッ買ってけよ。
浴衣褒めないから買わない。
あっあっああ…。
きれいだ!すごいきれいだ。
じゃあ1つ頂戴〜。
じゃあ3つだ。
3つだ1,500円。
しょうがないね〜。
うめえぞ。
そっか。
あっねえ前若い頃山菜や蘭を売って稼いでたって言ってたじゃない?ああ魚も売ってたぞ。
あ〜女に振られた川ででしょ。
振られてねえ。
あれは警察に捕まったんだよ。
アッハハハハハ。
(桃園)そう!私が捕まえました〜。
あっ刑事さん。
捜査で近くに来てたからどうしてるかなと思って寄ってみた。
ありがとうございます。
何か顔つき変わったな。
優しくなった。
え?太っただけですよ!お菓子ばっかり食べてんですから。
うるさいよ。
ヘヘッああ刑事さん職員の軽部さんです。
初めに会ってるから。
それに理事長からそのあとの事も聞いてます。
こんな人に巡り会えてよかったな。
(宅間)課長そろそろ時間です。
お前自分の分だけ?それじゃ帰ります。
はい。
まだ執行猶予中であるっていう事忘れないように。
はい。
じゃ彼の事よろしく。
はい。
じゃあな。
ありがとうございます。
さようなら。
どうもありがとうございます。
加山さんすっかり普通のおじさんになってましたね。
人は人との出会いで変わるもんなんだな。
いや犬でだって変わりますよ。
(ため息)えっ?課長!どうかしたんですか?ハハハ。
課長?上手。
上手。
何点?何点?よいしょ。
わ〜!すご〜い!20点!うわ〜ありがとう。
ウ〜!俺今まで1人で生きてきたんだと思ったけどいろんな人に助けてもらっていたんだな。
何?急に真面目に!ハハハハハ!ねえ一つ聞いていい?ん?昔売ってた山菜や蘭と今回のブルーベリーは違う?魚も売ってた。
ハハ分かってるって。
どう?全然違う。
そっか。
(長嶋)わ〜!アハハハハハ!ふ〜んやっぱり育てたものは違うか。
それもあるけどもっと違う。
何?このブルーベリーは自分で食うために育てた訳でも金稼ごうと思って育てた訳でもねえんだ。
人を喜ばせようと思って作ったんだよ。
これ買った人がおいしいって言ったらそれ最高なんだ。
大して腹にもたまんねえし金にもなんねえけど何でうれしいのかも分かんねえけど何かうれしいんだよ。
ねえこれかけてアイス食べよう。
う〜んうまい!甘くねえか?でもやっぱパンにつけた方がいいんじゃねえか?これ。
ハハッ分かってないな〜これがいいの。
う〜ん!ありがとうな。
ん?最後まで見捨てずにいてくれたのはあんただけだよ。
あんたに会えて初めて生まれてきてよかったなって思えたよ。
生きるって楽しいんだな。
ありがとう。
はい。
フフフッ。
甘え。
ウフフッ。
でもうめえな。
フフフッね!うめえ。
うん。
うんうまい!2017/02/19(日) 16:04〜17:05
NHK総合1・神戸
ドラマ 洞窟おじさん 完全版(4)[終][字]

衝撃の実話をドラマ化。13歳で家出、山奥の洞窟に隠れ住み43年後に発見された男の壮絶な人生を描く。全4話。リリー・フランキー、尾野真千子、小野武彦、生瀬勝久ほか

詳細情報
番組内容
衝撃の実話をドラマ化。最終話。裁判で執行猶予の判決を受けた加山一馬は、障害者支援施設に雇われる。だが、派遣された工事現場での扱いに嫌気がさし、脱走を繰り返す。そのたびごとに施設の女性職員・軽部が後を追い、引き戻してくれた。軽部の献身によって次第に心を開いてゆく一馬。やがて施設で働き始めた一馬は、施設内にブルーベリー畑を作ると言い出し、皆を驚かせる。リリー・フランキー、尾野真千子、小野武彦、生瀬勝久
出演者
【出演】リリー・フランキー,生瀬勝久,尾野真千子,小野武彦,浅利陽介,野間口徹,森岡龍,宇野祥平,雨野宮将明,酒向芳,佐々木一平,桐島ココ,松田陸,ジェイ・ファン,日中泰景,木村知幸,冨田海人ほか
原作・脚本
【原作】加村一馬,【脚本】児島秀樹,吉田照幸